« 2011年5月 | トップページ | 2011年7月 »

2011年6月

2011年6月29日 (水)

ヒメサユリ三昧の粟ヶ岳(越後)    2011・6・22

9合目付近にて。
Dscf40291jpg
5日前 ヒメサユリに逢いたくて神奈川県からやってきたけれど残念なことに7合目で撤退しました。
ヒメサユリも見ごろになってきていたのでとても残念な思いでした。
体調の悪かった夫のほうがもっと残念だったのでしょう。

新潟に行く所用に便乗して、たった1日の晴れのチャンスに再訪することが出来ました\(^o^)/
今度はしっかりとSAで睡眠をとり体調を整えました。

雨が続いた後で曇り空。きっとヒルはいる。
覚悟してスパッツにも登山靴にもヤマヒルファイターをシュー!
天然塩も用意。いざ!出発!
小さな声でいました! 即天然塩で死んでいただきました!!

夫カル2も前回より快調に登って7合目に到着。
蒸し暑いかと思ったけれど曇りだったせいか意外と涼しく、虫も少なく助かりました。

★7合目までの様子は こちら からどうぞ。

**********************
7合目あたりから楽になるのだろうと勝手に想像していたら最後まできつかった。
Dscf40031jpg

背の高いヒメサユリが目立ってきました。
今にも咲きそう。
1

P62200171jpg


登山道は緩やかに登り続けてる。
何度も空が抜けて見えては裏切られて ふぅ~・・・

          大きな花
P62200201jpg

この日は雨こそ降らなかったけれど天気がいまいち。 
守門岳も雲の中だし 粟ヶ岳山頂も雲の中だったのでちょっとがっかりしていたけれどやっと雲が取れてきました。
P62200231jpg

登山道の両脇にポツポツ咲く花が増えてきて8合目到着。
8合目からの山頂。
Dscf40051jpg

先日はもう少し頑張ってもどっちみち山頂まで届かなかったね。
7合目からも楽ではなかったもの。

時間も早いし 先が見えてきたのでゆっくり~のんびり~。
ここまでの疲れを癒しました。
こちらのコースはほんとに人が少ない。
誰も登ってこない。すれ違ったのは3人だけ。
Dscf40071jpg 

Dscf40391jpg

P62200841jpg_2 花盛りでした。


8合目から少し下って午の背。
幅が広いので緊張することもなく通過。
谷間にもヒメサユリがあちこちと咲いてます。
P62200311jpg

いらっしゃいと歓迎されてるみたい。
P62200371jpg

花に励まされながらも9合目はまだか。
相変わらずの登り道。
P62200391jpg

つぼみもいっぱい(帰りに写しました)。
Dscf40331jpg
P62200411jpg

かわいいね~♪
P62200421jpg


この日は8合目から9合目付近が花の盛りだったようです。
9合目付近にて。
P62200681jpg


P62200671jpg


ベニサラサドウダンも花盛り。
P62200451jpg_2

Dscf40201jpg


最後まで登りがきつい。
9合目からたった10分の行程、 けれどカルディナには遠かった山頂でした。
P62200501jpg

P62200511jpg

やった~♪♪♪バンザイしたかったけれどあまり広くない山頂にたくさんの人がいてびっくり!!

地元のグループさんのようですがサブリーダーらしき人が似ている!!
でも・・・まさかね。
先にグループさんが下山されましたが最後に出発されたのでカル2がお声がけしました。
もしや・・・ジィ~ジさんではありませんか・・・と。
そうなのです!
新潟の山では密かにいろいろ参考にさせていただいていた輝ジィ~ジさんだったのです。
ブログよりとてもお若くてかっこいい方でした。
同年輩のカルさんず 遠慮しないでいろいろお話すればよかった。
ご挨拶だけで終わってしまいとても残念でした。

みなさんは貯水池の方から登っていらしたそうです。

Dscf40151jpg
グループのお一人がヒメサユリのこんなにたくさんの花を見たのは初めてだとおっしゃってました。

ああ~ちょっと後悔。
直前まで迷ったのです。
今度は貯水池の方からにしようかと。

グループの方が貯水池の方に下ったらいいよ と勧めてくださったのですが・・・・
あとで輝ジィ~ジさんからタクシー会社の電話番号を教えてもらえば良かったと・・・後悔先に立たず。
この日がヒメサユリの満開のピークだったようです。


貯水池への道と山頂直下のヒメサユリDscf40171jpg

Dscf40191jpg

山頂でもっとゆっくりしたかったけれど風が強く 落ち着かない。
守門岳も霞んでる。
さて 私たちも帰ることにしましょう。
同じ道を帰ります。
いつかまた今度は貯水池から登ってこの山頂に来れたらいいね。
Dscf40251jpg


P62200731jpg

Dscf40311jpg 


午の背通過。風が強いので踏ん張りながら。
P62200781jpg

P62200931jpg

Dscf40421


Photo 

充分ヒメサユリを堪能できて楽しい1日でした。
こちらのコースは花が少ないと聞いていたけれどそんなことはなかったです。
ヒメサユリのほかにもたくさんの花が見られたし 時期が違えばまた違う花が咲くのがわかったし。

ただこの日は雨のあとだったので下りは神経と足の踏ん張りを使って大変でした。
とにかく滑る滑るbearing
Dscf40461jpg

P62201001jpg

無事駐車場に到着。
さっそくヒルチェック。いました~!!
カルディナの右のスパッツの中と外に1匹づづ!
被害はなかったけれど即塩をバッ!
ヒルダンスをしていたけれどすぐ絶命しました。
いったいどこで??

実はカルディナはヒルを見たのは初めてです。
もちろんヒルダンスを見たのも初めて。
1匹づつだったので恐ろしくなかったけれど集団で踊っていたらぎゃ~っ!!と叫ぶね。きっと。
でもこれで少しだけ平気になったかもsmile
いつの日か 今度は貯水池側から登ってみたいと思います。

長々と読んでいただきありがとうございました。
新潟の山は花の山ですね。
花の種類も数も多い。

**********************

★北五百川登山口1合目から7合目の様子は
 こちら

★カル2のHP のほほ~んと山遊びは こちら

★新潟在住の輝ジィ~ジさんのブログは こちら
  

| | コメント (7) | トラックバック (0)

2011年6月27日 (月)

ヒメサユリの粟ヶ岳(越後)   7合目撤退編 (後編)             2011・6・17

ヒメサユリに会いに神奈川県から新潟の山へやってきました。
ヒメサユリは想像以上に清楚で可愛いlovely
1_7

展望の広がる尾根に乗るまでの様子は 前編にて ご覧ください。

久しぶりにがっつりと登って6合目を過ぎ展望のいい尾根に乗りました。
尾根に乗ったら楽になるとわが身を励ましつつ頑張ってきたけれど、山頂は遥かに見えます。
Dscf10511jpg
ひと休みするとカルディナは元気を取り戻したけれどカル2はどこか変?
いつもと感じが違う・・・・
Dscf10461

これから花街道。楽しい道♪
P61700921jpg

Dscf10431jpg

Dvc000321jpg

F10101541jpg

このあたりの株は若いのでしょうか。
足元に咲く花が多い。

やっと7合目到着。
P61700971jpg

カル2の体調が悪そうで守門岳見ながら一休み。
Dscf10531jpg

山頂までまだまだかかりそう。ヒメサユリもたくさん見れたし 残念だけれどここで引き返すことにしました。

お花ウォッチングしながら 休み休み下ります。
P61700981jpg

Dscf10601jpg

1_3

ほんと!可愛いね~。
P61701161jpg

1_4

1_5

ゆっくりゆっくり下ったのに赤土粘土質のかなり滑りやすい急降下。
雨の日は絶対下りに使いたくない道でした。
この日は乾いていたにもかかわらず、カルディナの方が大すべり スッテ~ンを2回もしてしまいました。
登りがきつかったわけだわ。
Dscf10661jpg

途中でもゆっくり休んだらカル2の体調も回復。
ヒルの気配も感じられず 久しぶりに山らしい歩きが出来て大満足♪

いい湯らてい で汗を流してさっぱり。
来年かな。山頂目指すぞ~!!・・・・・

と思っていたら5日後に山頂ゲット!!
たくさんのヒメサユリさんたちに再会することができました。
その模様は 後日またhappy01


***********************


1合目からの前編は こちら

★5日後の再訪レポは こちら

★カル2のHP のほほ~んと山遊び は
こちら

★日帰り温泉 いい湯らてい は こちら

| | コメント (8) | トラックバック (0)

ヒメサユリの粟ヶ岳(越後)   7合目撤退編 (前編)             2011・6・17

北五百川(きたいもかわ)コースで見頃が始まったヒメサユリ
1_6   
天候や諸事情で計画倒れが続く日々。
やっと出かけられる日が来ました。
花チェック 天気チェック カル2との行きたい山調整で二転三転と忙しい。

何年か前 新潟在住の方から粟ヶ岳はいい山です。ヒメサユリの頃登ってみてくださいと教えていただいていました。
ちょうどヒメサユリの時期。
今年は花が遅れているようだけれど満開でなくてもいくつか花が見られればいいよね。と決定。
前日、雨降る神奈川県の我が家を出発。
新潟は晴れの予報を信じてます。

三条市側の麓 いい湯らてい からの粟ヶ岳
Dscf10681jpg

粟ヶ岳はヒメサユリの群生で有名。登山者のほとんどが花の数の多い加茂市側の第2貯水池登山口から登るらしい。
丹沢と同じくらいの標高だけれど、標高差は1200mとなかなかハードな山のようです。
最近運動不足のカルディナはペースを乱されたくなく静かに歩きたい。
ブナ林が多いのも魅力で三条市側北五百川登山口からのルートを選びました。

コースの詳細は カル2のHP のほほ~んと山遊び を合わせてご覧くださいねhappy01

関越道越後川口SAで仮眠後 三条・燕ICで高速を降りて いい湯らていの先の粟ヶ岳1合目登山口駐車場に到着。
20台くらいは留められるでしょうか。
Dscf10021jpg

下調べでヒルがいるとは承知していたけれどエッ!やっぱり~。
Dscf10041jpg
新潟は晴れの日が続いていて、この日も晴れ。
たぶん大丈夫と思いながら山ビルファイターと天然塩をすぐ取り出せるザックのポケットに入れていざ!出発。

画像は拡大します。
1_2



大丈夫と思いながらもいかにもヒルがいそうな道が続く。
P61700051jpg

フラットで歩きやすくていいのだけれど・・・
P61700061jpg

P61700071jpg

P61700081jpg

ヒルが怖いから早く歩くカルディナ
P61700091jpg

P61700101jpg

元堂までの約25分 ヒルさえいなければ足慣らしや疲れた足にはちょうどいいフラット道なんだけれどね・・・・・
P61700131jpg

短い階段上がると杉林の平坦広場。いかにもいそうでどきどき!
でもこの日は乾いていたのでヒルの姿も気配も感じられませんでした。

いよいよ登りはじめるとすぐブナ林。
こんなに早くブナ林になるの?うれしくなっちゃう♪

Dscf10121jpg_2

ひと登りすると傾斜が緩み 太いブナ!
P61700221jpg

すぐ3合目通過。気持ちのいい道。
Dscf10161jpg

なるほど花が少ない道なんだなあと思っていると艶やかなヤマツツジが緑に映えるようになって4合目通過。
ちょっと開けたところで守門岳が見えました。
いいかっこしてるね。
Dscf10221jpg

ちょっとした岩場の上で守門岳見ながらひと休み。
足元に可愛いいコメツツジ
1_3

ほんのちょっとの間岩場が続きます。
Dscf10261jpg

画面左に守門岳を見ながら下界も見えます。天気が良くてよかった♪
Dscf10281jpg


岩場が過ぎると尾根をトラバースするような道。
気持ちがいい。花が少なくても展望が少なくても私この道好きだなあ。
Dscf10311jpg

水場への分岐に来ました。
少し下がったところにある水場だけれど水量もあり、この日は美味しい水だと感じました。
ブナ林の登り道。細めのブナだけどきれいな林です。
P61700461jpg

急な登りになって5合目避難小屋に到着。
Dscf10331jpg
右には粟薬師の奥の院があります。
安全登山のお願いのお参り。

涼しい風が吹いて気持ちがいい。
まじめに歩くとほんとに元堂から40分で来るのかしら?
カルディナにはとても無理。
楽になるところはほんのちょっとだけで、ずっと登っていて ところどころ急登もあったので少々疲れました。

小屋の後ろには太いブナが何本かあって楽しい道を緩やかに登って行きます。
このあたりの雰囲気とってもいい♪
このコース選んでよかったと思ったところ。
Dscf10371jpg

袴越山に繋がる尾根にぶつかりました。
Dscf40471jpg

P61700611jpg_2


三十三丈滝って見えるんでしょうか。わからなかったけれど。
P61700641jpg


まだまだ先が長く これからがきつくなるのになぜかホッとしたりして。
ギンリョウソウがいっぱい。
P61700661jpg

足元に花の咲く葉っぱがいっぱい!
花はないけれどイワウチワ イワカガミ イチヤクソウ ツバメオモトなどなど。
この山は花の山だね。

始めは緩く登っていたので気を緩めていたらだんだん登りがきつくなってきました。
ウラジロヨウラクが咲いていたり 花が目に付くようになってきたのはうれしい。

二つ クサリ場クリア。
クサリを使わなくても上り下りできる程度。
二つ目 登りきった所が6合目。
すぐそばに水場があったけれど、こちらは水量が少なく 飲むにも時間がかかりました。
P61700771jpg  

ちょっとの間岩っぽい道。


足が重くなってきましたよ~。
道は相変わらず樹林帯の楽ではない登りです。
第一ヒメちゃん発見♪
ちょっと元気がない。でもうれしいね。
1_5

どろどろの急階段道の先に空が!
尾根に出るのか!
重い足を1歩1歩と登って行きます。
P61700831jpg

あちこちイワカガミが咲いているけれど色が薄い。
こういう種類なのかしら?
花が終わりなのかしら?
1_4

やっと展望が開けました♪
9合目からの尾根に乗ったのです。
山頂が見えます(一番右)
Dscf10402jpg

谷の向こうに貯水池からのコースが見えてます。
砥沢ヒュッテも見えています。
Dscf40432

P61700951

睡眠不足、運動不足の身。だいぶお疲れのカルディナです。
山頂はまだ遥か。
カル2の様子も少し変・・・・
たどり着けるでしょうか。

   後編 に続きます。たくさんのヒメサユリとご対面です。

| | トラックバック (0)

2011年6月18日 (土)

初夏の軽井沢散歩   

毎年 恒例のホテル エキシブを利用した仕事先の研修旅行。
今年は 軽井沢グランドエキシブ を使いました。

今年は研修は無く お遊びのみ うれしいね~happy01
F10101741jpg_2    

上司が1年前から下見をして、レイクガーデンのバラ園をぜひ見せたいと6月の日程になりました・・・・が。

★1日目 
旧軽井沢でバスを降りて雲場池~別荘地界隈の散策。
雲場池 は数年前の紅葉時に訪れたことがあります。
とても雰囲気のいい散策スポットです。
今は緑にレンゲツツジが良く似合っていました。

池の周りを散策しながらそのまま別荘地へ。
どの別荘も建物はシンプルだけれど庭の緑がなんともいえずステキ。
うっとりしながら散策。
鳩山家の別荘もありました。
建て替えたばかりのようでしたね。地味な建物だったけれど中はどんななんでしょう。

旧軽井沢銀座通りに戻ってきました。
Dscf80011 
すごい人ですね~。
いきなり違う世界に入ったみたい。
人ごみは苦手なカルディナですがお付き合いであちこちのお店を見て回ります。
確かにおしゃれなものがいっぱい♪

約束の時間にバスに戻りましたが15000歩も歩きました。
雰囲気のいいところを歩くのが好きな上司なのできっと たくさん歩くだろうとは思っていたけれど少々・・・疲れましたcoldsweats01

宿泊場所 軽井沢グランドエキシブ やはりステキですね。
二度目ですが館内は相変わらず迷路のようで迷子になりそう。
行程が忙しい上に朝は濃い霧で写真が写せなくて残念。
お部屋から散歩したくなるような庭が見えてるのに・・・

★2日目
今回のメイン 軽井沢レイクガーデン 
バラ園が有名らしく 時期を合わせて計画してくれたようですが、今年は花が遅れてバラはまったく開花していませんcrying
あら~残念!と思ったけれどいろんなお花が咲いていて気持ちのいい お勧めのお散歩スポットです。

つぼみの固いバラ

F10101671jpg

軽井沢らしいレイクです。
F10101562jpg

F10101571jpg_2

F10101591jpg

F10101611jpg_2

ニッコウキスゲ もうそんな時期なんですね。
F10101621jpg

F10101631jpg

オオデマリとレイク
F10101661jpg_2

レイク周りが軽井沢らしい色具合だなあと。
F10101681jpg

タイツリソウもいろんな色が盛りでした。
F10101691jpg

クリンソウ
1

F10101701jpg

F10101711jpg


はじめてみる花?
F10101721jpg

F10101731jpg

水に浮かんでるのはアサザという植物だそうです。
太陽が出てくると黄色の花が開きました。
1_2 

絶滅危惧種に指定されたけれど 皆さんの努力で今は準絶滅危惧種となっているそうです。
軽井沢の気候があっているようで繁殖が進んでいるとか。

軽井沢のクレマチスは何故に花が大きいのでしょう??
あちらこちらできれいに咲いていましたが花が大きい!

F10101751jpg

F10101741jpg_3

雰囲気のいいレイクサイドですね~。
バラは咲いていなくても充分楽しめました。紅葉もステキでしょうね。
F10101761jpg

この花も何ぞや??
F10101771jpg

若い頃感じた軽井沢とどんどん違ってきますね。
おしゃれ~になってきましたhappy01

あとで知ったのですがこのレイクガーデンの近くで1972年に起きた浅間山荘事件があったそうです。

浅間山荘はあまりに有名になったけれど、はっきりした場所は知らなかったのでちょっと驚きです。
今は想像もできないもの。

朝の濃い霧も晴れて太陽がまぶしくなってきました。
最後のポイント メルシャン軽井沢美術館 

アンドレ・ケルテスさんの写真展を見学。
写真のことはよくわからないけれど何気ない日常を切り取ってあるようです。
この1枚は何を表現したかったのだろう?と立ち止まってしまう写真も何枚かありました。
こういう展覧会は一人で来たいな。

お庭がいいですね♪
展覧会を見たあと余韻を感じるにはぴったり!

それなのに・・・・今年の秋で閉館が決まったそうです。
入場者が少ないためだとか。
Dscf80021_3

Dscf80041_2

Dscf80061_2

それぞれの場所で時間をたっぷり取った行程だったので雰囲気を、さわやかな風を感じることが出来て、とてもリフレッシュできた2日間だったと思います。

今年はいろんなことが重なったり せっかく計画してもどしゃぶりだったり 肝心の山歩きレポがなかなか書けません。

昨日 やっとやっと 久しぶりにガッツり歩いてきました。
ヒメサユリちゃんに会って来たけれど山頂は次回のお楽しみにとっておきました・・・なんちゃってhappy02
ヒメサユリちゃんはそろそろ見頃ですよ~lovely 

| | コメント (4) | トラックバック (0)

« 2011年5月 | トップページ | 2011年7月 »