« 緑 みどりの権現山(山梨県)               2007 5・15 | トップページ | アシタカツツジの愛鷹山(呼子岳~越前岳)                07・6・1 »

2007年5月25日 (金)

シロヤシオの檜洞丸     07・5・23               

あこがれていたシロヤシオの丹沢Dsc018571



檜洞丸は12年前の6月始め 西丹沢自然教室~ゴーラ沢~山頂~石棚山~箒沢のコースで歩いています。
頭上に咲くピンクのツツジに大感激したものです。
ツツジ新道は平日なのにすごい人だった記憶があり 今回は違うコースで歩きたい。

神ノ川の日影沢橋からの周回コースに決まったけれど気になっている源蔵尾根 檜洞丸の北尾根 ヤタ尾根・・・
そしてヤタ尾根から犬越路の周回コースとすることに決定

日影沢橋~ヤタ尾根~熊笹ノ峰~檜洞丸~熊笹ノ峰~犬越路~日影沢橋

ハードなところは疲れた足で下るより登りに使った方がいいと・・・
フウフウだったけれど私の足には正解だったようです。

登山口に入る前に大きな白いつぼみをたくさん持ったホウノキを見かけました。
葉っぱも大きいけれど花もつぼみも大きくてりっぱです。
1  

登りはじめの急登はいずこも同じ 覚悟していたけれどスギ ヒノキの植林帯をぐいぐい登り 見上げていた周りの山がどんどん目の高さになってきます。
岩ごろ道が少しだけ混じりますが歩きやすいので助かりました。  
Dscf20331

神ノ川まで20分の道標が表れベンチもあったので一休み。
15分ほどまたもくもくと急登を登ると菜の花に似た黄色の花が群生していました。
そのすぐ上が林道で登山道は対岸に繋がっています。
Dsc017761

Dscf20401

Dscf20421

少し傾斜が緩むと大室山が大きいです。
だんだん緑のきれいな雑木が増えて ルンるん♪してきます。
Dsc017821

Dscf20461 

さらにしばらく登ると植林帯の中の平坦地に出てホッと一息。
左が植林帯 右が雑木の間をきれいな緑に笑みをこぼしながらマイペースで頑張りますが快調なカル2とは差が開きました・・・
Dscf20481

平坦地から4~5分登ると神ノ川まで45分の道標があります。この後もまめに道標が出てきます。
右側の緑も美しくなり 再び植林帯に入ると傾斜も緩みます。
Dsc017891

 

次に緑輝く雑木の林に入ったとたん ものすごく太いブナ登場!あたりはきれいな林が広がっています。
急登を頑張った後のオアシスですねえ! とてもとても気持ちのよいところです。
ブナやカエデ類 その他の木々たちの新緑が素晴らしいの一言です。
Dscf20551

Dscf20561

ブナと降り注ぐ新緑のプロムナードがしばらく続きます。
Dscf20651

Dscf20581

新緑はほんとにステキです。
雨で土が流され 道がはっきりしないところがあると聞いていましたがピンクのリボンがしっかりつけられていました。
熊笹ノ峰まで20分の道標を過ぎて1本目のシロヤシオ登場!
う~ン・・光が強すぎる 緑に同化されちゃってる・・・  
Dscf20681

ブナ林の中をキョロキョロ でも次がない・・・上を見上げれば空が抜けてきた。 

もうじき稜線に出る  そう思いながら疲れてきたカルディナの足は上がらない。
20歩進んでパシャリ(気分転換)   
Dscf20741

Dscf20751

Dsc018281_3

分岐に出るとカル2がずいぶん待ったぞ~

目の前に富士山が頭だけ見せている
Dscf20761
Dsc018261

カルさんもお疲れモード  お腹も空いてきた 山頂に行っても混んでるだろうしねえ。
ということで途中でランチタイム。
見渡すとツツジはたくさんあるけれどまだつぼみ 惜しい!
山頂へ向かう途中 惜しい惜しいの連発。

それにしてもつぼみはびっしり 咲いたら・・・よだれが出そう。
1日~2日~3日くらいでみごとになりそうです。
この土日は人出もすごいだろうねえ。すれ違いも大変
Dscf20821

Dsc018351

Dscf20861

見上げる山頂は高く あそこまで行くのか・・・
でも意外ときつくなかった。
道は穏やかに続いている。最後の急な登りはほんの一時 ガンバ!
Dscf20851

Dsc018401

Dsc018441

Dscf20891

Dscf20931

Dscf20971

さすが山頂は人がいっぱい。 昔訪れた写真を思い出してピンクの花を探したけれどまだつぼみ もう少し時間がかかりそう・・・
ツツジ新道の山頂直下にも確かあったはず  でもまだつぼみだったそうです。
Dsc018461
Dscf20941
Dscf20961

ランチも済んでるし混んでいるので少し休んで下山開始 帰路に期待!
熊笹ノ峰まで同じ道を下る。 また景色が違っていいね。
右のブナ林はほんとにステキ♪ 黙々と通り過ぎる人 もったいないよ~。
Dscf21041

Dscf21061

熊笹ノ峰からは小さなアップダウンをいくつも繰り返しながら犬越路に向かい下ってゆく。
ツツジは外れても なんてステキな時期に来れたのだろう!
新緑の林の美しさ 歩みが遅く遅くなってゆきます。
1300mくらいまで下ると あった!! シロヤシオの大株 これは見事です!
でも よくよく見ると完全には開ききっていない。
これから1200メートルくらいまでが株は小さいもののツツジ街道でした♪
少し歩いては止まってばかり・・・
Dsc018551

Dsc018621

Dsc018661

ピンクと白の競演が見たかったけれど残念でした。

大室山が大きく見えた頃 岩が混じり始め鎖やはしごなど表れて油断できないのについよそ見をしがちであぶないあぶない。
はしごや鎖も難しくなく 頼らなくても大丈夫な程度でした。 
Dscf21251

Dscf21111

Dscf21271

Dscf21281

Dscf21301 

Dsc018751

Dsc018731

Dsc018761

緑に白やピンクが映えてすごくきれい うす曇だったらもっと色が出てステキだろうなと我儘なことを思う。
少しも足が進まない。カル2がいい加減にしないと帰り着くのが何時になるかわからないよ・・と少しお怒りモード・・・   
Dsc018781

Dsc018811

Dscf21421

Dsc018841   

花が終わりになる頃 登山道も優しくなり歩きやすくなります(背丈ほどの笹を掻き分けたりするけれど)
犬越路トンネルへの道を右に分け最後の小ピークを越えてさらにどんどん下ると避難小屋に到着
Dsc018861

Dsc018901

Dsc018921

ここから1時間下り車に戻るのだけれど日が暮れる前に着かなくちゃ と写真どころではない。
歩きやすい土の道 涸れ沢のガラガラ道 植林帯のふかふか道と変化のある道だった。
梅雨時や雨の量が多いときにはこの涸れ沢はどうなるのだろうか。
林道に降り立ち やれやれ何とか17時前に帰れてよかった。
Dsc018961

Dscf21481_2 

次の西丹沢は 大室山 畦が丸 姫次・・・夢が広がります。

|

« 緑 みどりの権現山(山梨県)               2007 5・15 | トップページ | アシタカツツジの愛鷹山(呼子岳~越前岳)                07・6・1 »

コメント

カルディナさ~ん!カル2さ~ん!
\(^O^)/ヤッター一番乗り!と~~~~~~っても
楽しみにしてましたV(^0^)一足先にむふふ。
綺麗なツツジを見せて頂きました♪

本当に、自然の中を歩いていると、嫌な事も、
寂しい事も、すべて自然が飲み込んでくれますよね。
私も同感です。山にいる間は自然を見てとゆっくり
寛いで、美味しい空気吸って、とナントも贅沢な
あの不思議な感覚は他では味わえないと、私も山を初めて
思いました。

で、カルディナさ~ん!私も一緒です!親分との
差がつくけれど、色々見たいし、そうするとちょっぴり
お怒りモード。でも、密かにこれも最近の楽しみになっちゃいましたV(^0^)

サクラママさんを思う、カルディナさんの優しいお気持ち
とっても伝わってきました。

どれも本当に綺麗な写真! それと、
本当に素敵なメールアリガトウございましたm(._.)m
とってもとっても嬉しかったです(^-^)

投稿: アフー | 2007年5月25日 (金) 05:19

カルディナさ~ん!カル2さ~ん!
\(^O^)/ヤッター二番乗り! (アフーさん、頂きました!笑)

いいですね~
新緑。 もうたまりませんね。
目に染みます。
丹沢・・・本当に奥が深くて素敵な山。
私もカルディナさん、アフーさんと全く同じ。
足が前に進まず そのたびに残りの2名から
お小言を頂戴してます。
でもねー せっかくきたのにゆっくり楽しみたいもの!
お花や葉っぱや遠くの山にも反応したい。

しかーし! 岩場見てビビッてしまいました。
どうも乾徳の痛手がまだ抜けていない模様・・・
平日なのに頂上はかなりの人なんですか?
でもやっぱり平日って静かなんでしょうね。
いいなー。

カルさんズ、本当に素敵な新緑のレポ
ありがとうございました~!!

投稿: 弱足ママ | 2007年5月25日 (金) 05:35

アフーさ~ん 
おはようございま~す・・・SANSANと言いたいところだけれどしとしと降ってる。
夢のような1日からもう2日も過ぎてしまいました。

若い頃はハアハア言いながら山頂だけを目指して教えてくれる花にもきれいね でも私余裕ないの・・・でした。
いまは遅いといわれようと花を楽しみ 木々を楽しみ風や空気を楽しんでま~す。
不思議ね。そうやって歩いていると翌日も疲れの残り方がちがうみたい・・・
(もう少しだけ早く歩いてね とカル2の声が耳の遠くで鳴ってる(^_-)

カル2に西丹沢はいいよ と聞いてはいたけれど後回しにしてました(きついイメージしかなかったの)
アフーさんもきっと気に入ると思うよ。登りはじめはどこもきついけれど山頂近くや稜線はほんとに気持ちがいいです。
夏は暑いと思うけれど秋の初めのトリカブトの名所もあるそうですよ(^^♪
沢が多いので雨の後などコース選びに気をつけてね。
これからの時期はヒル情報もチェックね(笑)

投稿: カルディナ | 2007年5月25日 (金) 11:21

弱足ママさ~ん おはようございます
朝早くから来ていただいてすごくうれしい~♪

女性陣はどこもゆっくりペースなんだとカル2が笑っておりました(笑)
ユックリズムに賛同していただいてありがとう!

西丹沢 ほんとに奥が深くてステキな山ね!
後回しにしてもったいないことをしました。
まだ ほんのさわりを味わっただけ・・・でも地図を見るのがとっても楽しいです♪

今回のコースの逆を時間をずらして歩けば渋滞は最小限にできるかも? 岩場も短い区間だけなのでちょっと我慢して・・・
よそ見さえ注意すれば乾徳山のクサリ場とは比べ物にならないくらい簡単です。

交通の便が車がないとタクシーで入るしかないのでツツジ新道ほどの混みはないと思います。

駐車スペースが少ないので他の山に登る人もいるし セキトリ合戦に強くないとね(笑)

投稿: カルディナ | 2007年5月25日 (金) 12:44

 こんばんは。 久しくツツジのシーズンには行っていないですねえ。 写真を見せていただいて,白八潮の大木,ウンこれは昔撮った覚えがあると。。。 思い出していたら熊笹の峰だったか大笄だったか雪の時に歩いていて踏み抜いたら下がなかった。。。 どうもこの鎖場の所だったような気がします。その頃は鎖など無く,雪で道もなく。。。 最近はそんな状況もないですねえ。
 温暖化でしょうか。そう言う意味ではツツジの開花も少しずつ早なっているような気もします。昔は6月始めが丁度満開だったような。。。
 刺戟されてまた行きたくなりました。

投稿: Flugel GT | 2007年5月27日 (日) 22:09

ふりゅーげるさん こんばんは。
檜洞丸山頂のツツジ きょうの他の人のレポでは満開だったとか
う~~~ 惜しかった~!

<6月始めが丁度満開だったような>
そうですよね。 5月下旬から6月始めは山に出られなくて 長いことあきらめていたのですから。

きょう出かけた人はなんて幸せ者でしょう!

雪の頃もステキでしょうね。目に浮かびます。
今はあの岩場 クサリ場も緊張するほどではないけれど雪があったら怖そう。
踏み抜いたら下がなかったなんて・・記憶新しいいまはぞぞっとしましたよ(笑)

それにしても西丹沢ってほんとにステキな山域ですね!

投稿: カルディナ | 2007年5月27日 (日) 23:43

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/168280/15192277

この記事へのトラックバック一覧です: シロヤシオの檜洞丸     07・5・23               :

« 緑 みどりの権現山(山梨県)               2007 5・15 | トップページ | アシタカツツジの愛鷹山(呼子岳~越前岳)                07・6・1 »