« 2008年3月 | トップページ | 2008年5月 »

2008年4月

2008年4月24日 (木)

春にはもう少し  御坂黒岳~釈迦ヶ岳                  08・4・22

ブログのお仲間のasaさんに大きな富士山を見てもらいたい。
以前 晩秋に歩いていて好印象だったので新緑時に歩きたいカルディナ。

新緑の頃は富士山の見える確立が低くなるだろうと新緑には早いのを承知でこの山を選びました。
Dscf48062jpg

asaさん  カル2  カルディナ 三人三様のレポを味わってみてください。

相模湖駅でasaさんと合流  御坂一ノ宮ICから登山口 上芦川のすずらんの森に向います。

すずらんの森に入ると林道にかわいらしい電灯が備え付けてあります。
Dscf48342jpg

駐車場にはもうすでに何台か駐車しています。
この時期の平日なのに人気の山ですね。
何組かの登山者に出会いました。

私達は少しでも楽なほうがいいと登山口に近い空きスペースに車を止めました。これが後で ”過酷”な原因となりましたが・・・(^^ゞ

5分ほど林道を歩くとすずらん群生地からの道が上がってきて すずらん峠へと続いています。
晩秋に歩いたときはすずらん群生地から上がってきました。
そうそう と思い出しましたよ。
Dscf47972jpg

すずらん峠に向って出発するasaさん
はいているパンツはあの福袋に入っていたものだそうです。
サイズもぴったり よくお似合いです。
いい物が入っていますね!
Dscf47982jpgasa

エンジンのかかりが遅いカルディナです。
P42200022jpg

気持ちいい道がゆるやかに続きます。
Dscf47992jpg

谷間の水場は雪が残っていて足場が不安定でしたが何とか通過。
P42200062jpgasa

すぐにすずらん峠です。
P42200082jpgasa

すずらん峠到着。よかった~ 富士山には雲がない!
P42200172jpg

黒岳とは違う富士山を見てもらいたくてちょっと寄り道です。
asaさん 黒岳と反対方向目指すのでちょっと怪訝そう。

富士山眺めつつ進みます。
P42200102jpgasa

破風山山頂です。asaさんとツーショット。
P42200142jpg

しばし メールタイム 撮影タイムの後 再びすずらん峠へ戻ります。
富士山に雲がかかる前に黒岳山頂からの富士山も見てもらいたいと
asaさんに先へ行くように勧めるけれどすずらん峠でさりげなく待っていてくれました。
優しいね asaさん。
ブログの印象どおりでした。
P42200162jpgasa

ここから山頂までステキなブナ林です。
かなりな急登だけれどブナたちが励ましてくれます。
Dscf48052jpg

フーフーしながら楽しく頑張るカルディナ
P42200232jpg

山頂は殺風景なのですぐ200m奥の展望台へと向います。
Dscf48062jpg_2

南アルプスが良く見えてます。
P42200282jpg

1

一息入れておやつを頂いてから 山頂に戻り 三角点タッチ 弱足ママさんのポレポレ隊にならいました!
Dvc000222

Dscf48102jpg

検討の結果 どんべい峠に降りて釈迦ヶ岳に向うことに決定。
山頂からすぐ下に分岐があります。
ここからはカルさんずも初体験です。どんなルートでしょうか。
P42200351jpg

Dscf48122jpgasa

期待しながらどんどん下ります。
雪がほんの少し残っていて 初め歩きにくかったけれど すぐ快適な道になりました。
Dscf48142jpg

気持ちいい林です。
Dscf48152jpg

Dscf48172jpg

芽吹きくらいは始まってるだろうと思っていましたが甘かったです。
花がまったくなく asaさん ごめんなさい・・・です。

カルディナはこんな林が大好きで 一人で堪能してしまいましたが・・

相変わらず癒しの森が続きます。
花がまったくないのに飽きもせず 楽しめるのはブナやミズナラなど雑木林の魅力のせいでしょうか。
P42200423jpgasa

P42200433jpg

カタクリが咲きそう。
P42200453jpg

あった!やっぱり♪

開いている花をカル2が見つけました。
P42200483jpg

少し手前にはイワウチワの葉っぱもありましたがまだ小さく つぼみもついていませんでした。

Dscf48212jpg_2

どんべい峠に降り立ちましたが ゲートがあり 車道でもあり 味気ないのでもう少し登ってランチにしようと先へ進みます。
Dscf48232jpg_2


落ち葉を座布団にしてランチタイムです。
カルさんずのランチはasaさんだけが知っている(貧しくて公表できず)
でも アフーさ~ん 会長がいっしょなので忘れませんでしたよ~!
1_3

落ち葉の中にハルリンドウ発見。
まだ 咲いていないので残念です。

いつにもましておいしいランチをいただいて釈迦ヶ岳山頂目指します。
P42200631jpg

府駒山山頂  木の間越に三角の釈迦ヶ岳が見えてます。
P42200671

釈迦ヶ岳はまだ遠い。
Dscf48242jpg

やっと最後の岩場に到達。

P42200731jpg

太いロープがついているけれど使わずにクリアできる程度の岩場です。

やった~!山頂到着! お地蔵さんお久しぶりです。
左が黒岳です。
Dscf48262jpg

Dscf48272jpg_3 

Dscf48281jpgjpg2

前回は檜峯神社から登り トビス峠から下る周回で歩きました。
このコースはザレがひどく 登りにくい急登だった記憶があります。
どんべい峠からのルートが気になっていたので これですっきり(^_^)v

下りは西側から降りるルートを使いましたが下り初めはやはりロープ付の岩場です。
岩場を過ぎ 歩きやすくなると 檜峯神社からのルートの分岐があり すぐに上芦川への分岐があります。山頂から20分ほどです。

P42200911jpg

この上芦川まで15分というのが曲者で 15分間は楽しいのです。
やっとちらほら小さなお花も咲き始めていました。
P42200961jpg


地図を見て承知・覚悟していたのに林道に降りてからが長く々参りました!
Dscf48312jpg

どちらがダンコウバイ? アブラチャン?
2

P42200504jpg_2

主林道に出てからも緩々登る舗装された車道が 酷・酷・酷でした。

こんなに降りてきちゃったのねえ。
P42201131jpg

林道歩きの分だけ 思わぬロングコースとなってしまいました。
カルさんずとしたら珍しいことではないのですがasaさんにはちょっと過酷でしたね。ほんとにお疲れ様でした。

花が何もなくて残念でしたが御坂の森は楽しめていただけたでしょうか。
ぜひ 新緑・紅葉のときに再訪していただきたいものです。

| | コメント (12) | トラックバック (0)

2008年4月17日 (木)

豆サクラの鷹巣山(箱根) 08・4・16

奥多摩にイワウチワを見に行く予定で仕度をしておいたのにカル2が起きてこない!

貴重な晴れの日 結局 箱根にドライブということになりました。
我家から近すぎていつでも行けるとあと回しになっている鷹巣山・浅間山

ちょうどよい機会なので駐車場所の確認に行くことにしました。

箱根小涌園と芦の湯の間にある 湯坂道入り口バス停の小涌園寄りに登山口があります。
バス通りから入り すぐ車止めがあります。
以前は、飛竜の滝方面の右奥に一段高くなっているところに車を止められたと記憶していたので、新しく駐車場が出来たかなと期待したけれど残念でした。

やはり 土が軟らかすぎて普通乗用車では上れないようです。
その入口を塞ぐように1台止まっていて奥に入れないので、車止めぎりぎりに車を止めて10分ほどの鷹巣山だけ歩いてきました。
車は2台しか止められませんね。

Dscf47852

ハイキングコースは広い防火帯を歩くように出来ています。

Dscf47522

あいにく天気は下り坂 空はどんより 湿った風が吹いています。

このブログはクリックしていただくと更に拡大されます。

足元にはボケがいっぱい咲いています。
Dscf47492

P41600152

スミレもいっぱい!
2

1

P41600492

黄色の花も元気が出ますね。
P41600192

1_2

豆サクラが満開です。広い防火帯をのんびり ゆったり歩きます。
P41600302


カワイイ花です。

P41600032 

P41600252

新芽も出てきました。
P41600282

箱根はいま アセボが満開であちらこちらで重そうに垂れていました。
P41600262

Dscf47563

Dscf47742

Dscf47762

この山はあじさいで知られています。
瑞々しい若芽も出てます。
両側のあじさいの中を歩くらしいです。
Dscf47722

P41600432

今年は椿の当たり年でしょうか。あちらこちらの椿の花つきがいいように思います。
3

あじさいに気をとられている内に山頂に着きました。
道標がないけれどこれが山頂??
Dscf47732

Dscf47662

駒ヶ岳 双子山が見えます。

P41600332

気持ちがいいので先へ進んで浅間山まで行きたいと思ったけれどこれから急降下があるらしい。
街穿きのスニーカーでは足が痛くなるかな・・・
雨が降りそうなのに雨具も用意してない・・・

気持ち良さそうな道が呼んでるけれど・・・引き返しです。
P41600342

いつか 浅間山~千条の滝と歩いてみましょう。

帰り道もいい気持ちでした。
Dscf47782

箱根は湯本から宮の下付近が新緑が始まって緑がきれいでした。
崖には山吹が満開で黄色が鮮やかです。

明星ヶ岳の山肌は点々と薄いピンクの山サクラが咲いているのが判ります。

小涌谷付近のサクラが満開です。
Dscf47872

芦ノ湖から強羅を周りましたが強羅はまだ冬模様です。
カルディナは箱根の中では強羅周辺の林が大好きです。
新緑が待ち遠しいです。

| | コメント (10) | トラックバック (0)

2008年4月11日 (金)

桜三昧の京都 修学院離宮・平安神宮               2008・4・7~8            

徳島での研修のあと 京都に移動。
京都駅からバスに揺られ 雨の京都の街を眺めながら 宿泊先 ホテル平安の森に到着。

このブログの画像はクリックしていただくと更に拡大されます。

平安神宮にて(翌日)
Dscf47201 

夕食がないのでどこかで夕食をとりながら高台寺の桜のライトアップを見に行くことに・・・

雨は相変わらず降っています。
詳しい先輩の案内でねねの道を通り 路地道を行きます。
Dscf46041
高価そうなお料理屋さんがあったり 旅館があったり 喫茶があったり・・
雨の夜なのでよけいにしっとりと風情があります。

Dscf46051

適当な食事処を探せど見つからず もう閉店時間らしい。
しかたなく4~5人のグループに分かれることになり 私達は京風ラーメンのお店に入りました。
京都に来てラーメン??と思いましたがこれがいけました♪
薄味ながらダシがしっかり効いて うちのスープは胃にもたれないよ というオーナーの言葉通り 全部飲み干してしまいました。
Dscf46011_2

Dscf46142_2

奥様・オーナーとも 気さくな人柄で高台寺まで案内してくださり 見学の後は店に寄りなさい。安くて安心なタクシー呼んであげるよ・・・と
タクシーが来るまで閉店したお店の中で待たせてくださいました。

それにしてもすごいタクシーの数です。どんどこお店の前を通過してゆきます。絶対 手を上げたらダメだよ・・・と

高台寺のしだれ桜のライトアップは少しづつライトの当たる場所が違って来ます。
シャッターチャンスが難しい~
急に真っ暗になってあれ~!とあわてているとそばの人が大丈夫!すぐ着くよ。と教えてくださいました。
Dvc000171_2
携帯撮影

明るいときに見たかった・・・

五重の塔のライトアップもチャンスを逃してしまいがっくりです。

翌朝は朝食後 ホテルに荷物を預けて早めに出発。
まず 歩いて永観堂から南禅寺へ
朝早いので静かでいいですねえ。

永観堂にて
Dscf46151

Dscf46231

Dscf46261

Dscf46271

南禅寺・・・雨の後の苔がしっとりときれいでした。
Dscf46341

Dscf46351

Dscf46381

予約していた修学院離宮へバスで移動。
500円で1日乗り放題の市営バスチケットは便利で大活躍しました。

修学院離宮は人数制限があり 前もって葉書にて予約しないといけないそうです。
希望者もなかなか予約がとれないようです。
詳細はこちらにて

1時間20分の時間で園内を説明を聞きながらぞろぞろ歩きます。
Dscf46481

修学院離宮とは後水尾上皇の山荘だったそうで現在は皇室用の財産として宮内庁が管理してるのだそうです。

上離宮 中離宮 下離宮の三つに分かれていてそれぞれに入るのに案内人が鍵を開け 最後尾に控えている皇宮警察官が鍵を閉めていました。
Dscf46551

上皇は毎日京都御所から日帰りで通っていたそうでその隊列が山の上から良く見えたのだそうです。
大きな池で舟遊びなど楽しんでいたとか・・・

山の上なのでやっと芽吹きが始まったというところでしょうか。
Dscf46561

左奥が比叡山です。
聞いてちょっと驚きましたが 京都に来ているのだなあ と改めて実感しました。
Dscf46541

Dscf46651

比叡山からの水だそうです。
Dscf46761

舟遊びをした池ですが下からは池があるようには見えない作りになっているとか
Dscf46701

菊の御紋があちらこちらに使われています。(橋のてすりです)
Dscf46891

Dscf46931

Dscf46941

説明を聞きながら1時間以上も歩くなんて耐えられるかしら と思いましたが山の中なので意外とあっという間でしたね。
新緑や紅葉はとてもきれいらしい。

夕方の新幹線で帰らなければいけないので精力的に動きます。

バスで銀閣寺へ
哲学の道が満開の桜で桜吹雪の中を歩きました。
Dscf47051_2

Dscf47071

Dscf47111_2

Dscf47121

Dscf47161

え~っ!工事中!
Dscf47171

それでは・・・と庭だけざっと見て時間的にあきらめていた平安神宮に直行!
素晴らしい桜・さくら・サクラでした。

入り口のサクラ
Dscf47181

Dscf47201

Dscf47461

拝観料600円は安かった!
Dscf47261

Dscf47271

Dscf47351

Dscf47381_2

Dscf47391

Dscf47411

Dscf47421

あれは置物?本物?・・・にぎやかでしたが・・ちょっとだけ動きました!
Dscf47451

Dscf47431

平安神宮 円山公園のサクラはきれいですよ。と勧めれていた通り素晴らしかったです。
ン十年ぶりの京都でした。

もう少し年を重ねたらゆっくり 時間を掛けて歩きたいと考えていたのであえて京都旅行は避けてきたけれど とてもいい機会だったと思います。

いろんなお寺の位置関係やバスでの移動など下見が出来た思いです。



| | コメント (4) | トラックバック (0)

2008年4月10日 (木)

エキシブ鳴門と明石海峡公園                2008・4・6~7

研修で遠路はるばる神奈川県から徳島へ行ってきました。

徳島は始めての地 渦潮が見えるというので楽しみにしていましたが渦になりきれていませんでした。残念!

所々山桜がきれいです。とても寒い日が続いたそうです。

研修・宿泊は会員制リゾートホテル XIV鳴門(エキシブ)

とても個人では行けません(T_T)

海岸線道路に門があり 満開の桜並木の中を登ってゆくと山の頂にステキな建物がありました。
Dscf45521

海がきれいに見えました。
Dscf44511

山全体が敷地らしく 広いゴルフ場がありました。
ゴルフ好きさんはこんなステキなところでゴルフしたいでしょうね。
1

珍しいことに宿泊場所 スパ 食事・会議場はそれぞれ建物が違うのです。
移動はシャトルバスで動きます。
ちょっと不便ですね。

スパから見た宿泊棟です。
Dscf45541

Dscf45551

翌日は京都に移動ですが途中で国営明石海峡公園淡路地区に寄りました。
あいにくの雨で残念でしたがものすごく広~くて お花がきれいでした。


まずは隣接している淡路夢舞台温室の花たちに御挨拶。

入り口は蘭の花たちが今が盛りと競っていましたが人も集まっていてなかなか写真が写せませんでした。
Dscf45641

Dscf45671

Dscf45681

Dscf45711

Dscf45721

この温室のデザイナーさんのセンスはとてもいいねと評判でした。

Dscf45731

Dscf45741

Dscf45751

Dscf45781

Dscf45801

Dscf45811

1_2

2

2_2

1_3

2_3

2_4

外に出て お隣の明石海峡公園淡路地区も歩いてみることにしましたが相変わらず雨が降り続いています。残念です。
たくさんのチューリップも雨に打たれています。
Dscf45891

Dscf45911

Dvc000111

関西の方にはお薦めのビューポイントと思いました。
とてもとても広くて1日でも歩き回れないかもしれませんね。

海辺でもあり 気持ちよいところでした。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2008年3月 | トップページ | 2008年5月 »