« 小下沢と日影沢散策(裏高尾)              2008・3・29 | トップページ | エキシブ鳴門と明石海峡公園                2008・4・6~7 »

2008年3月31日 (月)

イワウチワの坪山(山梨県上野原)               2008・3・29

そろそろイワウチワが咲き始めた頃かな・・と
高尾日影沢から1時間ほどドライブして足を伸ばしてみました。
P32900941

2年前にヒカゲツツジを見に出かけてイワウチワも咲くことを知ったわけです。

2年前のヒカゲツツジ満開のレポは こちらからご覧ください。

また 今回のコースの詳細はカルさんの山遊び日記2 を参考にしてください。

前回と同じ上野原から18号線に入り 飯尾の川沿いに車を止めて 小さな案内板の掛けられている橋を渡り 畑を横切り 登山口に向います。
P32900631

きれいなトイレが用意されているのはとてもありがたいです。
今回も同じく西尾根ルートから東尾根ルートの周回としました。
Dscf44491

心地よい沢音を聞きながら巻き気味に行くと沢を渡り いよいよ急登の連続の登りにかかります。
Dscf43981

きっと ヒカゲツツジの頃は登山道の整備がされるのでしょう。
前回は落ち葉がきれいに片付けられていたけれど 今回は落ち葉ふかふかのじゅうたんです。
急登を登るのにずるずる滑らなくて助かったけれど急降下の下りはちょっと怖かったです。
疲れた足は 隠れている小岩や木の枝に乗り ときどきズルッとすべります。


急登 急登 これでもかと言う感じです。
Dscf43992

P32900661

P32900701

今回は花も何もないし 誰も励ましてはくれません。ふぅ~
P32900721

いつまで続く 突き上げる道
よいしょ よいしょ
P32900821

やっとイワウチワの群落に着きました。咲いているかな。
P32900831

ほとんどつぼみだけれどいくつか咲いていました!
歓迎してくれたようです。うれしいです♪
P32900901

P32900941_2

Dscf44151

Dscf44191

つぼみがいっぱ~い!これからですねえ。
Dscf44251

花が終わった頃からさらにきつい登りになってきました。
咲いてるお花も見たし 引き返そうか・・・
でも 東尾根にもあるかもよ。
P32901041

P32901061

ヒーコラ言ってます。ヒカゲツツジの頃は花に見とれていつの間にか山頂に到着だったのに~・・・
ヒカゲさんはまだつぼみです。
P32900931

咲くとクリーム色の花です。
Dsc002801_2

これでもか これでもかと急登が続きます。
P32901071

下の集落が見えてホッとするひととき
P32901121

Dscf44291_2

二本のロープが出てきました。
見覚えがあります。最後の急登だア!ガンバ!
P32901141


やっと着いたア~ ふぅ~・・・
P32901191_2

P32901201

狭い山頂がヒカゲツツジの頃はいっぱいになります。
平日だというのに ランチ場所確保するのに大変でした。
Dscf44401

三頭山が大きいです。
Dscf44311

Dscf44382

指導表の向こうに滝子山も見えます。また 歩きに行きたい山です。
Dscf44341

一休みして東尾根を下りますが これがまた疲れた足にはきついのです。
イワカガミはありましたがイワウチワはまったくなかったです。
P32901281

P32901291jpg

Dscf44431

こちらからも里が見えます。
P32901311

やっと岩場から解放されましたが気がつかないうちに膝をひねったようです。
翌日 突然痛み出して正座ができなくなってしまいました。
しばらく自粛かなあ(泣)
P32901341

気持ちのよいトラバースですが落ち葉の下に御用心 御用心
Dscf44451

谷間の大きなジグザグが気持ちいいです。

P32901371

西尾根との分岐に合流しました。
Dscf44491_2

車窓から眺めてもこのあたりの山の斜面が急斜面ですね。
登りも下りもしたくないなあ。
坪山が急登 急下降もうなずけると思いました。

|

« 小下沢と日影沢散策(裏高尾)              2008・3・29 | トップページ | エキシブ鳴門と明石海峡公園                2008・4・6~7 »

コメント

カルディナさん&カル2さん、はじめまして!
※共通のお友達が多いので、
ちょくちょく拝見させていただいてました。

イワウチワ、とてもかわいいお花ですね!
見たことがないので、坪山行ってみたくなりました!

実は今回、私のブログの「大霧山」に、
「カル2さんがasaさんの九鬼山に書いてらしたコメント」について、
書かせていただきましたので、
ご挨拶に参りました。
※ややこしてくてすいません・・・
※もしも不適切でしたら、ご連絡下さい。

今後も、こちらに遊びに来させてください。
よろしくお願いします!

投稿: ぽてと。 | 2008年4月 6日 (日) 18:57

ぽてとさん こんばんは

時々asaさんのところでお目にかかっております。
お返事が大変遅くなって申し訳ありません。
仕事で徳島と京都に出かけていました。

ぽてとさんは関西の方ですよね。

なんと!ン十年ぶりの京都でしたが桜が満開で素晴らしい京都でした!

改めてご挨拶に伺います。
カル2ともどもどうぞよろしくお願いします。

投稿: カルディナ | 2008年4月 8日 (火) 21:59

先ほどは 愚痴のコメ、入れてしまいましたー!
すみませんっ!
大丈夫、私、がんばりますからっ! (笑)

お仕事で遠出されてたんですね。
お疲れじゃないですか?
それと 膝をひねったとのこと・・・
大丈夫ですか?
私にとってカルディナさんは 
健脚で山の達人、というか・・・師匠ですので
どっかが痛い・・とかいう言葉と無縁だと思ってましたが
どうかお大事にしてくださいねー。

実は私、イワウチワともまだ一度も会ったことがありません。
まだ山のお花が全然わからないころ
イワカガミと似てるなぁ~って思ってました。
私、イワカガミが大好きで 最近歩いた山でも
あちこちで葉っぱを見つけました。
あとちょっとするとお花と対面する時期がきますね。

ヒカゲツツジ・・・要チェックです。
一つのお花にも 本当にたくさんの種類があって
なかなか知識が追いつかないけれど
とにかく山での疲れを癒してくれる、
こんな優しいものはないですよね。

私も山に咲く花のような人間になれるよう
これからも精進いたします・・。(無理)

あ、それから妹にまで ありがとうございました。
カルディナさんも色々と勉強されているんですね。
ますます尊敬してしまいます!
私もがんばろうっと。

それからカル2さんからも暖かいメッセージを頂き
とても感謝しています。
隊長、今日から新一年生としてスタートしました。
朝の登校時間も早くなったし 帰りも部活が始まると
かなり遅くなりそうで パパさんは
「当分山どころじゃないんじゃないの?」
って言ってましたが 本人は
「山は今まで通り行きたい」 と強い気持ちを持ってるようです。
私もパパさんも 彼の負担にならない程度に
付き合っていこうと思っていますので
これからもよろしくお願いいたします。

長くなってすみませんでした。

投稿: 弱足ママ | 2008年4月 9日 (水) 16:54

ママさん こんばんは~
忙しいのに来てくださって有難うございます。やっぱりうれしいですhappy01

隊長 ご入学おめでとうございます。

一段とたくましくなるね!
昨日 京都で校舎と講堂が車道はさんで向かい合ってるところがあって 新入生が横断するのに待っていたことがありました。

ピンピンの制服が桜吹雪に輝いていて 隊長のこと思い出していました。

膝のことご心配有難うございます。
手当てが早かったので靭帯を伸ばしきるまでにはならなかったようでもう完全復活です!
一時はどうなるかと思いましたよ。
1ヶ月は山は休まなきゃ・・・なんて(やれやれ ホッです)

標高も低いし暖かくなったので油断していました。
やはり弱みは暖めておかないとダメね。

カルディナもイワカガミ 大好きです。
イワカガミの時期に箱根の神山 行ったことありますか。
いつかいつかと思いながら近いのになかなか行けません。
中央道沿線の滝子山にもイワカガミのルートがあるそうですよ。
ねらってまーすhappy01

隊長にはもう山は生活の一部になってるのね。
こちらこそ いろんな山を教えてくださいね~happy01

投稿: カルディナ | 2008年4月 9日 (水) 23:16

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/168280/40705145

この記事へのトラックバック一覧です: イワウチワの坪山(山梨県上野原)               2008・3・29:

» 坪山(山梨県)。 [ まとりっくす。]
こんにちは、ぽてとです。2008年4月12日(土)、坪山のお花レポです。逢えたよ〜!逢えたで〜!!イワウチワ!!(*゚∀゚)っ1週間ほど前、カルさんずのHP&ブログで、 「イワウチワ」と言うお花を知り、私も行って来ました!カルさんずには、坪山に...... [続きを読む]

受信: 2008年4月20日 (日) 00:18

« 小下沢と日影沢散策(裏高尾)              2008・3・29 | トップページ | エキシブ鳴門と明石海峡公園                2008・4・6~7 »