« 蓮の花 穴場発見!  神奈川県中井町               2007 8.13 | トップページ | 富士山とトリカブトの杓子山~鹿留山(山梨県)                07・9・18 »

2007年8月23日 (木)

お花畑と涼風の大蔵高丸~大谷ヶ丸 (南大菩薩)                  07・8・21

久しぶりの山歩き 今年の暑さはふつうではない。少々バテ気味の体なので軽く歩けるところで足慣らしをしよう と大蔵高丸のお花畑を訪れることにしました。
P82100291


カルさんの山遊び日記2 でお花の花火大会を開催しています。
よろしかったらご覧ください

昨年 白谷丸からハバイマ丸と 滝子山から大谷ヶ丸まで歩いたので空白のハバイマ丸から大谷ヶ丸までもいつか歩いてみたいね と話をしていました。
両方ともとても気持ちよく歩けたからです。

この日 甲府の予想最高気温が37度の日でしたが湯ノ沢峠への林道に入るともうクーラーは要りません。車の窓からの涼しい風に気持ちが和んできます。
Dscf28641
Dscf28561


峠直下の駐車スペースには綺麗なトイレと避難小屋があります。
9時半遅めの出発 どんなお花畑になっているかとても楽しみ♪
さっそくいろんな花たちが出迎えてくれて2分ほどで湯ノ沢峠。
1_6
P82100041
Dscf27381


北の草原も心惹かれるけれど今回は南に向い ちょっとした林を抜けると開放感いっぱいのお花畑です。
日差しは強いけれど草原を吹き抜ける風は涼しくて良い気持ち。
お花畑は草丈が高くなりすぎかなと思うけれどいろんな花が咲き乱れています。
Dscf27511
Dscf27971
P82100731

P82100321
P82100341

マツムシソウの群落を期待したけれどフウロが勝っていてマツムシソウが目立ちません。
つぼみはたくさんあったのでこれから盛りがくるのでしょう。
以前 6月の下旬に訪れたときはキンポウゲが主役だったけれど今回は何種類かのフウロとタムラソウが主役かな。
P82100511 
P82100431
Dscf27421
P82100371
2
Dscf27461 Dscf27701

ハマイバ丸までいくつかお花畑があり それぞれ個性があるようですが花数が多かったのは湯ノ沢峠のお花畑 大蔵高丸のお花畑は花の盛りが過ぎたようです。秋の花がちらほら咲き始めススキが目立ち 期待していたヤナギランもやっと2~3本みつけたくらいでタムラソウやフウロさえも目立たなくなっていました。  

P82100791

ハバイマ丸まで時々現われる自然林の林は足元涼やかで風もヒンヤリ心地よく
草原で暑い日差しにさらされたあとなのでホッと癒されるオアシスのようです。
Dscf27671_2

P82101061

Dscf27771

Dscf28071

ハバイマ丸は木々に囲まれ展望はないけれど小広くなっていていつまでも離れたくない不思議な魅力があります。
P82100811

地図を見るとこの先 ササヤブと書いてあります。覚悟して進むことにしましたが少し下ったところが南に開けていてハマイバ丸 と書いた案内板がありました(?)

すぐに現われました! 深い笹の中を行く登山道が・・・
足元が見えないので背丈ほどもあるササヤブのなかにもぐりこみ 早く終わることを念じ急降下してゆきます。
帰りはここを登るのよねえ・・・フウ~^_^;
ササが終わると草ヤブの掻き分けです。草丈が高く まるで草花の海を泳いで行くようでした。
草ヤブの蒸し暑さにフウフウ言いだすころ天下石に到着
雑木林の中に大きな岩がでんとしています。
P82100831

P82100711_2

Dscf28191_2
お腹も空いてきたのでこの岩陰でランチとしました。
林の中なのでヒンヤリ涼しい風がなんとも心地よいです。
いろいろな蝶がひらひらと飛んでいます。
止まりそうで止まらない・・・私たちのそばに寄っては離れをくりかえし
まるでからかっているようです。

ここからは草原はありません。自然林の林の中の道は草もなく さっぱりと歩きやすいです。

P82101051

Dscf28231

つぼみをつけたトリカブトがあちらこちらに現われてきました。
レンゲショウマもありそうかなとキョロキョロ・・~ん 残念
つぼみが大きくなり始めてきたテンニンソウの群生を見つけたところで米背負峠に着きました。
とても雰囲気のいいところでした。     
P82100931
Dscf28271

甲斐大和駅方面の林が気持ち良さそうなので少し覗いてみました。
歩いてゆきたいような林でした。


きょうはモウひと踏ん張り レンゲショウマを探しながら最後の登りをガンバ!
ありそうなんだけれどなあ・・・
このあたりの自然林の林はとても気持ちよくさせてくれます。
Dscf28351

1_7

見上げると見覚えのある白い杭が見えました。山頂です。着いた~!
P82100981_2
P82100991
Dscf28341

単独行の女性の方に話しかけられ 湯ノ沢峠に車を置いてピストンしますと答えたら自分は戻るのは嫌だなあ・・といわれてしまいました。
確かに帰りはアップダウンを繰り返しながら登ってゆきます。
トレーニングもかねているのでまっ!いいかと言う気持ちです(^v^)

湯ノ沢峠から大谷ヶ丸までのコースはお花畑と自然林の林が交互に現れ さらにアップダウンしながら下ってゆくのです。
でも案ずるより・・・草ヤブ ササヤブの急登も覚悟していたほど苦しまずクリア。
こんなバカなことするのは私たちくらいだね・・・と笑いながら。

この時期はササヤブ 草ヤブの濃いところもあったけれど嫌になる前に涼やかな道に変わるのでストレスがないのかもしれません。

ピストンもいいこともあるのです。
登りでは見つけることのできなかったレンゲショウマ 2箇所で2株に出会えました\(^o^)/
トリカブトも一輪だけ咲いている花を見つけました!
Dscf28451

P82101171   

マツムシソウも他の草原ではみつけられなかったけれど 湯ノ沢峠のお花畑に戻ってきたらなんと!午後の光がマツムシソウをたくさん浮かび上がらせてくれました♪Dscf28511

のんびりしすぎて16時半愛車に戻りました。

昔の大蔵高丸をご存知の方たちは皆 花が少なくなったと嘆いていらっしゃいます。
今回 歩いてみてこのお花畑の変化がわかる気がしました。
いつかまた 8月初めにお花畑の盛りに歩いてみたいと思います。
   

|

« 蓮の花 穴場発見!  神奈川県中井町               2007 8.13 | トップページ | 富士山とトリカブトの杓子山~鹿留山(山梨県)                07・9・18 »

コメント

\(^O^)/ヤッター!
予告通り!ゲットしに来ましたV(^0^)
えへへ。花火大会!とっても楽しんできましたっ!
スターマインが出てきたときは噴出してしまいました_(^^;)ゞ 

それから、私が撮った花火さんは
シシウドだったのですね♪それにしても、カル2さんの
花火大会は線香花火からスターマインまでとっても
楽しみましたっ!ありがとうっ!

とっても変化に飛んでいるコース♪カルさんず
らしい素敵なヤマノボリだな~と思います(*^。^*)

やっぱり静かな山が素敵ですよね♪お花も
虫さんも風もなんだか自然を満喫ですね♪

今日は図書館で山で見かける花図鑑(関東版)を借りて
きたのですが、なかなかどうして
しっかり載っていません。
カルさんずのページの方が沢山種類も載っていて
写真もとっても綺麗ですっ!

素敵なレポ本当にありがとうございますっ!花火大会も
とっても楽しかったですっ!

投稿: アフー | 2007年8月23日 (木) 23:26

おはよう!さっそくありがとう!

アフーさんの花火 ブローチもとってもとってもきれいなのでリンクさせて!・・って勝手に載せてるけれど

http://blog.livedoor.jp/theslowpace/archives/51034659.html

双子池 その弐 にも綺麗な花火があります
了解いただきました。ぜひご覧ください。

私も最近まで花の名前は判らなくてもいい派だったけれど 買ってしまいました!!
山草図鑑(栃の葉書房) 2300円!!
写真がはっきりしてわかりやすいの。

ポエット君の美男子ぶりを楽しみにしています(^_^)v
きょうはファンキーフライデー この土日もお天気よさそう 楽しんできてね!
カルさんずはみんなのレポを待ちながら次の予定を検討していま~す♪

投稿: カルディナ | 2007年8月24日 (金) 09:53

カルディナさん、カル2さん、こんばんは~★
長いこと待ちわびて会うお花さんたち、
さぞかしうれしかったことでしょう。
行きには見つからなかったお花が
帰りに見つかる、ってこと、ほんとありますよね。
同じ道でも見る方向によって
また全然景色が違うの!
だからピストンも決して捨てたもんじゃないと思います!

別館の花火大会、すっごく楽しませていただきました。
アフーさんのいうように すごい花火の種類ですね!
カル2さん、お上手!
秋のお花さんに会いたくなっちゃいました。

大菩薩嶺には前に行きましたが
この山域にも まだまだ素敵な場所があるのですね。
とても参考になります。

今年の夏は本当に暑かったけれど
なんとなーく 吹く風が秋の気配になってきたような・・・
そろそろ秋山の計画立てないと・・・

投稿: 弱足ママ | 2007年8月24日 (金) 20:00

ママさん こんばんは~
アフーさんから 花火 と言う言葉を聞いてそれならばと意識して写してきたみたい(^v^)

大菩薩が大好きなのだけれど嶺や峠周辺ばかり何度もうろうろしてきました。
あるとき他のグループの方たちが大蔵高丸のほうが楽に歩けてお花がいっぱいで好きだわ と話しているのを聞いたの。大蔵高丸と言う名前は知っていたけれど山のベテランさんが行く山だと思っていたので耳がピクピクしていつか歩いてみたいと長いこと温めていて昨年叶いました。
地味な山域だけれどもっと早くにでかければよかった!

秋はどちらに?
カルさんずの夏山は結局無し??
早く生活のリズムが落ち着いて山計画が次々と立てられるといいなあ・・

投稿: カルディナ | 2007年8月24日 (金) 21:15

私、昔一度小金沢連嶺に11月に行ってて
かなり秋のイメージが強かったのです。
なんかしっとりしてて、キノコニョキニョキな。

暑いだろうと夏は敬遠してたのですが、
花もキレイだったのですね!
花火大会もキレイでした~(^^)

非マイカー族には通いづらいゾーンですが
秋口にはまた行ってみたくなりました。
うーん20年ぶりくらいかも。

投稿: asa0110 | 2007年8月26日 (日) 22:39

asaさん こんばんはやく塩見レポみたい\(^o^)/

11月の小金沢連嶺ってどんなかしら。
葉っぱはモウ落ちてるよね。どんな木があるのだろう。
今の時期は草原は暑いけれど林の中はひんやりしてすごく涼しかったですよ。

密かに大菩薩から滝子山まで繋げたいと思っております。奥深くてとても無理とあきらめていたら車を使うと細切れでもあまり無理なく歩けそうなので実現できそうです(^^♪
以前石丸峠から南方向を眺めたときこの先を歩いてみたい!と思ったものです。
今回も牛奥の雁ヶ腹摺までを考えたのだけれど花はあまりないと聞いたのでこちらを選びました。

大菩薩の石丸峠から入る牛ノ寝通り 歩いたことありますか?
こちらもず~と密かにあこがれているのですが車を使っても行きにくくて・・・
情報もあまり手に入りません。

投稿: カルディナ | 2007年8月26日 (日) 23:21

牛の寝通り、行ったことありません。
全然情報もなく。
でも地図で見る限り魅力的な感じ。
「紅葉がキレイ」の文字が気になります。
公共交通機関組の私なら前後バスで行けるかな?

行くなら日の長いウチだろうか?
また一個宿題を貰ってしまいました~!

投稿: asa0110 | 2007年8月29日 (水) 22:27

お返事有難うございます。
牛の寝通りは<紅葉がきれい>・・・

実は我家でよく参考にさせていただいてるHPがあるのですがその方は11月1日に歩かれています。
鶴寝山の下りとオオダワあたりの紅葉が最も素晴らしくコース全体もきれいだったそうです。
ベテランの方の感想なのでどれほど素晴らしいか想像ができます。
レポを読みながら行きたい!歩いてみたい!・・とカル2に懇願したものです。
asaさんの所の方が電車 バス利用で行きやすいかもね。 

投稿: カルディナ | 2007年8月29日 (水) 23:33

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/168280/16213219

この記事へのトラックバック一覧です: お花畑と涼風の大蔵高丸~大谷ヶ丸 (南大菩薩)                  07・8・21:

« 蓮の花 穴場発見!  神奈川県中井町               2007 8.13 | トップページ | 富士山とトリカブトの杓子山~鹿留山(山梨県)                07・9・18 »