« 2007年3月 | トップページ | 2007年5月 »

2007年4月

2007年4月22日 (日)

菰釣山北東尾根で前ノ岳へ2007 4・20

歩いてみたいと思っていた道志(丹沢)の菰釣山(こもつるしやま)
どうせならバリエーションルートを登り 一般登山道で下ろうということでベストシーズン新緑には早いけれど踏み跡のわかりやすい今の時期に出かけてきました。

道志に向かう途中 見えてきた丹沢の奥の山が真っ白です。
一応アイゼンの用意はしてきたけれど どうしようか・・車の中で相談です。
行けるところまで行って無理だったら引き返そうと決定
道志の道の駅に車を止めました。

道志の森キャンプ場の落合橋の手前から前ノ岳に向って伸びている尾根を登り ブナノ丸に出て菰釣山へ
帰りは城ヶ尾峠から落合橋に下る予定でした

道の駅の出口には鳥の胸山への道標があるのでそれに従い さらに道志の森キャンプ場に向かい進みます。

Dscf18051

詳しいコース内容 行程は カルさんの山遊び日記2 を参考にしてください。


尾根への取り付を探しながら歩き それらしきところを2箇所ほど見送り 杉林から下り出ている踏み跡を発見
これだと思い
上がり始めます。 
Dscf18071

スギの植林帯の中に入ると じきにスズタケの藪になりますがすぐに抜けられ 植林帯をひと登りで尾根に出ました。
Dscf18101

Dscf18111

山はまだ茶色の世界 やっと芽吹きが始まったという感じです。
広くはないけれどはっきりした尾根道です。
落ち葉ふかふかの歩きやすいふみ後が続いています(道にはなっていません)
傾斜もきつくないので新緑の頃はいいだろうねえと気持ちよく木々を眺めながら進みます
足元には花はまだ何も無し。



尾根に乗り10分ほどで雪が少し残っているようになります

道志村が
右下に見える頃 右から尾根が合わさってくるのが木の間越しに見えました。
Dscf18171

道なりに尾根をはずさないように 尾根の背骨を進んでゆくと突然現われたスズタケの藪に突入です。 
先を行く相棒の青いザックがちらりと見えるくらいの藪です。
相棒の踏み跡を見失わないようにスズタケを掻き分けながら後を追います。
Dscf18201


草丈が高くなったら空を目指して登ればいいんだ・・と一人合点してました。
 (空が抜けかかっていたので)


7分ほどで抜けると展望が開けました。
Dscf18211
目の前に菰釣山からブナ沢の頭 中の丸の稜線が見えています かなり雪があるように見えます。
Dscf18221

Dscf18241 

振り返れば道志の山々 道志村が見えます 木にテープが巻きつけられていました。
ここまでは一つもテープが見当たらなかったけれど ここから西に向い進むと途中に高指山への分岐があり テープがたびたび現われます。
 そして踏みあとも道に昇格したようです。

Dsc016271

Dscf18271
 
ゆるやかに方向が転換されて行くので地形図と磁石と高度計で確認しながら進みます。
テープがなかったらカルディナでは下りに使うのは怖いかな。

何箇所かスズタケが切り払われて針山のような道がありました。   ワンチャン連れはワンちゃんには厳しいかもしれません。

前ノ岳が見え始めると右にはっきりカーブして 大木がでんとした 広々した雰囲気の良い所に出ました。
Dsc016301

Dsc016321

一面の雪の原でしたが緑の頃はほんとにいい気持ちにさせてくれるところでしょう。
裸の木々がまるでオブジェか今風の生け花のようにきれいです。

テープに導かれてゆるやかに下って大きく右に進路が変わります。
前ノ岳でランチにしようとしますがなかなか近づいてくれません。
Dscf18351

Dsc016401

またスズタケが出てきたなと思ったら最後の急登が目の前に現われました

ここまでは傾斜もゆるく 足元もふかふかで疲れも感じなかったけれど最後におつりをドサッ!ともらった気分です。


首をめいっぱい後に反らして見上げるような急登のなか 落ち葉の上に積もった雪でずるずるです。 
すべったり 頼りにしている木の幹や 張り出してる根っこが万一抜けたらすぐ下に待ち受けている谷底に吸い込まれるのは間違いなし。
キックステップで足場を確保して根っこや木の幹に助けられながら 少し緊張しつつ頑張ります。

Dsc016451
Dscf18411
Dsc016491_3

時間にして20分ほどの格闘をしてクリア 平坦になったらひょっこり分岐に出ました。
Dscf18421


雪もグッと増えています。
時間のことも考えてこの日は前ノ岳からスカイバレーキャンプ場に下ることにしました。

その前ノ岳山頂 分岐の道標から10分ほど下り 覆いかぶさった笹がきれたところにありましたが稜線から下ってきた人は見過ごすでしょう。 通過点にある大木にちいさな木版が下山側にひっそり掛かっていただけでした。
エアリアの地図に存在感を示しているのにかわいそう・・・
Dscf18451

シートを敷いてランチタイムです。
大きな木が風をさえぎってくれて ありがとう・・・
Dsc016511

キャンプ場に向かい下山開始するとすぐ 広々と見晴らしもいい台地に出ます。
Dscf18461 

その後 スギ 檜の植林帯 唐松林 また植林帯と下って行きスカイバレーキャンプ場に降り立ちました。
Dscf18521_2


道志川沿いに山里の春を感じながら1時間10分ほどぶらぶらと歩き道の駅の愛車に戻りました。

Dscf18551

Dscf18561

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2007年4月11日 (水)

ギフチョウの石砂山(いしざれやま)   07・4・10

ブログの先輩のレポを読んでいつか歩きたいと思っていた石砂山
神奈川県相模湖の石老山の隣にある578mの里山です
先日NHKでギフチョウの生息地だとか 2週間の命の蝶だと知る
タチツボスミレの蜜が大好物で 花の咲いている時期でないと出会えない春の女神と呼ばれているとか
これは今 訪れなくては!と出かけてきました
Image11
1_2 


藤野町篠原~北尾根~川上ドッケ(499m)~西峰~石砂山東峰~篠原

細かな行程時間などはカルさんの山遊び日記2 を参考にしてください

篠原のバス停に着いたけれど駐車できる場所探しから始まる
あるレポではこのバス停の空き地に2~3台留められると書いてありましたがバスが転回しにくくなりそうなのでほかを探して何とか駐車させてもらいました
帰り際にはあちらこちらの空きスペースらしいところに登山者らしき者の車が駐車して皆さん苦労して探したようです
NHK効果でしょうね 先週はすごい人だったとか 蝶もモデルになるのに疲れたんじゃない?と山頂で出会った方がおっしゃっていました

中村橋を渡ったところにある大石神社にお参り 古い由緒ある神社だとか 鳥居の傍らに大木があり なんの木でしょう?
そして驚き!廻り舞台もありました 
Dscf18031
Dscf18001
Dscf18021

尾根の取りつきを探し 神社の少し先から篠原川左岸の北尾根に乗りました
落ち葉ふかふかの細い道が続きます 分岐に遭遇 とにかく高いところを目指そうと急登を登って行くと祠に出会いました
Dscf17331

Dscf17341

尾根をはずさないように踏み跡をたどります あたりは里山らしい雑木林が気持ちよいです
春の光が差し込んで芽吹いたばかりの新芽が生き生きとしているようです

Dscf17401

穏やかな傾斜の中に時々急登が混じります
春の雑木林ってなんて気持ちがいいの でしょう 心も体も前向きになる気がします
Dscf17431

Dscf17451

足元にはまだ花が何もないねえ・・・と話しかけたら《私がいるわよ》とヒトリシズカさんに声をかけられました スミレもぽつぽつ見られます
ウグイスも鳴き 赤ゲラでしょうかドラミングも聞こえます
1_3

Dsc015751

少し長い急登を頑張ると499m川上ドッケでここにも祠があります
狭いけれど気持ちのよい空間でした
Dscf17511

Dscf17551
ついのんびりしてお尻をたたかれました(^^ゞ

せっかく登ったのにどんどん急降下して川上峠です
レポにはここから急傾斜になると書かれていたので両手に手袋をはめて登りはじめます
ひえ~!あれ~!ずるずる~!
ほんとにすごい! ずりずり滑ります
張り出した根っこの助けを借りながらアキレス腱のびのび ふくらはぎパンパン
一休みしようと立ち止まったとたんずるずる落ちて思わず両膝ついて制御!
Dsc015801

何とかクリアした先には天国が待っていました!
傾斜もゆるやかになり明るく広々となんて気持ちのよいところでしょう
厚い落ち葉のじゅうたんの上でのんびりボ~とできたらほんとに天国です

Dscf17611

Dsc015841

相棒さんはもう西峰に到着しそうですが今日は歩行距離も短いので思いっきりゆったりのんびり歩いて雑木林の魅力を思う存分味わいました
Dscf17631

東峰に向かいこれまた急降下ですがさっそくギフチョウに出会いました
二匹でヒラヒラと飛んで行きました
降り切ったところで伏馬田からの東海自然歩道が右から合流してきて私の嫌いな階段が山頂に伸びています
とたんに硬く踏み固められた道に変わりました こんなに違うものなの?あんなにふかふかだったのに・・・
Dscf17651
Dscf17641

到着した山頂には4人先着してギフチョウの写真を撮ろうとねらっています  
1_4
Image11_2


数匹飛んでいるのだけれどなかなか止まってくれません
シャッターチャンスが難しい
ティータイムでもしたいところですが人が集まってきそうなので下ることにしました
篠原への下りは東海自然歩道を使いましたがつまらなかった・・・
登ってきた北尾根に比べるとなんと味気ない道でしょうか
この違いを考えさせられました
Dscf17791

Dscf17871

タチツボスミレがだんだん多くなってきます いままさに満開というところです
途中 ギフチョウが夢中になって花の蜜を吸っているところを見ました
カメラでねらうもうまくゆかず残念!
まさかこんなに蝶の姿が見られるとは思いませんでした
下山中ず~とあちらこちらでひらひらと飛んでいるのです
登山者もぽつぽつぽつと登って来ます

里に下りると花盛り! 赤白黄色 ピンクに青 紫と色とりどりです
穏やかな晴れの日で春の半日をのんびりゆったりと楽しみました
3
1_6
1_7
3_2
1_8

ずいぶんゆっくりしたつもりですが車に戻ってもまだ昼前でした

長いこといろんな山も歩いてきたけれどこの時期の里山の魅力を知らずに来ました
雑木林の気持ちよさ 美しさ ふかふかの道 ますますはまりそうです
東海自然歩道以外のルートでまた歩きたい山だと思いました














 

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2007年4月 5日 (木)

景信山 東尾根~小下沢(裏高尾)   07・4・4       

東尾根~景信山~ザリクボ~小下沢のコース

以前から歩いてみたいと思っていた小下沢 早春の花がたくさん見られるというので出かけてきました。
行程時間等は カルさんの山遊び日記2 を参考にしてください。

桜が満開のこの日 我家からお花見ドライブをしながら高尾に向います。
高尾駅周辺はほんとにきれいです。

トイレのある日影沢園地に寄ってから中央高速道路をくぐり 小下沢の入口の広めになっているところに車を止めました。

午後から天気が怪しくなるというのに大勢のハイカーさんが歩いてゆきます。

10時51分 歩き出し 東尾根は登山道ではないので道標はありません。
尾根に上がれば踏み跡があるというのでとにかくよじ登ります。
尾根に乗ったらいい雰囲気 踏み跡もはっきりしています。
これから伐採するのでしょうか。木にたくさんテープが巻きつけられています。
(登山道の印ではないことははっきりわかります)
Dsc015221

植林帯と雑木林が入り混じった尾根道でとても歩きやすいです。

幾つかのピークをクリアしたあと なだらかな道となりいい気持ちだねえ といいながらルンるん♪歩きます。
スミレやシキビの花が目に付きます。
登りらしい登りをクリアしたところが581mのピークらしい。

きょうは天候が心配なので軽くランチタイムをとり目の前にそびえている景信山に向います。

芽吹きの始まった明るい雑木林となり ほとんど平坦道という下りをいい気持ちで歩いてゆくと小下沢からの道に合流しました。
小さな赤テープを2個見ただけの尾根でした。
逆コースの道標もありません。
Dsc015271

Dscf17021

これからがきょう一番の登りで たくさんの根が張り出し 道幅も広くなり 高尾山域らしいです。
硬く踏み固められて いかにたくさんの人が歩いているか よくわかります。
Dsc015321

小仏への分岐を過ぎ ひと登りで景信山山頂です。
このひと登りがきつい!
Dscf17071

Dsc015411

お気に入りの山なので何度目の山頂になるでしょうか。
桜が満開になるにはまだ だいぶかかりそうです。

雨がぱらつき始めたので急ぎ下り始めます。
Dscf17031

ザリクボから小下沢に下りてゆきます。
この道はいろんな種類のスミレがあり 早春の花もたくさん見られとても楽しい沢沿いの道でした・・・が
この日は雷も鳴り あられ 雪 雨とまるで冬に逆戻り 夜のようなくらい森の中でした。

Dsc015421

ニリンソウ
Dsc015461

1

Dscf17141

1_2

2

1_3

冷たい雨に降られながらも早春の花を楽しみ 15時 車に戻りました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2007年3月 | トップページ | 2007年5月 »