« 笠ヶ岳~双六岳  その1  (手ごわかった笠新道)                  08・9・9 | トップページ | 笠ヶ岳~双六岳  その3 (鏡平から下山)                    08・9・11 »

2008年9月15日 (月)

笠ヶ岳~双六岳 その2 (稜線漫歩で双六小屋へ)                 08・9・10

昨日 笠新道で疲れた体もぐっすり眠り 元気回復。
皆さんもお疲れだったようで久しぶりに夕食後 暗くなると すぐにし~んと静かになりました。
部屋の窓から槍・穂高の稜線がシルエットで見えていましたがさすがに星を見に外に出る元気はありませんでした。

小屋の中は暖かく 毛布は必要ないくらいでした。
ご来光を見るには位置が悪くて日が昇るころは明るくなっていました。

この景色 部屋の窓から寝ながら見えました。
P91000941

甲斐駒の後ろに富士山が見えています。
P91000951

Dscf60201jpg

念入りの体ほぐしをして まだ暗い5時にヘッデンを点けて団体さんが出発していきました。
さらに奥へ行くのかと思っていたら笠新道を下るのだとか。

そうか・・・笠新道はとても登りがきつかったけれど 時間をたっぷり用意して気長に下れば下る方がいいかもしれない。
長い急降下だけれど歩きやすい道ではあったから。

私達は双六小屋までの予定。
普通に歩いても昼前には着くでしょう。
朝食後 皆さんがそれぞれに出発してゆく中 空身で笠ヶ岳山頂へと向います。
10分で山頂です。
素晴らしい展望です!!!
祠があったので アフーさん はじめ皆さんがお山に来れます様に・・・
素晴らしい天気に恵まれますように・・・とお願いしました。
Dscf60291jpg

山頂 三角点はこの祠の左にありました。
Dscf60281jpg

Dscf60241jpg

焼岳 乗鞍 御嶽 そろい踏み
P91001051jpg

薬師岳の向こうに剱岳
Dscf60261jpg

素晴らしい展望に昨日の疲れをすっかり忘れました!!!
ユックリと楽しみました♪

西穂高山頂で初めて見た横しまの入った笠ヶ岳に心惹かれてから何年かかったでしょうか。うふうふ(^_^)v

Dscf60301jpg

P91001131jpg

小屋に戻るとほとんどの登山者が出発した後でした。
Dscf60311jpg_2

仕度を整え 7時8分 笠ヶ岳にさよならします。
昨日は足の上がらなかったテント場までの道もあっという間に通過。
P91001151jpg

槍ヶ岳と縦走路
Dscf60331jpg

いい気持ちです♪
15分しか歩いていないのに笠ヶ岳があんなに遠くなりました。
笠新道を終えてから最後にこの登り きついはずです。
P91001211jpg

黒部五郎岳  薬師岳  立山・剱岳
Dscf60351jpg

稜線漫歩を楽しみながらのんびり歩いてきたのにもう笠新道への分岐に来ました。
抜戸岳に向かう人が見えますが私達はパスします。
ザックを担いでいるのでそのまま笠新道を下るのでしょう。
P91001281jpg

笠ヶ岳の隣に白山もはっきり見えています。
Dscf60371jpg

あまりに気持ちいいし のども渇いたので(お味噌汁がしょっぱかった)お湯を沸かしてコーヒータイムです。
今日は時間に余裕があるのでのんびりできます。
急いで歩くにはもったいない展望ですもの。

槍の向こうに燕岳が見えます。
このときにはまさかアフーさんがいてフーフーしていてくれるとは!!
P91001381jpg

薬師様と五郎君が大きくなってきました。
P91001441jpg

これから歩く縦走路が良く見えています。
表銀座や双六小屋も見えます。
P91001461jpg

直角に向きを変え 秩父平に急降下していきます。
これから弓折岳までがこのコースの我慢のしどころです。
逆コースもどっちもどっちかなあ・・・
Dscf60411jpg

P91001491jpg

上部がガレているので慎重に下りますが秩父平まで10分というところでしょうか。
振り返ってみると右上にすれ違った登山者が小さく見えています。
Dscf60421jpg

夏はお花畑になるんでしょうね。
とても気持ちのいいところです。
P91001591jpg

黄色く見えてるものはコバイケソウです。
Dscf60461jpg_2

最後の登り 大ノマ岳から弓折岳への登りにかかります。
ゆるゆる だらだら登りますが疲れてくると応えるかも?
右のとんがりのところから秩父平に降りて登り返しています。
P91001671jpg

双六小屋もまだはるか先ですね。
P91001721jpg

P91001761jpg_2

P91001791jpg

大ノマ岳を越え 大ノマ乗越に急降下する途中であまりの暑さに この日影を逃したらランチ場が無いよと 狭い登山道を拝借してランチです。

秩父平付近でたくさんの登山者とすれ違ったけれどもう 後も先も誰も来ません。

ユックリ休み 乗越から弓折岳にむけて最後の登りです。
P91001821jpg

弓折乗越に到着。
P91001881jpg

穂高連峰の下に鏡池が光っています。
明日はあそこに下ります。
P91001851jpg

ここからは知った道。
小さなアップダウンをいくつか越えながら1時間弱で双六小屋に到着です。
P91001931jpg

Dscf60481jpg

Dscf60491jpg

Dscf60501jpg

Dscf60511jpg

静かに! と先行しているカル2から声がかかります。
まさか こんな晴天時に雷チャンに会えるとは!!

カルさんずは雷チャンに出会う確立がすごく高いのだけれど今回は天気が良すぎてあきらめていました。
1

5~6羽いたそうだけれどカルディナが見たのは2羽だけ。
1羽は頭かくして尻隠さず・・・うふふ かわいい~
1

あと10分で 鷲羽を背負った双六小屋で~す。
Dscf60521jpg

笠ヶ岳があんなに遠くになりました。
Dscf60551jpg

14時41分 双六小屋に到着です。
笠の小屋からは昼前に到着できるはずなので この日に双六岳に登ることや三俣蓮華も行けますが 翌日もいい天気のようなのできょうは のんびりしようとこの時間に到着しました。

三俣蓮華は前回 山頂も巻き道も通っているので予定には初めから入れていませんでした。
Dscf60581jpg

ワッシ~ ひさしぶり~♪
再会を祝してビールでかんぱ~い!!
Dscf60601jpg

明日は双六岳であの景色を♪ 

    その3(双六岳~鏡平へ下山) に続きます。

|

« 笠ヶ岳~双六岳  その1  (手ごわかった笠新道)                  08・9・9 | トップページ | 笠ヶ岳~双六岳  その3 (鏡平から下山)                    08・9・11 »

コメント

続けて・・・・

実は双六・・・私、すっごく行きたいのです!
ここは通り道にする方が多いようですが
ここを目的地にしてできれば小屋に2泊して
真ん中の日に三俣蓮華までハイキング~~!
これ夢の一つです。

燕山荘もそうだけど この双六小屋も
泊まってみたい小屋の一つ。
ああ、いつか行けるといいなー。

それにしても この景色・・・・!
どんだけ~~~~!!!!!!!

投稿: 弱足ママ | 2008年9月16日 (火) 16:36

(□。□-) フムフム
笠から双六の道ってこんな感じなんですね~
これは!
かなり気持ちのいい稜線歩きですね!!

笠のテンバって小屋からかなり下にあるんですね?
水場って地図にはあるけど、
小屋のそばにあるのでしょうか?

双六小屋は僕も今一番行きたい場所です。
広々としていますよね?
眺めも最高だし!

でももう来年の夏だなぁ、、、
今年は無理だぁ

投稿: ひろ | 2008年9月16日 (火) 19:23

ママさ~ん ぜひぜひ!行って下さい。

裏銀座って遠くてなかなか出かけられなくて こんなにステキだとは思わず 槍だ 穂高だとその周辺ばかり歩いてました。

安房トンネルが出来てから行きやすくなりましたね。

特に双六岳 気に入りましたよ~。
前回ガスで真っ白だったから 今回すべてが見渡せてほんとに良かった!!

ほんとにぜひぜひ 歩いてください♪
三俣蓮華まではハイキングだものね。
2泊出来たら鷲羽まで登れるよ。
鷲羽は難しくないですよ。
三俣山荘に荷物預けて空身だったら時間もかからないし・・・

笠新道からの笠ヶ岳は初めてだし ロングなのに途中に小屋がないから万一の緊急備品を持っていったので荷物が重かった。

双六周辺は小屋と小屋が近いので緊急備品も少なくていいし 荷物は軽くして快適に歩いた方がいいと今回 とくに思いましたね。

双六小屋は燕山荘と同じくらいお薦めです。
とても居心地が良かったですよ。
空いている時期を選んだら最高だと思う。

白馬のリベンジの次にぜひ!リストにいれてくださーい♪

投稿: カルディナ | 2008年9月16日 (火) 21:00

ひろさん 笠から双六岳~三俣蓮華~鷲羽までの縦走路はいいですよ~。
その先は未踏なのでコメントできませんが

変化もあるし そうきつくもないし 展望は超一級品だと思います。
魅力的でしょ 

笠のテント場は小屋から2分くらい下がったところです。
縦走路がテント場の中を通っています。
カルディナはバテバテだったので長く感じたけれど 翌朝下る時はすぐでしたよ。

水場も小屋に外水道がありました。

投稿: カルディナ | 2008年9月16日 (火) 21:32

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 笠ヶ岳~双六岳 その2 (稜線漫歩で双六小屋へ)                 08・9・10:

« 笠ヶ岳~双六岳  その1  (手ごわかった笠新道)                  08・9・9 | トップページ | 笠ヶ岳~双六岳  その3 (鏡平から下山)                    08・9・11 »