« 2009年10月 | トップページ | 2009年12月 »

2009年11月

2009年11月12日 (木)

人形山のミズナラの巨樹に会いに(奥多摩タワ尾根)               後編   2009・11・10

期待通りの気持ちのいい森を味わいながらミズナラの巨樹に会いにきました。
その様子は 前編 でご覧くださいhappy01

ミズナラの巨樹
Pb1001041jpg_2

時間も少し早いし 他のグループさんも後ろにいるので先へ進むことにしました。
Dscf01761jpg

窪地なので落ち葉がたくさん降り積もって踏み跡を隠しています。

Dscf01772jpg

Dscf01781jpg
ルートを確認しています。

尾根の右寄りに人形山の山頂がありました。
気がつかずに通り過ぎてる人も多いかも?
Dscf01821jpg

金袋山(きんたいさん)への登り道。
Dscf01861jpg

金袋山まで行く予定にしていたけれど これから上はもう落葉が進んでいる模様。
金袋山下から小川谷林道に降りてる巡視路(上段歩道)も歩いてみたいので次回にしましょうと 人形山で紅葉を眺めながらのゆっくりランチタイムです。
山頂とはいえピークがなく 穏やかな広がりです。
この広がりが何とも魅力的でした。
食後 あちらこちらと散策です。
Dscf01891jpg

ブナも待っていてくれました♪
Dscf01901jpg

何山?
Dscf01851jpg

落葉が始まり、あっちでも こっちでもハラハラと・・・ 気持ちのいい場所です。
展望はないけれど風もなく穏やかな日だったのでいつまでも居たい気分でした。

落ち葉ふかふかのなかを下山開始!
右下に見えてるミズナラの巨樹にさよなら。
人形山東尾根伝いに降りると右から踏み跡が合流してきました。
ミズナラ巨樹から来てるのでしょうか?
Pb1001381jpg

ジグザグと下るようになります。
晩秋~!
Dscf01931jpg

Dscf01951jpg

やがて植林帯に入り もう終りかな と思っていたら上を見上げてびっくり!
Dscf01981jpg

もう一つの目的 ブナとケヤキの合体樹を探していたのだけれど、とうとう最後まで見つからず 残念でした。
帰りに日原の森林館に寄って伺ったところ 案内もされていないそうで見つけられない人も多いとか。

植林帯を下っていたら 再び ウァ~!!
Pb1001482jpg

Dscf02031jpg

さらに下り続けると朝の分岐に出ました。
これで周回したことになります。

朝の気持ちいい谷間を再び歩きます。
Dscf02081jpg

Dscf02101jpg

やっぱり下りは慎重に・・慎重に・・
すべったらどこまでも転げ落ちて行きそう。
Pb1001571jpg

Pb1001601jpg

無事 愛車の待つ小川谷林道に降り立ちました。
とっても気持ちのいいコースでした。
踏み後もしっかりしていたと思います。

タワ尾根中間部の金袋山(1325m) スズ坂の丸 (1456m)もブナやダケカンバが美しいそうですhappy01
来年のお楽しみです♪

ミズナラの巨樹までの 前編はこちら どうぞご覧くださいhappy01

下山後に先日の下見から5日後の小川谷林道がどんなふうになってるか気になったのでかろう橋まで20分 歩いてみました。
かろう橋付近はきれいな色つきだったのに もう 終わりで落葉が進んでいました。
小川谷林道の起点付近がとてもきれいでした。
Dscf02121jpg

Dscf02131jpg

Pb1001632jpg

Dscf02221jpg

| | コメント (12) | トラックバック (0)

人形山のミズナラの巨樹に会いに(奥多摩タワ尾根)               前編   2009・11・10

公には金袋山のミズナラ となっていますが人形山山頂のすぐそばにあるので人形山のミズナラとしました。

5日前に下見をしてきた奥多摩日原のタワ尾根。
来年かな と思っていたら天気が味方してくれて急遽出かけてきました。

紅葉・黄葉も待っていてくれて とてもきれいな姿を見せてくれ、歓迎されたかな。
きょうは人形山(1176m)までの軽いハイキング。

日原鍾乳洞の先の小川谷林道の起点にある登山口からの周回としました。
駐車スペースのまん前です。
Dscf01101jpg_2

Dscf01121jpg

Pb1000031jpg

人形山から小川谷林道のかろう橋手前に降りてきている人形山東尾根からの周回にしようかと思いましたが、こちらのほうが朝日が差し込みそうなので今日のコースを選びました。

階段を登り、右に回りこんでジグザグと急斜面を登っていきます。
下の林道を見下ろすとこの時点でいいね!いいねhappy01
Dscf01151jpg

ジグザグしてるとはいえ かなりの急斜面で下りが大変だね。
Pb1000162jpg

見上げるとワオッ~♪
Dscf011611jpg_2 

Dscf011811jpg  

  イェ~イgood
Dscf01191jpg

Dscf01201jpg

急だけれど歩き易いいい道です。
踏み跡ははっきりしています。
Pb1000181jpgt_2

穏やかな道になりました。
Dscf01211jpg

まだ緑が濃いですね。
少しの間 足元がゴロゴロします。
Dscf01221jpg

ゴロゴロ区間を抜けました。
振り返って見とれています。
Pb1000231jpg

カル2の目の前にある案内のプレートのところで右へ。
谷間の道を行きます。
Dscf01231jpg

ミズナラの巨樹をめざして歩く人が増えてきたようで日原の森林館の方たちが案内プレートをつけてくださったそうです。
Dscf01241jpg

谷間の黄葉の素晴らしいこと!
Pb10002811jpg

Dscf01251jpg

踏み跡もはっきりしています。

周回コースの分岐に来ました。
何度も何度も立ち止まりながら 歩き始めの階段から30分ほどです。
右が植林帯 左が自然林です。

当然 左を選びました。
帰りは右の植林帯から降りてきました。
Dscf01261jpg

大きくジグザグしながら歩き易く 落ち葉ふかふかで気持ちがいいです。
林もきれいでなかなか歩が進みません。
Dscf01291jpg

だいぶ上がって来ました。
Dscf01311jpg

Dscf01321jpg

上を見ると柔らかな色つき
Pb10003811jpg

下を眺めるカル2です。
Dscf01341jpg

ワォ~!!きれ~い♪
Pb1000501jpg

素晴らしいね~♪
Pb1000512jpg

Pb1000521jpg

Dscf01371jpg

Dscf01381jpg

Dscf01391jpg

人形山~金袋山につづく尾根に出ました。
下ってくる時は 落ち葉の上に立てられた 《日原》 の小さなプレートが見えます。
Pb1000631jpg

穏やかな尾根道は落葉が進んでいますがところどころ色鮮やかです。
Dscf01441jpg

Pb1000681jpg_2

Pb1000701jpg

Dscf01461jpg 

もう少し早かったら足元は色鮮やかなじゅうたんだったでしょう。
尾根が少し広くなって落ち葉で踏み跡も隠れがちです。

左が植林帯 右が自然林になりますが、その境を踏み跡は穏やかに延びています。

Dscf01571jpg

目の前にピークが望まれ あれを登るのかと思いきや 登りはじめる前に右に踏み跡が延びています。
足元にはプレートがありました。
Dscf01581jpg

目の前のピークは人形山に直接行くのでしょう。
まずはミズナラにご挨拶を・・・・で右に進みます。
このあたりもすごい!!
Dscf01641jpg

Dscf01651jpg

Pb1000991jpg

気持ちいいね~♪
Dscf01661jpg

ミズナラの巨樹に到着。
立ち止まってばかりだったので登山口から1時間半かかりました。
普通に歩いたら1時間かからないのではないでしょうか。

根が痛まないように近づかないように木でサークルが作られていました。
Pb1001041jpg

Dscf01711jpg

やはり他の木より存在感があり、ぐるりと回るといろいろな表情が見られます。
近くでランチタイムが取れたら良かったけれど 他のグループさんが続いていたので尾根に上がり 次の目的地 人形山に向かいました。

人形山も雰囲気のとてもいいところでゆっくりとランチタイムを取りました。
 
   後編に続きますhappy01 まだまだきれいな紅葉が見られます。

| | トラックバック (0)

2009年11月 6日 (金)

あこがれの山域 小川谷林道・日原林道下見(奥多摩)               2009・11・5

歩いてみたい!!とずぅ~っと憧れていた奥多摩小川谷林道周辺の山々。
やっと足を踏み出すチャンスが来たようです。
Dscf00041jpg
日原林道にて

近年ありがたいことに道路事情が良くなり だいぶ行きやすくなりました。
車中泊にも慣れてきました。
それでは・・・と紅葉見物しながらバリルートの取り付きや一般ルートの登山口 駐車スペースなどの下見をしようと出かけてきました。

奥多摩駅を過ぎ 日原鍾乳洞を目指します。
鍾乳洞の少し先に駐車スペースがあり 小川谷林道の起点があります。

駐車スペースの前にも登山口があり 一人の登山者がすたすたと斜面を登っていきました。
上部は気持ちよさそうです。
登ってみたくなりました。

道標を写し忘れて大失敗!
なんと書いてあったか忘れました(^^ゞ
Dscf99471jpg_2


歩きたくなって そこに車を止めて、徒歩20分ほどのかろう橋まで行って見ようとしたら 小川谷林道はゲートが閉じられているわけでもない。
近くで落ち葉を集めていた地元のご夫婦に車でかろう橋まで入れるかどうかお尋ねしてみたら 大丈夫とのこと 車で進んでみました。
小川谷林道は手入れがされていないとの注意書きが書かれてありましたが。

かろう橋に着くと二組に数人づつ分かれたグループに出会いました。
エアリア地図には登山道のないカロー大滝に行かれるのでしょうか。
ガイドさんらしい人がそれぞれ引率しているという感じでした。

かろう橋を渡ったところです。
Dscf99491jpg

カル2の右に踏み跡が伸びています。
先輩が大好きなカロー大滝 
まずはここを歩きたい。
少し 入ってみます。
Pb0500011jpg

回り込んでみると穏やかそうな道が見えました。
Dscf99541jpg

登山靴も一応用意、エアリアの地図も持ってきたのだけれど地形図は用意してこなかった。
カルディナは歩きたくてうずうず・・・でも カル2から地形図がないから登らないよ と簡単に却下されましたweep

かろう橋から下を眺めます。
Dscf99501jpg

少し 林道を歩いてみようと奥に進み、上を見上げるとわくわくする色つきです。
Dscf99561jpg

きれいな色つきだねえ。
あの中を歩きたいね~とうっとり♪
Dscf99581jpg

他の下見もあるのでそこそこで切り上げ 車に戻り 引き返します。
周りの林のきれいさにカルディナだけ途中から歩いて戻りました。
Dscf99591jpg

中に入って歩きたい!!川の対岸にきれいな林が続きます。
Dscf99711jpg

Dscf99731jpg

Dscf99771jpg

Dscf99801jpg

Dscf99821jpg

Pb0500231jpg

なんてステキな小川谷なの♪
Dscf99841jpg

先ほどの地元のご夫婦にお礼を言ったらさらに奥に入るともっと紅葉がきれいだよ と教えていただきました。
ハイ!聞いておりますhappy01素敵なところだということを。
いつか 必ず入ってみたいと思います。

では 次のチェックポイント 日原林道へと入ります。
Dscf99901jpg

八丁橋に到着。
エアリアの地図には日原林道は一般車通行禁止になっていたけれどたまたまなのか?通れるようです。
孫惣谷林道はゲートが閉まっていましたが。
こんな道標があります。
Dscf00211jpg

ほんの少し先に天祖山への登山口がありましたがバリルートの取り付きみたいだなと思いましたsmile
ちゃんとした案内はありましたが・・・

八丁橋から見下ろしました。
このあたりの紅葉はこれからかな・・・・下流側
Dscf00231jpg


上流側
Pb0500821jpg_2

小さな沢が合流しています。
Dscf00251jpg_2

日原林道をさらに奥に進むとだんだん色つきも艶やかになってきます。
この日は1000mより少し低い付近がきれいだったようです。
Dscf00191jpg

Pb0500791jpg

Pb0500771jpg

Pb0500781jpg

Dscf00131jpg

Dscf00101jpg

Dscf00021jpg

ガードレールのない林道は夜走るのは怖いね。
昼間も疲れます。
Dscf99991jpg

大昔 初めて雲取山に登ったとき この林道を使い 大ダワ林道からでした。
沢を見下ろしながらゆるゆる歩き、緑がとても美しくていつかまた歩きたいとずっと思っていました。
今回 さぞ紅葉も素晴らしいだろうと 途中まででも歩きたい と思い地図を見たら 相変わらず一般車通行禁止と書いてあります。
いろんな下見は八丁橋までのつもりでしたが、走れるならば懐かしのオオダワへの登山口まで行きたいね。

若かったとはいえ よく来たね。
まだかなあ・・・こんなに走ったっけ??
あの頃からすこし外れたルート選びしてたのねbleah

下山は唐松谷林道でした。
カル2はこちらのほうが印象が強いといいますがカルディナは唐松谷林道のことはまったく記憶にありませんsmile

ここまで車で入れるならばまた歩いてみたい。
どんな思いを感じるだろうか・・・・
Dscf00011jpg

Pb0500611jpg_3

Pb0500621jpg

谷底にも柔らかく広がる黄葉
Dscf00051jpg 

Dscf99911jpg

登山口に着きました!!
このあたりはまもなく冬枯れになりそうです。
Dscf99971

こんな道を降りるようになっていました。
Dscf99982

二人ともすっかり小川谷林道周辺 日原林道周辺の樹林に虜になりました。
歩いてみたいバリルートもたくさん!
どれもこれもカルさんず好みのようです。
高みに登るというより好みの森を逍遥する感じではないかと想像しています。

早く来年の初夏が来ないかと楽しみです。
そしたら秋です。
黄葉の真っ盛りに歩きたい。

| | コメント (12) | トラックバック (0)

« 2009年10月 | トップページ | 2009年12月 »