« 富士見高原から 編笠山~西岳(八ヶ岳)                前編           2008・9・24                | トップページ | 磐梯山(紅葉の山めぐり 1日目)  前編               2008・10・13                     »

2008年9月26日 (金)

富士見高原から 編笠山~西岳(八ヶ岳)               後編       2008・9・24

富士見高原ゴルフ場からスキップしたくなるような気持ちのいい登山道やアキレス腱のびのびになるような急登 四輪駆動で登る大岩ごろんごろんの急登 などをこなし ようやく見えた山頂までが遠く 半ば開き直りの心境で12時38分 編笠山山頂到着しました。

気持ちのいい 森や登山道を楽しみつつ カメラを向けながらのんびりと歩いて4時間20分かかりました。
Dscf62271jpg

到着が遅いので雲が涌き始めていましたが充分な展望を見せてくれました。

富士山が隠れそうです。
Dscf62221jpg

甲斐駒がはっきり見えています。
Dscf62231jpg

うっすらと御嶽も見えてるではありませんか!
Dscf62241jpg

西岳の向こうには北アルプスの山並みがずら~り。
大キレット 槍ヶ岳もはっきりわかりました。
大好きな鹿島槍も判別でき 双眼鏡で確認するとはっきりしていました。
Dscf62261jpg

久しぶりの山頂ですが展望の素晴らしさに 何時間でもここで座っていたいようです。
しばらくすると他の皆さんはいつのまにか下山したようです。
一組だけ カルさんずと同じように長いこと山頂でのんびりしていた人たちがいました。
小屋泊まりかな?のんびりできていいなあ・・・うらやましく思っていたら観音平方面に下っていきました。

カルさんずもこれからがメイン 降りなくちゃ・・・
13時46分 下山開始。

さすがに青年小屋のかき氷は食べられませんでしたね。
またいつの日か・・・

青年小屋から5分ほどで乙女の水 の水場です。
水量たっぷりでした。
Dscf62301jpg

楽しみにしていた西岳への道 どんなかなあ。
Dscf62321jpg

Dscf62331jpg

マイナーな道かと思いきや 展望はまったく無い樹林帯ですがよく踏まれて歩きやすい道でした。
ゆるゆるどんどん下って行きます。
逆コースにしなくて良かったかな(^_-)-☆

やがて木の間越しに編笠山が見えるようになり 道も平坦になり 馬の背部分を歩いてるんだなあと実感。
Dscf62371jpg_2

ここは火事場跡のようで開けていて気持ちいいところでした。
西岳までのちょうど真ん中くらいでしょうか。
Dscf62381jpg

ギボシがりっぱです。
Dscf62391jpg

馬の背らしく道は平坦だけれど更に細くなり 苔むした感じもいいし 新緑の頃はきっといいだろうなあ と思わせましたが雨の後はびしょぬれになるかもです。
道が細いので覆いかぶさっている木の枝を払いながら歩くところもありました。
Dscf62401jpg

編笠山から観察していたら山頂直下はぐぐっと登っているように見えたので覚悟していたけれど5分ほどの登りで山頂に出ました。

わおっ~♪意外と広い山頂です。
展望もいいし 想像を裏切られました♪
Dscf62481jpg

Dscf62541jpg

権現岳の王冠もちらりと見えています。
Dscf62491jpg

花盛りだったというマツムシソウは残念ながら咲き残り・・・というかんじでした。
盛りは想像しただけでわぉっ♪
Dvc000021jpg

カルディナの一番気に入ったところ 
山頂の中心にある大きな岩の上に立ち上がるとこんな景色が見えました。
雲のかかった赤岳が絶品でした。
Dscf62461jpg

西岳ピストンだけでも充分来る価値がある気がします。

んんん???
トリカブトはどうしたの??
まったくなかった・・・

30分近くのんびりして 居心地が良くてもっといたかったけれど時間的にもタイムリミットなので下山開始!

この日 唯一 秋を感じたところでした。
Dscf62591jpg

山頂直下のガレ場です。
平坦に見えますが急斜面です。
Dscf62601jpg

山頂から15分くらい 歩きにくい岩ごろ道を急降下しますがその後は岩ごろがなくなり歩きやすくなります。

展望のまったく無い樹林帯の道でこちらの道も良く踏まれて 迷いそうなところはまったくなかったですが登りは大変だなあ と感じました。

アキレス腱が伸びるほどの斜面ではないけれど段差のある道の登りっぱなしはきつそうです。

朝 登ってきた道の方が登り 下り どちらに使っても歩きやすい気がしますが こちらの時間が短いのは魅力ですね。

トリカブトはあきらめていたら 1900Mくらいまで下ってきたらちらほら咲き始めました。
Dscf62671jpg

回りも緑がきれいになってきました。
レンゲツツジもあり 花の時期は楽しいでしょう。
Dscf62641jpg

初めての林道まで降りてきました。1930Mあたりです。
地形図では途中までしかない林道が延びているのかもしれません。
Dscf62681jpg

15分ほどユックリ休み 歩きやすい道なので一気に下りますが1800M付近にトリカブトの群生地がありました。
Dscf62691jpg

キイーン とシカの鳴く声が間じかに聞こえますが姿は見えず・・・
トリカブトもいずれ 食べられちゃうのでしょうか・・・

林道を2本横切って 下り続け 
17時20分 計算どおりの時間に不動清水に到着。
Dscf62701jpg

直進 信濃境方面に向います。
Dscf62732jpg 

林道を5~6分歩くと 朝の道に出会います。
Dscf62781jpg

信濃境方面に向かい右折  遊歩道のような道を快適に歩き 17時46分 まだ明るいうちに愛車に戻りました。

今日も1日 楽しく遊ばせてもらい また 一つ 八ヶ岳の遊び場を見つけました。

このコース また きっと 歩きに来るでしょう\(^o^)/

   終わりです。 

 

|

« 富士見高原から 編笠山~西岳(八ヶ岳)                前編           2008・9・24                | トップページ | 磐梯山(紅葉の山めぐり 1日目)  前編               2008・10・13                     »

コメント

(゚▽゚*)カルディナさ~~~んっ!

こんばんはっ!(*^-^)富士見高原から
登る綺麗な編笠&西岳。素敵です!
asaさん、ひろさんあっこさんTeam、そして
カルさんずTeam。やっぱり山のこと
を良く知っていらっしゃる皆さんが足を運ぶ素敵な山なのがとっても伝わってきました。

カルディナさんのお気に入りの風景!素敵です!
一度迷い込んだ登山口から伸びる道はこんな
道が広がっていたんだなって嬉しくなって
しまいました♪私もいつか歩きに行きたいです♪
(西岳のみのピストンなら行けるかな?)
むふふ。今日も嬉しくて夜更かし中のアフーでした。

投稿: アフー | 2008年9月27日 (土) 00:02

アフーさーん こんばんは~
いま アフーさんのところへ行って大爆笑してきたところです。

林道に出るたびにアフーさんが見つけたところはどこかな と思っていましたよ。

林道って先は何処へ行くのか すごく気になるよね。
すごい長い距離歩かされることもあるので怖いけれどネ。

西岳ピストンだとあの山頂に出るまで展望ゼロなのでそのつもりで頑張るといいと思うよ。
あの山頂目指して行くだけでも充分 楽しめると思います。

アフーさんなら編笠 権現周辺の周回コースで歩けるではありませんか。
どのコースでも緑と岩ごろ道 大展望楽しめるよ~。
ぜひ!お出かけ下さいな(^_^)v

投稿: カルディナ | 2008年9月27日 (土) 01:11

カルディナさ~ん、西岳&編笠岳おつかれさまですヽ(´▽`)/
よいお天気でよかったです!
美しい木々、苔むした景色、山々の大展望・・・
八ヶ岳は、なんてステキな所なんでしょぅ(*´Д`*)LOVE♪
まだまだ歩いてない所が多い私にとっては、
アチラやコチラも歩いてみたいなぁ!と
レポを見せていただいて、夢がどんどん膨らみました!!ヾ(´ε`*)ゝノボリタイー!

投稿: ぽてと。 | 2008年9月27日 (土) 22:12

ぽてと。さん こんばんは。
みなさんのおかげでまたひとつ お気に入りが出来ました

八ヶ岳って関東地方から近いので気楽に楽しめる山塊ですよね。
北アや南アは遠すぎてエイヤ!と気合を入れないとなかなか行けないのだけれど八ヶ岳はマイカー登山者にとってアプローチが短くてすむのがいいですね。
下山後の温泉もたくさんあるし・・ネ
どんどん 楽しんでくださいね(^_^)v

カルディナも歩いてみたい尾根がまだいくつかあるし 季節を変えて再訪したいルートも・・・
すべてを知り尽くすことは不可能だけれどもっともっと味わいたいと思っています。

いっしょに楽しんでいきましょう♪

投稿: カルディナ | 2008年9月27日 (土) 23:45

カルディナさ~ん、こんにちは!!
西岳、お疲れ様でした!!

広くて展望もいいのですね!
静かに八ヶ岳の展望を楽しむにはココがベストな感じがしました。
編笠は人が多いし、権現は狭いので!
ボクも八ヶ岳、いろいろなコースを行きたいです!! 気軽にアクセスできるのに、素敵なコースがいっぱいありますよね!

行きた~い!! 紙ちゃんと交渉してみよう!!

投稿: HANZO | 2008年9月28日 (日) 13:46

HANZOさ~ん こんにちは。
西岳の山頂はasaさん ひろさんも気に入ったようだけれどカルさんずも気に入りました!
静かなのでランチやコーヒータイムを長くしてのんびりぼんやりするには恰好の場所でした。
展望は編笠山にはかなわないけれど編笠山にすでに登っていて静かを選ぶ人にはお薦めですよ。

八ヶ岳は北から南のはずれまでお薦めのところだらけです。
ぜひぜひ あちら こちらと歩いてみてね

欲張らずに登りの時間を短くして小まめにいろんなコースを歩くといいと思います。
紙ちゃんに頑張れる気力がついたらロングコースにすればいい。

近いうちに行けるならば(雪になる前に)美濃戸に車を止めて南沢から北沢の周回ハイキング おすすめですよ(行者小屋から赤岳鉱泉の周回コース)
日帰りできます。

下りを楽にするか 登りを楽にするかで逆コースでもOK 行者小屋から赤岳鉱泉よりに少し行った先にある中山展望台に上がってみて下さい。登山道から5分です。
見える景色は圧巻です。

弱足ママさんが赤岳に登ったときのレポを参考にさせていただくとどんな道かわかりますが美濃戸から赤岳鉱泉までの北沢は登りとはいえないようならくらく道です。
長めの林道歩きがたまにきずだけれど
今の紙ちゃんでも楽しめるコースですよ。
押出川から青年小屋までの巻き道に比べたらなんて快適に歩けるの?と思うくらいな道です。
北八ッを歩くより楽ですよ~(^_^)v

投稿: カルディナ | 2008年9月28日 (日) 18:03

カルディナさんにも
気に入っていただけてうれしいです!
松虫草、私は予期してなかったので
おぉっと楽しめました!
もう終わりかけだったのですねー。
またいつか、時期を見て・・・ですね!

赤岳が立派に見えるなら編笠が良いかもしれません。
でも西岳もステキな展望台でした。
低いっていうけど2400近くもあるんですし。
トリカブト、同じくらいの高さで咲いてました!
きっと他のルートも同じくらいの高さで・・・と
思うと、また別ルートで登りたくなります!


投稿: asa0110 | 2008年9月29日 (月) 06:49

カルディナさん、カル2さん、
こんにちわ~!

僕と逆コースですよね!
編笠までの登り、
キツかったですよね?
僕はあそこ下りながら、
長いなぁ、、、これ登る人大変だなぁ、、
って思ってました。

でも、西岳への直登り、
あれもキツかったな。
そうそう、ずっと展望なしの樹林帯ですもんね!
僕も林道で休憩してましたよ~(゚ー゚)

ホントここは、八ヶ岳でも穴場ですよね~
編笠の山頂はあんなに人が多いのに、
西岳は誰も居ないし、
まさに!
自分だけの山頂だ~!
ってとっても気持が良かったです。

次回八ヶ岳は、
真教寺尾根を歩いてみる予定です。(来年?)
八ヶ岳制覇の道のりは遠いで~す!(笑)

投稿: ひろ | 2008年9月29日 (月) 13:32

asaさ~ん こんばんは~。
そうですよね。
周りの山が高いから低く見えるけれど2400近くあるんですよね。
西岳の裾野1800M前後にはぐるりとトリカブトが咲いていたということね。
想像するとなんか楽しい♪

富士見高原ゴルフ場からの編笠山 ほんとにカルディナ好みの楽しい道だった。
残り100Mがきつかったけれど(^^ゞ
いつかぜひ どうぞ

投稿: カルディナ | 2008年9月29日 (月) 20:54

ひろさ~ん お帰りなさい。
ケーキバイキングなんてどんな感じなんでしょ。
バッタリもあったようで楽しそうです。
レポを楽しみにしています。

西岳 良かったですね♪
ひろさんのレポの写真 どこだか見当がつかなかった。
当たり前です。見たことない景色だったものね。
行ってみて初めて解るということね(^_^)
あの山頂 気に入りましたよ~(^_^)v

それにしてもさすが健脚マン!
西岳から下るとき ここ 登るの大変 と思いながら下ってました。
それなのに権現往復が附いてるんだものね

カルディナがうんとうんと若い頃 初めての八ヶ岳が真教寺尾根だったのです。
先輩達についていくので精一杯 な~んにも覚えていません。
しばらく 八ヶ岳から遠ざかっていました。
美濃戸からマイカー登山ができるとわかってからまたぼちぼちと出かけるようになりましたとさ(^^ゞ

いつか花盛りの頃 杣添尾根から横岳に出てみたいなあ・・なんて密かに思っていますが(^_-)-☆

投稿: カルディナ | 2008年9月29日 (月) 21:16

西岳、拝見しました。
私は5月はじめに西岳に行きましたが
あのカルディナさんが下った道は日陰に
なっていてツルツル氷っていました。

けっこうな登りですべって登りにくかったです。
編傘から降りるのも凍っていてけっこう
皆さん、滑っていましたね。
静かでしょう?私の隠れ家的なところです。
我が家のPCがこわれてしまって、新しいのにしたんですが機械音痴の私はいまだに
とまどっています。
槍、笠は雪景色で4日出発なのに冬支度に
なりそうです

投稿: しーば | 2008年9月29日 (月) 21:45

しーばさん こんばんは~。
来ていただいてありがとうございます。
行ってきましたよ って報告したかったのです。

教えていただいたあの道 いい道でしたね。
こんな半端な時期でもすごく気持ちよかったです。

どっちの道も凍っていたら怖いですね。
5月の初めはまだまだそんな時期なんですねえ。

隠れ家的 きっとそんな思いの人がたくさんいるのかも
よく踏まれた道でしたもの。
私もお仲間に入れていただこうっと(^_-)-☆

静かでほんとにいいコースでした\(^o^)/

槍・笠はこの土日をはさんで出かけられているのかと思っていました。
まだだったんですね。
あちこち白くなったようですね。
まだ根雪にはならないでしょうが今年は本格的な雪になるのが早いのでしょうか。
どうぞ お気をつけて。
状況を教えていただけるとうれしいです。

投稿: カルディナ | 2008年9月29日 (月) 23:06

改めて このルートは 八ツを知り尽くし
メジャーで人の多い所を歩きつくした人が通るコースだと実感。
とても勉強になりました。

トリカブト、あの色味が目立って
本当にドキッとするくらい魅力的ですよね。
ああ、最後に会ったのはいつどこでだったかな。

ポレポレ隊は まずは天狗。
それから・・あそこも あそこも歩きたいです。

・・・でも残念ながら この秋の予定には
八ツが入ってません。
また来年かなぁ。

毎日隊長から聞く山の名前が違っていて
思わず笑っちゃうママです。
カルさんズは 次はあそこかなー?

詳細なレポ、ありがとうございました!


投稿: 弱足ママ | 2008年9月30日 (火) 16:03

いもうとママさん こちらにもほんとにありがと♪

トリカブトは9月になると会いたくなるのよね。
秋は紫の花がいいよね。
ことしはきれいなリンドウに会ってないなあ。

ポレポレ隊の天狗報告 楽しみにしてますよ。
毎日変わる隊長の頭の中
よ~くわかるよ。同じだから(^_-)-☆
だから だから浮気をしないで来月中旬にねらいを定めてママさんアフーさん ぽてと。さんの足跡をたどりにちょっと遠征したいと思ってます。
晴れが続いたら・・・ネ。
フーフーお願いしま~すm(__)m
今年逃したら いつになるか・・・

投稿: カルディナ姉 | 2008年9月30日 (火) 21:19

カルディナさん、槍~西鎌尾根~笠に行ってきました。
飛騨乗越についたとたんに雪がチラつきだし、だんだん降ってきましたが夜の雨で溶けてくれ朝の穂先は珍しいことに息子とたった二人でした。いつも混雑しているのに。
西鎌尾根はとても楽しい道です。笠新道はゆっくり下りたので膝はとても楽でした。
紅葉も綺麗でまた暇ができましたらウエブリアルバムを作ろうと思っています。
南岳新道を歩いた方に聞いたところ、ずいぶんと歩きやすくなったそうです。

投稿: しーば | 2008年10月10日 (金) 18:55

しーばさん お帰りなさい。
雪がちらついたと思ったら ばさばさ降る様子 私も常念で味わいました。
昔のことでどうなるのか ドキドキしたこと思い出します。
しーばさんは動じないでしょ(笑)

この間 西鎌尾根をじっくり観察しました。
歩いてみたいですね。

笠新道も紅葉時はきれいそうだなと思いながら歩きましたよ。
もう一度 登り下りしてみたいです。
来年以降ですが・・・

アルバムを見せていただけるのを楽しみにしています。

南岳新道のこと気に掛けていただいてありがとうございます。
でも また来年雪解けには荒れるのでしょうか・・・ね。
カルディナの力でも歩ける様になるとずっと行動半径が広がるのですが・・・
体つくりに頑張りましょう

投稿: カルディナ | 2008年10月11日 (土) 00:04

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 富士見高原から 編笠山~西岳(八ヶ岳)               後編       2008・9・24:

« 富士見高原から 編笠山~西岳(八ヶ岳)                前編           2008・9・24                | トップページ | 磐梯山(紅葉の山めぐり 1日目)  前編               2008・10・13                     »