« 2009年6月 | トップページ | 2009年8月 »

2009年7月

2009年7月30日 (木)

猫魔ヶ岳~雄国沼 グルリップ(福島)  後編               2009・7・23

荒天を少しでも避けたいと福島の猫魔ヶ岳・雄国沼グルリップにやってきました。
猫魔ヶ岳から反時計回りに雄国沼に下りて休憩舎に到着。

ここまでの様子は 前編 でご覧くださいhappy01

一休みしてニッコウキスゲで有名な湿原に向かい林道を歩きます。
途中で湿原に向かう遊歩道に入るけれどこの道も沼側が荒地で沼が見えません。
太目のブナがあったりして気持ちのいい道なのにもったいない気がします。
P72300651jpg

Dscf92752jpg 

Dscf92771jpg

30分ほどで金沢峠からの道に合流して湿原に入ります。
金沢峠まで車で入れるので観光の人が降りてきます。
Dscf92811jpg

Dscf92821jpg

Dscf92831jpg

お目当てのニッコウキスゲ 少しは咲き残ってくれてるかと期待したけれど見事に振られましたbleah
こんな状態です。
1_2 

Dscf92871jpg_3

静かですね。
周りの山々には雲がかかり 怪しい天気だけど頭上は何とか大丈夫そうなので2ヶ所作られてる一つのベンチでランチタイムです。
ニッコウキスゲはザンネンだったけれど貴重な時間を得ることができました。

湿原は湿原というより”原”になりつつある感じです。
ニッコウキスゲ・バイケイソウ が終わり コバギボウシ・ヤナギラン・コウリンカなど夏の花が咲き始めたところでした。
Dscf92841jpg

Dscf92961jpg

Dscf92901jpg

P72300871jpg

だんだんと人も増えてにぎやかになってきたので腰を上げて金沢峠に向かいます。
先ほど合流したところを過ぎるとありゃ~!延々と続く階段!!
段差が低いので我慢するけどね・・・
P72300931jpg_2

金沢峠に着くと学校登山でしょうか?子供たちがにぎやかです。

峠から見る雄国沼
Dscf92991jpg

私たちは右下に見えてる会津の町を見下ろしながら南へと舗装された車道をたどります。
青空が広がり日差しの暑いこと。
P72300961jpg_2

Dscf93001jpg

金沢峠から30分弱舗装された車道を歩くと車道が右に直角に下るようになります。
ここで車道とさよならして、直進しゲートの脇を通り抜けます。
Dscf93021jpg

Dscf93031jpg

古い林道ですね。
Dscf93051jpg

ほとんど水平道で道ははっきりしていて楽チンですが草丈が伸びすぎて背丈ほどの薮こぎをするところがありました。

あまり使われていないようだけれどこの道はエアリアの登山道なのでこれから草刈をしてくれるのでしょうか?

猫石・猫魔ヶ岳が見えてます。
あそこまで戻らなければ・・・
P72301031jpg

朝使った猫魔ヶ岳やまびこ探勝路に比べると傾斜がほとんどなくゆるゆると登って行くので楽チン なおかつ静かだけれど面白みに欠けます。

傾斜がつき始めると紅葉がきれいそうな林になったので秋は楽しめそう。
水の音が聞こえ 沢沿いに歩くようになると水場に到着。
標が何もなく 草に隠されてるのでこのブナの木が目印です。
Dscf93061jpg

おいしい水でした。
地形図を広げ もうすぐ分岐だな。と思ったら1分もしないで分岐でした。
Dscf93091jpg
直進は厩岳に向かいます。
エアリアの地図には分岐道標は無し と書いてありますが新しい指道標が作られていました。
猫魔ヶ岳は左 赤ひもの下がっているほうに曲がります。

20分ほどで朝通過した分岐に到着。
はじめは緩やかに最後はぐぐっと登っています。
Dscf93111jpg

猫石の頭が見えてくると分岐です。

Dscf92511jpg_2

涼しい風が気持ちよくていつまでも座っていたくなるけれど 最後の登りを頑張って山頂でゆっくりしよう。

朝 急降下した分 登りがきついけど短いからガンバ!

猫魔ヶ岳山頂に戻ってきました!!
桧原湖が朝より良く見えてますが他の展望はまったくだめでした。

湿った風が強く吹き 天候が悪くなる気配です。
翌日天気予報見たらやはり雨でしたね。
磐梯山の後に登ってこられたグループさんは翌日 蔵王だとか。
大荒れになっていないといいけれど・・・
P72301121jpg

時間的にもまだ早いので私たちもコーヒータイムといきたかったけれど風が強すぎて早々に下山開始。
朝 気がつかなかったシャクナゲに気がつきました。
Dscf93141jpg

山頂直下の急降下が過ぎると登りやすかった道は下りも歩きやすい。
展望台まで下ると猪苗代湖が見えました。
磐梯山の頭の雲はなかなか取れず だんだんと下に下がってきましたね。
P72301181jpg

Dscf93161jpg

再びきれいなブナ林に戻ってきました。
Dscf93191jpg
木漏れ日が差込み明るいブナ林です。
お日様は期待していなかったのにこれだけでも幸せな1日でしたhappy01

14時51分 無事に愛車に戻り 磐梯山表登山口の国民宿舎で日帰り温泉を使わせてもらい さっぱりとして夜中に帰宅しました。
帰りも那須あたりから雨になり どしゃ降りのところもありました。

    終わりです。 前編 はこちらからどうぞhappy01

| | コメント (11) | トラックバック (0)

猫魔ヶ岳~雄国沼 グルリップ(福島)  前編                    2009・7・23

なるべく良い条件で山へ行きたいカルさんず。
天候が不安定な日々が続き 山選びに四苦八苦して、やっと何とかセーフかなと。
昨年磐梯山に出かけた時 残してきた猫魔ヶ岳から雄国沼にGO!

手分けして地図をコピーして日帰り温泉を探して、21時過ぎバタバタと福島に向けて出発!

カルさんの山遊び日記2 も合わせてご覧くださいねhappy01

東北道に乗るとまもなく雨が降り出す。
日光 那須あたりはどしゃぶり。奥日光周辺も候補に上がったけれど避けて正解だったね。

福島県に入ると路面が濡れていない。うまくいくかも~happy01

磐梯山SAにて車中泊。翌朝は雨は無し。よかったね~(^_^)v
磐梯山も見えてるよ~。
Dscf92231jpg

磐梯山ゴールドライン八方台登山口に到着。
猫魔ヶ岳から雄国沼を巡って反時計回りにグルリップします。

夏休みに入ったとはいえこの陽気のせいか 駐車場はがらがら。
磐梯山に登った秋はすごかったのに。

6時6分 気分も軽やかに磐梯山と反対方向に出発♪
Dscf92251jpg

1分ほどで猫魔ヶ岳登山口です。
右に登山者カードボックスがありました。
P72300051jpg

すぐに気持ちの良いブナ林になります。
Dscf92271jpg

P72300101jpg

雨具着用で歩く覚悟だったので大好きなブナ林を身軽に歩けてうれしい♪
Dscf92301jpg

たくさんの虫さん攻撃も覚悟していたけれどまだ朝早いせいか お休み中のようですsmile

傾斜もなだらか 良い気持ちで25分ほど歩くと1312mのピーク通過。
ブナが少なくなり 雑木の樹林帯にかわりますが残念ながら足元にお花はないですね・・・

こんな案内が0・5Kごとに立てられて目安になってます。
Dscf92321jpg

相変わらず歩き易い穏やかな道が続いていたけれど10分ほどすると突然急登に変わり いよいよきましたねsmile
P72300171jpg

山頂まで0・5kの案内を過ぎるとまもなく展望のいいところに出たけれどああザンネン 真っ白です。
P72300181jpg

Dscf92351jpg

ほかに2回ほどのアップダウンを過ぎて長い階段の始まりです。
P72300201jpg

一汗かいて、最後は短いながらもきつい登りで岩場を越えて山頂です。
Dscf92361jpg

P72300221jpg

やっぱりまっしろ~despair
一息入れてるとおや?おや?・・雲が流れて青空が出てきました♪
Dscf92421jpg

桧原湖が見える♪
P72300351jpg

トンボ少佐もたくさん飛んでいます。
画像の黒い点はトンボ少佐たちです。
P72300371jpg_2

磐梯山バックに やった~(山が見えてネ)♪
Dscf92481jpg 

真っ白の世界で終わると思っていたのにうれしい誤算ですhappy01

贅沢を言えば猫魔のスキー場は時々現れていたけれど磐梯のスキー場は一度も姿を見せてくれませんでした。

今回は展望がだめだったけれど晴れていたらきっと魅力的な山頂です。
磐梯山が目の前に大きくそびえ 北に桧原湖 南に猪苗代湖 そして一等三角点からは眼下に雄国沼。

う~ん ザンネンね~!
これ以上は良くなりそうもなかったので雄国沼に向けて出発。
雄国沼を見下ろすと左に猫石が見えていました。(帰りに猫石であることを確認)
Dscf92491jpg

ここで展望とさよならです。深い樹林の中をひたすら下ります。
Dscf92501jpg

下りきるとT字路の分岐です。
帰りはこちらに出て猫魔ヶ岳山頂へと帰りました。
Dscf92511jpg

今は右手に進み すぐ先が猫石です。
Dscf92521jpg

秋はいいだろうなあ・・・と思いながらどんどん下ります。
足元はとても歩き易い。
P72300441jpg

Dscf92551jpg

ちらりとも沼が見えないのがザンネン。
青い山あじさい(?)が慰めてくれます。
P72300471jpg

傾斜が穏やかになり しばらくすると雄国休憩舎の案内が出ました。
P72300481jpg

猫石から20分ほどで一つ目の沢に出合いました。
Dscf92581jpg

沢を渡るといい感じ~♪の林の中の穏やかな道になり ひんやりとした空気がなんとも気持ちが良いです。
この日は蒸し暑さ最高の日だったようですが山の中はひんやりした風が流れ快適 快適♪
P72300521jpg

Dscf92601jpg

とっても気持ちがいいのだけれど足元には花が何もなく 沼の姿もまるで見えません。
このコース どこかで沼が見えるともっと魅力的なコースになると思うけどね~。
木が大きくなりすぎて無理というものかな。

再び小さな沢を渡り 同じようなブナ林の道が続き いくら気持ちがいいとはいえ少々飽きてきたね。
夏の花がちらほら見え始めると突如沼が見えました!
Dscf92611jpg

沼畔に出たことがわかったのでこの沢で手を荒い 冷たくておいしい水を飲んで一休み。

沼畔の草刈をしてくださってる脇を通りながら休憩舎に向かいます。
やっとお花がいろいろ出てきました。
P72300611jpg

P72300561jpg

1

車の通る林道に変わり 休憩舎に到着。
無料で中にきれいなトイレがあります。
中は広々として悪天の時にはにぎやかなランチ場になるんでしょう。
Dscf92721jpg
昨夜遅く バタバタと神奈川県の我が家を出てきたので仮眠したとはいえ睡眠不足で眠くなってきたねと休憩舎前のベンチでゴロリ。
気持ちがいいねえ・・・

遠望が良さそうなら目の前の雄国山ピストンしても?と考えていたけれど期待できそうもないので一休みした後 湿原に向かいます。

湿原の模様は 後編 に続きますhappy01

| | トラックバック (0)

2009年7月22日 (水)

小雨の中のお散歩       後編               石垣山・一夜城(小田原)   2009・7・21

NHKの大河ドラマを見ていて 石垣山・一夜城に行ってみたいなあ。
カルディナの一言で どうせ どこへ行っても山は雨だし 行こうか。

初めの計画 東北はずっと雨の予報。
北アも長野も・・山梨はもっと最悪。
せめて長野の予報が良いように出ている日まで待つことにしてお散歩に出かけました。

箱根に近いのでたびたび出かけ 石垣山・一夜城の存在は知っていました。
でもこれまでのカルディナには興味も薄く したがって行った事がなかったのです。

広々とした空き地のような駐車場につくと傘がいるような雨になました。
風がないので傘をさして歩き始めます。
P72101131jpg_2

Dscf91522jpg_3

石垣山たるゆえんかな。
あの頃の石垣なのかしら?
Dscf91532jpg_2

P72101161jpg_2

遊歩道が迂回して作られてるけれど山好きさんは岩の間を直登していきます・・・なんてかっこういいけれど10分もしないで山頂(本丸)に着いてしまい あら~ザンネン もう終わり~(^_-)-☆

Dscf91541jpg_2

このようにところどころ跡の標が置かれています。
P72101172jpg_2

山で言う道標の上に何やら載っています。
ひょうたんです。納得!
あちらこちらにあります。
Dscf91592jpg_2

この道標の目の前の石段を登るともう 山頂 本丸跡です。
Dscf91601jpg_2

本丸跡です。
Dscf91611jpg_2

Dscf91621jpg_2

Dscf91641jpg

向かって右となりが物見台(展望台)ですがあいにく何も見えませんweep
Dscf91631jpg

小田原城を見下ろしたかったのに~・・・
P72101251jpg

豊臣秀吉という人はほんとに思考回路がおもしろい。

Dscf91651jpg

広々して大木がたくさんあって晴れていても涼しいでしょう。
P72101341jpg

Dscf91671jpg

シャガの花があちらこちらとたくさん植えられて花の時期は壮観だろうと思うけれど山百合ももう少し増えるといいなあ。
Dscf91841jpg

石垣山の最高地点が天守台跡です。(天守閣になるのかな)
その天守台跡に向かっています。
P72101351jpg

天守台跡から本丸跡 お社を見ています。
すご~く広いスペースではないですね。
この小さな城のために北条氏は滅んだんですね~。
Dscf91711jpg

本丸跡に戻り下を見下ろすと広々した緑の広場が見えました。
二の丸跡でした。

二の丸跡に降りていきます。
石垣の名残を残してあります。
Dscf91731jpg

振り返ると本丸跡の大木群が見えます。
Dscf91721jpg

少し下ると二の丸跡をぐるりとまわれるように遊歩道が出来ています。
P72101401jpg

二の丸跡に降りてみると白いクローバーがいっぱい!
天気の良い日にごろ寝をしたら気持ちよさそう。
Dscf91771jpg

本丸跡を見上げると石垣の名残が見えます。
P72101422jpg

奥に少し入ると展望台がありました。
Dscf91781jpg

ここから見える山々です。
P72101461jpg

二の丸跡に戻ると櫓台跡がありました。
P72101492jpg

櫓台跡から見て 二の丸跡 そして石垣の上に本丸跡があります。
P72101511jpg

もう少し見所もありそうだったけれど雨がやみそうもないし スニーカーも濡れてきたので帰ることにしました。
お弁当を持ってのんびり するにはいいところかもしれません。
近くに目を向けると色々いいところもあるんですね~happy01

P72101551jpg

大河ドラマ再放送を見直そうかしらsmile

神奈川は今日も雨・・・
出かけたい山の天気予報も微妙にコロコロ変わる・・・・
カルさんずはどこへ行くsmile

| | コメント (6) | トラックバック (0)

小雨の中のお散歩   前編                中井蓮池の里      2009・7・21

3連休後に東北へ・・予報も良いよhappy01
ところが ところが・・どんどん予報が悪くなる・・weep
遠くへの遠征は悪い状態では行きたくない。

チャンスを待ってる間に日数が足りなくなり またの機会に仕切りなおし。

近場で一泊2日か日帰りで・・・に切り替えてチャンスを待つことにする。
そして小雨降る中をトレーニング(smile)をかねてお散歩に出かけてきました。

急階段の神社巡りはいつかカル2のブログに登場するでしょうからこちらではカルディナの趣味の目でbleah
1   

まずは神奈川大学のグラウンド トラックに寄りました。
箱根駅伝の選手もここで練習したのかな。
改めてみるときれいですね~。
Dscf91101jpg

周りの草地を見ると小さな実のようなものがたくさん落ちてる。
何だろうとよく見るとかわいらしいものがお食事中でした。
1_2

P72100061jpg

その後いくつかの神社巡りのあと中井蓮池の里へハスの花の状況を見に寄りました。
見ごろでしたね~♪
Dscf91261jpg

Dscf91241jpg

Dscf91351jpg

ほんとにおいしそう・・
P72100261jpg

ハスというよりもタイサンボクみたいですね。
P72100491jpg_2 

P72100241jpg

1_3

いつもお世話してくださっている小嶋さんがいらっしゃらなかったので(交代で管理しているようです)開くときポン!と音がするのか聞きそびれました。
どうなんだろう?lovely

 

P72100371jpg 

P72100571jpg 

P72100321jpg 

ハスの花を堪能したあと またいくつかの神社巡りをして本日のメイン小田原の石垣山 一夜城へと向かいますsmile

最近はカル2の趣味に付き合うことが多くなったけれどカルディナは神社の巨大古木に出会えるのが楽しくなってきましたよ~。

この日に出会った巨大古木です。
Dscf91451jpg

この実は何でしょう?
大銀杏。木はだいぶ傷んでるけれど実はいっぱいつけていました。
Dscf91461jpg

Dscf92171jpg

Dscf91981jpg

P72100591jpg

あちこちの神社の付近には山百合が花盛りでした。
Dscf91481jpg

Dscf91501jpg

今年は花つきが良いような気がします。

小雨がふりだした中を 小田原の石垣山 一夜城へと向かいます。
NHKの大河ドラマを見て 急に一夜城から小田原城を見下ろしてみたくなったのです。
それで本日のお散歩となりましたsmile

その様子は 後編 に続きます。

   

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年7月 1日 (水)

中井 蓮池の里 情報です。     神奈川県中井町               09・7・1

今年も蓮の花が開花しました。蓮の花が首を長くして待っています・・・
とのお葉書をいただき 空模様も何とかもちそう・・・
ということで開花の様子を見に出かけてきました。

場所は神奈川県足柄上郡中井町にあります。
県道77号 平塚松田線を走ってると道案内看板が何箇所か出ています。

詳細は たまには のんびり ぽかぽかと を合わせてご覧ください。

1

友達を案内したいと思っていますが見頃にはもう少しかかりそうです。

2

こんなお菓子がありましたね。  大好物lovely
1_2

1_3

Dscf90771jpg

1_4

昨年の様子は こちら からどうぞhappy01

| | コメント (7) | トラックバック (0)

« 2009年6月 | トップページ | 2009年8月 »