« 2006年4月 | トップページ | 2006年6月 »

2006年5月

2006年5月26日 (金)

ニリン草咲く 上高地   06・5・23

《二輪草》という名の和食の店を経営している友がニリンソウの生写真を撮りに行きたいと声をかけてくれ 上高地に出かけました。

メンバーは友達 私 私の夫(ドライバーで参加してくれました)の3人です。
Dsc004171

1日目はあいにくの雨でしたが雨量が少なかったので写真を撮りながら横尾山荘へ・・・

友の元上司が山岳ガイドとなり ガイドの仕事のないときは奥上高地の横尾山荘で働いているので 会いに行きたいと・・・・

花の情報を頂き ドンピシャ!
小雨の中 傘をさしながらも群生の素晴らしさに声を上げ カメラのレンズを向け続けました。
想像以上でルンるん♪
Dscf01431

早春の上高地です。
Dsc003641

Dscf01621

Dsc003791

ニリンソウは白い花 と思い込んでいたけれど咲き始めはピンクが混じるんですね!
かわい~ッ♪の連発です。

ツバメオモト
Dsc003821_3

徳沢まで来ると雨がひどくなり 明日に掛けようと横尾まで1時間 黙々と歩きました。
疲れてくると この区間の小さなアップダウンが意外と足に来るんですよね。

久しぶりに訪れた横尾山荘は きれいに建てかえられて 特にお風呂が大きく きれいになってびっくり!

当然 石鹸もシャンプーも使えないけれど8人はゆったり利用でき 小さな会社の保養所は負けます。

雪の状態が最悪な時期でもあり 天候も不安定なので さすがにこの日は山に入る人も少ないらしく 宿泊者は私達3人と単独行の一人だけです。

食後 料理人の彼女が用意してきたチーズフォンデュをつまみにワインを飲みながら プロのガイドさんの楽しい裏話が聞けて 日本でもプロの山岳ガイドという職業が浸透しつつあるんだなあ・・と実感できました。

翌朝は快晴! このまま帰るのはもったいない気がしたけれど 今回はニリンソウ目当てで来たし 都合もあるので久しぶりにゆったりと上高地を楽しむことにしました。
Dscf01751

Dscf01781

朝食前に槍のほうへ散歩に行きましたが登山靴の靴底に感じる感触に胸が高鳴り わくわくしてきました。
早く 夏山を歩きた~い!

今年はこの近辺を計画中だけれど 岳沢ヒュッテがなだれの被害で営業できないとか。
登山者の行動計画はどう出るかしら。
混む所は避けたいです。
Dscf01931

Dscf01971

ずいぶん雪が残っています
Dscf01991

晴れてきました~♪
Dsc004091_2

ニリンソウの可愛い かわいい ピンクのつぼみ♪
Dscf02141

一面 じゅうたんです。まだ眠っていま~す。
Dscf02201_2

新村橋まで戻って来ました。
Dscf02291

前穂高岳がきれいです。 

Dscf02301

徳沢園です。
Dscf02351

Dscf02371

Dscf02381

Dscf02421

ニリンソウ アップです。
Dscf02521_2

前日は雨でしぼんでいたけれど今朝はお目覚めです。
Dscf02531

Dscf02571

白いつぼみもかわいい~。
A31

Dscf02601

明神岳

Dscf02671


梓川
Dscf02641

河童橋まで戻ってきました。観光の人がいっぱい。
Dscf02791

Dscf02801
岳沢になだれのあとが見えます。


せっかくのかわいいニリンソウには目もくれずひたすら歩いている人も大勢いました。
きっと 時間に追われているのでしょう。

ほんのちょっと立ち止まってみたらこんなにかわいらしいのにネ。


| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年5月20日 (土)

白馬山麓 姫川源流自然探勝園 06.5.18

Iriguchi Amakazariyama_1 Photo_1 Photo_2 Kikuzakiichige Photo_3 Photo_4 Photo_5 Himekawagennryu2 Himekawagennryu2_1 Himekawagennryu_1 Photo_6 Photo_7Photo_9Doukakuyama          

Oyomisitugenn_1

Photo_13

          Siroisumire                                                                                    

道志の御正体 を計画したけど雨模様
雨の量も少なそうだし雨に煙る新緑の山
Photo_12もとっても魅力的・・・
Photo_10ObakemizubasyoPhoto_11Mitugasiwanogunnraku           







朝 起きてもまだ 迷っていましたが 結局白馬山麓のカタクリ情報を選び 軟弱な我家は 一路白馬山麓へ・・・

降っていた雨も小淵沢を過ぎると止み 路面も乾いてきて あわよくば竜遠見尾根八方尾根で遊べるかも?

中央道脇の新緑の雑木林がしっとりと美しいのを見ると雨の御正体もよかったかな・・・なんて

中央道を豊科で降り オリンピック道路を快適に走りましたが 期待した北アルプスは完全に雲の中 信濃大町で残雪の多い爺ヶ岳だけが見えました

五竜の遠見尾根のテレキャビンも動いている気配なし アルプス平もまだ真っ白く見えます
残雪のある
八方尾根も上部は雲の中
頭の上は明るい曇り空だけど山にかかっている雲は取れそうもないので
カタクリ 目当てに散策することにしました

花を見ながらハイキングできるところを探しましたがザゼンソウはすでに終わっているし トレッキングのできるところはまだまだ冬模様・・・

最後に白馬さのさかスキー場前の姫川源流自然探勝園 親海湿原(およみしつげん 読めませ~ン!

この場所は以前から知っていましたが今回初めて歩いてみました

白い小花のニリンソウが群生し 色濃いカタクリもところどころにあり 福寿草も咲きのこり・・・湿原ではミツガシワの群生が見ごろで 気持ちのよい雰囲気のところでした

地元のおじ様があやめのころがいいよ~とすすめてくれましたが 夏の花 秋の花まで楽しめそう♪

平地だけだと山好きには物足りないのだけれど 小山もあり1時間半ほど楽しみました

遠く新潟方面には青空があり 雨飾山らしき(まだ登っていないので?です)雪山が見えてここまで足を伸ばしてよかったね 
さらに
栂池まで行く相談もしましたがまだ冬模様だろうし 日帰りの予定なのでここまでで気分よく帰ることにしました

白馬岳唐松岳 五竜岳 鹿島槍を好んで歩いていたころはこんなに山麓が楽しくなかった気がします

トレッキングコースもたくさんでき 北アルプスに登らなくても充分気楽に山歩きが楽しめる山域になっていることに気がついたことがこの日の収穫でした(^-^)
春のおすそ分けもいただいてルンるん♪

高速道路のおかげで後ろ立山の山々から燕岳 常念岳 蝶が岳まで私たちのフイールドとして肩の力を抜いて楽しむことができます
私もちょっぴりハンドルを握りますよ(^_-)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年5月16日 (火)

緑鮮やかな三の塔(丹沢)06.5.15

山歩きが久しぶりの友 1日しか休みがないというので新緑を楽しみ 疲れが残らない山 ということで丹沢 三の塔を選びました

大型バスもOKかというような広い駐車スペースが作られた菩提峠を8時半出発!
閉ざされた車止めの脇をすり抜けて幅広の林道をゆっくりと歩き あたりの新緑を楽しみながらエ2006_05150003_2ンジンがフルになるのを待ちます

展望のない登山道を30分ほど黙々と登り 開けたところで振り返ると新緑で生き生きとした大山が大きいです
花が何もないなあ・・と思っていたら頭の上にピンクのミツバツツジがきれいに咲いているではありませんか うれしくなりルンるん♪
2006_05150012_2頭上に降り注ぐように咲く
アカヤシオ シロヤシオ檜洞丸 いつか見せてあげたいね
きれいな大山を眺めながら一息いれ ガレ場の急登を過ぎるとまもなく塔山頂 9時20分でした

2006_05150006_2最後の登りを15分ほど頑張ると三の塔山頂ですが富士山の姿がありません
表尾根の主峰 
塔ノ岳も頭を隠しています
がっかりしながら
二の塔を見下ろすと緑の濃淡がきれいです

2006_05150004_3コーヒーを淹れ友持参の クッキーでティータイムしましたが時間が早いせいかヒンヤリして長居ができませんでした
この広々した山頂でコーヒーを飲みながら山々をぼんやり眺める時間が大好きなのですが今回は早々に下山開始・・・
最後に表尾根を縦走したのは15年ほど前のこと 今なら2006_05150010_2どんな風に歩けるかしら 歩いてみたいものです

太陽の位置が変わり新緑が一段と鮮やかに輝きはじめました
もう少し 山頂にいてもよかったかな・・反省です

ヤビツ峠にバスが到着したのか どんどん登ってきます
2006_05150011_2単独行のおじ様 おば様 女同士 男同士 男女の2人づれと・・・山が好きでたまらない人たちに感じられて同じ仲間だわー♪

一人ひとりに行ってらっしゃいと声がけしたくなります
足元に気を配りながら新緑を楽しみ ゆっくり下り 昼前に車に戻りました

2006_05150013_3我家から短時間で登りがいのある登山道 展望の山頂が楽 しめる これが三の塔を愛する理由かもしれません

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年5月10日 (水)

ビッキーに会いに高川山へ・06.5.9

   2006_05090018       焼山峠でのランチの後 期待はずれだったので 明日 花のある山に出直そうよと新緑に輝いた山々を見ながら20号線を走りました

付近の山々は山藤と桐の花が満開であちこちに紫色が点在しています
車で通り過ぎるのがもったいない気がします

初狩に近づくと相棒さんが突然 ビッキーに会いに行かないか?

異論があるはずありません 
標高からいっても何か花が咲いてるはず・・・

コンビニで2006_05090022前回ビッキーが食べてくれたパンを買い込みいざ 高川山登山口

時刻は13時半 今頃登る人 いないよね と笑いながら緑が濃くなった登山口を出発

ここのところ簡単とはいえまめに歩いているし 焼山峠でも1時間ほど散策しているので体が山モードになってる2006_05090024

前回フウフウした急登も楽にクリア(^-^) 
登るにつれ新緑が美しくルンるん♪

でも 花がないなあ う~ん?と思っていたら 突然 新緑をバックにオレンジ色の山ツツジがきれ~い♪
緑のトンネルにオレンジ色が鮮やかさを添えて寄り道してよかったねえ(^-^)

岩が出Image1_1てきたころ びっくり!なんとビッキーのお出迎え・・・
山頂までまだ まだよ 頑張れ がんばれというようにしばらく私の後ろからついて来ます
いつのまにか後ろにいなくなったかと思えば相棒さんの前を行き 見えなくなると待っていてくれたそうです

山頂に着くと相棒さんが誰かの忘れ物の弁当箱に水をあげたら夢中でピチャピチャと飲み干しました
きっImage1とのどが渇いたので下まで水飲みに行く途中に私たちと出会ったのね
前回は警戒していたようだったけどほしかった水をくれたので安心したのでしょう
横すわりになりリラックスし始めました

誰もいない山頂で初夏のさわやかな空気と光の中 私たちもビッキーとい    っしょにリラックス(^-^)2006_05090020

山頂直2006_05090025下には山ツツジがたくさんありまだつぼみ ・・・
咲きそろったらこれまた楽しそう♪

焼山峠では不完全燃焼だったけどこれで完全燃焼です!
      Dsc00298       
冬枯れもよかったけど緑の時期も格別ですねえ
4月・5月は1000メートル少々が美Dsc00293しく     楽しいねえ♪

| | コメント (0) | トラックバック (0)

デジカメの練習に焼山峠へ・ 06.5.9

2006_05090016 2006_05090001 2006_05090013                         

                                      

デジカメを買い換えたのでその練習に梨県小楢山の登山口 焼山峠にでかけました
カラマツの新緑を楽しみに ここ何年間か毎年通っています

この時期 木々の新緑が始まり いろんなスミレ ドウダンつつじ ヒカゲツツジ 山ツツジが咲き始めるのですが今年はいま やっと芽吹きが始まったばかり・・・
1週間は遅れてるかな

小楢山に登ってもまだ冬模様だし・・・
付近を散策して軽くランチ 
春の光を浴びながら鳥の鳴き声だけの静かな静かなひととき・・・

このあたりの名物 レンゲつつじの花芽はたくさんついていたのでことしは期待できるかな

何年か前見た 小楢山の山頂直下の白樺とレンゲつつじの組合わせは必見の価値ありでした

近くの乙女高原の白樺とレンゲつつじのコンビも最高♪
6月中旬が楽しみです

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2006年4月 | トップページ | 2006年6月 »