« 2006年8月 | トップページ | 2006年10月 »

2006年9月

2006年9月26日 (火)

滝子山から大谷ヶ丸    いろんな森が楽しい       2006・9・25

大蔵高丸に案内する予定だった友の都合が悪くなり 
カル2も連休がもらえたという。
それでは といつか行きたいと思っていた滝子山に行くことにする。

道証地蔵~沢沿い~鎮西ヶ池~滝子山~鎮西ヶ池~アモウ沢乗越~大谷ヶ丸~コンドウ丸~曲り沢峠~沢沿い道~道証地蔵

朝5・30我家を出発 道証地蔵の駐車スペースに7・54到着。
Dsc007911

降っていた小雨もやみ 青空も見え始めたので 予定通りに行くことにして8・30歩き始める。
登山道に踏み込んで すぐ 小さな沢を渡り いい気分に♪
Dsc007941   

沢の左岸沿いにゆるやかに登って行く。  沢を見ながら歩くのは気持ち良いもの。
足元は足に優しいふかふか道
Dscf06851

なぜか いつもより足が軽い!昨夜の天気予報も下り坂  GOGO気分になりきれない。  
中央道の周りの山にも黒い雲がかかっている。

ところがいざ 歩き始めると体も足取りも軽い!
先週 ついた筋肉が残っているのかなあ(^^♪

この日の難関 細い丸太の橋渡り。 雨にぬれた木や針金がすべりそうで 冷や冷やしながら渡る。
Dscf06861

小さいながらも次々と現れる滝に見とれながらも足元は狭く 崩れかかっているところもあり よそみは禁物・・・と!
流れの勢いも強く 水量も多く感じるが いつもはどんなかな?
Dscf06921

曲り沢峠への分岐を過ぎると流れが平滑の滝のよう。  まわりは気持ちよい雑木林となりなかなか楽しい
Dscf06931


Dscf06891   

沢から離れると足元の草が少々うるさく先週のダニのことが頭をよぎる。
花はみんな終わりかけだけれど 登山道は急登もなく穏やかな気持ちで歩ける。
Dscf06971

ブナが現れ 広々とした防火帯のようなところに出た。 櫛形山みたいね。 時期にはアヤメが咲くのかな?

花は終わり茶色になっているが延々と続くなかなかの群生地 花の盛りは見事だったでしょう!
その中にひっそりと
トリカブトが隠れていたけど葉っぱが黒くなっている・・・
これが病気ということなのかしら。

このあたりから鎮西ヶ池のあたりまでいろんな花が群生して咲いていたのだと見て取れる。
最近覚えた
テンニンソウも咲き残っていた
Dscf07031

Dsc008061

Dsc008071  

滝子山山頂はそれからすぐでした。
傾斜が穏やかで 渓谷あり お花畑あり 気持ちよい樹相の森 変化にとんでいたせいか なんなく山頂に到着した気がします。
あたりは真っ白け 勝手に想像していたより狭くて意外でした。
Dscf07171jpg 


Dscf07141

Dscf07181

この時期 この天気 誰もいない静かな静かなひととき 
単独の大きな荷物を持った男性が登ってきたけれど 
すぐ
大谷ヶ丸に向かって行きました。
結局 この日に出会ったのはこの方だけでした

ランチタイム後 私たちも大谷ヶ丸に向かいましたがこの道がとても楽しかったのです♪
時々現れる急登も短く すぐゆるやかで穏やかな道になる。

カラマツ林 背の低い雑木林 背の高い雑木林 ブナを交えた自然林の森が次々と現れそれぞれがいろんな顔を見せてくれて 霧も流れ幽玄の世界も・・・何度も立ち止まり見とれました。
足元は相変わらずふかふか道です。
Dscf07231



Dscf07201 

Dscf07291

Dscf07251

トリカブトもわ~っとは群生していなかったけれどかなりの数 点在していました。
この道のトリカブトは一株の花数やつぼみが少なかったけれどこういう種類なのかしら?葉っぱはきれいでした 
Dscf07321  

Dscf07351jpg_2

Dscf07391

コンドウ丸 曲り沢峠を経て朝の沢沿いの道に戻り16時半 愛車に帰り着きました。
Dscf07421_2 


Dscf07441

Dsc008311

沢沿いの道に合流するまで 森や林が途切れなく美しくて これはぜひ 紅葉 新緑 初夏に再訪せねば!

中央道から見上げた山姿から急登の多いハードな山だと思っていましたが今回のコースは崩れかけていたり すべると危険な箇所が何箇所かあったものの全体的には穏やかな登山道でした。

でも 退屈させない 飽きさせない そんな印象でした。

★詳しいコースタイムなどはリンク先の<カルさんの山遊び日記2>をご覧ください★

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年9月22日 (金)

丹沢 広河原と道志 二十六夜山                      フジアザミとダニに愛された日     06・9・20

敬愛するブログの先輩のレポを参考にさせていただき目指したコース(ただし 広河原でリタイア)
丹沢日蔭沢橋(神ノ川)~広河原~地蔵尾根~蛭ヶ岳~臼ヶ岳源造尾根~広河原
1

5時過ぎには歩き始めたいと思っていたのに起きれなくて 4時20分 我家を出発。
日蔭沢橋に6時前到着。
ウ~ン ちょっと出遅れたので 時間的に不安がよぎる。

沿いに縦列駐車となるが大きなトイレがありびっくり!こんなところに・・・でも ありがたいこと。
Dscf06221

6時23分 ゲートの脇をすり抜けて出発。

台風接近のあとの水量が心配で一日自宅待機したのだけれど まだ 谷底から聞こえてくる音はすごい音  またまた不安が・・・

それでも期待の方が大きく 天気は快晴 気持ちはルンるん♪
7時16分 広河原への降下地点に到着。
Dsc007311  

河原に下りてあたりをキョロキョロ  もう一つのお目当て フジアザミはどこに咲いてるんだろう???
Dscf06261

探しながら彦右エ門沢を横切り 神ノ川左岸を進む。
赤テープが右岸に見えるけれど 水量が少し多めで 流れも速い。 

渡渉地点を探しながら進めどすんなり渡れそうな所がない!
ふと 右岸を見ると合流してくる沢の先にケルンが見え取り付き付近だとわかる。 

カル2が少し先まで様子を見に行くが×印の合図。   
見に行くと上流に行けば行くほど水量も多く 流れも勢いがすごい。 
渡れるところを探してしばしうろうろ・・・

カル2はさっさとあきらめ フジアザミ探しに気持ちが移っている。
カルディナは未練が残りつつ こんどはゴムぞうりで裸足で渡ろう。

なかなかお目当てが見つからず まさか大好物だという鹿チャンに先を越されたのではないでしょうね。

気落ちしていたら見つけた~♪とカル2の声!
あった あった!ザックを放り出してカメラを持って駆けつける。
さらに場所を変えたらなんと!熟女のうなじから乙女のうなじまで それも大株ぞろい想像を越えていたのですっかり夢中です。
Dscf06292

Dscf06391

Dscf06461

Dscf06441   


付近の下見を兼ねて一通り遊んで さて これからどうしょう。
この上天気!帰るのはもったいない。 

地図を広げてどこへ行こう。 
通称 裏丹沢は詳しくない私たち。下調べなく歩くのはちょっと・・・

ということで前回 雨で途中リタイアした今倉山~二十六夜山までの残りを歩くことに決定。

10時20分 車に戻るとミニパトカーが止まっていておまわりさんがいる???
この秋は熊が2回山から下りてきたとか 
山ではず~と雨が降り続いていて エサがないはずなので熊も いのししも 鹿も里に下りてくると思うから気をつけるように・・・と

そういえば林道の途中でカル2が獣の臭いがする と言っていたし イノシシが掘ったらしい跡もあった。 河原にも鹿の足跡がいっぱいあった・・・ゾ~(@_@;)

昼食を済ませて道坂トンネル西口に車を止め 前回は雨の中 暗い谷に落ちるように下ったパラジマ沢を逆に登ることにして 11時50分出発。

今回は明るい光が差し込み なんとも明るい谷だけれど感心するほどアキレス腱のびのびの登りが続く。
前回 登山道が突然消えた沢は登りは簡単 上を目指せばいい。 水量も前回より多くて沢らしい音を立てて流れている。

2度目の道は気が楽で1時間ほどで西ヶ原に出ました。

10時20分 赤岩に到着。かすんでいるもののすぐ近くで御正体山も鹿留山も大きな姿を見せています。
先着していた3人グループの人たちとしばし山談義 情報交換。
二十六夜山までの道もうわさどおり気持ちのよい尾根道で トリカブトは少しだけだったけれど 変わった枝振りの木々を楽しみました。
Dscf06561


Dscf06571_2


Dscf06581
たくさんあった今倉山東峰付近のトリカブトは咲いていたのだろうか。
トンネルから歩けばよかったかな・・ちょっぴり後悔。
Dscf06531

 

一度林道に出て またすぐ登り返す。
Dsc007671    

Dsc007731

15時18分 到着した二十六夜山は展望がいい。
Dsc007761

Dsc007791

Dscf06631_2 

気持ちよく歩きやすい道を7分ほど鼻歌交じりで下り 再び林道に戻り 路肩に咲くいろんな花ウオッチングをしながらぶらぶらと1時間ほど歩いて車まで戻りました。
Dscf06501

Dscf06701

Dscf06711

Dscf066811

Dscf06751

Dscf06782

Dscf06811

皮肉なことに山道よりこの林道の方が花が多く 立ち止まってばかりいました。

予定通りの山行きはできなかったけれど大満足の1日でした・・・
すごいお土産つきだったのです。
側溝に落ちて上がれないでいた太くて大きなヤマカガシを見たり 今年はどういうわけかヘビによく出会います。

帰宅後 夜中にカル2が 背中がかゆい とげが刺さっているみたい 取ってよ。
背中にとげ??黒いものがついてる。
触ると確かに刺さってるように見える。え~! 
虫眼鏡で見るとなんと!ダニの形をしてる!ヒエ~! 

針で取ろうとしてもダメ しっかり食いついているし 手足も動いてるではありませんか!
アルコール消毒液をスプレーしても死なない。 
ダニよけスプレーが買ってあったのだ。 それをシューしたらすぐ死んでくれたみたい・・・

けど取れない。 毛抜きを使って強引にはがしたらしっかりダニでした!
取り残したらいけないと虫眼鏡で見ながらチェック。 
それから夜中にダニ検索です。マダニらしい。

死骸を持って翌朝 皮膚科へ行きましたがやはり マダニ。 
全部揃ってるから残ってないだろうとのこと ほ~(@_@

先生が取っても口先が残ることがあるのだそうです。来院する患者さんには東北の山で被害にあい 食いつかれたまま来る人が多いそうです。
抗生物質の薬をもらって10日~14日の潜伏期間中は注意するようにとのこと。

下山後 車に戻ってすぐ温泉に直行 全部着替えたのにどこで?いつ??

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年9月10日 (日)

羽を広げた鷲羽岳へ  3日目  06・9・4~6

3日目 9月6日 のコース  
鷲羽岳~鏡平山荘~新穂高温泉

詳細は カルさんの山遊び日記2 を参照してください。

前夜 まぶしいくらいの月明かりに祈り 願いがかなってまずまずの天気 予報は午後から雨になるそう。
たとえ 下山中に雨になろうとこれは
ワッシーに登らねばなるまい!
荷物を預けて空身で1時間直登し山頂へ
Dsc006891

ワシの水飲み場(池)と槍ヶ岳
Dsc007041_3
 

 
山頂には強風のため10分ほどしかいられなかったけれどかすみ始めてはいるものの360度の大展望!来たね!来たね!
Dscf06041

すごく近い大きな薬師岳に いつか行くよ!
Dsc006951

野口五郎岳の特異なカールも目の前にある
Dsc006971

空身で朝はまだ元気だから下るのが早い。 
かなりゆっくりだとおもったけれど50分で

三俣山荘に戻りました。
Dsc006111_2   

好天が続くようならも笠ヶ岳にも登りたいとカル2は言いますが確実に悪天が近づいているので今回はあきらめ 一気に新穂高に下ることに・・・

山荘を8時14分出発。
40分で三俣蓮華岳の山頂への分岐。
私たちはわき道を選び 小さなアップダウンを繰り返しながらお花畑の道を行きます。

Dscf06121
カールを見上げつつ お花畑を眺めつつ なかなかいい道です。
ゆっくり時間をかけて歩きたいものです。

三俣蓮華から双六岳のカールは秋色に変わり始めすご~くきれいだったし 赤紫色に変わったチングルマの群生がみごとで その草元には濃い紫のかわいい
ミヤマリンドウもたくさん咲いていました。
1_3


Dscf06151


Dscf06141

今回は私たちだけの静かな静かな山を独占しましたが 混む時は道が狭いのですれ違いが大変になるかな? 

                                                                                                       
双六小屋に10時35分到着。

どんどん雲が増えてきます。 
小屋を出て
弓折乗越に向かう途中でとうとう本格的に降り始めました。 
昨日はルンルンして下った道も展望がきかない雨の中の行程はちょっと苦しい。
こんなにピークがあったっけというくらい小さなピークをいくつもいくつも越えます。

子雷鳥の背伸びをして草を食べる姿はほんとにかわいらしい
1_4  

やっと眼下に鏡池鏡平山荘が見えたとき この天気ならではの美しい
光景に思わずため息が出ました。
Dscf06191

12時45分 山荘ラーメンとコーヒーで1時間 ランチ休憩し 日が暮れる前に新穂高に着きそうなので頑張って下ることにしました。
最後の林道の長かったこと 
バシャバシャ降る雨の中ひたすら歩く歩く歩く・・・

17時半 無事に愛車にたどり着きました。 (完)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

羽を広げた鷲羽岳へ  2日目  06・9・4~6

2日目 9月5日の朝 日の出前の黒い槍・穂高が映る
鏡池
何度も見た絵ね 静かな感動!
Dsc006091


Dscf05231

2日目のコース 鏡平山荘~双六岳~三俣蓮華岳~三俣山荘

詳細は カルさんの山遊び日記2 を参照してください。

快晴のなか 6時30分 それぞれの方向に出発。
朝いちの急登にあえぎながら ああ 早く稜線に出たい。
1_2 

展望が良くなると朝の光を浴びた 素晴らしい絶景が広がる。
弓折岳から双六小屋までは稜線漫歩。
目に入るひとつひとつの山々に感動の連続。
Dscf05341

Dsc006361

ワッシーが見えた!!
Dscf05351

双六岳
Dscf05371

双六小屋の上に羽を広げた鷲羽がで・か・い!
Dsc006371

Dscf05441

双六小屋前にて
Dscf05491

小屋からほとんど直登する双六岳。
もっと優しい山かと思いきや なかなかの急登が続く。
赤紫に色変わりしたチングルマ 群生して花のように見えますが 風に揺れて登りのきつさを励ましてくれます。

登りつめた先に見たものはびっくり! 野球でもできそうなだだっ広さ。
あいにくガスが出始めて展望がきかなくなり残念でしたが山頂まではルンるん♪歩ける散歩道のよう・・・

天候が崩れるのが早かったなあ・・・真っ白な山頂で記念撮影だけ済ませて 次の三俣蓮華へ
Dscf05551

展望が無いものの足元は素晴らしい。
チングルマをメインに紅葉始めた花や 花のような種をつけた花 夏の残り花 すそを広げたカールは秋模様 。
Dscf05581

お腹も空いてきたので三俣蓮華の山頂手前でハイマツの陰で風をよけランチタイム。

しばらくするとおや?おや?ガスが切れ 槍ヶ岳の頭がちらちらしだしました。
どんどん他の山も姿を現し おお!おお!なんて絶景!!

異様な色姿の赤岳 硫黄尾根これまた 何なんでしょ♪
Dscf05611

Dscf05641


Dscf05661

やっぱり やっぱり私には山より優るものはないです。
槍より穂高が好きだと思っていたけれど裏から見るとやっぱり主は槍ヶ岳だ~!

ずらり見える 燕岳~大天井岳~常念岳~槍・穂の稜線 いつも眺めていたところにいるんだよねえ(^^♪
Dscf05621

三俣蓮華岳が近くなると黒部五郎 雲の平 薬師岳も姿を現してきました。

黒部五郎岳
Dscf05691

雲の平方面
Dscf05721

三県境
Dscf05761

Dsc006801


Dscf05801 

ワッシーがいちだんと大きくなりました。
Dscf05731

Dscf05841


Dscf05861

拡大します。
Dsc005871


Dscf05891

一時ガスが出たり ぽつぽつ来たりでワッシーに登る事はあきらめてのんびりしすぎて
三俣山荘13時52分到着。
Dscf05931 

Dscf05941 

鷲羽のあまりの大きさに 疲れた足で登れるかな・・弱気

17時からの小屋の夕食までに下ってこれるかな・・弱気


結局 明日の朝に掛けることにしてのんびり・・・

三俣山荘は通過点だけあって続々と登山者が到着。 
小池新道も双六小屋も水が豊富だったけど三俣山荘は渇水状態で水不足すぐ近くの水場の水も沸かさないと飲めないそう。 

鷲羽岳~水晶岳方面も水がありませんと書いてありました。

夕食時には食堂が満席状態で ほとんど中 というより高年のグループ。 
そして やはり関西の人が多く 百名山を目標にしている人も多い。
改めて地図を開くと 付近には百名山が多かった。
しか~し 私たちは百名山完登を意識したことが無いのです。 たぶん これからも・・・

ただただズ~と以前から憧れていただけ。
薬師岳 雲の平 黒部五郎岳 笠ヶ岳 歩きたい山だと話すとみんな誤解する。 
困ったものです。

確かに百名山の中には登ってみたい山がたくさんあるけれど 日本全国の山をめざすより居心地のよい山に何度でも出かける。
これがカルさん登山隊のスタイルなのですが・・

  3日目に続く

| | コメント (0) | トラックバック (0)

羽を広げた鷲羽岳へ  1日目 06・9・4~6

昨年 迷走台風のおかげで中止にせざるをえなかった  槍ヶ岳~穂高岳縦走を再度計画していましたが またまた 突然台風が現れて 肝心の大キレット越えの日に 日本に一番近づく予報が・・・
それではと急遽 予定を変更して 長年の夢 ワシの水飲み場(池)
を見に行くことにしました。
Dsc006841_2 

新穂高温泉~小池新道~鏡平山荘~双六岳~三俣蓮華岳~鷲羽岳~三俣山荘~新穂高温泉

好天が続くようなら三俣山荘~笠ヶ岳へ   そして笠新道~新穂高温泉 の予定でした。

鷲羽岳大キレット越えが済んでからのつもりだったのに順序が逆になりましたが正解だったようです。
鷲羽岳の登頂を終え どんどん天候が悪化して行く中  槍・穂は早々と雲の中に隠れました。


どういうわけか カルさん登山隊は2~3回の計画流れは当たり前。
その後 実現したときには最高の展望を見せてもらってきているので山の神様がおいで!と呼んでくれるのをあせらず待つことにします。

ワッシーは燕岳から初めて見たときから カル2の憧れに・・・
いつか鷲の水飲み場を見に行きたいと。
ところが神奈川県在住の身としては遠くて遠くて・・・
Dsc007041_2 

いつかたっぷり時間が取れるようになったら富山県から入り 
私の憧れ 薬師岳そして 雲の平 黒部五郎 鷲羽岳 と
縦走するのが夢でした。

9月4日の朝3・30 我家を出発。
安房トンネルができたおかげで5時間半で新穂高温泉に到着。
9時半から歩き始めました

コースの詳細は カルさんの山遊び日記2 を参照してください。

時間近い林道歩きが始まると途中でヘビさんが道路横断中。
歓迎してくれるのか 悪い予感なのか・・・
良い天気はうれしいけれど意外と暑い!

笠新道の入り口
Dscf04961

ワサビ平小屋を過ぎるとブナ林が現れてとても気持ちのよい道になりました。
どうしてブナ平小屋にしなかったのかな?
Dsc005931  

大きな山も見えてるのだけど裏銀座初体験 名前がまったくわからない(地図を出すのがめんどうで)

気分は高揚してくるのだけれど林道歩きに飽きて早く山道に入りた~い!

いよいよ
小池新道入りここから鏡平山荘までまで3時間20分 長い林道歩きのあとだけに気が遠くなりそう。

小池新道は北アルプスお約束の岩ごろ道だけれど 登り 下りとも とても歩きやすい。
久しぶりの荷重にひいひい言っているけれど それぞれ自分の歩幅を維持できるように整備されていて この道を作った関係者の気持ちをずんずん胸に感じてありがたいと思いました。
それでも北アルプス 楽に登らせてはくれません。
そんな中でのオアシス シシウドヶ原は盛りを過ぎてるとはいえ 素晴らしい眺め!
Dscf05051

急坂にフウフウいい 腿が上がらないと泣きが入り 30分ごとに休みながらも16時少し前に鏡平山荘に到着。
Dscf05101  

小屋に到着したときの気分ていつも なんともいえないいい気分。
苦しかったことなんてどこかへいっちゃってる。
この日は20人の宿泊者 明日下山するという人はみんな日焼けして 4日間良い天気でした~と大満足げ うらやましいこと!
Dscf05081


Dscf05111

Dscf05281 

小屋の対応も空いているなりにゆったりと寝場所をとってくれておかげでぐっすり眠りました。
明日もよい天気の予報 期待しましょう! 夜は久しぶりの満天の☆空 手を伸ばせば届きそうな大きな星!・・・・・・・・・2日目に続く

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2006年8月 | トップページ | 2006年10月 »