« 今年もよろしくお願いします | トップページ | 山の女神に登らせてもらった蓼科山            2008・1・15 »

2008年1月10日 (木)

新年の初めに 寿岳(丹沢 三角沢の頭)            2008・1・7

今年の初めはどの山にしよう。
いつか歩きたいと思っていた 丹沢の三角沢の頭
年初めに行こうと カル2 がいいました。
Dscf38521_2

地図を見るとなんと! 寿岳 になっていたではありませんか。
即 決定!

丹沢の表尾根からも塔ノ岳からも見える長いこと気になる存在でした。
作業道が作られて歩きやすくなったとか。

バリエーションルートなので充分 地形図とにらめっこして出かけてきました。

少々寝坊してしまい6時に家を出て 宮ヶ瀬湖経由で塩水橋の駐車スペースに7時36分到着。
P10700011

注意看板もありました。
P10701571

7時59分 目の前のゲートをくぐり 長い林道歩きから始まる。
P10700041

コースの詳細は カルさんの山遊び日記2 を参考にしてください。

5分ほどで堂平への分岐を右に見て直進します。
Dscf38451

さらに7~8分で橋を渡り 右に見えていた本谷川が左に変わります。
堂平への林道に比べ 傾斜もゆるく 歩きやすい。
準備運動のつもりでユックリ歩いていきます。

カルディナは初めての道 きょろきょろしてしまいます。
今にも崩れそうな山肌が続きます。
丹沢が荒れてゆく・・・崩れてゆく・・・なんか実感してしまいます。

本谷橋が近づくと右に 天王寺尾根 のとりつきがありました。
帰りはこちらに下りてくる予定ですが・・・
P10700151
P10700131_2

本谷橋
P10700121_2

振り返り見た本谷橋
Dscf38481

地図を見ると本谷橋を渡ると長尾尾根につながり 札掛にも繋がる。
なるほど・・長尾尾根もカルディナは歩いたことがない。
いつか歩いてみたいと思いながら今回は渡らず なおも直進します。

正面に目的の 寿岳(三角沢の頭)が見えました。
Dscf38521_3

朝はまだこんな青空
P10700321

そんなこんなで飽きずに キュウハ沢出会い に到着。
Dscf38551

あった!前もって調べてきた印を見つけるとうれしいものです。
Dscf38531_2

休憩をして地図で確認してピンクのリボン目指して出発。
Dscf38541

すぐにはっきりした踏み跡がわかります。
キュウハ沢に向う踏み跡もあるので尾根に乗るまで左 左と選んで行きます。
P10700431

このあたりは右に 左に踏み跡があり テープありで迷いそうだけれど とにかく尾根の背骨をたどるように登って行きます。

テープは間伐用の印もあるのであてにはなりません。
下ってくるときは要注意かも?

尾根上のはっきりした作業道に乗るとちょっと安心。
ひたすら急登を頑張ります。
尾根は見上げると急斜面だけれど 作業道は小さくジグザグしていて歩きやすいです。
P10700481

P10700491

間伐材が束ねてあるのが見え始めると傾斜も緩んできます。
Dscf38581

階段が始まる手前で一休み 見上げると斜度は40度はありそう・・・
あれを登るの?ヒエ~!!
Dscf38601

ところが階段もすぐに終わり 初めは小刻みに だんだん大きくジグザグに作業道が作られていてとても歩きやすい。
P10700641

P10700671

相変わらず迷い込みそうな作業道の踏み跡があるし 紛らわしい間伐用のテープもあちらこちら目に付きます。
やはり バリエーションを初めて歩くときは下りは怖いなあと思いました。

1000mあたりで尾根に乗り 5分ほどでキュウハ沢からの尾根に乗りました。
下を見ると幾つかテープも見えているけれど道のしるしか 作業用のしるしか?・・・

下る時はこのまま尾根通しにキュウハ沢へ下ってしまうかもしれません。
要注意ポイントです。

傾斜も緩んできて 尾根の左にはっきりした巻き道らしきもの(作業道?)もあるけれどとにかく歩いてきた道どおりに登って行きます。

ブナも見えはじめて頂上が近いことが感じられます。

おー!なかなか素晴らしい林です。
これまでの急登を忘れてしまいました。

P10700811

P10700861

昨年歩いた 丹沢三峰も見えています。
P10700801

Dscf38691

尾根も広くなって踏み跡も混在していますがピークを目指して進むとそこが山頂でした。
意識して探さないと見逃してしまいそうな山頂です。
おもしろい形のブナですが その後ろのアセボの裏に道標はあります。
Dscf38741

寿岳(三角沢の頭)山頂
P10700971_2

木の間越に 竜ヶ馬場 が見えます。
Dscf38731

天気も下り坂だし 稜線に出たら風も強いだろうとこちらでランチとします。
風は避けられたけれどとにかく寒い!

温かいカップめんと紅茶がおいしい。

寿岳から日高までも道ではなく踏み跡頼りに進みます。
山頂からすぐのところにありました。
Dscf38751

最低鞍部までは右よりの踏み跡がわかりやすかったです。
最低鞍部からは日高までまめにテープがつけられていました。(このテープは道の印)
P10701051

竜ヶ馬場
P10701081

崩壊地は短いけれど強風や雪のときは怖いかなあと思いましたが展望はいいです。
P10701111

P10701151


日高に到着
P10701221
Dscf38861

皆さんが目印にしているという大木 倒れていたり 裂けていました。
少し下ったところで一休み 塔ノ岳までもすぐだけれどこの日はパスしました。

伸びやかな丹沢の景色が広がっています。
いいですねえ・・・うっとりします。
快晴ならもっとよかったけれど贅沢は言いません。

稜線から見た竜ヶ馬場
Dscf38881

天気は怪しくなってきたけれど風がまったくないので気持ちは晴れやかに丹沢を味わいながら進みます。
Dscf38921

P10701281

竜ヶ馬場で一休み 寿岳がすぐ下に見えてその奥に長尾尾根 大山が連なっています。
P10701341

最後のひと登りで丹沢山へ
P10701361

ちらちら白いものが落ちてきました。
急げ急げとわが身を励まして 丹沢山ではトイレをお借りしただけで下山を急ぎます。
P10701371
Dscf38981
P10701391

下り始めはきれいなブナ林 あ~もったいない。
けれど だんだん白いものが増えてきました。
Dscf38991

崩壊地も無事通過。大好きなブナのビューポイントなのになあ・・・とまたまた思いながらも先を急ぎます。
Dscf39001

P10701441

Dscf39011

堂平への分岐 さて どちらに下るか。
しばし検討ののち天王寺尾根を下ることを選択 GO!

周りのアセボがどんどん真っ白くなってゆきますが足元は足に優しいいい道です。
堂平への道よりも歩きやすく どんどん下れます。

植林帯に入ると雪も小止みとなり みぞれに変わり 止みました。
雨雲から抜けたようです。
振り返ると山の上部は真っ白いガスで覆われています。

15時半 遭難場所の私製の道標通過。
キュウハ沢に下りないようにテープ紐が張ってありました。
道標の裏には 《友 ここに眠る》と書かれていました。
Dscf39021

Dscf39041

Dscf39051

鹿よけです
P10701501

16時11分 天王寺峠に到着。あと15分で林道に出られる。
足に疲れが出始めた頃 水音が大きく聞こえ 崩れたところもあったけど小さな沢を渡り まもなく本谷林道に降り立ちました。
Dscf39061


Dscf39081

ユックリ休み 林道をぶらぶら歩き まだ明るいうちに愛車に戻ることが出来ました。

寿岳への三角尾根(?)は歩きやすかったけれど変化がなく ひたすら我慢の登り一辺倒でした。
それだけに縦走路に出たときの開放感はいっそう増していた気がしました。

作業道 沢登用 間伐用のテープや踏み跡がありすぎて下る時は要注意だと思いました。

天王寺尾根は始めて使いましたが歩きやすく 変化もあり 登り 下りとも使いやすいなと感じました。

|

« 今年もよろしくお願いします | トップページ | 山の女神に登らせてもらった蓼科山            2008・1・15 »

コメント

私の地図には寿岳載ってません~。
(なにせ宮ヶ瀬湖すら載ってない古さ・・・。
 どれだけ丹沢にご無沙汰なのやら。)
地図で探しながらレポ見ました!
たぶんこの1331M峰がそんな縁起の良い地名に
なったのですね。
登りはよいけど下りは迷いそうで恐そうですねぇ。
バリエーションルートを初めて通る時は
登りで!!ということですね~。
富士山は残念でした。
もう今ごろ丹沢も雪の中でしょうか。

投稿: asa0110 | 2008年1月10日 (木) 16:34

asaさん いよいよ始動しましたよ。
まずは地元神奈川の丹沢へ ご挨拶に行ってきました。
カルさんずは2005年版の地図に買い換えていたのです。全面改訂版です。
あちこちの古い地図を処分してしまって後悔しています。
バリエーションを歩かれる方は古い地図も参考になさっているようです。

その通り 1331峰がそうです。
私は寿岳より三角沢の頭 と言う名前の方が似合ってる気がしているけれど・・
塔ノ岳から見ると存在感があり ずっと気になっていました。

斜度が40度くらいあるので(あるレポに載っていました)歩く人はほとんどいなかったそうです。
ジグザグの作業道が作られてから歩く人がふえたようです。

名前もおめでたいし 見通しのよい時期に一度歩きたかったのです。
シロヤシオの頃は秘密の花園になるとか
ヒルが怖いけれどいちどその時期に歩いてみたいのです。

最近 バリエーションルートを好んで歩かれる人たちの気持ちがわかってきました。
濃い味が楽しめる気がします。

お正月の富士山はほんとに残念でした。
この週末 きっと雪になるでしょうから丹沢も雪景色になるのでしょうね。


投稿: カルディナ | 2008年1月10日 (木) 18:22

カルディナさ~ん!
こんばんはっ!えへへ。実は昨日フライングして
夜、カル2さんのレポを読んでいました~!で、今同時進行で読んでまいりました!

実はメールを頂いてから、調べたと気に寿岳の
標識は赤文字で縁起が良いとあったので、それを
書こうかな~と思っていたのですが、看板が
なかったらと思っていたら!やっぱりあったのですね!と言う事はやっぱり今年はカルさんずにとって
寿素敵なことが沢山あるはずです!

でもって、傾斜40度となると、確かに私も
怯んでしまいます。え~ここ登るの~となってしまいます。

丹沢山。やはり崩壊が進んでいるのですね。とっても寂しいです。

話は変って雪のちらつく写真とっても素敵です!
いつも撮りたいなと思っていても、手ぶれ
したり雪がはっきり映らずとっても難しいです。

沢山のブナに囲まれて嬉しそうなカルディナさんの
顔が浮かびます♪カル2さんとカルディナさん!
いつも本当に素敵なレポありがとうっ!ございます!私も寿岳の山頂に行った気になって読み入ってしまいました~!

投稿: アフー | 2008年1月10日 (木) 18:37

アフーさん こんばんは~
昨日の夜にもう読んでいてくれたの!
夜中なのに・・・ありがとう!

標識の赤文字のこと 考えなかった~
やっと読めるくらいなのよ。
縁起がいいならだれか塗りなおして~(笑)

じつはカルディナの今年の運勢は一生のうちのどん底ですって!
なんで~? どうしてこうなるの~?と言うことが起きるのだそう。
がっくりしていたところなのにアフーさんの言葉で元気が出てきました!
ステキなことが起きるのを期待しま~す♪

斜度40度ね。私の目には45度はあるように見えましたよ~(苦笑)

雪のちらつき写真 ダメかと思っていたらまずまずでしたね(^_-)-☆
ほんとはブナと木道のところであんな風に撮りたかったの(^^ゞ

アフーさん 丹沢山 ツツジのころ 車で塩水橋まで入って 堂平と天王寺尾根を使って周回コースできてくださいな。
見どころ満載よ♪(一般ルートです)

投稿: カルディナ | 2008年1月10日 (木) 21:11

わーい! アップしてある~!
今回は早くこれたぞー!
・・って思ったらもう皆さん来てた・・・汗。

この時期の丹沢って雪がすごいのかと思ってましたが
全然そんなことないんですね。
これからなのかしら。
竜ヶ馬場・・・・聞いたことあるなー
って思ったら・・・・・・
!!! そっかあそこだ!
なんかうれしいですー。
静かですねー。
丹沢山のテッペンもすごく静か。
富士山、ちょっと残念だったけど
もしかするとメチャクチャ素敵な姿をカルさんズに見せるために
今、準備してるのかも!!!!!
早くその日がくるように 彩の国から祈っています。

それにしてもカル2さんの記録みて
ああ、カルさんズってやっぱりすごいなーって。
7時間くらいの行程ですよね。
ポレポレ隊は最近、3~4時間でぐったりです。(ポレポレ隊というより私・・)
そんなこと言ってたらどこへも行けなくなっちゃいますよね。
最近は平地でもゼーゼー言ってる私です。
今日は吸入受けてこよう・・・。(泣)

今年もたくさんお山に行けますように!
楽しいお山歩きができますように!!

投稿: 弱足ママ | 2008年1月11日 (金) 08:05

こんばんは~
きょうは東京までお出かけだったのでお返事が遅くなりました~
ママさんは確か丹沢山まで歩いていたなと思って いまママさんところへ出かけて見直してきました。
そうでした!カルさんずと逆のコースでしたよね。
ふふ 今回カルディナが縦走路に出てきたところあたりに副隊長が映っていました(^_^)

竜ヶ馬場ではちゃんと寿岳も存在していました。
うれしい~♪
そして山の色具合も時期が違うのに同じように見えますね。

丹沢山から蛭ヶ岳の道も雰囲気が違って楽しいですよ。
またいつかおでかけくださいね~

<最近3~4時間で・・・>なんのなんの
ポレポレ隊こそすごいです。
ポレポレ隊の丹沢山のコースはなかなかハードなコースですよ。

急斜面ではあったけれど私達のこのコースの方が足には優しいくらいです。
今気がつきました!
丹沢は斜度はゆるいかもしれないけれど体力的には一般コースの方が歩きにくくハードなんじゃない?・・・ということに!

丹沢はきつい=トレーニングのための山・・・と長い間敬遠気味だったけれど 最近 出かけるたびに良さがわかってきましたよ。
カル2からはハヨ歩け ハヨ歩け お尻ぺんぺんされてるけれどね。
気にしないったら気にしないんだよ~♪
(アフーさんのパクリ)
アフーさん いただきました!!(笑)

投稿: カルディナ | 2008年1月11日 (金) 22:07

カルディナさん、こんばんわ~♪
めっちゃ出遅れのひろです(^^)

というのは、この丹沢の山々って、
まったくわからないのです。
先ほど、やっと丹沢の地図を購入して、
地図を片手に、
もう一度、カルディナさんのレポを読み、
カル2さんのレポも読み、
行ったり来たり、、、、、(笑)

寿岳?
どこだ、どこだ?
宮が瀬は知ってるぞ~

お!
あった!あった!


何だぁ?
登山道がないぞ!(*ノェノ)キャー

そうだ、、、
バリエーションルートでしたね。

なるほど、なるほど、、、、、
地図を見ながら読んだら、
なんとなく見えてきましたよ。
カルさんズの歩いた道が!
大体(笑)

それにしても、
こうして地図を見ていると、
丹沢って登山道だらけですね~
この他にバリエーションルートがあるんですよね?
どんだけ~(*^_^*)

そっか、ママさんも歩いてるのか?
これはぜひ歩いてこないと、ですね!
ママさんに負けてたまるか~
(T▽T)アハハ!

写真いっぱいありがとう御座いました!
凄くわかりやすかったです。
また丹沢の山、教えてくださいね♪

投稿: ひろ | 2008年1月16日 (水) 19:23

捻挫の具合はいかがですか。
少しよくなったようですね。
無理しないでしっかり治してね。
カルディナも捻挫したことありますが筋肉が痩せてくると古傷として痛むようですよ。

ハハハハ(^◇^)
丹沢にはもう一つ 沢登りがありますよ。
沢はまったくしないのでわからないけれど。

<ママさんに負けてたまるか>
なんとコメントしたらよいのでしょう・・・
どっちの味方すればいいの(汗)

丹沢にはカルディナの知らない魅力的な場所がまだまだたくさ~んありそうです。
まずは一般ルートを選んで何回か来てくださいね。
1回や2回では丹沢のよさはわからないと思いま~す!
カルディナもやっと気がついたところかな(^_-)-☆

投稿: カルディナ | 2008年1月16日 (水) 22:06

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/168280/17636582

この記事へのトラックバック一覧です: 新年の初めに 寿岳(丹沢 三角沢の頭)            2008・1・7:

« 今年もよろしくお願いします | トップページ | 山の女神に登らせてもらった蓼科山            2008・1・15 »