« 小雨の中のお散歩       後編               石垣山・一夜城(小田原)   2009・7・21 | トップページ | 猫魔ヶ岳~雄国沼 グルリップ(福島)  後編               2009・7・23 »

2009年7月30日 (木)

猫魔ヶ岳~雄国沼 グルリップ(福島)  前編                    2009・7・23

なるべく良い条件で山へ行きたいカルさんず。
天候が不安定な日々が続き 山選びに四苦八苦して、やっと何とかセーフかなと。
昨年磐梯山に出かけた時 残してきた猫魔ヶ岳から雄国沼にGO!

手分けして地図をコピーして日帰り温泉を探して、21時過ぎバタバタと福島に向けて出発!

カルさんの山遊び日記2 も合わせてご覧くださいねhappy01

東北道に乗るとまもなく雨が降り出す。
日光 那須あたりはどしゃぶり。奥日光周辺も候補に上がったけれど避けて正解だったね。

福島県に入ると路面が濡れていない。うまくいくかも~happy01

磐梯山SAにて車中泊。翌朝は雨は無し。よかったね~(^_^)v
磐梯山も見えてるよ~。
Dscf92231jpg

磐梯山ゴールドライン八方台登山口に到着。
猫魔ヶ岳から雄国沼を巡って反時計回りにグルリップします。

夏休みに入ったとはいえこの陽気のせいか 駐車場はがらがら。
磐梯山に登った秋はすごかったのに。

6時6分 気分も軽やかに磐梯山と反対方向に出発♪
Dscf92251jpg

1分ほどで猫魔ヶ岳登山口です。
右に登山者カードボックスがありました。
P72300051jpg

すぐに気持ちの良いブナ林になります。
Dscf92271jpg

P72300101jpg

雨具着用で歩く覚悟だったので大好きなブナ林を身軽に歩けてうれしい♪
Dscf92301jpg

たくさんの虫さん攻撃も覚悟していたけれどまだ朝早いせいか お休み中のようですsmile

傾斜もなだらか 良い気持ちで25分ほど歩くと1312mのピーク通過。
ブナが少なくなり 雑木の樹林帯にかわりますが残念ながら足元にお花はないですね・・・

こんな案内が0・5Kごとに立てられて目安になってます。
Dscf92321jpg

相変わらず歩き易い穏やかな道が続いていたけれど10分ほどすると突然急登に変わり いよいよきましたねsmile
P72300171jpg

山頂まで0・5kの案内を過ぎるとまもなく展望のいいところに出たけれどああザンネン 真っ白です。
P72300181jpg

Dscf92351jpg

ほかに2回ほどのアップダウンを過ぎて長い階段の始まりです。
P72300201jpg

一汗かいて、最後は短いながらもきつい登りで岩場を越えて山頂です。
Dscf92361jpg

P72300221jpg

やっぱりまっしろ~despair
一息入れてるとおや?おや?・・雲が流れて青空が出てきました♪
Dscf92421jpg

桧原湖が見える♪
P72300351jpg

トンボ少佐もたくさん飛んでいます。
画像の黒い点はトンボ少佐たちです。
P72300371jpg_2

磐梯山バックに やった~(山が見えてネ)♪
Dscf92481jpg 

真っ白の世界で終わると思っていたのにうれしい誤算ですhappy01

贅沢を言えば猫魔のスキー場は時々現れていたけれど磐梯のスキー場は一度も姿を見せてくれませんでした。

今回は展望がだめだったけれど晴れていたらきっと魅力的な山頂です。
磐梯山が目の前に大きくそびえ 北に桧原湖 南に猪苗代湖 そして一等三角点からは眼下に雄国沼。

う~ん ザンネンね~!
これ以上は良くなりそうもなかったので雄国沼に向けて出発。
雄国沼を見下ろすと左に猫石が見えていました。(帰りに猫石であることを確認)
Dscf92491jpg

ここで展望とさよならです。深い樹林の中をひたすら下ります。
Dscf92501jpg

下りきるとT字路の分岐です。
帰りはこちらに出て猫魔ヶ岳山頂へと帰りました。
Dscf92511jpg

今は右手に進み すぐ先が猫石です。
Dscf92521jpg

秋はいいだろうなあ・・・と思いながらどんどん下ります。
足元はとても歩き易い。
P72300441jpg

Dscf92551jpg

ちらりとも沼が見えないのがザンネン。
青い山あじさい(?)が慰めてくれます。
P72300471jpg

傾斜が穏やかになり しばらくすると雄国休憩舎の案内が出ました。
P72300481jpg

猫石から20分ほどで一つ目の沢に出合いました。
Dscf92581jpg

沢を渡るといい感じ~♪の林の中の穏やかな道になり ひんやりとした空気がなんとも気持ちが良いです。
この日は蒸し暑さ最高の日だったようですが山の中はひんやりした風が流れ快適 快適♪
P72300521jpg

Dscf92601jpg

とっても気持ちがいいのだけれど足元には花が何もなく 沼の姿もまるで見えません。
このコース どこかで沼が見えるともっと魅力的なコースになると思うけどね~。
木が大きくなりすぎて無理というものかな。

再び小さな沢を渡り 同じようなブナ林の道が続き いくら気持ちがいいとはいえ少々飽きてきたね。
夏の花がちらほら見え始めると突如沼が見えました!
Dscf92611jpg

沼畔に出たことがわかったのでこの沢で手を荒い 冷たくておいしい水を飲んで一休み。

沼畔の草刈をしてくださってる脇を通りながら休憩舎に向かいます。
やっとお花がいろいろ出てきました。
P72300611jpg

P72300561jpg

1

車の通る林道に変わり 休憩舎に到着。
無料で中にきれいなトイレがあります。
中は広々として悪天の時にはにぎやかなランチ場になるんでしょう。
Dscf92721jpg
昨夜遅く バタバタと神奈川県の我が家を出てきたので仮眠したとはいえ睡眠不足で眠くなってきたねと休憩舎前のベンチでゴロリ。
気持ちがいいねえ・・・

遠望が良さそうなら目の前の雄国山ピストンしても?と考えていたけれど期待できそうもないので一休みした後 湿原に向かいます。

湿原の模様は 後編 に続きますhappy01

|

« 小雨の中のお散歩       後編               石垣山・一夜城(小田原)   2009・7・21 | トップページ | 猫魔ヶ岳~雄国沼 グルリップ(福島)  後編               2009・7・23 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/168280/45782422

この記事へのトラックバック一覧です: 猫魔ヶ岳~雄国沼 グルリップ(福島)  前編                    2009・7・23:

« 小雨の中のお散歩       後編               石垣山・一夜城(小田原)   2009・7・21 | トップページ | 猫魔ヶ岳~雄国沼 グルリップ(福島)  後編               2009・7・23 »