« 大山北尾根~イタツミ尾根(丹沢)               後編  09・4・23 | トップページ | 米山(越後 刈羽三山) 後編 09・5・7 »

2009年5月12日 (火)

米山(越後 刈羽三山) 前編    09・5・7


このブログの画像はクリックしていただくとさらに拡大されます。

毎年春のお彼岸 墓参のために故郷 新潟県の柏崎に行きます。
その時期にはまだ白く輝くりりしい姿の米山さんを眺めながらいつかあの山頂に立ちたいなあ・・・

2007年春の米山さん(993m)です。
2007nenn1

その時期が来ました。
さてどのコースで登ろうか?
調べてみるとルートがたくさんあって決めかねていると近所に住むミニクマさんご夫婦は 米山さんのふもと出身。

だんなさまのお勧めは下牧登山口から登り 大平登山口に下るコース。
大平コースは歩きやすいけれど階段がたくさんあるらしい・・・
1   

我が家はマイカー登山 下牧コースのピストンに決定!
高速道路料金 ETC1000円の恩恵を受けるためにGW最終日6日午後に神奈川県の我が家を出発。
高速道路は逆ルートなのでスイスイ~♪

柏崎の道の駅 《風の丘米山》にて車中泊。
きれいなトイレもあります。
何台かいっしょにお泊りでした。

出かけるとき 関東 長野は雨の中でしたが新潟は雨にはなっていなくて朝 目覚めると曇り空だけれど何とか大丈夫そう・・・
sunsunsunの予報だったんだけれどね・・・・

朝食を済ませると下牧登山口まで移動します。
途中で寄り道をしたので45分くらいだったかな。

ルート詳細などは カルさんの山遊び日記2 をあわせてご覧ください。


下牧地区の古い小さな小学校と多目的センターの前の駐車場に車を止めさせてもらいます。
トイレ 水道あり 登山届けを出すところもありました。
P50700341jpg
画像の正面の緑濃いところにお寺の屋根が見えていますが登山道はお寺の左側に伸びている林道を行きます。
駐車場の標高は275m前後のようです。

P50700371jpg

きれいな緑の中をゆるやかに登って行きます。
Dscf84981jpg

石仏がありこの先何度も姿をみることになります。やはり信仰の山なんだなあと実感します。
P50700401jpg

雪の重みで曲がっている豪雪地らしい杉林です。
Dscf85841jpg

もう盛りは過ぎていたけれど根元にはチゴユリが群生しています。
Dscf85861jpg
(上の2枚は下山時に写しました。)

杉林が終わるといきなりの急登が始まりました。
オオイワカガミがぼつぼつと咲き始め すみれなど小さな花もいろいろ咲いています。
ジグザグにぐんぐん登るのでひと汗かきました。
P50700441jpg

水野登山口からの道が合流してきました。
歩き始めてから30分くらいでした。
P50700451jpg

水野側が大きく開けて海が見えますがあいにくもやっています。
雪のついた山もうっすらと見えるだけで残念・・・
P50700471jpg

帰りにはここの木陰でのんびりランチタイムをしましたがワラビがぽこぽこ出ていてつみたい衝動にかられて困りました。
今日はまだこちらで泊まるので(^^ゞ

ブナが現れ段々と道が細く えぐれてるようになり 大雨のときは落ち葉と一緒に流されてしまいそう・・・
両側の壁にはイワカガミの花が増えてきてワォ~♪♪
P50700521jpg

久しぶりのご対面で~す。
P50700561jpg

赤いやぶ椿も地面近くでけなげに咲いています。
ちょうど花時のようであちらこちらと赤い花が目立ちました。
Dscf85051jpg

ピストンだから花の撮影は帰りにね。
と言いつつもう!だめ~。
Dscf85112jpg

横目でオオイワカガミの花を眺めつつ 細く きつくなってきた登山道にフーフー。

やがて穏やかな道になりホッとします。
緑がいいね~♪
Dscf85161jpg

太いブナも目立ち始めてブナ林区間に入ったようです。
P50700661jpg

いい気持ちlovely
芽吹きから新緑に移るころかな と期待していたけれど思いのほか緑が進んでいました。
雪解けが早かったようです。
下調べで上部は雪が残ってるかもしれないと用意をしてきたけれど最後までまったく雪はありませんでした。
P50700691jpg

こまのこやに到着。
Dscf85211jpg

米山はブナの山だとは聞いていたけれど驚くほど太い木がたくさんありました。
P50700731jpg

こやのすぐ上にたくさんの石仏が並んでいます。
思わず手を合わせてしまいますね。
P50700751jpg

P50700771jpg

大木群にためいきです。
Dscf85221jpg

新緑にピンクは良く似合うhappy01
Dscf85251jpg

ブナ林の中は穏やかな道とえぐれ道を繰り返しながら高度を上げていきます。
Dscf85281jpg

水野からの道がもう一つ合流してきました。
Dscf85291jpg

付近のたくさんのオオイワカガミはまだこれから盛りが来ます。
下の合流地点から写真を撮りながらですが50分ほどかかってます。

10分ほど登ると木の間に山頂が見えるようになり 避難小屋があるところに出ました。
女しらばというところらしい。
後でミニクマさんから大昔は女性はこの先へは行けなかったのだと聞きました。
いかにも信仰の山ですねpout
P50700911jpg

小屋の左手から急降下してやせ尾根を通過して登り返します。
P50700931jpg_2

両側に谷を見下ろしながらやせ尾根を通過しますが今日は天気がいまいち 遠望が利かないけれど山肌の濃淡がすごくきれい!
Dscf85301jpg

おや?階段が!・・・
でも長く続かない。
2回目の水野からの合流地点から山頂までは30分ほどで 一度下ってからだらだらと登って行くのだけれど意外と長く感じました。
Dscf85311jpg

やっと雪が解けたという感じで芽吹きはじめです。
足元には何種類かのスミレが可愛く 励ましてくれます。
P50701011jpg

展望が良くなってきたのに何も見えません。
すごく残念です。

やってきました!!山頂です!
P50701071jpg

薬師堂の後ろに回り 柏崎の街を見下ろしてます。
感慨深いです。
P50701171jpg

来年の春のお彼岸が楽しみです。
どんな思いで米山さんを眺めるのでしょうかhappy01

帰りはたくさんのオオイワカガミをゆっくり堪能しながら登ってきた道を下ります。

たくさんのオオイワカガミさん登場です。

     後編に続きます happy01

|

« 大山北尾根~イタツミ尾根(丹沢)               後編  09・4・23 | トップページ | 米山(越後 刈羽三山) 後編 09・5・7 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/168280/44973805

この記事へのトラックバック一覧です: 米山(越後 刈羽三山) 前編    09・5・7:

« 大山北尾根~イタツミ尾根(丹沢)               後編  09・4・23 | トップページ | 米山(越後 刈羽三山) 後編 09・5・7 »