« 雪割草の角田山(桜尾根) (新潟)             2008・3・19 | トップページ | 小下沢と日影沢散策(裏高尾)              2008・3・29 »

2008年3月28日 (金)

再び新潟の里山へ 08・3・26

先日花情報を頂いた人から 雪割草 カタクリが満開 見頃は今月いっぱいまでと教えていただきました。

そうと聞いては来年まで待ちきれないね と相談がまとまり 急遽 ばたばたと仕度をして夜のうちに新潟へ・・・

途中のSAで仮眠 温度2~3度。

教えていただいた米山山麓の里山へ向います。

このブログの画像はすべて クリックしていただくと更に拡大されます。

昨年の米山さんです。
Yoneyama1

簡単な地図も書いてくださいましたが 軽トラックがぎりぎり通る林道を行くというので我家のエックス君は無理でしょう と他からポイント地点に向うことにしました。

里山付近からの昨年の米山さん。
Dscf43101yoneyama

地形図をコピーしてコンパス 双眼鏡を持参。
地形図にある道のしるしのところから山へ入ります。
周りの標高は200メートル前後の山々。

細いけれど落ち葉ふかふかの気持ちいい道が上へと続いています。
道の周りにはイカリソウの葉っぱがいっぱいです。
花が咲いたらずら~と並んで おで迎えされそう。

オオイワカガミの大きな葉っぱもたくさん たくさんあります。
すごいです!

さっそくお花をゲット!白花のショウジョウバカマ。
ものすごく大きな株でたくましい~
白花のショウジョウバカマは何回かお目にかかってきてるけれどこんな里山で?

P32500202_2 

登るにつれカタクリがいっぱいです。
天気が良くないので開いてくれません。ちょっとがっかり・・

それにしてもすごい数のカタクリ 雑草のようで踏まずに歩くのが難しいくらいです。
Dscf42781_2

Dscf42841_2

峠に出たので地形図とコンパスで向う位置を確認。
P32500031

この尾根は確かに歩かれているようではっきりしていたのでふかふか道を気楽に楽しんで歩きました。

エンレイソウ
P32500351

朝はしぼんでいたのに帰りは開いてくれました。

いよいよ谷に下りてゆきます。
迷子になったら怖いので珍しい大木をカメラに納めながら 時々振りかえりつつ 下って行きます。
Dscf42541

カル2の頭の中には地形図がある程度入っているようなので信頼はしていますが・・・

日差しも出てきたのでカタクリが開き始めてきました。
F2_2

でも・・・想像していた色ではないです。
昔 諏訪の山で色の濃いカタクリの群生を見たことがあるので期待していたけれど土が違うのかしら?

それでも右に左に咲き始めているカタクリはきれいでうれしい。

カル2が斜面で何か写真を撮っています。
何があるのかと覗いてみたら すご~い!
白花のショウジョウバカマが群生して咲いています。

カタクリとのコラボもきれいですが 日陰なのでカタクリは閉じているものが多くて残念。
F2_3

Dscf42661

谷底に下りるとどろどろずぼ!

新潟の山を歩くときは長靴だよ といわれていたのでカル2は長靴ですがカルディナは登山靴です。
すでにどろんどろんです。

小さな沢沿いに何度も沢を渡り返しては進みますが道というものではなかったです。

沢も1本ではなくなり 合流してくるので 同じ道を引き返すとき 迷いそうになりました。

御用心 御用心。

両側の山肌は相変わらずカタクリが主ですがキクザキイチゲも満開で大きく開いて咲いています。

F2_4

Dscf43311_3

ネコノメソウも群生していると黄色が目に付きます。
せっかくだけれどカルディナでは腕が足りず黄色が出ません。
Dscf42751

薄紫色のキクザキイチゲ 発見!
先日 薄紫色のキクザキイチゲもあると知ったばかり。ワォ~♪
あちらこちらにあります。
Dscf42901

F2_5

ワォ~!ワォ~♪♪
斜面一面に咲いています。
カメラに納めたら色が飛んじゃった。白に見える~(泣)
Dscf42972

ぬかるんだ田んぼのようなところもありますが、このぬかるみには足跡もたくさんあり 空き缶も捨てられて 人の気配がします。

ちょっと安心したら この踏み跡もすぐ消えてしまいました。

山菜採りに来る人でしょうか。きのこかな?
何があるんだろう・・・

左右の雑木林は登ってみたくなるような雑木林です。
気持ち良さそう。

カル2は踏み跡を探しながら進んでいますがカルディナは後ろから時々方向チェックします。
信用しないわけではありませ~ン。

小さな沢沿いを道なき道を倒木をまたいだり くぐったり お花ウオッチングしながら楽しいです♪
F1_4

F2_7

F432821

P7221

1

チャルメラソウ
1_2

さらに雪割草発見!株は少なかったけれどうれし~♪
P4621

紫色の花です。やはり 角田山で見た花は自然のままだったのね。

万が一迷っても谷から尾根までの高さが低いのでコンパスがあれば方角を決めよじ登ればいいので余裕が持てます。
地形図とコンパスってこんなときに心強いなあ と思いました。


水音が聞こえると何故か 安心感があるけれど遭難者が谷に下りてしまう心理がわかったような気がしました。

それまでの沢より大きめの沢を渡り 鉄板の橋を渡ったところで古い林道が消えてしまいました。

再び 渡った沢を渡り戻り 沢の流れる方向に向きを変えて進むと いつのまにかはっきりとした踏み跡となり 細いながらも道となり 教えていただいた林道に出たようです。
日本海も見えています。
JRの送電鉄塔もあり 軽トラのわだちもあります。
やっぱり 一安心。
F2_8

送電鉄塔への巡視路から再び山へと入りましたがカタクリは相変わらず踏まずには歩けないほどの数が咲いています。

残念ながら今回も雪割草の群生地にはたどり着けませんでした。

朝の谷に降り立ち、朝 通った自分達の踏み跡を探しながら同じ尾根を登り返して同じ道を下り 愛車に戻りました。

秘密の場所は秘密のままがいいのかもしれません。

同じ雑木林だけれどやはり 関東地方の雑木林とちょっと違います。
この里山には充分楽しませてもらいました。
Dscf43181

キクザキイチゲ
2

海が見えたり 高速道路が見えたり 送電鉄塔があったり 米山さんが見えたりして目印が幾つかあったので不安なく楽しめました。

オオイワカガミの群生もすごいものがありました。
お花の時期に来てみたいものだと思いました。

花達が雪国育ちらしく たくましく しっかりしていました。
高尾山日影沢のお花たちが弱々しく感じられました。

弥彦山へも行く予定でしたが この里山で充分楽しませてもらったし 時間的にもタイムアップとなってしまったので来年の楽しみを残して帰ってきました。

 

   

    

|

« 雪割草の角田山(桜尾根) (新潟)             2008・3・19 | トップページ | 小下沢と日影沢散策(裏高尾)              2008・3・29 »

コメント

こんばんは、はじめまして
カルディナさん

え~と、アフーさんのとこにコメントありましたので。

連荘で新潟いらしたんですね。米山は行った事ないですが、
花はどうでした、そういえば、6月末ごろの粟ヶ岳はヒメサユリが
きれいみたいですよ。その時期に登ったことなくて
機会があれば登ってみてください。

ではよろしくお願いします。d(=^‥^=)b にゃん♪

投稿: dayan | 2008年3月28日 (金) 00:36

カルディナさ~ん!
おはようございま~す!
起きてパソコン立ち上げ、
開いたら、、、、
もの凄い花の数々!
出勤時間が迫ってるけど、これはコメント入れないわけにはいきませんhappy01

新潟ってこんなに花が多いんですか?
雪国の春はこれが普通なのかなぁ?
こんなの見たことありません!

これだけ花が咲いていると、
歩いていると楽しいでしょうね♪
ワォ~!ワォ~♪♪
と叫ぶカルディナさんの気持ちわかりますup

チャルメラソウなんて花あるんだぁ!
ラーメンみたいnoodle

朝からいっぱいお花が見れました!
ありがとう~notes
おっと!やばい!
では、行ってきま~すrun

投稿: ひろ | 2008年3月28日 (金) 05:18

カルディナさ~ん!
おはようございます!
あっ!ダヤンさん発見です(☆_・)・‥…━━━★
なんだか輪が広がってとっても素敵です!
で、お花に誘われて!!!!向かった先では
こんなにたくさんの種類が!

むふふ。ひろさん同様。チャルメラソウに
目が行きました!
(お腹空いているのバレちゃいますね。照)
本当にお2人は色々なお花を
ご存知なんですね!私もそろそろカメラを持って
のんびりと歩きたいです。でないとお花が終わってしまう・・・(・_・、)

ここの雪割草さんもとっても綺麗です!
秘密の場所は秘密だから魅力があるのかも!
とカルディナさんのブログを見て同感です!
そして、悔しがらないカルディナさんが
大好きです♪

お花畑!見事です!そして、憧れの米山も
カルさんずに見せて頂き!今日はとっても
素敵なファンキーフライデー間違いナシです!

投稿: アフー | 2008年3月28日 (金) 08:37

dayanさん こんばんは
こちらまで来ていただいてありがとうございます。
アフーさんのところで灯台コースのお写真をみて思わずご挨拶しました。
どうぞよろしくお願いします。

先日角田山にでかけてすっかりファンになってしまいました。
こんどは灯台コースを歩いてみたいな と思っています。

新潟の山は遠い遠いところでしたが少し近くなったかな と思います。

ヒメサユリ!!まだ一度もお目にかかったことがありません。
粟ヶ岳 名前だけ知っています・・・程度です。
位置を確認してきました!
ヒメサユリ お目にかかってみたいです!!!

投稿: カルディナ | 2008年3月28日 (金) 21:24

ひろさ~ん こんばんは~
早朝の出勤 ご苦労様です。
朝 早い出勤で大変ですね。

聞いてはいましたが ほんとに新潟の山って春が楽しそうです♪
花の道は歩くの楽しいですよ~
ひろさんの好きな岩場の山も嫌いじゃないけれどhappy01

チャルメラソウ 頭にコが着いたものが高尾山麓にあるんですよ~happy01

投稿: カルディナ | 2008年3月28日 (金) 21:34

アフーさん こんばんは~
ダヤンさんが来てくれて素敵な山を教えてくださいました!
アフーさんのお陰だねhappy01

チャルメラソウ 見た?
太くてしっかりしてどっしりしてるでしょ!
日影沢のコチャルメラソウがすごくひ弱に見えてしまいます。
どこかで見たら比べてみてねhappy01

米山さん カルディナも登ってみたいとズ~と思っています。
険しそう・・・と思っていたら柏崎の人は簡単に行けるよ とみんな言うのです。
ほんとかな(笑)

投稿: カルディナ | 2008年3月28日 (金) 21:49

お花がいっぱい・・・!
新潟は雪が消えて一斉に春なのですね~。
秘密の場所は秘密のままに。
いつまでもそのままでいて
欲しいものです。

それにしても新潟はちと遠い!
しばらくは画面でのお楽しみにします~。
でもカタクリはこちらでも狙えそうですね!

投稿: asa0110 | 2008年3月30日 (日) 21:22

asaさ~ん こんばんは~
そうなのです!
雪国は春が一斉に来る(?)のです。
子供の頃しか知りませんので大きな顔は出来ませんが・・・bleah
雪が解けて長靴から解放されて、下駄で土の上を歩く感触が故郷のいちばんのおもいでなので~すhappy01

郷愁に駆られて冬に帰っても雪がないのが寂しいのです。
日本の自然はどうなっちゃうのでしょう・・

カタクリはasaさんの歩かれた日向山で見ることになるかと思っていたら思わぬところでお目にかかりました。
何が起こるか先のことはわかりませぬねえhappy01

投稿: カルディナ | 2008年3月31日 (月) 00:26

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/168280/40659957

この記事へのトラックバック一覧です: 再び新潟の里山へ 08・3・26:

« 雪割草の角田山(桜尾根) (新潟)             2008・3・19 | トップページ | 小下沢と日影沢散策(裏高尾)              2008・3・29 »