« ふるさと 柏崎へ               2007 7・19 | トップページ | 八子ヶ峰でフラワーウオッチング  07・7・27 »

2007年7月29日 (日)

尾瀬御池から燧ヶ岳へ    07・7・24

長いこと憧れ続けた御池から尾瀬に入ること 会津駒ヶ岳に登ること ず~と気になっていた帝釈山 田代山
苦手だった東北道デビューの機会にしようと計画 桧枝岐天気をチェックチェック いざ!決行。
ところがハプニングで会津駒ヶ岳 帝釈山 田代山は仕切り直しをすることになり 燧ヶ岳だけとなりました。
P72400531

関越道 小出IC~奥只見~尾瀬御池から燧ヶ岳ピストン~東北道 西那須野・塩原IC


詳しい行程時間等は カルさんの山遊び日記2 を参考にしてください

カル2の友達に奥只見に詳しい人がいて少し予備知識が入っているので関越から奥只見越えで尾瀬御池に入ることを選択

20時過ぎに我家を出て関越道小出ICで降りてしばらくは順調に普通の道 銀山平あたりからが大変 真夜中のクネクネくねくね道
いつ終わるの~?
ナビの画面を見ても変われど変われどぎざぎざが消えない・・・
カル2の疲れも気になり こちらも緊張の連続
愛車エクストレイルにつけたプロジェクターライトが力を発揮 かなり先まで見渡せるのでかなりなハイスピード。疲れたからと運転を変わったら何時間かかるかわからないねと言われる・・・ ほんとに・・

ナビの道路標示が直線になったときはほんとにホッとしました。
一休みして車から降りると満天の大きな星空 
ひさしぶり~♪

さらに一走りして尾瀬御池ロッジのある駐車場に2時41分到着
広いのに7割方車が止まっている。すご~いとびっくり!
トイレもきれいだし 靴洗いまで備えてある気持ちのよい駐車場でした。

さっそくシートを倒してしばし仮眠する。
4時過ぎ 明るくなり始めて目が覚める。もう歩き始める仕度をしている人たちがいる。

朝日が差し込む5時10分出発。
すぐに燧ヶ岳と燧裏林道との分岐で左折 どんな道だろう 期待に胸が膨らむ。
Dscf25171
Dscf25181

Dscf25191

Dscf25201

しばらく木道が゙続き 周りの水芭蕉は巨大お化けになっていました。
木道が終わると湿った岩ごろ道の急登になります。

この急登 曲者でした。朝は一汗も二汗もかきながらもまだ元気。
下山してきた頃は疲労のピーク こんなに急なところを登ったの?なんていいながら湿った大岩ごろ道を踏ん張る力もなくよれよれと下ってきたのです。
この先 木道がないところはほとんど岩ごろ道の急登だったような・・・ 
P72400111

Dscf25211

駐車場から1時間ほどで広々した湿原広沢田代に到着。
開放感にあ~あ気持ちいい~♪
朝の光の中 快晴の空に涼しい風。
P72400181_2

Dscf25261_2

P72400241 

湿原の花は?・・・まだ少し早いようです。
チングルマ ワタスゲ タテヤマリンドウ モウセンゴケ アヤメ 姫シャクナゲ サワラン(?)
キンコウカ
Dscf25311
Dscf25331
P72400361
P72400881
P72400281  

木道が途切れ 樹林帯に入るとまたまた大岩ごろ道 さすが燧ヶ岳 楽に登らせてくれません。
途中開けたところで広沢田代湿原が小さく見えて 歩いている人も見えます。
Dscf25351

樹林が終わると熊沢田代が眼下に現れ燧ヶ岳の山頂(俎嵓)も見えています。
熊沢田代は広沢田代より大きくてとても雰囲気の良いところでした。
ベンチがあり 池の向こうに越後の山々。 
P72400331

Dscf25381

Dscf25361

P72400921

いつまでも座っていたくなります。先ほどより風がもっとヒンヤリして気持ちがいい。
ユックリ休んでいよいよ山頂目指してガンバ!
ところがカルディナの泣きどころ 木の階段攻撃 参りました。
2~3段ごとに段差がついているのだけれど段差が高い!
時々足を変えながらもひえ~!これじゃ仙ノ倉山へ行けないよ~(泣)

そして雪渓が現れる。短いけれど傾斜はきつい。
振り返ると会津駒ヶ岳が大きい! 小屋も見えるではありませんか!
P72400411_2

Dscf25391

P72400421

1ヶ月のブランクは大きいとヒーヒー言いながらも燧ヶ岳山頂(俎嵓)に到着!
P72400471

しばらく動けず ぼんやりと尾瀬沼と日光の山々を眺めます。
360度の大展望!かすんでいるけれどはるか遠く富士山も見えています。
至仏山の隣には上州武尊もくっきりと・・・
やった~! 気持ちは叫んでいるけれど座り込んだら動けない。
P72400501
Dscf25411
Dscf25441

会津駒ヶ岳
Dscf25421

人も多くて記念写真もままならず 人の出入りが落ち着くまで結局1時間も費やす。
美しい景色を見ていると時間のたつのもあっという間。
柴安嵓で昼食とすることにしてもうひと頑張りします。
P72400691
Dscf25521
P72400751
P72400721

柴安嵓山頂で見た至仏山 いつも残雪のあるころ見ていたので何か物足りない。
そして 尾瀬ヶ原に伸びている登山道がなぜか痛々しい。
やはり 私は至仏山山頂から見た尾瀬ヶ原と燧ヶ岳が好きだなあ・・・

尾瀬沼に下り 沼山峠から御池に戻るつもりだったけれど夏休みに入り 人も多そうだしあまりの景色のよさに山頂でのんびりしようとピストンで下ることにしました。
結局 両山頂で1時間づつのんびりしてしまいました。

帰りは早い早い!登りでヒーヒー言った階段も快適にぐんぐん下れます。
Dscf25581

ナナカマド
P72400821_2


熊沢田代まで戻って先客者にベンチを少しだけ譲っていただきゆっくりと名残惜しみます。
それからの登山道はぐしゃぐしゃどろどろ バシャバシャ 朝と違って歩きにくいこと!
最後の45分はさすがに疲れたけれど無事に駐車場に戻ってきました。
どろどろの靴を洗い 桧枝岐の日帰り温泉燧の湯へ・・・

桧枝岐に入ったとたんなんと!カル2に呼び出し電話が・・・
え~!?明日もいい天気なのに~何ということ!!

しかたなく会津駒ヶ岳と帝釈山 田代山は後日 仕切りなおしで出直そうと帰ってきました。
帰りは東北道で帰ろうということに・・・
西那須野・塩原ICまで遠いけれど夜だったので快適に走れたそう。
途中で夕食をとり がっくりといっぺんに疲れが出たカルディナは助手席でぐうぐう。
東北道上河内SAでカル2も仮眠をとり 渋滞前の都内も快適に走り 朝5時に自宅に戻ってきました。

あこがれだった御池からの尾瀬は夏休みとは思えないほど静かでとても良かったです。
尾瀬が大好きで昔 毎年のように通った時期があったけれどいつも沼田からでした。
桧枝岐は遠く遠く 夢の世界だったのです。
同じ湿原でも尾瀬ヶ原とまったく違う味わいを感じました。


それだけに会津駒ヶ岳は残念だったので必ずリベンジします。

|

« ふるさと 柏崎へ               2007 7・19 | トップページ | 八子ヶ峰でフラワーウオッチング  07・7・27 »

コメント

カルディナさ~ん!こんにちはっ!
本当に綺麗っ!なんて素敵なお天気と写真っ!
もう、どれもうっとりですっ!
山頂からの尾瀬と至物は
こんな感じで見えるのですね♪
いつの日か見てみたいです♪。
そして、湿原を歩くカルディナさん♪ 
の写真♪ステキっ!

西那須野からの桧枝岐は本当に夜はとっても
暗くて・・・長いですよね。帰りは
そうでもない記憶で、あっ!でも私達も途中で
仮眠をとりました_(^^;)ゞ

カルディナさんにとっての夢の桧枝岐は
本当に夢のようで本当にあった、ステキな
お天気の天国みたいな場所だったのですね♪
写真はどれも絶景の連続ですっ!親分と一緒に
綺麗だね~って連呼し続けちゃいました!

でもって、2/3のお楽しみは次の機会に♪って
神様がいっぺんにだと勿体無いですよ♪
と言っていたのかも♪
この場所でこの綺麗さでこの天気っ!

むふふ。カル2さんとカルディナさんの喜んで
いる顔が目に浮かびます♪

ステキなレポ♪カルディナさん♪本当に
ありがとう(^-^)うっとりの連続でしたっ!

投稿: アフー | 2007年7月29日 (日) 10:46

アフーさん いろいろお褒め ありがとう!
この上天気 誰が撮ってもきれいに撮れるよ。
お二人なら もっとネ\(^o^)/

当然のごとくアフーさんの会津駒のレポも見させていただきました。花がなくてもなんてステキなところ!とおもいましたよ。それだけにくやし~(T_T)・・けれどこの天気 この景色 それ以上は贅沢だということなんだろうね。
アフーさんの会津駒と今回でグッと近づいたので実現できるときが楽しみです♪

木の階段にも負けないように脚力を強化して仙ノ倉山も行きた~い!
今回 日光の山々もしっかり視野に入りましたよ~♪

投稿: カルディナ カル2 | 2007年7月29日 (日) 13:02

おはようございます!
スゴイ上天気!
お花もキレイだし湿原も良い感じ。
会津駒と帝釈山、田代山は残念でしたが、
たぶん紅葉もキレイなところなのでは・・・?
などと、私も考えてたところです。

秋にバッタリできたら良いなぁ。
ランチパックタオル持って歩いてますからね。

投稿: asa0110 | 2007年7月30日 (月) 09:01

おはようございま~す!
こちらはいまゴロゴロとうるさいです。
昼に所用でバス 電車にて出かけるので参ったなあとおもっているところです。

会津駒は草紅葉がきっと素晴らしいでしょうねェ♪
いつリベンジできるかなあ・・・

asaさんとはばったりの可能性大のような気がします。
平日歩きがメインなもので(^_^)v
ランチパックタオル届いたらひらひらさせて歩きま~す。でも・・今来ないということは絶望的かしら・・・

大岳山 興味津々な山なので続きが待ち遠しいですよ~

投稿: カルディナ | 2007年7月30日 (月) 10:42

カルディナさん、カル2さん、オハヨウゴザイマス!
やっと来ました!
隊長が カルさんズの燧の写メをずっと気にしていて
早く見たい!と言ってまして
2人でウヒウヒ言いながら見せてもらいました!
24日は本当にいいお天気でしたよね。
ポレポレ隊は尾瀬自体にまだ入ったことがないので
興味津々です。
ただ、燧は大変そう・・・・まずは至仏からかな。
でもって 歩行時間長いのに、翌日に会津駒の予定だったのですね!!
カルさんズ、すごすぎます!
今回の遠征で、私は本当に体力がないなーって実感しました。
まだまだ鍛錬が足りないようです。
カルディナさんを見習わないと。

湿原、本当にきれいですね。
やっぱり田代山とは規模が違うと思いました。
いつか尾瀬の山域に絶対に足を踏み入れるぞ!って
レポを見て闘志満々。(笑)

途中で断念は辛かったですね。
でもきっちりスイッチを入れ替えてらっしゃるので
拍手! 
(私ならいつまでもグダグダと文句言いそう・・・)

まだまだ楽しい計画があるのでしょうか。
これからもカルさんズの山レポ、楽しみにしていまーす!
ありがとうございました!

投稿: 弱足ママ | 2007年8月 1日 (水) 05:56

オハヨウゴザイマース!イラッシャイマセ~♪

カルディナは体力はあると思われます・・・が肝心の脚力がなくていつも階段で泣きがはいります(T_T)
今回もとたんにペースダウンしました。
これをなんとかしないと・・・苦笑
今回のコースはピストンより沼山峠を回ったほうが楽だった気がしています。
最後の下りは車の音が聞こえてからがながかったですもん。

確かに至仏山のほうが登りやすかったですし俯瞰図もキレイな気がしますが燧の上からの尾瀬沼 日光の山々も捨てがたかくどちらも魅力はありますよね!

田代山と規模が違いますか・・・
でも ほんとに残念でした(T_T)・・・が必ず行きます!!
断念したときの気持ちの切り替えは長年の経験です。
昔はずいぶんありましたよ。台風がぐずぐずしたり長雨だったり・・・
楽しみが大きいほど1回ですんなり行けたことがないの。そのかわり実現できたときは最高な気分が味わえて来ました。
慎重なカル2はすぐ中止とするので気持ちを切り替えるのに大変でした。でもリベンジできたとき100%絶景を見せてもらえたので最近はすぐ あきらめます(笑)

ママさん 立山のリベンジは必ず素晴らしいものが見られますよ!!

投稿: カルディナ | 2007年8月 1日 (水) 08:12

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/168280/15932542

この記事へのトラックバック一覧です: 尾瀬御池から燧ヶ岳へ    07・7・24:

« ふるさと 柏崎へ               2007 7・19 | トップページ | 八子ヶ峰でフラワーウオッチング  07・7・27 »