« 刈羽黒姫山(越後 刈羽三山) 前編    09・5・8 | トップページ | せめて公園散歩で・・・     レンゲツツジ情報を少し   2009・6・2                 »

2009年5月13日 (水)

刈羽黒姫山(越後 刈羽三山)  後編     09・5・8

山頂下の鵜川神社で無事 木製の狛犬さんに会うことができ よかった良かった♪

黒姫キャンプ場から山頂までの 
前編はこちらからどうぞ

黒姫キャンプ場からピストンして最後の刈羽三山 八石山に向かう予定でしたが雪もなし 黒姫峠からの登山者もいたし カル2の目的の狛犬さんにも会えて気分がいいせいか グルリップしたくなりました。

地形図では黒姫峠から磯之辺への下る道が書かれていたのです。
もし 入り口で不安を感じたら戻ってこようと鵜川神社の右横から歩き出します。
P50802721jpg_2   

キャンプ場からの道は人の手も足もたくさん入ってる道だったけれどこちらは素朴な山道です。
1_3

細い尾根道だけれど足に優しい道が緩やかに続いています。
Dscf86371jpg

こちらの道は少し春が遅れています。まだショウジョウバカマがきれいに咲いていました。
他に花は少ないけれど秋はどんなにいいだろうと想像ができました。

オオイワカガミの花が目立つようになり ルンるん♪
何度見ても飽きないね。
1_4

ほんとに今回の山行きはオオイワカガミ三昧でした♪

あまりたくさんの人が歩いてない細い道なので道端にもいっぱい咲いてるんです。
ストックをつく場所に神経を使って歩いてます。
1_5

こちらにも石仏がところどころにあります。

あらら 登山道の真ん中にイワカガミが!
有名な山では考えられないね。
Dscf86391jpg

いかにも山道という感じ
いいですね~。こういう道のほうが楽しい。
Dscf86421jpg

こちらの道はまだつぼみです。
P50802871jpg_2

踏まないように気をつけて歩かなくちゃ!
Dscf86431jpg

いい道だね~♪
P50802881jpg

鵜川神社の広場からゆったり歩いても28分で黒姫峠に着きました。
さて?磯之辺に下る道がわからない・・・
二人で気をつけていたんだけれど・・・
Dscf86451jpg

すぐ近くの木の根元にも指導標がありました。
山頂まで40分 白倉まで1時間10分 清水谷 林道まで40分と書いてありました。
Dscf86461jpg

戻るか 清水谷方面に行くか  白倉へ向かうか・・・
付近をよく探してみたけれど磯之辺方面に下る道が無い。

清水谷へは向かってはならないことは頭にあったので(車に戻るのにお金も時間もかかるので)パス。

白倉への道があまりにしっかりしたいい道に見えたので鵜川神社まで戻るよりこの道下ってみよう。
時間もたっぷりあるし 八石山は断念してもいいよね。

そして白倉登山口に向かいました。
民家近くなり 作業をしていたご夫婦に尋ねたところ 磯之辺へ下る道はなくなったことが判明!
雪崩と地震の被害で谷ごと崩れ落ちたとのこと。
いくら探しても無いわけです。
きっと入り込まないように隠されていたのね。

現在は黒姫キャンプ場から周回できる道は無いとのことです。

先日も白倉登山口に降りてきてタクシーでキャンプ場まで戻った人がいたそうです。
その人たちも地形図見て歩いたのね

下り始めるとすぐ純白のイワカガミが!
P50802941jpg

やっぱりいい道です。
P50802961jpg

P50802971jpg

P50802981jpg

きれいなイカリソウ 今年最後のご対面かな。
Dscf86501jpg

P50802991jpg

素晴らしいブナ林です。
P50803031jpg

P50803011jpg

Dscf86561jpg

気持ちいい森の中を歩いてます。
P50803071jpg

なんて美しい~
Dscf86581jpg

緩やかに穏やかな道がずっと続いてます。
まだ若い明るく素晴らしいブナ林です。
秋を想像するとぞくぞくしてきます

だいぶ下がってきました。
P50803081jpg

まもなく林道終点につきました。黒姫峠から32分でした。
少し小広くなっています。
Dscf86591jpg 
 

この先 途中に右に入る細い道があり よく踏まれていたので入ると赤テープがつけられていました。
山菜取り(?)している男性一人を見かけてなんとなくホッ
快適にぐんぐん下ります。

再び右に入る道があり 途中に階段もつけられていたので下ってみたら道がなくなり 元の道に戻るとすぐ未舗装の林道にぶつかりました。

黒姫峠を出てから指導標類は一切無く 地形図を見ながらの判断です。
このぶつかった林道を右に進むと右道脇に登山道の標が!
細い道が杉林の中に延びていました。
あれ?どこにつながっていたんだろう。
逆に歩いてみたいなあ・・・
P50803181jpg

クサリのついたゲートを過ぎ(クサリははずされていたけれど)舗装道路になりました。
てくてくとひたすら下り 廃村になった白倉集落の水場で喉を潤し 一休み。

さらに鬼沢川沿いに県道424を下っていると田んぼの作業をしているご夫婦に出会い 黒姫峠から磯之辺への道のことを教えていただきました。

とてもご親切なご夫婦でせっかくとったネマガリをこれも縁だからと全部くださいました。
おいしくいただきました

さらに10分弱歩くと高柳岡田地区の国道252が見え 時計を見るとまだ12時前でした。

ちょっと寄り道してから和菓子屋さんで電話番号を教えていただき タクシーに来てもらって黒姫キャンプ場の愛車に戻りました。
どのくらいかかるかな と少しどきどき・・2650円でした。
このくらいならこの道選んでよかったな

八石山に行くには少し忙しく 楽しめないと思ったので改めて秋にでも出直すこととしてじょんのび村で温泉に入りさっぱり。

八石山の南条登山口の下見をしたり カル2のお楽しみを探して時間調整をし 夜中に神奈川の自宅に帰ってきました。

米山 黒姫山ともに 標高は低いけれど中身の充実したいい山行でした♪
ただし 虫たちにはご注意を!!
首にタオルを巻いていたにもかかわらず いっぱい刺されました

前編はこちらからどうぞ

|

« 刈羽黒姫山(越後 刈羽三山) 前編    09・5・8 | トップページ | せめて公園散歩で・・・     レンゲツツジ情報を少し   2009・6・2                 »

コメント

カルディナさん!再び登場です!!!

えへへ。こちらのお山も3月にじっくりと見てきたお山です!
山容がどっしりと優しいイメージのお山で
親分がしきりにこのお山絶対に綺麗だよと
話していたんです。 

確かに、登山道の真ん中にあんなに立派な
オオイワカガミさんが咲いている所は
本当に珍しいです!
静かなお山は自然がしっかりと守られていて
ずっとこのままで居てくれたらななんて
レポを読んでそう思いました。

それと!間違いなく!ルートが見つからなかったのはいつもお山やみんなに優しいカルさんず
さん達を危険な場所から遠ざけたくて
きっとお山が無言で入り口をふさいで
居てくれたのだと思います!

一期一会の素敵な山旅レポ!とっても楽しく
そしてなんだかとてもよい時間が流れていたのが手に取るように見えたアフーであります♪
カルディナさん!ありがとうございます!
そして・・・なんだかめちゃくちゃ長いコメントになってしまいました。ごめんなさい。m(._.*)mペコッ

投稿: アフー | 2009年5月16日 (土) 03:27

カルディナさん、こんにちは。

お天気がはっきりしない週末は、
カルさんずのレポを見るのが習慣です。
以前のものもじっくり拝見させて頂いてます。
やっぱり、素敵な山選びですね。
今回の米山、黒姫山も素敵な山ですね。
行ったことがありませんので、予定リストにしっかり入れました。

登山道にお花が咲いてると、脇に植え替えたい気持にかられますが、
踏まれないことを祈って、ぐっとガマンします。
気づかないうちに自分が踏んでいることもあるかもしれませんが…。

イワカガミとイカリソウ、綺麗ですね。
白いお花は、凛とした印象を受けて素敵です。
あっ、天城山で白いシャクヤク見てきました。
後でレポをアップします。
でも、先にカルさんずの以前のレポをハシゴしようっと!

投稿: ヒサ | 2009年5月16日 (土) 11:09

↑ カルディナさん、ま、まちがえました。

(誤)シャクヤク → (正)シャクナゲ

自分のレポも総てシャクヤクになってました。
私の頭はひと足早く、梅雨入りしてしまったようです。

投稿: ヒサ | 2009年5月16日 (土) 22:39

アフーさ~~~ん
いらっしゃいませ~~~♪
マイナーな山なのにきてくれてありがとう。

米山さんに登ることがはっきりしたときわざわざ出かけて行くのだから他にも優しく登れる山はないかと探して見つけました。
改めて山姿を見ると標高の割りにどっしりしてきれいなんだよね。

刈羽三山は 八石山が残ったけれど出なおしますよ~。
なんたってしつこいカルさんずですから

信濃黒姫山と刈羽黒姫山ともう一つ 黒姫山が近くにあるの知ってる?
青海黒姫山 糸魚川のほうにあります。
こうなったらそちらも登りたいなと思ったらどうも入山するのに許可が要るみたいでそれも面倒かなあ・・・なんて思ってるところです。

下りに使ったルート すぐ足元にはオオイワカガミがずらりと咲いているし 素敵なブナ林もあるし マイナーにしておくにはもったいない と思ったけれど登山道がほんとに細くて イワカガミさんの将来を思うと複雑です。

一期一会ってほんとにいい言葉ね。
道の様子を尋ねただけなのに 遠くから来てくれてありがとうって 
あの方たち これも縁だからってせっかく苦労して採ったネマガリを惜しげもなくくださって・・・
ほんとにおいしくいただきました


投稿: カルディナ | 2009年5月17日 (日) 00:23

ヒサさ~~~ん
いらっしゃいませ~~♪
過去レポ読んでくださってありがとうございます。
人ごみが苦手なので静かな山 ルートを選んでしまいますね~。

ブログを初めてからバリルートばかり歩かれてる先輩に出会ってよけいに静かな山選びになったようですね。
踏み固められた固い登山道しか知らなかったのに足に優しいふかふか道の味を覚えてしまったらもうだめですね

そういうルートってたいがい道が細いじゃないですか。
お花の時期は神経使いながら歩くようになりますよね。

この下りルートは新緑の緑と白い花のコントラストがとってもきれいでした。
特にあの白いイワカガミとイカリソウ
両方とも純白で透き通るようにきれいでしたよ。
米山さんがピンクで艶やかだったので対象的でした。
すぐ近くの山なのにおもしろいね。
ほんと性格が違う。

えっ!?シャクヤク?・・・
なんてうらやましい驚きでしたがシャクナゲだったのね。
まだ 山でヤマシャクヤクに出会ったこと無いの。
自宅のネコの額には購入した花があるんだけれど山でお会いしてみたい花です。

もちろんシャクナゲもきれいよ~(笑)
ここのところ所用に追われてヒサさんところへ行くのだけれどなかなかコメが入れられませんでした。
あしたゆっくりおじゃましますね。
正直な話うずうずしてたの

投稿: カルディナ | 2009年5月17日 (日) 00:47

2/3山でしたけど、八石山はまた「次回もおいで!」ということですね。
昔は計画が残ってしまうと悔しい気分だったのですが、今は楽しみを先送りにした感じで悔しいと思わなくなりました。
カルさんずにとってもまたコチラ方面へ行く理由が残って、それはまたそれでいいことなんじゃないかなーって感じました。
米山、冠雪期の姿はとても1000mに満たないとは思えないほど立派な山ですね。
刈羽黒姫山、地元の人との暖かい会話がいいですね! 街では知らない人から声を掛けられるとまず身構えてしまいますが、山で出会う人はほとんど悪い人がいない(と思う)ので、身構えずに言葉を交わせます。
今回カルディナさんが出会った方々もみんないい人で展望はなかったですけど楽しい山行でしたね。
いつの日か、3山目、八石山に行けるといいですね。

投稿: HANZO | 2009年5月18日 (月) 17:31

HANZOさ~ん いらっしゃいませ~~♪
カルさんずは計画が残ることなんてしょっちゅうです(^^ゞ
でもね。リベンジしたとき いつも100%満足できるような山行きになってるから全然悔しくありません・・・・なんて少しうそ
そのときはやっぱりすごく残念に思ってますよ~。

リベンジって初めてではないということでしょ。
いつも気持ちにゆとりが出来て余計に楽しんでる気がします。
今回も駐車場と取り付きの下見をしてきたのでリベンジしやすいです(^_^)v

米山さん そうでしょう!?
いざ 登ろうと調べて驚きましたよ。
1000m無いなんて思えませんよね。
柏崎の街から見える白い姿はほんとにかっこいい♪

山に行きながらいろんな地元の人たちともふれあいますよね。
どこの人もほんとに親切で心温かい人たちですね。
四季のある自然の中で暮らしてるからでしょうか・・・

神奈川から来たと話したら遠くから来てくれてありがとうって
そして道の様子を尋ねただけなのにこれも縁だからって・・・

国道に出る手前で寄り道してたらあの方たちのトラクターが走ってきたのが見えました。
きっとタクシーが呼べたか心配になって追いかけてきてくれたんだな と感じました。

自分はこんな風に対応できないだろうな とちょっと情けなくなりました

しつこいカルさんずです。
早ければ今年の秋にはリベンジしに行きますよ~。
新潟の秋も味わってみたいな。


HANZOさんもレポつくり お疲れ様です。
楽しく読ませていただいてますよ。
KAMIちゃんの写真いいですねえ。
カルディナ好みで~す
山もきれいだし 緑の兼六園もきれい。
カルディナは冬のまだ冬囲いのされた兼六園でした。

投稿: カルディナ | 2009年5月18日 (月) 23:14

カルディナさ~ん、お久しぶりになってスイマセン!
「ただいま!」ってこちらにも書いとこうかな

なんて美しい森なんでしょぅ~ヽ(´▽`)/
展望がないとちょっとクヤシイけれど、
そう言う時って(展望に気を取られず)、
木々をじっくり見ながら歩けるので、
それも好きです(*^m^)
こんなしっとりした山の中もダイスキです。

イワカガミって、何度見てもほんまにカワイイ(*≧m≦*)
今年は全く春のお花を見に山に行けてへんのですが、
いっつもカルさんずのレポで楽しませてもらってます(゚ー゚)オオキニ♪

投稿: ぽてと。 | 2009年5月19日 (火) 19:49

ぽてと。さ~~~ん 
おかえりなさ~~~い

GWいろいろとお疲れ様でした。
疲れが取れましたか?
ちょい山の緑もきれいでしょう。

新潟の山は芽吹きから新緑の淡い緑を期待してたんだけれどしっかり新緑を越えてました。
お陰でぽつんぽつんだろうなと思っていたイワカガミがわんさかわんさかと!
やっぱり今年はいろんな花が早そうですね。

雪のついた越後の名峰を楽しみにしていたんだけれどこれは残念でした。
欲張ったらいけないね

ぼちぼち動き始める?

投稿: カルディナ | 2009年5月19日 (火) 23:59

ふう~! いっぱい歩いたぞー!(笑)
私は米山と黒姫、一緒に歩いちゃいましたから。(笑)

黒姫山っていうのも いくつもあるのですね。
米山もそうだけど 黒姫も隊長の口から何度も聞いています。
隊長は新潟の山、好きみたいですよ。
よくいろんな山の名前を出してますもん。
(全然登れてないけど)

なんていうか もやと新緑がマッチして
すごく幻想的。
そしてここにもやっぱりイワカガミちゃん。
イカリソウは もう今年は無理そうだ。(涙)

最初の下山ルート・・無くなってしまっていたんですね。
無事で良かったです。
向かってる道が駄目でも すぐに計画を立て直せてすごいな、って思いました。
私たちは 戻ることしか脳がないっていうか・・・。
しかもスタート地点とは別のところに着地しても
しっかりタクシーを呼んで冷静に対応してるし・・・。
私たちならどうするだろう。
ちょっとドキドキしながら読ませてもらいました。

有名な整備されてる山は安心だけど
通俗的になってしまっていて
面白みには欠けるかもしれませんね。
カルさんズのレポを見てるといっつも思わずにいられません。
「本当に山が好きなんだなー」って。
自分達の山歩きを しっかり確立されてますよね。
私も隊長も見習わなければ。
ん?パパさんは?
ああ・・パパさんは 生涯ヤマヤさんにはなれないと思うので。
(今でも海の話ばっかりしてますから。汗)

カルディナさん、カル2さん、お疲れ様でした。
でも楽しかったー!っていうのが
こちらにビンビン伝わってきましたよ。
私もおすそ分けいただいてうれしかったです。
ありがとうございましたー!

お次はどのあたりかな?
また楽しみにしています。

投稿: 弱足ママ | 2009年5月22日 (金) 17:21

ママさ~ん こちらにもありがと
隊長が米山さん知っててくれてうれしい~(^_^)v
刈羽の黒姫は 以前戸隠のそばの黒姫山に登ったとき検索にたくさん出ていたのよね。(こちらは信濃黒姫山というそうです)
青海黒姫山も・・・
ちょっと興味をそそられたけれどこんなに早く登れるとは思わなかったです。

すぐに計画を立て直せるのは一応いろんなルートも調べてあるからかなあ。
でも今回のような土地勘の無いところは特に要注意です(^^ゞ
清水谷は頭の中で警戒していたけど白倉は大体の方角しかあたまにはいってなかったの。水上 という地名はまったくわからなかった。
白倉ももう廃村になっていて水場に白倉って書いてなかったらどこに居るのかもわからなかったもの。
タクシー呼ぶにしてもきっと柏崎か十日町から来るんだろうから5000円以上はかかるだろうと覚悟してました。
営業所が近くあったようで意外と安くすみました(^^ゞ

グルリップしてタクシーで車に戻るなんて事何回かしているので国道に出れば何とかなると思っていたわけです。

登りたくなる山が出来るときっておもしろいね。
ママさん はじめみんなからもたくさん教えてもらったものね。
なかなか思うようには行けないけれど。

たぶんこの時期の新潟の山にはあちらこちらとイワカガミさんがいるとおもうよ。それも大型の花のね(^_^)v
きっと近いうちに出会えると思いますよ。

ママさんちもスタイルが決まってるではないですか。
いろんなスタイルでそれぞれ楽しめるから山って魅力的なんだと思うね。

みんな次はどこの山を選ぶんだろうとすごく楽しみです。
カルさんずの次回は二つのうち一つです。
迷ってます・・・
甲乙つけがたい・・・

投稿: カルディナ | 2009年5月22日 (金) 22:13

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 刈羽黒姫山(越後 刈羽三山)  後編     09・5・8:

« 刈羽黒姫山(越後 刈羽三山) 前編    09・5・8 | トップページ | せめて公園散歩で・・・     レンゲツツジ情報を少し   2009・6・2                 »