2017年7月12日 (水)

富士山の麓で森遊び(富士宮)    2017・07・10・

急に暑くなって体もバテ気味。
どこか涼しいところへ逃げたいね。

所用でどうせ御殿場に行くなら富士山のふもとでしょう。P005_2
まだ朝なのに気温がぐんぐん上がる。御殿場で30℃。

富士山に向かって登って行くと今度はどんどん下がるhappy01
途中でヤマボウシが満開。
今年は満開のヤマボウシを見損なったのでうれしい♪
さて、これからどのくらい下がるでしょう。

1200m付近に来ると気温21℃
吹く風が涼しい~♪
快適快適happy01

さっそく森の中へ。P982jpg2
空が見えるところは日差しが暑いけれど林の中はほんとに涼しい。

残念ながらこの時期は目立つお花はないですね。D2488jpg2
バイケイソウがたくさんあったので期待していたのだけれど・・・
茶色く変色してみんな倒れていました。
がっかりしていたら少し高度を上げたところにわずかだけれど咲き残っていてくれました。D2489jpg2_2
P996jpg2
群落に期待が大きかっただけに残念!D2493jpg2
花は無くても森の散策は楽しい♪P994jpg2
P984jpg2
ウバユリも伸びてきました。花の時期が楽しみです。D2494jpg2
この森には大木もたくさん!P992jpg2_2
P988jpg2
この日、足を踏み入れなかったところにも大木がたくさんあるそうです。
また訪れたい。P9990
富士山にもたくさん登っていらっしゃるのでしょう。
私たち?
もう 何十年前になるでしょう。
360度の大展望が忘れられません。

この日 奇妙な現象を見ました。
少しの時間、宝永山の右に影富士のようなものが見えていたのです。
画像ではわからないかもしれませんが。D2499
クリックで拡大します。

気に入るとしつこいカルさんず。
またお邪魔しに来ますhappy01

*************************
☆カル2のHP のほほ~んと山遊び もご覧くださいhappy01

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2017年7月 1日 (土)

三ノ峠山(長岡)       2017・06・26・

いつものように所用のついでに以前から気になっていた三ノ峠山を歩いて来ました。
ほんとは登山口などの下見のつもりだったのですが・・・Photo
遥かに見える見覚えのあの山は?happy01

☆本日のコース
  長岡市ファミリーランド牧場P~赤道コース~三ノ峠山(468m)

***************************
所用を済ませて車のナビに登山口のマークを付けようと長岡市東山のファミリーランドにやってきました。

ファミリーランドは広すぎて登山口がわからず地元の方に教えていただきながら赤道コースの登山口駐車場に到着。Photo_6
行き止まりの駐車場には登山者用駐車場と書いてあります。
赤道コースと小さく案内も。

ナビにマークを付け、降っていた雨も止んだので取り付きを確認
しようと付近を散策。
車に残ったカル2は到着した地元の方にいろいろ教えていただいた
ようです。
麓は雨が降っていなかったようで、何人かが到着してはすぐ出発して行かれました。

登山口付近の探索のためにハイキングシューズを用意していたので私たちもGO!happy01

教えていただいた通り、芝生の広場のヘリの車道を進んでいくと
しっかりした登山口の案内がありました。
教えていただかなければうろうろしたでしょう。
有難うございましたhappy01

左の山道へ。Dscn2456jpg
P1210917
少し進むと赤道コースへの入り口。P1210918jpg_4
山道はいいねえ♪Photo_15
Photo_16
雪の重みで・・・すごいですね!P1210923jpg
Photo_17
Photo_18
薄日がさしてきていい気持♪Photo_19
Photo_20
花の山ですよ。と教えていただいた通り、春には花盛りだっただろうと想像できる葉、花がらがいっぱい!
こんなショウジョウバカマを見るのも珍しい。Photo_8
カタクリ、シュンラン、イカリソウ、イワカガミ、スミレ、チゴユリ、
イチヤクソウなどなど。Photo_24
花の時期に来てみたい。Photo_9
Photo_12
ひと汗かいた頃、有志の方が建てたという友遊小屋に到着。
中は見なかったけれど居心地のいい小屋で地元の皆さんが利用
なさっているとか。

駐車場で色々教えていただいた地元の女性と再会。
結局 登って来ました(笑)とご挨拶。


そこからひと登りで三ノ峠山頂でした。Photo_21
展望がないのが残念。

山頂は展望がないので10分くらい歩いて鋸山が見える観鋸台に行くといいですよと教えていただいたので先へ進みます。Photo_25
不思議ですね~。秋でもないのに紅葉?Photo_26
穏やかで見晴らしのいい道が続きます。
所々にベンチが造られて。
南高尾を歩いているような気分。

ルンルンるん♪と歩いていると大きな朴ノ木が何本も!
葉っぱも大きい~!!花はどんな大きさなのでしょう!!Photo_27
観鋸台に着きました。Photo_31
P1210951jpg
残念ながら鋸山には雲がかかっています。
しばらく待ってみたけれどあきらめて下山始めたら途中でガスが取れました。Photo_28
8年前に登った 鋸山。
花立峠はどのあたり?ぎざぎざしているけれど鐘のある山頂は
どこ?
楽しく登った記憶があり、懐かしい。
まさか 向かいから見上げるとは!!

下山はお花ウォッチングしながら同じ道を帰ります。

大きなオオナルコユリ?Photo_29
びっくりびっくり!
花は終わっていたけれど一つだけまだ新鮮。Photo_30
越後の花はほんと!逞しい(笑)Photo_32
今の時期は白い花が多いですね。Photo_33
ホタルブクロも大きな株。Photo_34
これから咲くのはヤマユリでしょうか。
つぼみが膨らんで重くなって垂れ下がった株には一つ一つ支柱が立てられています。
地元の皆さんの愛ですね。

気持ちのいい道。Photo_35
秋はどうなんでしょう。
花の春は?楽しみです♪

そして色々なルートがあってそれも楽しい♪
帰りは赤道コース入口から舗装道路に出ないでそのまま山道へ。
駐車場の上の広場に出ました。

なんて気持ちがいいのでしょう。
広々と!眼下に市街地が見えて。遠くには峰々が連なっている。Photo_36
朝のバシャバシャ降る雨ではとても車から出られませんでした。
登山口付近だけの散策のつもりだったのにこの景色に押されて
山頂まで行ってしまいました。

越後に住む人がつくづく羨ましい。
また きっと訪れることでしょうhappy01


☆カル2のブログ たまには のんびり ぽかぽかと もご覧ください。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2017年5月26日 (金)

惜しい!!(富士山麓)     2017・05・24

ほんとに花の時期は難しい。
昨年遅めだったので今年はドンピシャ狙ったのだけれど・・・
今年の花は遅れてるのか早いのか・・・8512
***********************
☆本日のコース
   ヤマシャクヤクに逢いに富士山麓のとある森の中を散策

☆昨年の様子は 
こちら

☆カル2のHP のほほ~んと山遊び もどうぞご覧ください。 

***********************

ほんとはあと1日か2日遅く行きたかったのだけれど翌日の天気が怪しいしカルディナの所用もあり、昨年と同じ日に出かけることになりました。

なんとなく季節の進みが遅いような気がする。
昨年はじめてお目にかかった場所はまだ固い蕾だったり、やっと白い蕾だったり。P818t
1442
う~ん まだ早かったか。

ちょっとがっかり、気落ちして森の中へ入ります。
バイケイソウがいやに大きく見えます。
この森はバイケイソウがとても多い。花の時期に来てみたいものです。

カル2が第一待ち花を発見!♪14432
花が咲いていると白いので森の中でもすぐわかる(^^♪
あっちにもこっちにも♪14442_2
惜しいです。明日には開きそうな花ばかり。14452
花を追いかけてると迷ってしまいそうな森の中。Cimg1446jpg3
やっぱりいた!先走る子(笑)842
もうちょっとなんだけど。1451
足元に群生して踏まずに歩くのが難しいけれどみんな同じ方向向いてる。1454
ブナ林の中。1458
あと少し、あと少しなのになあと言いながら。1460
1462
でも嬉しい♪来て良かったhappy01Cimg1449jpg2
踏み跡もわからなくなった森の中。
霧が出たらちょっと怖い。
昨年とずいぶん離れた場所で遊歩道にぶつかった。Cimg1456jpg2
大木が多いのもうれしい森。Cimg14572
そっと開いてあげたい。Cimg1459jpg2
ひっそりと。Cimg1463jpg2
森の入り口で一人の男性とすれちがっただけ。
平日だし、天気も良くないせいかな。
地元の人らしいけれど昔はもっといっぱい咲いていたんだよ。
盗掘したって根付かないのにとおっしゃる。

りっぱなブナ。この森のシンボルツリー。862
開いた花に出逢えたのは少なかったけれど薄暗い森の中でポッ、ポッと咲く純白の姿は何とも言えない。
何度も訪れたい森でした。

帰路の途中の広い駐車場に愛車がポツリ。
見えるはずの富士山も見えない。
雨もポツポツ降りだして来ました。P1210865jpg2

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2017年5月19日 (金)

大姥山完結編(大町市八坂)     2017・05・15

毎年この時期の恒例になってしまった大姥山(1003m)ハイキング。
すっかり気に入って4度目になります。
ミツバツツジの山でもあります。Photo_8
*************************
☆ 本日のコース
         布川峠~大姥山ピストン。

☆カル2のHP 
のほほ~んと山遊び2 もどうぞご覧ください。

☆過去レポ
     〇
登りはクサリ満載コース、下りは穏やかなフカフカな山道と
    長い車道歩き。


   ○廃道を使い、短絡グルリップ。

   〇北側の地形図と踏み跡頼りに歩くコース。

*************************
4回目の今回はまだ歩いたことのない布川峠からの道。

信濃大町からナビの案内で布川峠へ。
舗装はされているけれど細いくねくね道が続き 肩が凝る。

布川峠着。3台は止められるでしょうか。
登り始めの木に「ここから大姥の散歩道」と書かれた小さな案内板が付けられていました。
高いところに付けられているので気が付かない人のほうが多いかも?Photo_3
Photo_4
登り始めは少々急坂だけれどすぐ穏やかに。Photo_5
新緑真っ盛り。緑を楽しみながら小さなアップダウンを繰り返すPhoto_6
Photo_7
Photo_8
だんだん尾根がやせて来る。Photo_9
秋葉神社入口の石燈籠を過ぎるといよいよ秋葉神社の難所。
この日の行程でここだけ注意の場所です。Photo_12
大岩があり(これが神社?)、足元はスパッと落ちています。
ザックやウエストバッグなどが岩に当たってバランスを崩したら大怪我します。Photo_13
Photo_14
Photo_27
注意すれば問題ないので穏やかなこのコースのいいアクセントかな。Photo_16
少し進むともう一ヶ所大岩を回り込むところがありますが岩肌でバランスをとりながら難なく通過。Photo_18
Photo_24
意外と早く山姥の滝方面の分岐に到着。
ここからは2回下りに使ったことのある道。Jpg2
Photo_19
上は新緑、足元は落ち葉フカフカの気持ちのいい道が続く。
所々でヤマツツジがきれい。Photo_20
ひと登りをして第一ベンチ。このあたりでヤマツツジからミツバツツジに変わる。
ヤマツツジ、ミツバツツジの木がたくさんあって満開の時はいいところにベンチがあるなあと思いました。Photo_21
Photo_28
Photo_38
ツツジ街道の始まりです。Jpg2_2
Photo_31
今年は季節が遅れているかと心配したけれどむしろ進んでいる気配。
ミツバツツジはピークを越えたようで花数が少なめ。Photo_32
下って来る時とまた違った素晴らしさです。Jpg2_3
Photo_33
この日一番の登り。Photo_35
ツツジを楽しみながらホイホイ下っていたのでこんなきつい登りだったかしらと思う。

ひと汗かいて登り詰めました。Photo_36
秋でもないのに紅葉?Photo_37
1006mの三角点の下になるこの付近の森もとても雰囲気がいいのですが写真で表せないのが残念。Jpg2_5
三角点への分岐を乗り越え、ひと下りしますが足首が隠れるくらいの落ち葉です。Photo_7
5分ほど下って信州新町左右から続いている未舗装の林道に降ります。

この山は林道も雑木林に囲まれてとても気持ちがいいのです。
なぜこの山が好きなのかとふと考えて植林帯の中を歩くことがないからだと気が付きました。

しばらく林道を歩いて大姥山山頂到着。
こちらの山頂は1003mです。Photo_40
雨がぱらついたりしてあいにくの天気。
今までで一番展望がよくないけれどそれでも北アルプスが一部姿を見せてくれました。
常念山脈から燕岳、餓鬼岳 唐沢岳と蓮華岳から爺ヶ岳 鹿島槍とズラリ見えるのです。
槍ヶ岳の頭も見えるらしい。D2429
P769
ガスの上に出ている京ヶ倉もかっこいいね。Photo_43
誰も来ない山頂でゆっくりしたあと車の回収の都合で同じ道を帰ります。

天気もポツポツ来たり、薄日が差したりして不安定ですが新緑の森を堪能してきました。Photo
Photo_2
第一ベンチまで戻ってきたら木々の間から北アルプスがはっきり。
     蓮華岳Photo_3
     餓鬼岳と唐沢岳Photo_4
カッパを着るようかと思っていたのに!happy01

これで完結かと思っていたけれど秋にも歩いてみたくなりました。Jpg2_3
ただいま~happy01Photo_6

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2017年5月 9日 (火)

ヤマツツジ街道が歩きたくて(南高尾)               2017・05・08・

3年前に歩いたもっこもこのヤマツツジ街道が歩きたくなって南高尾に出かけました。
1日違いだけれどさて、どうでしょう?

578
その前にお立ち寄り。
残念!ニリンソウはほぼ終わり、黄色い方は何とかセーフ。534
きれいだねえ~この色。527
花びらも色々。062
ニリンソウとのコラボが見られなくて残念でした。Photo
002
肉眼で見るとニリンソウの白いポツポツが見えてまだ楽しめましたが。
また、いつの日か。531
本命のツツジは緑の中に赤い点々。期待できるかもhappy01557
543_2
3年前より少し出遅れたようです。花びらがいっぱい散っている。587
花の咲く時期は微妙に毎年違うので難しい。
3年前は盛りだったチゴユリは花が終わっていました。
その代わり、ホウチャクソウや3年前には見られなかった大切な花に声をかけてもらいました。522
551
木陰にひっそり咲いていたり、私はここよ!とアピールしていたり。Photo_2
554
上を見たり左右を見たり、忙しいhappy01556
565
561
出遅れたとはいえ十分楽しむことができました。566
570
急な登りにフ~。赤いツツジが励ましてくれる。576
572
580
アップダウンの多い道もツツジが咲いていると苦にならない。
確か足元にはいろいろなスミレが咲いていたっけ?
見事に葉っぱだけ(笑)

もう会えないね。と思っていたら背を延ばしてここにいるわよ~と呼ばれました。552
一番の花つき、花盛り。578_2
お花見しながら一休み。581
582
きれいだねえ~。

こちらは一番の色付き。新鮮な花。585
ゴールデンウイークが終わっても南高尾は人気者です。
たくさんの人達とすれ違いました。
この日、出会った他のお花たちです。516
537_2
角度が違うと違う花みたい。ラショウモンカズラでした。519
天然ではありませんが楽しみにしている花です。
地元の人々に感謝です。513
偶然見つけたあそこの花は元気でいるでしょうか。

************************
☆ カル2のHP 
のほほ~んと山遊び2 も合わせてご覧ください。

☆ 3年前のもっこもこのツツジ街道の様子は こちら でご覧ください。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

«裏高尾へ再び(城山北東尾根からグルリ)                 20017・04.20