« 霧氷・樹氷の御陵山(南相木村)               2007・11・19 | トップページ | 明神ヶ岳(足柄からの新コース)  07・12・19と21 »

2007年12月 8日 (土)

からかさ岩から本社ヶ丸  (都留市 宝鉱山より)                 07・12・5

2006年秋に初めて訪れて森の魅力にすっかりはまり ルートはいろいろだけれど今回で4回目の山頂です。
Dscf37511

1回目 2006年10月 林道黒野田線を使い 笹子側から登り 鶴ヶ鳥屋山と本社ヶ丸の稜線の気持ちのよい樹相に一目ぼれでした。

2回目 2006年11月 気になったところを確認したくて笹子側から黒野田林道を使い本社ヶ丸までピストンしました。

3回目 2007年1月 都留市側からなら車を使った周回ルートが取れそうなので宝鉱山から1161mピークのある本社嶽尾根(?)と西群馬幹線の送電線の大鉄塔から下るルートを使いました。1161mピークのある尾根はヤブヤブのところがあり モウ使いたくないな・・

そして今回 1076mピークのある からかさ岩を通るルートを教えていただいたので登りに使い  以前 登山道の案内板がかかっていながら太い木で とおせんぼ が置いてあったヤグラ跡からのルート(1118mピークのある尾根)で下りました。

宝鉱山からのルートはすべてバリエーションルートです。
地形図 磁石は必携です。

私達が歩いた3つの尾根は歩きやすいけれど どれも大変きつい登り 急降下が続きました。
そして どのルートも晩秋から初冬は落ち葉が降り積もって 踏み跡が消され ところどころルートがあやふやになるところもありました。

宝鉱山と西群馬幹線の送電線鉄塔を結ぶルートは一応 トレッキングコースとなっているので登山道の案内 赤テープなどまめについていたけれど 本社川を渡渉するところもあり 雨の日は要注意です。
林道の橋も流されたことがあると聞きました。
トレッキングコースとはいえ 家族連れには不向きかと感じましたが・・・

一番 登山道がはっきりわかりやすかったのは今回のからかさ岩経由のルートでした。
急登(急降下)がひんぱんだったけれど歩きやすかったです。

登山口はすぐわかりました。最近 わかりやすくなったそうです。

行程時間・詳細は カルさんの山遊び日記2 を参考にしてください。

駐車スペース付近からの三ッ峠
Dscf37301
Dscf37331

巡視路を使っているようで歩きやすい道です。

Pc0500081

右に行くべきか 左か・・左を選びすぐまた分岐です
Pc0500091_2

古いワイヤーが捨ててある方を選び尾根に乗りました
Dscf37371

周りは伐採地で見通しがよく 周りの様子がよくわかります。
三ッ峠も大きく 近くなりました。
ぐんぐん登ってきたのでひと汗かきました。Pc0500102

道ははっきりしているので安心して歩けます。初夏なら足元に可愛い花達がたくさん咲いていそうです。
道は送電線を右上に見ながら並行してできているけれどやがて向きを変えて送電線から離れてゆきます。
Dscf37381_2

細いながらもはっきりして歩きやすいです。
いくつかアップダウンしながらピークを越えてゆくと右下に鉄塔と林道が見えて まもなく1076mピークです。
Dscf37391_2
Dscf37401

Pc0500171

ときどきアキレス腱のびのびの急登が現れます。
植林帯から雑木林 カラマツ林となり 新緑の頃は気持ちいいだろうなあ・・・

Pc0500211

Pc0500231

傾斜が緩むと大ブナがあり 南面なのであたたかくいい気持ちで休憩しました。
Dscf37411


平坦道になりホッとリラックス 

からかさ岩はまだかなあ・・再び急登です。

Pc0500281

右の方角には三角っぽい岩場が見えているし右下は大きなガレが落ちている。
道を間違えたかなあ・・・あった! カル2の声が聞こえました。
ほんとに大きい!

からかさ岩です
Pc0500351

葉が繁っていたりガスの時は気がつかないかもね。
きょうの目的 一つ目クリア

二つ目の目的 1月に歩いた尾根のどのあたりに合流するのかな。
朽ち果てて根元だけ残っている大木の横から植林帯に向かい踏み跡が続いていました。
登ってくるとからかさ岩を右に見て左折するように踏み跡が出来ています。
Dscf37451

5分ほどトラバースして支尾根にぶつかり ジグザグに10分ほど登ると1161mピークのある本社嶽尾根(?)に合流しました。
登山道の案内板がかけられていました。
見覚えのある景色 やっぱり!
あの時は雪で踏み跡が隠されていたけれど1月にこの尾根を登ってきたとき 藪ヤブをやっと抜け出た時にうれしい思いで見つけた案内板です。

ここから稜線に合流するまでの急登が一番 きつかった!
時間にすれば30分ほどなんだけれど・・・
見覚えのある赤い看板に到着!来た~!Pc0500421

相変わらずいい気持ちにさせてくれる林の中をルンるん歩き山頂に向います。Dscf37461

山頂はきょうも独占
富士山がきれいです。南アルプスには雪が増えました。
八ケ岳は雲の中。
Dscf37511_2
Image41_2
Pc0500531
Pc0500452

到着時には北風が吹きつけて寒いのなんの!
風をよけてランチをしているうちに風が止みぽかぽかと暖かくなりました。

さあ!3つ目の目的に出発です。
時間的に余裕もないのでヤグラ跡までノンストップです。
落ち葉のじゅうたんが厚すぎて足元が怖い。
Pc0500551

Dscf37541

西群馬幹線の大鉄塔をやり過ごし ヤグラ跡手前から宝鉱山に向って下り始めましたが案内板が増えていました。
書かれている字が間違っていたけれどわかりやすくなっていました。
やはり 間違える人が多いようですね。

Dscf37591_2

少し下ったところに以前置いてあった とうせんぼ がなくなって 時々登山道 の案内板も見られるので安心していたら 尾根が広くなってザレた急斜面あたりで踏み跡がわからなくなりました。
案内板は両矢印が出ています。谷底に向うほうが谷がどんな風になっているかわからないので安全策として尾根通しに南をはずさないように下りました。Dscf37601

Dscf37611

Pc0500601

Pc0500621

時々ヤグラの残骸が現れるのが心強く 尾根をはずさないようにコンパスで確認しながら下リ続けます。
登山道の案内板がまったく現れなかったので正規の登山道は谷筋にあるのでしょうか。
それにしても落ち葉がすごい!
足首までもぐります。
990メートル付近で踏み跡が二股に分かれ 西に振った小さな赤テープのあるほうを選び まもなく林道に降り立ちました。
森のサテライト という看板が目の前にありました。
14分ほど林道をぶらぶらと歩き 無事 愛車に帰り着きました。

 

|

« 霧氷・樹氷の御陵山(南相木村)               2007・11・19 | トップページ | 明神ヶ岳(足柄からの新コース)  07・12・19と21 »

コメント

\(^O^)/ヤッター!イチコメゲットっ!
本社ヶ丸!やっぱり素敵な山ですね♪
実は去年から行きたいな~と狙いを
定めていたお山ですっ!カルさんずの
ルートはやはり過去のルートも今回のも
本当に素敵ですっ!でも、私にはやっぱり
難しいかも_(^^;)ゞでも行きた~い!

からかさ岩の大きさにビックリです!写真でも
この大きさとなると実物は?相当な物ですね!

ふかふかの落ち葉道!木々の間から見える
青空と周りの山々。あ~私も山に行きたいです!
ひとつひとつの目的を目指して歩くのって
とっても充実感と楽しさでいっぱいですよね!

カルさんずのお2人のレポからとっても
↑(^^_)ルン♪↑(^^_)ルン♪素敵な山なのが
伝わって来ました!

投稿: アフー | 2007年12月 8日 (土) 01:42

カルディナさん、カル2さん、
おはようございま~す♪
本社ヶ丸って面白い名前ですよね~?
いったいどんな山なんだろう?
ってずっと思ってました!
今回その謎が見事解けたぁ(^_^)v

このあたりはとっても静かな山歩きという感じですね?!!
静かな山歩き、とっても好きです!
これは僕らの登りたい山リストの上位にアップさせなきゃ!

でも、地図とコンパスかぁ、、、、、
恥ずかしい話ですが、コンパス、
持ってないんです。
地図は山と高原地図だし。
いつか国土地理院の地図とコンパス持って、
読解の練習しなきゃ、とは思っているんですが…

いつか歩いたあの道、あの場所、、、、、
そして謎だった箇所を見つけた時の喜び、
凄くわかります!
そんな山歩き、僕もしてみたいなぁ。。。。
素敵なレポ、ありがとうございました♪

投稿: ひろ | 2007年12月 8日 (土) 08:12

おはようございます~。
この辺りは全く未踏なのですが、
静かで登りでがありそうですね。
私の持ってる地図には「かさかさ岩」が
載ってません。初めて知りましたが
インパクト大ですね。
ほんと誰の傘なのでしょう。
私も一度実物見てみたいです!

富士山もすっかり真っ白ですね。
白い富士をみて落ち葉の道を歩く、
なんてこの時季のお楽しみ。
バリエーションルートは苦手ですが(?)
私も年内もう一回(二回?)くらい
出かけたいものです~。(^o^)

投稿: asa0110 | 2007年12月 8日 (土) 09:33

カルさんズの皆さん、こんにちはー!!

毎回同じこと書いてるような気がするけど
本当にカルさんズってすごいですねー。
一つのお山をいろんなルートから攻めて(!)いて
今回はバリエーションルートですか!
ポレポレ隊だったら間違いなく遭難です。(汗)
でもそうやって歩いてるいると
一つの山にとっても詳しくなりそうですね。
素晴らしいと思います!(拍手!)

三ッ峠・・・という言葉に反応しちゃいました。
ずっとリストに入っててまだ行けてない・・。(涙)
そっか本社ヶ丸ってあの辺りだったんですねー。(って今頃・・・)

人が少ないっていいなー。
自分の山歩きができて。
そういう意味では南天山もすごく満足でした。

カルディナさん、お帽子が可愛いっ!
(あ、ご本人ももちろん!!)
私は帽子が大好きなので (普段はかぶりませんが)
アウトドアショップに行っても
必ず帽子の売り場であれこれかぶって遊んでいます。
この時期はやっぱり毛糸の帽子がいいですよねー。

これからも いろんなお山、そしてルートを
ここで教えてくださいねー。
ありがとうございました!
年内、もう一つ行けそうですか?
なんだか忙しい、忙しいって言ってるわりには
師走、っていう実感が全くない弱足でした。
(^.^)/~~~


投稿: 弱足ママ | 2007年12月 8日 (土) 16:29

アフーさん こんにちは
本社ヶ丸って やっぱり好きかも(^^♪
稜線のあの気持ちよさだけでも ぜひ 味わってほしいなあ と思いますよ。

新緑もきっとステキだろうと想像できます。
どの尾根も林道や集落 ふもとの建物など
目印になる人工的なものが真近に見えてるのが
安心感につながるのかもしれない。
バリエーションルート初心者だけれどいろいろ楽しかったですよ。
アフーさん 地図読みの勉強していたから
木々が繁り過ぎない頃 晴れて周りがよく見通せる日を
選んで挑戦してみてはいかが(^_^)

投稿: カルディナ | 2007年12月 8日 (土) 17:53

ひろさん こんばんは
とっても静かで でも里に近いし 林道もぐるり回っていて人工的な臭いがすぐ近くにあるせいか安心して静かさを楽しめる気がします。

とにかく本社ヶ丸と鶴ヶ鳥屋山の稜線の樹相がとてもいいんです。癒しの樹相だと思います。
地形図や磁石を携帯しなくてもカルさんズが初めて歩いた2006年10月25日のときの駐車スペースを利用すれば大丈夫です。
山頂ピストンになるけれど・・・
稜線までの道ははっきりしているし その後は稜線の背骨をたどれば心配なく楽しめま~す(^_^)
でも磁石は使えるようになったほうがいいと思います。
一般登山コースでも必要とするときがきますよ~

投稿: カルディナ | 2007年12月 8日 (土) 20:12

asaさ~ん こんばんは~
本社ヶ丸と鶴ヶ鳥屋山の稜線はきっと気に入ってくれると思いますよ~
電車利用だと笹子からの歩きですね。
カルさんずはずるして林道からショートカットしてるので詳細はわかりません。
楽しいらしいのでいつか歩いてみたいと思っていますが・・・

投稿: カルディナ | 2007年12月 8日 (土) 20:22

ママさ~ん こんばんは
三ッ峠はね 何度か登っているけれどいつも河口湖からでした。 
楽々コースで~す(^^ゞ

宝鉱山を知って目からうろこだったのです!
こんどこちら側から登ってみたい!
河口湖からだと楽でいいけれど少し物足りないのですよん。
本社ヶ丸と三ッ峠 セットで歩く人もいるようです。(そんなことできるん?・・検討してないけれど)

あの帽子に目を留めてくれてありがとう!
実は30年近く前に駅前のデパートのお正月の福袋に入っていたの。
5000円の福袋 当時としては えい!や!でした。
だから物がいいのはわかっていたけれどデザインが気に入らずしまいこんでいました。
もったいないので山行きにデビューさせてもう 20年近くなりますよ。
まだまだしっかりして暖かいので今シーズンも活躍してくれそうです(^_^)v

投稿: カルディナ | 2007年12月 8日 (土) 20:45

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/168280/17302182

この記事へのトラックバック一覧です: からかさ岩から本社ヶ丸  (都留市 宝鉱山より)                 07・12・5:

« 霧氷・樹氷の御陵山(南相木村)               2007・11・19 | トップページ | 明神ヶ岳(足柄からの新コース)  07・12・19と21 »