« 富士山とトリカブトの杓子山~鹿留山(山梨県)                07・9・18 | トップページ | 秋色の会津駒ヶ岳 2007・10・10              »

2007年9月29日 (土)

ひょこっと焼岳へ(北ア)   07・9・27

上高地から当たり前のように何度も見ていた焼岳だけど 何故か登りたいと考えたことがなかった。
我家の夏山が所用と台風のお陰で消えてしまいがっかりしていたところにカル2から打診がありました。

改めて調べてみると意外と魅力的かも?
ということで出かけてきました。
Dscf30191

今回は上高地に入らず 新中の湯ルートをとることにしてピストンか 上高地に下るかは山頂で考えようと・・・
前夜 神奈川県の我家を出発。
沢渡の手前の 道の駅 風穴の里に夜中の1時に到着
すでに何台か駐車していて就寝中のようです。
満天の星空を期待したけれどまぶしいほどの月明かりでした。

翌朝は雲が多いもののまずまずの天気。昼頃から晴れるという予報に展望を期待して中の湯温泉旅館の先 10号カーブを過ぎ 1分ほど走ったところにある駐車スペースに移動します。
P92700031
Dscf29651

行程時間等の詳細は カルさんの山遊び日記2 を参考にしてください。

歩き始めは平坦道が5分ほど続き かの車のスクラップを過ぎたあたりから少しづつ傾斜がついて行きます。

P92700051

少し急登になってきました。バテないようにユックリを心がけて登りますが前回の杓子山に比べて涼しいので大丈夫そう・・・
ふと見上げると大好きなブナの大木が・・・見渡すとブナ林になっていました。
俄然 元気が沸いてきます。

Dscf29691

急登の期間は短く すぐ楽な道に変わり あたりはモミ・ツガ類の林に変わっていました。
ほんとに良く整備されていて 傾斜もゆるゆるにつけられているし とても歩きやすいです。

光の少ない森の中なので花類は少なそうで退屈するかもしれないけれど登山道の変化が飽きさせない気がしました。
Dscf29761

Dscf29771

Dscf29801

2000mの案内板が過ぎるとカンバ類が現れて明るい林になり 思わずスキップしたくなるような道です。
Dscf29841

ベンチのある小広場のすぐ先に釜トンネル入り口からの中の湯ルートが合流してきました。
背後の山々には雲がかかったまま 正面に見える焼岳にもガスがかかっています。
Dscf29861 Dscf29871

まだ 9時 山頂到着時にはガスも取れるさ と慰めあっていたら南峰方面に青空が見えてきました♪
Photo

久しぶりの高山雰囲気たっぷりの風景に心躍ります。
秋も深まってまもなく艶やか色に染まるのでしょう。
あちこちの花たちはドライフラワー化しています。

Dscf29941

Dscf29921
1
1_2

見上げると北峰の足元から噴煙が上がっています。Dscf30011

最後の急登もかなりな勾配だけれど ほんとに良く整備されていて浮石もなく 安心して歩けました。
Dscf29981

Dscf29951

Dscf29971

P92700361

稜線の分岐からは岩場になるけれど すぐ北峰山頂の足元に出ます。
P92700441

Dscf30031

硫黄の臭いが強くなって噴煙が上がっているすぐ脇を登ると そこが山頂です。
残念なことに真っ白けです。
風が強いし 少し青空も見え隠れするのだけれど・・・
ここからの展望を見るためにやってきたのに残念です。
2

晴れてきたら登り返せばいいと ひとまず山頂から降りて根元で風を避け ランチしながら回復を待ちます。
登ってきた登山道がよく見えます。
結構な勾配だったのねえ。
Dscf30151_2

Dscf30181

時々 サァ~ とガスが流れるので 弱足ママさん からのメールの応援も力にして
ガスの切れるのを1時間半待ったけれど・・・だめそうです。

山頂から下ってくる人
Dscf30191_2

下山は 二転三転したけれど結局 上高地に決定。
下り始めは岩とザレの道 ずりっ ずりっ とすべります。
登りに使った方が歩きやすいかもね。
スニーカーで登ってきていたカップルさん 足を痛めていないといいけれど。
Dscf30231

Dscf30251

下におなじみの梓川が見えるので 何となく気楽な気分。
P92700551

中尾温泉との分岐を少し登り返すと 焼岳展望台 
地図で確認してから登ってゆく先行者の姿が見えます。
Dscf30271
Dscf30311

振り返ると焼岳はしっかり雲の中 う~ん かえすがえすも残念!
Dscf30331
Dscf30341

フアーと暖かい風が・・硫黄の臭いもする・・すぐそばに幾つかの小さな噴火口がありました。
Dscf30351

展望台のすぐ下に焼岳小屋があり またすぐ気持ちのよい笹原に出て
いよいよでました!長はしご!
Dscf30381

P92700711

P92700761

しっかり掛けられていたので危険は感じられませんでした。
この先 短めのはしごが連続するけれど最後の横はしごだけはオイオイ と言いたくなりました(笑)
P92700931

下に見下ろす峠沢(?)の荒れ方もすごいなあ。
Dscf30441

上高地が見えながらもなかなか長い下りでした。
腹を決めて登りに使った方が楽しいのかもしれません。

もうじき林道に出る という付近で出あった自然林の林がとてもいい雰囲気でした。
上高地の穴場 また一つ 発見!
Dscf30471
P92701011

 

|

« 富士山とトリカブトの杓子山~鹿留山(山梨県)                07・9・18 | トップページ | 秋色の会津駒ヶ岳 2007・10・10              »

コメント

おはようございまーす!

レポのアップが早いっ!
さすがですねー。

今回は私の力不足ですみませんでした・・・(笑)
今度はもっと鍛錬して肺活量増やしますので。(また笑)

わー! 結局上高地へ下ったんですね!
上高地に下った場合、車はどうするのかな、って
思ってたのですが そういうことだったんですね。
焼岳も今まで何度も候補に上がりました。
でも長男が小学生の頃、沢渡からバスで上高地に行ったことがあるのですが
副隊長がバス酔いが激しく
しばらく動けなかったことがあったんです。
私は上高地は何回か行ってるのですが
副隊長はどうしてもそのときの苦しみを思い出して
それからずっと遠のいています。

中ノ湯の方からならバスに乗らずに済むからと
以前、駐車場のことで問い合わせをしたら
宿泊以外の人は停められないって言われて
ずっとそのままになってました。
でもカル2さんの写真を見ると
全然平気そうですよね・・・・
なんであんなこと言ったんだろう。

本当は今日、お山の予定が入ってて
昨日の昼間の段階では小さい晴れマークがある北の方面にいくはずでしたが
夜になって予報が悪くなってきたので中止にしました。
その代わり、来週の連休に・・・と色々と話し合ってますが
隊長と私の希望が全く合わず・・・(-_-;)
うーん、どうなるでしょうか・・

すごくわかりやすいルート説明で
ますます行きたくなりました。
焼岳もう一度隊長に推薦してみようかな。
あっちもこっちも行きたい場所があって
ほんとうれしい悩みですね。

投稿: 弱足ママ | 2007年9月30日 (日) 06:11

おはようございま~す!
相変わらず早起きですね。
雨の音が気になって私はめずらしく早起きしました。
ジェットコースター並みの気温の変化ですね。
早く衣更えしなくちゃ(笑)

応援有難うございました!おかげで時々サア~と晴れてくれましたよ。
火口壁も池も見えなかったのでママさんたちが見てきたレポで楽しませてもらうことにします。ぜひ お出かけください!

観光客の人も登るだろうし 人が多い中下りてきてバスに乗るのも嫌だとカル2がずっと言っていたので候補に入ってなかったの。
穂高の帰りは人が多そうなときはタクシーで沢渡まで帰ってた(苦笑)

ひょんなことから新中の湯ルートのレポを見たらしくて打診してきたわけ
カル2は上高地に下りたくなかったみたいだけれど私は一度は歩かないとずっと気になるじゃないねえ(笑)歩いてみてよかったですよ。天気が良かったらもっと良かったね!

上高地から入って中の湯ルート・新中の湯ルートで下る人が多いそうだけれど新中の湯ルートは歩きやすく短時間で上り下りするには利用価値は大きいね。面白みを問うたら上高地から登った方が楽しそう。

中の湯旅館さんの駐車場は温泉利用者しか使わせないのでしょう。
今回の場所は正式な駐車場ではなく道が膨らんだところにスペースがあるということなので旅館としては勧められなかったのではないかな。
上高地を通らずピストンできるのは魅力だなと思いましたよ。

投稿: カルディナ | 2007年9月30日 (日) 08:20

こんばんは★
今日は結局一日雨・・・・
やはり中止して良かったです。

でもって次回ですが・・・
焼岳、隊長から却下されました。汗。
隊長は赤岳に行きたいと・・・。
でも私は自信がないのです。
八ッはまず天狗を制覇してから赤岳・・って思ってるので。
うーん、困った。(>_<)
お天気と日程(日帰りor一泊)を考慮して
もうちょっと協議いたします。(笑)

中ノ湯の駐車場の件、ありがとうございました。
そういうことだったのかー。
よくわかりました。
いつかきっと・・・・!!

投稿: 弱足ママ | 2007年9月30日 (日) 19:17

今は焼岳かなり上まで行けるのですよね。
ってくらい疎遠です・・。未踏。
でも今年候補には挙がってました。
夏のイメージでもなく秋のイメージでもなく?
もう少し前なら花も咲いてたのですね。
来年の宿題かなぁ。ハシゴも楽しそうです!

でポレポレ隊は八ツですか。
個人的には北八ツのほうが
落葉松がキレイかなぁ・・・。
なんて考えてます~。

投稿: asa0110 | 2007年9月30日 (日) 23:12

ママさ~ん ほんとになんていう天気。
寒くてひざ掛けまで出しちゃいました(笑)
隊長はやっぱり男の子ねえ!岩場に目が行く

赤岳は行者小屋からの上りルート3つあるけれど地蔵尾根と文三郎尾根 どちらをとってもかなりきつい登りです=きつい下りです。
お覚悟ください(笑)
中岳経由は赤岳直下だけ注意すれば緊張感無しで歩けるけれど長いです。

どれを選んでも登りは三点支持さえ守れば大丈夫だと思う。
問題は下り。
文三郎も地蔵尾根も傾斜がきつい上にザレがひどいから滑らないように・・・

怖がって岩に張り付かなければ手がかり足がかりはたくさんありますよ。
下は見ないふり(笑)
昨年久しぶりに歩いたら立派なクサリがいっぱいついていてびっくりしました。

ママさんたちは人が多い可能性が高いよね。
他人が触ったクサリに振られないように・・
岩場ですれ違うときザック同士が触れないように・・
私は岩場を歩くときこの2つに細心の注意を払っています。
岩場が怖いと思っていると足の筋肉が緊張しすぎるので
今回は日帰りはやめておいた方がいいのではないでしょうか。

投稿: カルディナ | 2007年9月30日 (日) 23:56

asaさん こんばんわ
ぜんぜん考えていなかったのにひょっこと行って来ちゃいました。
季節的にはちょっと半端でしたね。
これからがいい時期のようですよ。

展望が楽しみだったのに・・・
宿題として残りました。
asaさんなら夜行のさわやか信州号で夜行日帰りできそうですね!

投稿: カルディナ | 2007年10月 1日 (月) 00:19

w(゜o゜)wワオ!!
出遅れてしまいました(・_・、)

焼岳、私も行きたいと思いつつなかなか
お邪魔できない山です。でもやっぱり素敵です!

本当にカルディナさんの仰るように変化に
飛んでいる山です(^_-)ネッ
自然にできるドライフラワーに気がつくのも
カルさんずならではです!

そして、上高地を交えたルート素敵ですっ!
我家の場合は・・・たぶんピストンになって
しまうだろうな~。親分が梯子を拒絶しそうです。

でも空の変化に本当に写真を見ていると
驚きました!
実は週末、ママさんの所、同様
何処かにと思っていたのですが・・・あいにくの
天気で断念。( ̄□ ̄;)!!

でっポレポレ隊の八ヶ岳もとっても気になりますっ!あ~私も山に行きたいっ!でも・・・
実は親分の腰が┗(-_-;)┛オ・・オモイ・・・。

カルディナさ~ん!カル2さ~ん!素敵なレポ
カルさんずと焼岳に一緒に登頂できた気分です(^-^) オヤスミナサイ♪

投稿: アフー | 2007年10月 1日 (月) 21:04

アフーさん 来てくれたのね。
まずはアフーさんのところへ行ってたらあれ~?・・・ありがとう!
肝心の火口壁と火口湖が見られなくて残念でした(T_T)
出直しま~す。
親分の腰・・・まさか4200メートルの影響?大事にしてね。

この休みは皆さん残念でしたね。ホンとによく降りました。
連休はまずまずのようなので期待できるんじゃない?
アフーさんのとこはどこかな?
ママさんとこも八ケ岳 楽しめるといいね。
きっと隊長は硫黄岳からみた八ケ岳に魅せられてたんだね。

投稿: カルディナ | 2007年10月 1日 (月) 22:14

「ポレポレ隊、八ッへ行く」 のノリになってますが
残念ながら二転三転・・・
結局違う場所に決定しました。(多分)
皆様、すみません・・・汗。

カルディナさん、八ッアドバイスありがとうございます。
いつかきっとこれが役立つときがくると信じて。(私次第です)
以前アフーさんが 北岳より赤岳の方が大変だった・・・
って言ってたと思うのですが
それがずっと頭に残ってて 一歩踏み出せずにいます。
アフーさんが大変だっていうなら
私じゃとても無理ですもん。
もうちょっとこなしてから目指すことにします。
隊長にはガマンしてもらって・・。

台風15号が気になりますねー。
あまり期待しない方がいいかもしれません。
カルさんズは連休明けにお出かけですか?
今度こそ会津駒かな?
そこも提案したのですがあえなく却下されました・・・ガチョーン。(>_<)

投稿: 弱足ママ | 2007年10月 2日 (火) 21:34

ママさん こんばんは

ママさんは岩場が苦手なようなので
あえて後押しはしなかったけれど
怖いと思う人は下りに腰が引けて
余計に怖く感じるでしょう。
ママさんの判断は正解だと思う。

赤岳周辺は手がかり足がかりはたくさんあるし
危険なところには鎖がつけられてるので
初心者向きといわれているけれど 
急斜面にガレ・ザレが多くて足元の岩が安定しないことが多いの。
事故が起きるというよりも緊張のあまり足の筋肉を使いすぎて
膝を痛めた人を何人か知っています。

丁度今 他の方の奥穂高のレポを読んでいたところです。
むしろ奥穂高や西穂高独標のほうが
足元に安定感があるので三点支持さえ身につけたら
登りやすい気がします。

アフーさんの言うとおり 北岳のほうが
体力は要るけれど怖さの感じ方は少ないと思います。
もう少し 岩場の経験を積んで余裕を持った方が楽しめるよね。

台風さんに来ないように祈りましょう!
あそこにリベンジしたい・・・

投稿: カルディナ | 2007年10月 2日 (火) 23:29

カルディナさん、また来ちゃった!(笑)
もうびっくり!
実は西穂独標・・・・!!!!!
最後まで残った候補でした!
ここは隊長もOKで!
私も前から行きたかったんです!
でもね・・・ピラミッドピークまで行きたいとか
西穂まで行きたいとか どんどん話が・・・・
だったらやめるっ! と私が却下。
西穂まで行くなら全然赤岳の方が気が楽なのに・・
アイツはわかってない! 私の実力を・・・(苦笑)

ほんとまとまりのない我が家・・・
っていうか隊長と私。

さーて、今から歩いてきまーす。
カルディナさん、いつもアドバイスありがとうございます!

投稿: 弱足ママ | 2007年10月 3日 (水) 04:35

ママさ~ン こんばんわ~
何度でも来ていただいた方がうれしいですよ♪

きょうは朝から1日渋谷にお出かけで疲れて何度も大あくびです。
やはり人ごみは疲れます・・・

隊長とママさんの岩場バトルがますます増えそう・・

どこへ行くか決めるときってどのチームもバトルはつきものだね。

私もママさんにならってしっかりウォーキングしましょ!
台風さんにしっし!しっし!しておきま~す。

投稿: カルディナ | 2007年10月 4日 (木) 00:12

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/168280/16607326

この記事へのトラックバック一覧です: ひょこっと焼岳へ(北ア)   07・9・27:

« 富士山とトリカブトの杓子山~鹿留山(山梨県)                07・9・18 | トップページ | 秋色の会津駒ヶ岳 2007・10・10              »