« 八ヶ岳のツクモグサ(横岳周辺) その1                 2008・6・17 | トップページ | 甘利山から千頭星山     08・7・9 »

2008年6月20日 (金)

八ヶ岳のツクモグサ(横岳周辺) その2               2008・6・17

南沢から地蔵尾根を登ってツクモグサに逢いに来ました。
P61700862_2

お花が開くくらいの晴れでいいよ。 と思っていましたが素晴らしい天気です!

きついきつい地蔵尾根の登りも展望の素晴らしさに励まされつつ頑張れました。
ずいぶん手入れがされて歩きやすくなったと感じました。
ありがたいことです。
Dscf53471

地蔵の頭で一休み 横岳に向かいますが もう少し 休憩時間を多くとるべきだったと反省しています。
Dscf53521

岩場の登りが続き クサリも現われます。
体が重くなって すぐ後ろの人が気になって仕方ありません。
お先にどうぞ と言っても自分もばてているのでいいですとおっしゃるのです。

すぐ後に男の人がいるということに慣れていないので 待たしてはいけないと気持ちがあせって落ち着きません。

高度順化もできていないようで気分も悪くなりそうです。

これはまずいとカル2に休みたいと申告して誰もいなくなってからのんびり歩き出します。

キバナシャクナゲがきれいです。
いつも見る花より若々しく感じますねえ。
咲き始めだからですね(笑)
1_2

長いクサリ場を過ぎて岩場を回りこむように登るとにぎやかな声が聞こえて道標が目に入りました。
休憩ポイントなのね と思ったら 先ほどまで すぐ後にいらした男性がにこにこして”咲いていますよ”と声を掛けてくださいました。
Dscf53621

かわいい~~~♪思わず声が出ました。

皆さん 交代で写真撮影です。
P61700851

P61700891

Dscf53581

赤岳とオヤマノエンドウ
1_4

カル2はこれで満足したなら引き返すか? とのんびり構えています。
すっかり 元気になったカルディナは先へ行きたいと反論。
検討の末 先へ進むことにしました。

岩場が本格的になってきましたが岩が良く乾いていて安定していたので楽しく岩場歩きができました。

2年前の7月半ばは花盛りだったけれど 強風と濃いガスの中でカメラが出せず 二つの目でしっかりと楽しんだものです。

一面のお花畑だったところはまだ静かです。
あと 一ヶ月ですね。 それでも カワイイ花たちがいろいろ咲き始めていました。
P61700691

P61700741

P61700971

P61700931

石尊峰でランチタイムです。
風もなく あたたかく 静かで素晴らしい展望がおかずになりました。
P61700941

ここで再検討 時間を計算すると18時前に美濃戸に戻るにはぎりぎりの時間です。
カル2はもっと早くに戻るべきだったと言います。
ここからだと硫黄から赤岳鉱泉に下ると40分余分にかかります。

過信と自信・・・

カルディナはこの地点から美濃戸までのルートは何度か歩いているので自分の脚力と時間の計算はずれが少ないと考えました。

まずは横岳山頂に向け出発!
カルディナはカメラをしまい 目で景色を楽しみ 歩くことに専念することにしました。

すこしの間 クサリの岩場が続くけれど岩が安定しているし 手がかり 足がかりは充分あるので不安はありません。
マイペースで行動できるので楽しかったです。
P61701021

Dscf53691

1_5

P61701071_2

クサリ場が終わり 穏やかな登山道になりました。
P61701111

結局 ツクモグサは先ほどのような群生は他では見られませんでした。

1_6

Dscf53721

硫黄岳山荘に向けてがらがら下ります。
1ヵ月後にはコマクサが咲き乱れます。
P61701181

硫黄岳山荘のトイレがきれいに作られていて気持ちよかったです。

さあ!最後の登りで~す!
P61701221

P61701241

2年前は強風と冷たいガスの中 きつかった登りも今回は快調です。
天気がいいとこれだけ違うのね。

硫黄岳山頂一角からの天狗岳 蓼科山です。
Dscf53741

さようなら また いつの日か花盛りにリベンジしに来ますよ~
Dscf53731

目標 18時に美濃戸の車に到着!

赤岳鉱泉までの樹林帯に雪がすこし残っていたけれど中心を歩くか 雪のない登山道の端を歩いて 大きな問題無しでした。

ジョウゴ沢が過ぎればすぐ赤岳鉱泉だ と記憶があるので さっさと渡ると後ろから写真を撮りながら来るカル2に呼び戻されました。

振り返るとなんと!カモシカさんがすぐそばにいました!!
悠然とお食事中でした。

うれしいご褒美♪
1_7

予定通り赤岳鉱泉に到着!

ここからは穏やかな道と林道歩きです。
雪はまったく無く 夏道どおりの歩きやすい道です。
立派な橋が掛けられているので沢の渡り返しも安心です。

北沢は明るいのでいろんな花が咲き始めて楽しい道です。

最後の30分の林道歩きは嫌だけれど 万が一のとき暗くなっても安心な林道はありがたい存在でもあります。
Dscf53791

17時30分 元気に愛車に戻りました。

やっぱり 八ヶ岳は飽きることが無く 楽しい♪
また いつの日か 訪れましょう!

|

« 八ヶ岳のツクモグサ(横岳周辺) その1                 2008・6・17 | トップページ | 甘利山から千頭星山     08・7・9 »

コメント

やったっ!やった~!イチコメだっ!
カルディナさん、カル2さん! 無事に逢えて
本当に良かったです! なんて不思議で可愛い
お花なんでしょうっ! でも! さくっとこんなに
怖い道を歩けてしまうカルサンズのスキルに
改めて脱帽です! 私と親分ではあの鎖は
無理かもです。

もしかしたら熊さんかと思っていたのですが!
こんなに可愛い出会いだったのですね!(^。^;)ホッ。

たくさんのお花の写真もですがカルディナさんや
カル2さんと八ヶ岳のショットもとっても素敵です!
ランチパック!を発見!ブルーベリーマーガリンが
あるのですね!まだ未発見です!ブルーベリーホイップはあるのですが!!!

でも本当にカルディナさんが仰るように八ヶ岳は
登ってよし、眺めてよしの素敵な山ですね!
ヤマネミュージアムに行きたいと交渉しているのですが、親分が渋っています。 

カルディナさん、カル2さん!本当に素敵な
レポ有難う御座います! 素敵な週末をお過ごしください♪

投稿: アフー | 2008年6月20日 (金) 22:07

アフーさーん いち※ありがとう!!

八ヶ岳のクサリ場は写真ほど怖くないですよ~。
アフーさん 歩いているんだよね。
確か日帰りではなかったっけ?

アフーさんたちはすごい!と思いましたよ。

やっぱり 八ヶ岳は泊りがいいな。
頂上小屋のテラスでコーヒー飲みながら暮れてゆく岩の塊を見るのが好き。

ツクモグサってほんとに可愛かった!
想像していたよりもね。
逢えてよかったです!
念ずるといつかかなうんだよね!

ランチパツクはやっぱり深入りピーナツだよね。
これはかなわなかったよ~

実はね この間他のHP見ていたらヤマネクン連れて山歩きしている人がいたの!
うちのヤマネクンと同じもの。
びっくり~ふふ
小さすぎてさすが連れては行けませんです。無くしてしまいそうで・・・

いつかどこかの山で本物に出会えるかも。
古い山小屋のそばでテント張ることがあったら夜中にそっと小屋に入ってみたら出会えるかもよ~

投稿: カルディナ | 2008年6月20日 (金) 23:04

やったっ!やった~!ニコメだっ! (真似っこ)

カルディナさん、おはようございまーす!
続けて見せていただきました!
ツクモちゃん、やっぱり可愛いですね!
私もずっと恋焦がれています。
昨年、硫黄に行ったとき、 オーレン小屋で会った方が
これからツクモを見に行くと言ってました。
いいなあとうらやましく思ったものですが
岩場を抜けるコースは無理、と
即諦めたものです。
来年は会えるといいなぁ。
でもやっぱり心無い人のせいで
年々減っているようですね。
アツモリソウも会いたいお花なんですが
ほんと難しいみたいです。

さて・・・やっぱり八ツは怖い。
写真を見てビビッてます。
私はこういう場所はほんと苦手です。
ザラ・・・と滑りやすい場所・・・・
下半身がジンジンしてます。

隊長は赤岳にどうしても行きたいらしく
あとは私の決断のみ。
ふぅ・・・
私も後ろに人がいるのは大嫌いです。
だからどんどん抜かしてもらいます。
でもやっぱり最盛期はそんなことしてたら
前に進めませんものね。
パパさんは 人のことなんか気にしないで
自分のペースを守りぬけ、っていいますが
私にはそれができません。

なんとか平日に行けるといいけど
そんな甘くはないだろうな。(-_-;)

カルディナさん、カル2さん、
可愛いお花に会わせてくれてありがとうございました!

投稿: 弱足ママ | 2008年6月21日 (土) 06:20

やったっ!やった~!三コメだっ! (さらに、真似っこ)

産毛? フサフサの不思議で可愛らしいお花ですね。 また一つ花の名前を覚えました!

八ヶ岳の登山道は変化に富んでいて、展望も最高! 日帰りでも、小屋泊まりでも、テント泊でも楽しめちゃう懐の深さが良いです!!(1回しか行ったことがない自分が言うのもなんですが…汗)

カルさんず夫婦は理想の夫婦だな~ってレポを読んで感じました。
カルディナさんを心配するカル2さん、そして自分のことを良く分かっており、カメラを仕舞ってカル2さんについていくカルディナさん、そんなお二人だからいつまでも仲良くいられるのだなぁ~っとね!!
カメラ目線のカモシカさん、ステキな出会いでした!!

ボクも今度、横岳・硫黄岳行ってみてもいいですか~~?

投稿: HANZO | 2008年6月21日 (土) 10:39

おはようございま~す!
あれ?
もうこんな時間だぁ


この日は天気最高でしたよね~
平標山から、きっとカルさんずも
最高の眺め見てるだろうなぁ
って思ってました!

ツクモグサ、まだ見たことないです~
ここと白馬岳ですね!
/(・。・) 了解!

八ヶ岳はこれからまだまだ花が満開に
なりますよね?
梅雨の晴れ間、、、
こないかなぁ?
行っちゃうんだけどな!

引き返そうとするカル2さん、
先を進むと、カルディナさん。
結果は?
力関係、、、、
どこも同じなようで

やっぱりいいなぁ!
八ヶ岳!
すぐにでも行きたくなりました♪

投稿: ひろ | 2008年6月21日 (土) 12:36

ママさーん こんばんは~
朝早く 来ていただいたのに出かける用事でお返事がこの時間になってしまいましたm(__)m
どうしてこう 用事って集中するんでしょうね。

ツクモちゃんはほんと!可愛かったですよ!
間に合ってよかったです。
来年 ぜひ どうぞ逢いに行ってください。
それには 今年中に雪のまったく無いときに 一度歩かれておくと安心ですよ~。

投稿: カルディナ | 2008年6月21日 (土) 23:17

再び ママさ~ん 
八ヶ岳 後押しコメントです!

そろそろ歩かれる時期が来た と感じませんか?

ママさんの気持ち よくわかります。
カルさんずも石橋をたたいてなお考えながらすこしづつ 時間を掛けてステップアップしてきたから。

お陰でどんな山に初めて行ってもすこしのゆとりを持ちながらクリアできたのでママさんの考え方に大賛成です。


文三郎と 地蔵尾根は怖いなあとぞくぞくしながらも一歩一歩進めばクリアできるでしょう。

赤岳の岩場も小またの4厘駆動を守れば確実で安心感があります。
高度感は慣れるしかないですね。

問題は下り
怖いと思うほどお尻から降りたくなるけれどそれはダメ。
怖いときは登りと同じ姿勢で降りること。
4本の手足でしっかり確保してほんの少し 体を岩から離せばおろすべき足場が見えます。

ザレ場はストックで確保しながら下れば大丈夫でしょう。

文三郎尾根の分岐を過ぎれば中岳~中岳道は今までママさんが経験してきた道と同じです。
お花の時期はお花もいっぱいあります。
文三郎を下るよりすこし時間が余分にかかるけれど足に優しく 安全確率が高いです。

阿弥陀岳の下を通るので隊長は登りたがるだろうけれど上部がかなり急斜面のガレ・ザレ場だった記憶があります。
しばらく 登っていないので確認してね。

自信がついたら文三郎 地蔵尾根の下りや縦走を考えたらいいと思います。

踏ん切りがつかないならまずは一番の安全ルートでためしてみてはいかがですか。


いずれにしても天候が安定していて時間を掛ければどのコースでも怖いよ 怖いよと言いながらクリアできますよ(笑)

急ぐことと初めから長い距離を選ぶのが一番良くないと思います。


投稿: カルディナ | 2008年6月21日 (土) 23:18

HANZOさーん こんばんは~
お返事が遅くなってすみません。

一度でも八ヶ岳のどこかの山頂をゲットできれば虜になりますよね

カルさんずをほめられたら照れるではないですか~
カルディナの思い通りにしてくれようとしているのは感謝・感謝ですよ~

ぜひぜひ 硫黄岳・横岳 出かけてじかにこの展望を見てください。

この間も 赤岳鉱泉にテントを張り 赤岳まで縦走していた可愛いカップルさんに会いました。

HANZOさんなら体力あるからこのコースも可能だけれど奥様はまだ 無理しない方がいいかもね。
不可能と言うことではなく 緊張しすぎると足のトラブルを引き起こすのです。
岩場に慣れていないと筋肉が緊張して靭帯を伸ばしたり 切ったりするんです。

赤岳鉱泉から硫黄 横岳ピストン いいアイデアだね。

カルさんずがランチした石尊峰まで足を伸ばしていいし 横岳山頂まででも岩場 クサリ場の練習にもなるし いいコースです
奥様も無理なく楽しめると思いますよ~
7月半ばは稜線はお花畑 硫黄岳はコマクサの群落ですよ~

あまり知られていないビューポイントをプレゼントしちゃいましょうか

テントに戻って時間的に余裕があったら 行者小屋方面に向って下さい。途中に中山展望台への指導標がありますので5分くらい登ると絶景が見られますよ。

投稿: カルディナ | 2008年6月21日 (土) 23:56

ひろさーん こんばんは~
遅くなりましたm(__)m

ツクモグサ 可愛いでしょ♪
ぜひ 来年 お出かけくださいね~。

7月にはいると他の花盛りが来ますよ。
毎年 時期がすこし違うので情報集めてくださいね。

平標山 いいなあ。
歩いてみたいなあ。

広々空間がたまらないよね!
お花畑も!

白馬岳のツクモグサ いつごろ咲くのか確認してくださいね。
標高が高いから八ヶ岳より花の時期が遅いとは思います。

八ヶ岳 ほんとにいいよね!
ひろさんなんかあちらこちら 楽々クリアしちゃうんじゃない(笑)

投稿: カルディナ | 2008年6月22日 (日) 00:15

こんばんはー!やった九コメですー!(謎)
ってすっかり出遅れました・・・。(・_・;)
ツクモグサは見たこと無いですが
可愛い花ですね~。ウチのコにツクモって
名を付ければ良かった(?)
それにしても日がえりではハードです!
それでもご自身の力量を把握されてるから
安心なのですね。
地蔵尾根は大昔登ったキリですが
だいぶ整備されてきたのでしょうか。
危なっかしかった記憶しかないですが
これならまた登れそうです!

カモシカくんは近いと迫力有りますね!
今年八ヶ岳はリストに無かったですが
また行ってみたくなりました!

投稿: asa0110 | 2008年6月22日 (日) 00:45

asaさん オハヨウございます。
こちらは雨がよく降っています。
これだけ降るとあきらめもつきますよね。

地蔵尾根 たぶん 歩かれたらこんなだったっけと思うでしょう。
登りはもちろんですが 下りやすくなってると思います。
ザリザリ ズルズルが少なくなったような・・

赤岳周辺もクサリが増えた気がします。
みんなの八ヶ岳ってイメージですね。
歩きやすくなりましたよ。
ぜひ 再訪を!

投稿: カルディナ | 2008年6月22日 (日) 11:57

カルディナさん、こんばんは~!
12※あたりでしょうか?わからん
素敵なレポをありがとうございま~す
この時期まだ残雪があるんで、私にはとてもムリですが、
レポを拝見してると、私もご一緒にお出かけした気分になりました!

ツクモクサ、生まれたばかりの小鳥のような、不思議なお花ですね!
いつか私も見に行けるようにがんばります!

投稿: ぽてと。 | 2008年6月22日 (日) 20:06

ぽてと。さん こんばんは~
一足お先に逢ってきました!

そうです!雛のようでしたね!

カルディナも残雪が気になっていたのですが
今年は天気にも恵まれてすべて
ぎりぎりセーフでオーケーでした。

ぽてと。さんならすぐ逢いに行けるようになりますよ

行きたい と思ったところには必ず行けるときが来ます。
山の七不思議(?)かなあ・・・なんてね

投稿: カルディナ | 2008年6月22日 (日) 21:02

カルディナさ~ん、こんにちわっ♪

八ヶ岳行ったんですねぇ~
いいな!いいなぁ~
ツクモグサみたいですねぇ

八ヶ岳はお天気に恵まれずリベンジしたいんです!
どうも、あっこは雨女のようでして(^^;

この日はお天気であっこも平標でめっちゃ日焼けですぅ~

カル2さんが引き返そうと言っても
行っちゃうカルディナさんスゴイ!!
最近、軟弱なあっこは引き返してしまいそう(笑)

ん~、こんなの見せられたら行きたい~♪


投稿: あっこ | 2008年6月23日 (月) 12:31

あっこさーん こんばんは~
お天気に恵まれなかったら ぜひ!リベンジしなくては!

お天気がいいと疲れ方が違うよ~
二度目は少し楽だと思いますよ~

あっこさんとひろさんて晴れ女 晴れ男だと思っていたけれど?

平標ってお花がいっぱいなんでしょ!
お花の時期に歩いてみたいです!!
いつか歩けるときが来るって信じてるのでそのときを待ってま~す

カルディナがすごいのではないので~す。
すべて把握しているカル2が手綱をゆるめてくれたからで~す。
みなさんのフーフーのおかげであまりに素晴らしい天気だったのだもの(^_-)-☆

あっこさんたちがリベンジするときもこんな天気だといいね!
いまからフーフーしておくね それ!

投稿: カルディナ | 2008年6月23日 (月) 21:03

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 八ヶ岳のツクモグサ(横岳周辺) その2               2008・6・17:

« 八ヶ岳のツクモグサ(横岳周辺) その1                 2008・6・17 | トップページ | 甘利山から千頭星山     08・7・9 »