2017年5月26日 (金)

惜しい!!(富士山麓)     2017・05・24

ほんとに花の時期は難しい。
昨年遅めだったので今年はドンピシャ狙ったのだけれど・・・
今年の花は遅れてるのか早いのか・・・8512
***********************
☆本日のコース
   ヤマシャクヤクに逢いに富士山麓のとある森の中を散策

☆昨年の様子は 
こちら

☆カル2のHP のほほ~んと山遊び もどうぞご覧ください。 

***********************

ほんとはあと1日か2日遅く行きたかったのだけれど翌日の天気が怪しいしカルディナの所用もあり、昨年と同じ日に出かけることになりました。

なんとなく季節の進みが遅いような気がする。
昨年はじめてお目にかかった場所はまだ固い蕾だったり、やっと白い蕾だったり。P818t
1442
う~ん まだ早かったか。

ちょっとがっかり、気落ちして森の中へ入ります。
バイケイソウがいやに大きく見えます。
この森はバイケイソウがとても多い。花の時期に来てみたいものです。

カル2が第一待ち花を発見!♪14432
花が咲いていると白いので森の中でもすぐわかる(^^♪
あっちにもこっちにも♪14442_2
惜しいです。明日には開きそうな花ばかり。14452
花を追いかけてると迷ってしまいそうな森の中。Cimg1446jpg3
やっぱりいた!先走る子(笑)842
もうちょっとなんだけど。1451
足元に群生して踏まずに歩くのが難しいけれどみんな同じ方向向いてる。1454
ブナ林の中。1458
あと少し、あと少しなのになあと言いながら。1460
1462
でも嬉しい♪来て良かったhappy01Cimg1449jpg2
踏み跡もわからなくなった森の中。
霧が出たらちょっと怖い。
昨年とずいぶん離れた場所で遊歩道にぶつかった。Cimg1456jpg2
大木が多いのもうれしい森。Cimg14572
そっと開いてあげたい。Cimg1459jpg2
ひっそりと。Cimg1463jpg2
森の入り口で一人の男性とすれちがっただけ。
平日だし、天気も良くないせいかな。
地元の人らしいけれど昔はもっといっぱい咲いていたんだよ。
盗掘したって根付かないのにとおっしゃる。

りっぱなブナ。この森のシンボルツリー。862
開いた花に出逢えたのは少なかったけれど薄暗い森の中でポッ、ポッと咲く純白の姿は何とも言えない。
何度も訪れたい森でした。

帰路の途中の広い駐車場に愛車がポツリ。
見えるはずの富士山も見えない。
雨もポツポツ降りだして来ました。P1210865jpg2

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2017年5月19日 (金)

大姥山完結編(大町市八坂)     2017・05・15

毎年この時期の恒例になってしまった大姥山(1003m)ハイキング。
すっかり気に入って4度目になります。
ミツバツツジの山でもあります。Photo_8
*************************
☆ 本日のコース
         布川峠~大姥山ピストン。

☆カル2のHP 
のほほ~んと山遊び2 もどうぞご覧ください。

☆過去レポ
     〇
登りはクサリ満載コース、下りは穏やかなフカフカな山道と
    長い車道歩き。


   ○廃道を使い、短絡グルリップ。

   〇北側の地形図と踏み跡頼りに歩くコース。

*************************
4回目の今回はまだ歩いたことのない布川峠からの道。

信濃大町からナビの案内で布川峠へ。
舗装はされているけれど細いくねくね道が続き 肩が凝る。

布川峠着。3台は止められるでしょうか。
登り始めの木に「ここから大姥の散歩道」と書かれた小さな案内板が付けられていました。
高いところに付けられているので気が付かない人のほうが多いかも?Photo_3
Photo_4
登り始めは少々急坂だけれどすぐ穏やかに。Photo_5
新緑真っ盛り。緑を楽しみながら小さなアップダウンを繰り返すPhoto_6
Photo_7
Photo_8
だんだん尾根がやせて来る。Photo_9
秋葉神社入口の石燈籠を過ぎるといよいよ秋葉神社の難所。
この日の行程でここだけ注意の場所です。Photo_12
大岩があり(これが神社?)、足元はスパッと落ちています。
ザックやウエストバッグなどが岩に当たってバランスを崩したら大怪我します。Photo_13
Photo_14
Photo_27
注意すれば問題ないので穏やかなこのコースのいいアクセントかな。Photo_16
少し進むともう一ヶ所大岩を回り込むところがありますが岩肌でバランスをとりながら難なく通過。Photo_18
Photo_24
意外と早く山姥の滝方面の分岐に到着。
ここからは2回下りに使ったことのある道。Jpg2
Photo_19
上は新緑、足元は落ち葉フカフカの気持ちのいい道が続く。
所々でヤマツツジがきれい。Photo_20
ひと登りをして第一ベンチ。このあたりでヤマツツジからミツバツツジに変わる。
ヤマツツジ、ミツバツツジの木がたくさんあって満開の時はいいところにベンチがあるなあと思いました。Photo_21
Photo_28
Photo_38
ツツジ街道の始まりです。Jpg2_2
Photo_31
今年は季節が遅れているかと心配したけれどむしろ進んでいる気配。
ミツバツツジはピークを越えたようで花数が少なめ。Photo_32
下って来る時とまた違った素晴らしさです。Jpg2_3
Photo_33
この日一番の登り。Photo_35
ツツジを楽しみながらホイホイ下っていたのでこんなきつい登りだったかしらと思う。

ひと汗かいて登り詰めました。Photo_36
秋でもないのに紅葉?Photo_37
1006mの三角点の下になるこの付近の森もとても雰囲気がいいのですが写真で表せないのが残念。Jpg2_5
三角点への分岐を乗り越え、ひと下りしますが足首が隠れるくらいの落ち葉です。Photo_7
5分ほど下って信州新町左右から続いている未舗装の林道に降ります。

この山は林道も雑木林に囲まれてとても気持ちがいいのです。
なぜこの山が好きなのかとふと考えて植林帯の中を歩くことがないからだと気が付きました。

しばらく林道を歩いて大姥山山頂到着。
こちらの山頂は1003mです。Photo_40
雨がぱらついたりしてあいにくの天気。
今までで一番展望がよくないけれどそれでも北アルプスが一部姿を見せてくれました。
常念山脈から燕岳、餓鬼岳 唐沢岳と蓮華岳から爺ヶ岳 鹿島槍とズラリ見えるのです。
槍ヶ岳の頭も見えるらしい。D2429
P769
ガスの上に出ている京ヶ倉もかっこいいね。Photo_43
誰も来ない山頂でゆっくりしたあと車の回収の都合で同じ道を帰ります。

天気もポツポツ来たり、薄日が差したりして不安定ですが新緑の森を堪能してきました。Photo
Photo_2
第一ベンチまで戻ってきたら木々の間から北アルプスがはっきり。
     蓮華岳Photo_3
     餓鬼岳と唐沢岳Photo_4
カッパを着るようかと思っていたのに!happy01

これで完結かと思っていたけれど秋にも歩いてみたくなりました。Jpg2_3
ただいま~happy01Photo_6

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2017年5月 9日 (火)

ヤマツツジ街道が歩きたくて(南高尾)               2017・05・08・

3年前に歩いたもっこもこのヤマツツジ街道が歩きたくなって南高尾に出かけました。
1日違いだけれどさて、どうでしょう?

578
その前にお立ち寄り。
残念!ニリンソウはほぼ終わり、黄色い方は何とかセーフ。534
きれいだねえ~この色。527
花びらも色々。062
ニリンソウとのコラボが見られなくて残念でした。Photo
002
肉眼で見るとニリンソウの白いポツポツが見えてまだ楽しめましたが。
また、いつの日か。531
本命のツツジは緑の中に赤い点々。期待できるかもhappy01557
543_2
3年前より少し出遅れたようです。花びらがいっぱい散っている。587
花の咲く時期は微妙に毎年違うので難しい。
3年前は盛りだったチゴユリは花が終わっていました。
その代わり、ホウチャクソウや3年前には見られなかった大切な花に声をかけてもらいました。522
551
木陰にひっそり咲いていたり、私はここよ!とアピールしていたり。Photo_2
554
上を見たり左右を見たり、忙しいhappy01556
565
561
出遅れたとはいえ十分楽しむことができました。566
570
急な登りにフ~。赤いツツジが励ましてくれる。576
572
580
アップダウンの多い道もツツジが咲いていると苦にならない。
確か足元にはいろいろなスミレが咲いていたっけ?
見事に葉っぱだけ(笑)

もう会えないね。と思っていたら背を延ばしてここにいるわよ~と呼ばれました。552
一番の花つき、花盛り。578_2
お花見しながら一休み。581
582
きれいだねえ~。

こちらは一番の色付き。新鮮な花。585
ゴールデンウイークが終わっても南高尾は人気者です。
たくさんの人達とすれ違いました。
この日、出会った他のお花たちです。516
537_2
角度が違うと違う花みたい。ラショウモンカズラでした。519
天然ではありませんが楽しみにしている花です。
地元の人々に感謝です。513
偶然見つけたあそこの花は元気でいるでしょうか。

************************
☆ カル2のHP 
のほほ~んと山遊び2 も合わせてご覧ください。

☆ 3年前のもっこもこのツツジ街道の様子は こちら でご覧ください。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年4月23日 (日)

裏高尾へ再び(城山北東尾根からグルリ)                 20017・04.20

桜も散り、高尾の芽吹きは進んだかなと再び裏高尾へと出かけて来ました。
高尾へ近づくと山の色の濃淡が一段と美しい。
この時期はやっぱりこの道でしょうhappy01P0456
平日というのにきょうもまたバスが増発されて、日影沢は先日より
ギリギリセーフ。
ニリンソウやスミレがたくさん咲いている。P0425
コチャさんもいますよ。0428
1週間違いなのに花の種類が違う。2326
2328_2
0474
2324
相変わらずの登りだけれど今日は体調が良さそう。0430
気持ちのいい緑(^^♪0436
こんな格好する元気もあります。0440
2331

この道が好きです。2332_2
0441
時々開放感があるところがお気に入り♪2333_2
2335
芽吹きから新緑へ。そしてとても静か。2345
0445
2339

気持ちよく登って来て、さあ どこから下山しようか。

城山の桜は満開のようです・・・・が・・カルさんずは脇道から一丁平へ。2344
桜の花びらが散ってる2348
2380
P0456_4
一丁平の展望台。
富士山が見えるとは!目を移すと南アまでも!2352
たくさんの人とすれ違い ベンチは座る場所がない。
相席させていただいて一休み。

桜は終盤だけれど一丁平の雰囲気はいいですね。
高尾山方面からやってきた若いグループさん。きょうはここまでですとおっしゃる。
そうよね。城山まで行かなくてもそういう歩き方もいいですね。2349
萩原作業道はまだ通れないので逆沢作業道から帰ることにしました。
一丁平からはやっぱり脇道を選択だけれど、この道もしばらくの間
道が狭いのですれ違いの待ちが多い。

カルディナの好きな場所。これも高尾山。2354_2

ピンクが見えてきました♪間に合ったみたい。0465_2
464
脇道の土手にもたくさんの可愛いお花。2359
日影沢に降りたらニリンソウが満開♪2385
0481
0483
キャンプ場に近づくと人も増え、スミレもたくさん咲いているので皆さんの目は右向いたり、左向いたり忙しそう。
スミレはもう終わりかなと思っていたのでたくさんのスミレに会えたのはとてもうれしいことでしたhappy012364
2370
2369
2377_2
2378_2
ブーケも多かった。2389
2393
2386
2387
0444
2391
0466
0470
兎の耳みたい。0482
0473
2390
スミレ以外 出会ったお花たち。2365
2367
2372
2394
0422
0431_2
0469

昨年は花が折られていてがっかりだったけれど今年は元気に咲いてくれますように。0459

これからどんどん新緑が輝くし、お花が増えてきますね。
高尾が楽しみ♪

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年4月15日 (土)

城山北東尾根と大戸緑地ハイキング(高尾山界隈)               2017・04・14・

カルディナの風邪も治まって来たし、天気も安定しているので芽吹きの高尾山へと出かけました。2293
****************************
☆本日のコース
    
城山北東尾根と大戸緑地散策

****************************


日影沢に寄る前に小仏バス停のトイレに立ち寄ったところ、バスが2台到着していました。
ハイカーさんもたくさん支度をしています。トイレも順番待ちで並んで
います。
この時期は平日でもバスの増発があるそうですね。
びっくり!

日影沢もほぼ満車状態。
ちょうど帰られる車があったのでそのあとへ留めさせていただき、
ラッキー(^^♪
早立ち、早帰り正解かも?2295
今は一般登山道になった城山北東尾根はたくさんの人が歩かれるのでしょう。踏み固められた道になった気がします。

風邪の後の身にはいっそうきつく感じた登りでした。Photo
明るい日差しと芽吹きの木々に元気をもらいながらガンバ!
登るにつれ、足元に色々なスミレが増えて癒してくれます。Photo_4
Photo_2
好きな雑木林に突入。
中央道を見下ろしながら一息入れ、いくらきつくてもこの道は
好きですね~。
今のこの時期が一番楽しいかも?

上部は伐採が進んでずいぶん雰囲気が変わりそう。Photo_3
植林帯に入ったところで落とし物に気が付き、引き返しますが
バスが到着したのでしょうか。すれ違いが多くなって。

城山も一丁平も桜の時期でもあり、平日とはいえすごい人のようです。
昨年のことを思い出しました。
だいぶ下って来たことだし、この日のカルディナには登り返すのも
きついこと。
静かな大戸緑地を歩こうかということになり、そのまま下山しました。

日影沢はもう1台も車は止められないという状況になっていました。
靴だけ取り換えて大地沢青少年センターの駐車場に移動。
こちらの駐車場にも車はたくさん止まっていました。

満開の桜は強めの風で花吹雪です。
芽吹きの山色も美しい。2297
青少年センターのキャンプ場から草戸峠~青少年センターとぐるり
周ってきました。
峠の丘ではスカイツリーが見えるかと期待したけれど肉眼でははっきりわかりませんでした。2299
足元にはいろいろなスミレ、シュンラン、目を上げれば芽吹きの木々が生き生きと美しい。2302_2
2303
2314
2298
もう少しすると花の種類も増えそうで開花の準備をしていましたが
風が強くて写してきた写真は全部ボツ😢2320
昨年も桜の時期の高尾山は平日でもすごい人で桜やスミレが終わるととたんに静かになったっけ。
また その頃ゆっくり歩きましょうか。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

«小下沢林道から逆沢ノ頭(裏高尾)   2017.03・30