« 2008年12月 | トップページ | 2009年2月 »

2009年1月

2009年1月29日 (木)

丑年にちなんで牛伏山(群馬県吉井町)  その2 と 宝登山                2009・1・27

階段攻撃にヒ~ヒ~言いながらも牛伏山山頂に到着。
天守閣ですばらしい展望を楽しみ 大きな牛さんにも会ってきました。
1_2
黒い線矢印ルートが歩いてきた道です。

ひっそりとした山頂からは気持ちのいい尾根道が続きます。
P12700731jpg_2

P12700761jpg

Dscf74792jpg

山頂を振り返ります。
落ち葉がいっぱい。
Dscf74801jpg

ロウバイの里への近道の分岐に来ました。
Dscf74812jpg

私たちは少し遠回り 見晴台経由を選びました。
山頂で出会った地元の人のようなグループさんが急坂であると教えてくださいましたがほんとに滑りやすい急降下です。
雨の後は嫌ですねえ。
P12700771 
雑木林に桜や松の木が混じってきて気持ちのいい林の中です。

まだまだ急降下が続きます。
P12700781jpg_4

急降下が終わると小さなアップダウンを繰り返しながら下っていきます。
こちらも時々木々の間に浅間山が見えます。
P12700791jpg

快適に下っていくカルディナです。
P12700801jpg

おや?こんなアクセントもあるんですね(^_^)
P12700811jpg

車道を横断して再び山道を行きます。

この岩越えるとど~ん!と浅間山。
Dscf74841jpg

P12700821jpg

明るい尾根道で楽しいです♪
見晴台到着!
Dscf74882jpg

さすがにいい見晴らしです!
Dscf74932jpg

Dscf74922

さらに下り植林帯に入ると3方向への分岐です。
Dscf74952jpg_3

北登山口に出る道も雑木林の中の穏やかな道らしいので 気になるけれど午後の光の中でロウバイも見てみたいと朝 通過したロウバイの里へ向かう中間道を選びました。
薄暗い谷間の枯れ沢沿いを登り返して再び明るい登山道になり さらに下りこんで ロウバイの里に到着。
P12700951jpg

午後の光がいっぱいに差し込んだロウバイの里は明るく 朝よりも満開に見えました。
Dscf75091jpg_2
1_3
Dscf75021jpg

Dscf75071jpg

ドリームセンターの愛車に戻り ロウバイはここでも充分堪能したので宝登山はどうしよう?
迷いながらもGO!
まず 吉井町の物産店に寄り 地元の野菜をゲット!
新鮮でおいしかったです(^_^)v

長瀞の宝登山に向かい1時間ほどでロープウエーの駐車場に到着。
15時を過ぎてしまったので手抜きでロープウエーで登ることに(^_-)-☆

東園は7分咲きから8分咲きというところでしょうか。
Dscf75153jpg_2 

Dscf75191jpg

西園はほぼ満開という感じでとてもきれいでしたが光がちょっと足りなかったです。
P12701191jpg

P12701201jpg

武甲山はやはり存在感ありますね。
いつか登ってみたいと思います。
P12701241jpg

両神山もシルエットできれいに見えていました。

皆さんが立たれているこの場所に立ってみたかったです(^_^)v
手抜きでしたが・・・・
Dscf75242jpg

山頂からも満開の様子がわかります。
Dscf75232jpg

変な木ですね。
日没と競争していたのでゆっくり観察できなくて残念。
P12701271jpg

神社の奥の院でお参りして 帰りはショートカットを2回ほどしながら表参道を下りました。

宝登山神社にもお参りしたかったけれど工事中とかで神様はお留守でしたcoldsweats01

長瀞アルプスから歩いてみたかったけれどみんなの人気者の山頂に立てたのだから由としましょうhappy01
 
どうぞ カルさんの山遊び日記2 も合わせてご覧ください。

     その1に戻ります。

| | コメント (12) | トラックバック (1)

丑年にちなんで牛伏山(群馬県吉井町)   その1           2009・1・27

昨年教えていただいていた牛伏山
今年は丑年 これは年の初めに行かねば!

高崎からの上信電鉄吉井町の500M弱の里山です。
我が家はマイカー登山者 上信越道吉井ICから入りました。

車でも山頂付近の天守閣展望台まで入れて吉井町のオアシス的存在のようです。
詳細は カルさんの山遊び日記2 をご覧ください。

神奈川県の我が家から圏央道 関越道 上信越道と繋いで3時間弱で着きました。
上信越道に入るとどの山かなあ・・きょろきょろしているとあっ!あれだ!
Dscf74302jpg
天守閣らしきものが見えています。

吉井ICで降りるとすぐ大きく案内がされていて すんなり駐車場をお借りする ドリームセンター に到着です。
Dscf74352jpg
近くに来るとほんとに伏せている牛の背中のようです。

ICから5分ほどでドリームセンターです。
吉井町の保養施設で宿泊も入浴も食事もできます。
すぐあとに大宮ナンバーの車が到着。
数人のグループで登山のしたくを始めました。
やっぱり丑年 狙いは一緒ねと思わずにんまり(^_^)v

ドリームセンターのトイレをお借りして支度をし 大宮のグループに続いて出発。

グループさんはどのルートを選ぶか迷っている様子・・・
私たちは王道の自然遊歩道の階段ルートを選びました。
階段は下るより登るほうがいいよね。(後で泣きましたが~)

ドリームセンター下の赤谷公園に寄り道。
緑の頃はお花もいろいろ咲いて憩いの場になるのでしょう。
Dscf74372jpg
ドリームセンターです。ごみ焼却施設に隣接しています。

Dscf74382jpg
赤谷池とあずまや

P12700021jpg

自然公園の中の里山なのでちゃんとした地図がありません。
少し見にくいけれど黒い矢印のルートが私たちが歩いたルートです。
1

赤谷池を背に車道を進み 丁字路を右にしばらく行くと登山口があります。
私たちは右の山道に入りますが車で直進すると天守閣の展望台に行くそうです。
桜並木やあじさい街道になっているようです。
Dscf74392jpg

ひと登りでロウバイの里です。
事前調べではあまり情報がなかったので期待していなかったけれど丁度見ごろでした。
まだ長瀞の宝登山のように整備がされていないので自然のままという感じでしたが結構楽しめました。
Dscf74472jpg

Dscf74451jpg

P12700162jpg

P12700134jpg

Image11jpg

山かげなのでまだ半分日陰でした。

ハイキングコースの中間道はこの里の右奥から山道に入りますが私たちは自然遊歩道の階段道に向かいます。
P12700211jpg

Dscf74482jpg

いよいよ来ました!階段が~・・・
P12700251jpg
段差が少ないのでまあ~このくらいならいいわ~とまだ余裕。

P12700261jpg

追い抜いてきた人たちが見えます。
P12700271jpg

階段でなければ気持ちのいい道ですね。
P12700281jpg

振り返るとドリームセンターが見えます。ふ~っ・・・

傾斜もきつくなり段差もついてきてヒ~ヒ~・・・
P12700341jpg

大岩のところで一休み。木の間越しに真っ白な浅間山が見えます。
前回の越前岳の富士山 思い出します。
P12700351jpg

この先も地獄が続きます。
ところどころ展望が良くなって気持ちはいいけれど これが遊歩道??

あと200M・・・つらい試練が待っている(ーー;)
P12700371jpg

周りはいい雰囲気なんだけれど・・・はじめは歩きやすい段差でした。
段々とさらにきつい登りとなってきました。
段差も大きくなってきた・・・
Dscf74523jpg

さらに続く ヒエ~・・・
Dscf74532jpg

周りを見ると気持ちいいのになあ・・・
P12700441jpg

私たちより少し年上と見受けられる男性とすれ違いましたが ご苦労さん 自分は登りには使わないよ。と言われてしまいました(^^ゞ

山頂付近ですれ違った人にも階段から来たといったら 笑いながらご苦労さん と言われてしまいましたhappy02

やっと傾斜が緩むと鳥の看板がありました。
ああ~終わりなんだ~・・・ホ~(^_-)-☆
P12700471jpg

カルディナ到着!\(^o^)/
P12700491jpg

右に行けば山頂だけれど まずは左へ行き天守閣の展望台へ
この分岐にはトイレもあります。

桜並木の舗装道路を進むといろいろ楽しい♪
Dscf74542jpg

P12700701jpg

おおっ~!!大きな牛さん!!
Dscf74562jpg

今回はナスではなく 姪がお正月にプレゼントしてくれた牛の赤ちゃんを連れてきました。
Image33jpg

懐かしい青い山脈。
何回目かのリメーク世代だけれどこの歌 元気が出ます♪
Dscf74592jpg
P12700561jpg

P12700571jpg

天守閣です。展望台になっています。
ツツジや桜の頃は余計にきれいでしょうね。

ここまでは車でも来れます。
Dscf74633jpg

残念ながらもやっていますがすばらしい展望です!
真っ白な浅間山から榛名山 赤城山 男体山まで。
奥にも真っ白な山々。
P12700591jpg
Dscf74643jpg

充分堪能して山頂へと 今 来た道を戻ります。
大宮のグループさんとすれ違い 階段攻撃にお互いに参りました<m(__)m>と大笑い。

鐘つき堂で鐘をつかせていただき 琴平神社にお参り。
いい鐘の音です。何度もつきたくなったけれど我慢 がまん。

少し先にひっそりと牛伏山山頂がありました。
この奥ゆかしさが牛さんらしくていいのかも?
P12700731jpg

誰にも会わないだろうと思っていたらドリームセンターでいきなりグループさんとの出会い。
さすが丑年 でもそんなに人もいないよね。
ところが山頂付近で数組のハイカーさんに出会ったのにはびっくりしました。
地元に愛されてる山だとは聞いていたけれど皆さん 道に詳しい。
いろんなルートを歩いていらして教えていただきました。

皆さんのフーフーのおかげで 風もなくぽかぽかと暖かく ジャケットも羽織らずランチタイムが取れました。
食後は階段のひとつもない 気持ちのいい尾根歩きです。

下山後には宝登山まで足を伸ばしました。

その様子は その2につづきます。

| | トラックバック (0)

2009年1月15日 (木)

歩き始めは雪の越前岳     09・1・14

今年の初歩き候補は3ヶ所ありました。
迷った末 カル2のたっての希望で愛鷹連山の越前岳に行ってきました。

2年前 愛鷹つつじの花の頃 一度歩いているのですが展望がまったくだめだったのでいつか リベンジしたいとは思っていました。

東名から見える愛鷹山は谷筋に雪が多そうです。
Dscf73591

山神社~富士見峠~黒岳展望広場~越前岳 ピストン

今回は裸木 白い世界
緑・ピンクの花のきれいな頃の様子は こちらからどうぞhappy01

駐車場は前回と同じ山神社前の広い駐車場。
簡易トイレもあります。
7時50分 がりがり ツルツルの上を出発。

歩き始めは傾斜もゆるく 少し雪があるもののノーアイゼンで大丈夫でした。
暗い植林帯なので途中傾斜のきついところに来るとツルツルです。
簡易アイゼンをつけることにしました。
やっぱり安心。
もう少し 時間が遅くなるとアイゼン無しでも大丈夫かもしれませんが。
Dscf73651

岩混じりとなった道を快適に登り 植林帯から雑木林に変わると日も差し込み暖かくなってきました。
登山道の雪も少なくなり あらら・・・
Dscf73671jpg

P11400031jpg

愛鷹山荘から上はやっぱり本格的に雪道になりました。
Dscf73681jpg

ひと登りで富士見峠です。
前回は黒岳をパスしたので今回は行かねば!と向かいます。
山頂まで25分だもの 軽く考えていたらなかなかの急登です。
展望広場までは10分少々ですがこの日一番のきつさだった気がします。
P11400041jpg
雪で大きな段差が隠れてくれて助かりました。
雪がなかったらカルディナはヒ~ヒ~言ったことでしょう。

黒岳展望広場に到着すると どっか~ん!!と富士山
Dscf73741jpg

そこで今回のカル2の主目的証拠写真 第一弾!
山頂で写せなかった場合を考えて
ここも愛鷹連山の一角だから・・・とか(^^ゞ
Dscf73701jpg
お解りでしょうか?smile
一富士 二鷹 三茄子・・・ということです(汗)

まだお正月のうちなのでまあ・・・いいでしょう(*^。^*)

越前岳山頂でも無事 ゲットしました。
その様子はカルさんの山遊び日記2をご覧くださいhappy01 

雪のおかげで下りはあっという間に富士見峠に到着。
スノーハイクを楽しみながら越前岳に向かいます。
P11400091jpg

もう少し 雪があったほうがいいなあと思いながら鋸岳展望地点に到着。
Dscf73781jpg
迫力ありますねえ。

だんだん雪の量も増えていい雪道になってきました。
Dscf73831jpg

気持ちいいですね。
雪道はやはり晴れの日がいい♪
P11400161jpg

木々の隙間からずっと大きな富士山が見えています。
P11400211jpg

鋸岳展望地点から富士見台までは歩きにくいところがいくつかあった記憶があるけれど今回はきれいな雪に覆われて快適に歩くことができました。

富士見台からの富士山もどっかっ~んです!!
Dscf73881jpg
前回は真っ白だったけれど こんな風に見えてるはずだったのね♪

ゆっくり堪能しようとしたら15人くらいの団体さんが到着したので逃げよ~。
山頂まではゆるやかな快適な道 大きなブナも現れ  つつじの木もたくさんある。
けれど 追いつかれたら大変!急げ急げと山頂へ・・・
おかげで乾いたベンチもゲットでき カル2のお楽しみ写真も写すことができました♪

まだ山頂には2~3組しかいなかったのですgood

とりあえず空いているうちに撮影タイムです。
Dscf73911jpg

つつじの向こうに南アルプスがずらり 見えています。
Dscf73961jpg_3

わぉ~♪
海もこんなふうに見えるのね!
Dscf74011jpg

カルディナのいつかリベンジしたいとの願いが叶いました!

ランチの支度を始めたところへ 同じルートの団体さんが到着。
少ないベンチは使用中なので皆さん 雪の上に座ってお食事でした。

十里木方面からぞくぞく到着します。
それも団体さんが多い。
平日にこんなに人の多い山頂はカルさんずには珍しい。
落ち着きませんね。
早いうちに撮影タイムにして大正解(^_-)-☆

十里木方面に少し下ったところにつつじのビューポイントがあり 周りの木々もいい雰囲気だったので少し降りてみたかったけれど 
こう どんどん登ってこられると気がそがれました(T_T)

下りは前回使った割石峠から大沢橋の道は谷間なのでどのくらい雪があるのか どんな様子かわからなかったのでパス。
カルディナは十里木方面が気になるのだけれどたくさんの人が歩いてるとなると雪道も荒れてるだろうねえ・・・ということで同じ道をピストンしました。

正解だったようです。下りも快適にきれいなスノーハイクが楽しめました。
Dscf74031jpg

山頂直下できれいな樹氷を期待したけれど好天が続いていたのでこれは無理な話でしたね(^_-)-☆

もう 富士山三昧です。
P11400421jpg

富士見台のでっかい富士山。光が違ってきたのでよりクリアに見えています。
Dscf74101jpg
宝永火口は痛々しいですね・・・

Dscf74151jpg

ルンルン下るカルディナです♪
P11400531jpg

あっという間に愛鷹山荘 
西日の当たる穏やかな登山道を下り もうアイゼンはいらないね とはずしたら最後の山神社のあたりがガラスのようにツルツル状態。
朝よりひどい状態になっていておっとっとしながら愛車に戻りました。

植林帯を抜け 雑木林の中の雪道はノーアイゼンでも大丈夫そうでしたが
植林帯は要注意個所でした。

きらきらしたスノーハイクを楽しみ ヘルシーパーク裾野 で温泉に入り冷えた体を温めて帰宅しました。

今回は太いぶなの木が少なかったので ぶなの多い雪道を歩きたいなあ・・・

| | コメント (14) | トラックバック (0)

2009年1月10日 (土)

湘南平から 浅間山~高麗山(大磯)               2009・1・7

半日ほど時間が空いたので我が家から車で30分の大磯・湘南平に散歩に出かけたら 思わぬ気持ちのいいハイキングが楽しめました。

湘南平のバス停のある駐車場から階段を上ると桜の名所でもある広場に出ます。
千畳敷と言うみたい?
 

ハイキングコースは湘南平のテレビ塔の左側にあります。

 

Dscf73113_21

Dscf73541jpg1
ハイキングから戻ってレストハウスのある展望台から見ました。
テレビ塔の左が浅間山 右が高麗山です。

昼前 湘南平に着いたときは富士山こそ隠れていたけれど頭上は青空で丹沢や箱根の山々がきれいに見えていました。
江ノ島も見えていま~す。
Dscf73172jpg1

テレビ塔つきの展望台に登り まだきれいに見えている丹沢の山々を眺めた後 高麗山に向かいます。

湘南平~浅間山~八俵山~高麗山~高来神社のピストンです。

ふもとに駐車場がないので車利用は不便です。
Dscf73212jpg_2

だいぶ昔 友達と平塚からバスで来て 高来神社から歩いたことがあり 短いけれど気持ちのいいコースだった記憶が残っていたのでカル2に声をかけました。

以前より気持ちよさをたくさん感じたけれど距離は思ったよりありました。
ハイキングの支度をしてくるべきでした。
軽いウォーキングのつもりだったけれど一汗かいて あとで体が冷えてしまいました。

Dscf73242jpg
こちらには1等三角点がありました。
ちょっと意外な気も?(^_-)-☆

太い大きな木がたくさんあり 楽しい道です。
P10700422jpg

Dscf73322jpg

すごい枝ぶりです。
P10700602jpg

P10700702jpg

八俵山~高麗山とミニミニ縦走していきます。
以前は高来神社から八俵山に出たので今回は高麗山の山頂に行くことにします。
P10700732jpg

広々としてベンチもありランチにちょうどいいところですが大きな木に遮られて展望がまったくありません。
それがザンネン・・・

やぶ椿がたくさん咲いていましたがもう 終わりかけです。

長い急な階段を下りて男坂 女坂の分岐に出ました。
当然 男坂でしょう とカル2が言うので帰りに女坂で登ってくることにします。
P10700882jpg

灯油販売の音楽が聞こえたり 電車の音が聞こえて おもちゃのように走っているのが見えます。
里山らしさでいっぱいです。

さすが男坂はちょっと歩きにくい急下降です。
Dscf73432jpg

民家が見えてきたと思ったら高来神社に到着です。
お参りして 今度は女坂で高麗山まで登ります。
P10700992jpg
こちらにはトイレがあります。

男坂 女坂付近は紅葉時はとてもよさそうです。
足元に赤いモミジがずいぶんと積もっていました。
昨年の紅葉は遅かったのか まだきれいな紅葉が見られたのは驚きでした。
P10701191jpg

女坂は段差が少なく 男坂と同じような傾斜なのに歩きやすいように作られていました。
上部はこんな道です。
P10701251jpg

高麗山で遅いランチを摂っていると何組かのハイカーさんが通っていきます。

時々巻き道を選びながら湘南平に帰ります。
いろんなルートがあって次回の楽しみも残りました
春先か紅葉が楽しめそうです。

山茶花が満開でした。
Dscf73502jpg

コースの詳細は たまには のんびり ぽかぽかと を参照してください。

遊びながら2時間ほどのハイキングでした(^_^)  

| | コメント (9) | トラックバック (1)

2009年1月 1日 (木)

今年もよろしくお願いします。

明けましておめでとうございます。

今年もきれいに見えました。
丹沢の山々 待っててね♪
2

11
拡大すると正面に大山 左奥に塔の岳 右奥に丹沢山 

三の塔へ初日の出を見に行こうとしたけれど軟弱カルさんず またまた定位値にて撮影。

ことしはうし年 のんびり まったり自然遊びをしましょうか。

ことしもどうぞよろしくお願いします♪

                    カルディナ

 

| | コメント (16) | トラックバック (0)

« 2008年12月 | トップページ | 2009年2月 »