« 2009年1月 | トップページ | 2009年3月 »

2009年2月

2009年2月15日 (日)

やっぱり楽しかった沼津アルプス               その2       2009・2・12

その1はこちらからどうぞ。

志下山で海を眺めながらゆっくりランチタイム。
疲れも取れて元気回復!ここでの休憩は大きかった。
後がとても楽でした。
馬込峠通過。

昼の日差しが暑いくらい。海風が気持ちよく感じます。
Dscf76921jpg

志下峠通過。

鷲頭山の直登ルートは今は通行止めになっています。
巻き道ができていますが直登に比べると楽になったそうです。
Dscf76941jpg

Dscf76951jpg

はじめは緩やかに登っていますがやはり最高峰。
中将岩を通過後はロープ付きの急登が控えていました。
P21201141jpg
P21201151jpg   

P21201221jpg

P21201241jpg_2
ここまでもいくつかの急なロープ場があったけれど横山から徳倉山へのなが~い鎖場に比べたら何でもありません。
少しフーフー言ったけれどヒ~ヒ~は言いませんでしたよsmile

小鷲頭山到着。
富士山 駿河湾が相変わらずきれいです。
P21201271jpg

P21201301jpg

いよいよ最高峰のピークへ。
P21201351jpg 

立派な木です。
Dscf76971jpg

最高峰鷲頭山山頂。
Dscf76991jpg
展望はいまいちですね。
海が見えて 後方に箱根方面が良く見えていますが。

Dscf76981jpg

沼津アルプス最後のピーク 大平山へ下り始めます。

この山では珍しい大木です。
P21201471jpg

椿の残り花です。赤い花ガラがたくさん散っていました。
Image11jpg

あれが大平山かなあ。
P21201511jpg

どんどん下りますよ~。
登りも大変そう・・・
Dscf77031jpg

多比峠まで下ってきました。
右折して大平山へ。
Dscf77041jpg

ウバメカシの林の岩尾根が続きます。
今までとガラッと雰囲気が変わり 楽しいです♪
Dscf77051jpg

Dscf77061jpg

P21201651jpg

Dscf77071jpg

P21201681jpg

多比口峠通過。
大平山ピストンしてここから下ります。

ひと登りして最後の山頂が見えました!
Dscf77081jpg

大平山です。
Dscf77111jpg

展望がまったくない小広い山頂です。
ここから先は奥アルプスと呼ばれ 沼津アルプスを表アルプスと言ってるそうです。
奥アルプスは沼津アルプスよりきついよ~と朝のおじ様も400回のおじ様も同じように言っていました。

急降下して最後の富士山です。
P21201781jpg

P21201801jpg

多比口峠に戻り いよいよさよならです。
急な歩きにくい下りの後はすぐ歩き易い気持ちのいい道が続き 車道に降り立ちます。
Dscf77161jpg

P21201861jpg

Dscf77181jpg

急な車道を下っていくと海が見えてきて やがて多比の集落に着きます。
Dscf77211jpg

カル2のたっての希望で4ヶ所の神社 お寺さん巡りをしてバスで市役所前まで戻り駐車場の愛車に戻りました。
1時間100円なので1000円でした。
最後の神社に桜がきれいに咲いていました。
Dscf77301jpg

終わりです。 ながいことお付き合いいただきありがとうございました。

その1 に戻ります。

| | コメント (14) | トラックバック (0)

やっぱり楽しかった沼津アルプス              その1       2009・2・12

こちらのブログでは写真はすべてクリックしていただけると大きくなります。気になる写真は大きくしてみてください。

たくさんの方たちが歩いていて ずぅ~と歩いてみたいと思っていた沼津アルプス。
Dscf76712jpg_2
徳倉山(象山)と後ろに鷲頭山

なかなか腰の上がるタイミングが来なかったけれど夫のカル2が Fjirouさん のレポを読んで決断と相成りました。

同じ市役所前の駐車場を使い 同じ南行ルートを取りました。

駐車場を出てから二ヶ所の神社とお寺さんを回って
久保町自治会館の横から香貫山の香陵台に向かいました。
最近のカル2のお楽しみも兼ねていたのです(^_-)-☆

車道は歩きたくなかったので地形図を見て久保町会館の脇から山道に入ろうと考えていたのですが散歩中の地元のおじ様にその道はやめたほうがいいと声をかけられました。
いのししが多い上に荒れてほとんど歩かれていないとか。

散歩中でこれから香貫山に行くから案内してくださるというのでおしゃべりしながら車道をあるいて香陵台に向かうことになりました。

コースの詳細は カルさんの山遊び日記2 を参照してください。

香陵台には五重塔があり きれいな富士山も見えています。
P21200231jpg
こちらには車で入れます。
トイレタイムや写真を撮る私たちはおじ様方とここでお別れです・・・
のはずでしたがすぐにまた再会することになりますhappy01

おじ様方はこのまま車道を進んで香貫山へ行くそうですが 私たちはトイレの向かい側から入る山道を選んで進みます。
ところどころできれいな富士山が見えます。
せっかくなので展望台は行こうよ ということで右の道を選びます。
P21200271jpg

やっぱり山道は気持ちいいです。
Dscf76631jpg_2

山頂への分岐を通過 車道に出てすぐトイレ脇から階段を上り 展望台です。
すばらしい景色ですね~♪
車でも来れるので夜景を楽しみにたくさん訪れるそうです。
Dscf76642jpg

駿河湾の向こうに真っ白な南アルプスも見えています。
Dscf76681jpg

沼津港です。
Dscf76671jpg

ここで先ほどのおじ様方と再会。
このあたりは毎日の散歩コースだそうで たくさんの人が歩いていらっしゃいます。
とっても親切で沼津アルプスへの取り付きが判りにくいから案内するとおっしゃって八重坂峠の登山口まで連れて行ってくれました。

Dscf76721jpg

Dscf76731jpg
香貫山から下りてきた途中のゴルフ練習場です。下には沼津市の水がめがあるそうです。
柿田川から引いているそうです。
おいしい水が飲めて なんとうらやましいこと!
このゴルフ練習場をなめて水源施設の横を通り 車道に出て 八重坂峠の登山口に向かいます。

低山だけれどきついからね!バカにしてはいけない!
ゆっくり 休みながら行きなさい!急坂が多いので雨の後は滑りやすいから3日後くらいがいいよ・・・とアドバイスもたくさんいただきました。
ほんとにありがとうございました。

心していよいよ出発!!
P21200471jpg

いきなり来ましたよ!
Dscf76761jpg

P21200511jpg

Dscf76781jpg

一段落 やれやれ
P21200561jpg

朝の光がいい気持ちです♪

Dscf76791jpg

横山山頂到着
Dscf76801jpg

ここから象山(徳倉山)までが一番きついところだとおじ様が言っていたっけ。覚悟しとこ。
Dscf76811jpg

横山峠通過 いよいよですか~。
P21200621jpg

来ました~!!うわっ~wobbly
Dscf76841jpg

P21200691jpg

なんて長い! 段差が大きいし 超急坂です。
危険なところはないのだけれど太ももも疲れたし 腕も疲れました。
終わりがなかなか見えてこない・・・・ふ~っ

なるほどね・・・・

やっと終わりかな。
最後は目にはなだらかなのに一歩が重くて重くて・・・
P21200701jpg

着きました~。徳倉山山頂!
ああ~気持ちいい山頂だこと♪
Dscf76851jpg

駿河湾と南アルプスも見えます。
P21200761jpg

広々山頂でお昼寝したくなるほどです。
このまま帰ってもいいわ~なんて(^_-)-☆
Dscf76871jpg

一番のきついところを越えたので気が楽♪
下りはじめこそ歩きにくかったけれどすぐ楽な道になりました。
香貫台分岐を過ぎるとこんな楽しい道です。
P21200851jpg
P21200881jpg

Dscf76881jpg

急なアップダウンが多く ロングなのでストックを使うことにしました。
やっぱり下りが楽です。
P21200931jpg

P21200951jpg

鷲頭山までまだ遠い・・・
P21200961jpg

志下坂峠通過。
周りが広々してきたので振り返るときれいな景色です。
Dscf76891jpg

P21201031jpg

志下山山頂
P21201041jpg

ここは少し小広くなっているし 展望はいいし 鷲頭山まで30分はかかりそうだし お腹もすいてきたのでここでランチタイムとします。
地元の山岳会の方とごいっしょになり いろいろおしゃべりに花が咲きます。
沼津アルプスは400回くらい歩いているそうです。

この山はリピーターが多いそうですがわかる気がします。
前日の祭日はこちらも座るところがないほどの人出だったとか。

私たちもとても気に入りましたが山の荒れ方とか トイレの問題とか 登山者が増えるに従い いろんな問題も起きてきてるそうです。
ツアー会社が300人もの人を連れてきたこともあったとか!

埼玉のほうはかなりな強風だったようですが こちらは風もなく暖かくぽかぽかしていつまでも座っていたいようです。

どっちから歩いたほうが楽ですか?とお聞きしたら南行(カルさんずの歩いてきたルート)のほうが疲れの感じ方が少ないようなお返事でした。
はじめに最高峰のピークを踏んでしまうと後のアップダウンがとても長く感じるとか。
香貫山まで歩かれる人は少ないそうです。

確かにそうです。最高峰のピークを踏むまでは緊張感がありますもの。
その後は短かったので精神的には楽に感じましたね。

ということでいよいよ最高峰へ   その2に続きます。

| | トラックバック (0)

« 2009年1月 | トップページ | 2009年3月 »