« 2012年7月 | トップページ | 2012年9月 »

2012年8月

2012年8月29日 (水)

カリフォルニアへ実地研修     2012・8・19~25

日頃から◎キ◎ルーンの会社で自分と家族が健康でいられるために食育を勉強しています。
食べたものがどう健康にかかわるのか。
今 食べた物や精神状態が10年後 20年後の体を作るのだと意識することが大事ですよ・・・と勉強しています。

カリフォルニアには◎キ◎ルーンの農園があります。
今回 その農園にプルーンの苗木が参加者のそれぞれの木として植樹されるということで研修に参加してきました。
Image11_3

成田空港から出発、久しぶりの海外旅行にわくわくhappy01
すごい!離陸を待ってる飛行機の列にびっくり!!
P10302171naritakuukoujpg

勝手に富士山の上を通るのだとばかり・・・
九十九里からいきなり海に出て見えるのは雲海だけ。。。
P10302191kuzyuukurijpg

夜を抜け 夜明けの雲海。
山の上で見る雲海と少し違う美しさに感動!
P10302261yoakejpg

1日目はシアトル経由でラスベガス。
上から見るシアトルは緑が多く 住みやすそう。
でも もうイチローさんはいないのね。
P10302271siatorujpg

ラスベガス上空から下を見ると茶色の世界 。
これがラスベガスか・・・
P10302401rasubegasuzyoukuujpg

P10302491begasuzyoukuujpg

翼が邪魔だけど安い席だからしかたがない。
降り立ったラスベガスの暑いこと!!
ことしは例年にない蒸し暑さだとか。
住民もアフアフしてるそう。日本の蒸し暑さよりましだと思うけど。
暑い!!!

白人と私たちとは体感温度が違うそう。
白人は暑さにとても弱くて冷房をガンガン効かせているそうです。
そういえば飛行機も冷房が効きすぎて寒かった。

夕食まで時間があるのでバスで市内観光。
温度は40℃くらいと聞いていたけれどホントに暑い!!
P10302541_2

カルディナがステーキになりそうcoldsweats02

ランチのあと中心から少し外れたフォーシーズンズホテルでティータイム。
静かで落ち着いた雰囲気でケーキをいただきました。
おいしかったけれどアメリカはケーキもパンも甘い!つまみは塩辛い!
1ヶ月もいたら完全に糖尿病になりそうbearing
う~ん・・・・やはり日本食がいいわ。

ザ、ベネチアンホテルを散策。
すごいですね~。アメリカはホントにダイナミック!!
ホテルの中に一つの街を作っちゃうんだから!

この空も作り物なんです。え~!?とびっくり!
何度見上げても信じられない・・・・
P10302591hoterunainotukuxtutamachij

運河まで作られてる。
Dscn03901

宿泊したホテルはパリス。凱旋門やエッフェル塔が作られてる。もちろん偽者だけど本物らしく作られていてここでまた アメリカってすごい国だ~!!
P10302861rasubegasujpg


P10302681rasubegasunohoterujpg_3

夜景がとてもきれいだけれどまだこんなものじゃないよと言われてしまった。
P10302741rasubegasunoyakeijpg

電気代がすごいかかってるらしいけど(当たり前)それを補うだけのお金を世界中の人がカジノで落としていってくれてるのだとか。
ホテルの部屋も珍しくとても明るい部屋でした。

夕食後に街を散策しました。夜遅いのに人がいっぱい!
どこかのお祭りに来てるみたい 。
いろんな扮装している人が立っているけれど写真を撮るにはチップがいるそうなのでパスしちゃいました。
ここはハリウッドか?(笑)

仲間とはぐれたらホテルに一人で帰れそうもないので写真も撮ってる余裕なし。
P10302751
噴水ショーのはじまり~♪
P10302781

P10302821

P10302831

P10302851

翌日は セミナーと晩餐会
セミナーはマクバガンレポートで有名な米国上院議員マクガバンさんとカリフォルニアの栄養学の博士二人とWHOの神田ともさん。
同時通訳をヘッドホンで聞きながらの講演でした。
WHOだけでは世界の健康は不可能なので民間レベルで活動している◎キをとても評価している。ますますの活動を期待しているというお話。

栄養学の博士のお話はすでに勉強済みの内容だったので睡魔に勝てず。
後で聞いたらとてもいい内容だったのにもったいない!と怒られてしまいました(汗)

1960年代のアメリカは一人当たりの医療費が世界一でこのままではアメリカは壊滅するとして当時のケネディ大統領が国を挙げて対策に乗り出しました。
上院議員のマクガバンさんが先頭に立って世界中の2000人もの学者を集めて食事と健康の調査をし、1977年膨大な調書結果をレポートにまとめました。
それが代表者の名前からマクガバンレポートと呼ばれています。

その中に昭和30年代の日本食が最高に素晴らしいと書かれているそうです。
P10302911seminakaizyoujpg2
マクガバンさんはご高齢で体調を壊されて急遽ビデオにてのご出演でしたが、ミキの活動に敬意を表しますとおっしゃっていただけたのがとても光栄でした。

《人々は、自分たちの健康を最高に高めるために何を摂取するべきかについて実はよく知らないことを受け止め、認識しなければならないことを私、ジョージ、マクバガンはここに宣言します。
消費者一人ひとりに対して実践的なガイドラインを提供するとともに国全体に対して食生活の目標を提供することは私たちの義務です。
すべての人が自分の住んでいるコミニュティの中で地域に密着したヘルスケアを受けることが出来、より高いレベルの健康活動に参加できるようにするべきです・・・・・・・・・・・・・・・上院議員ジョージ、マクガバン 》

米国ではこのレポートのあと効果は確かに表れたそうですが最近 また心配な状態になってきているようです。
ラスベガスに降り立ったときまず 驚いたのが老若男女メタボな人の多いこと!
これでは国として焦る訳だわと思いました。

夜はみんなドレスアップして晩餐会です。
ちょっと恥ずかしかったけれどwink
P10302991denajpg2

CM担当の俳優の中井貴一さんも同席しての楽しい時間を過ごしました。
P10302961nakaikiichijpg

中井さんはCMの依頼があったとき◎キのことを商品から会社、社長の人柄まで徹底的に調べたそうです。
何かがあったら・・・俳優さんも大変ですね。

お料理は質素な感じでしたが量も味も私たちの口には良く合いました。
昔はアメリカ人に合わせて量も多く ステーキは草履のようで、とても食べきれず残す人が続出。
あまりにもったいないのでみんなで何とかならないかとお願いをして今の量になったそうです。
     一部ですが
Dscn04621jpg

Dscn04681jpg

Dscn04761jpg

メーンイベントが終わり 翌日はサンフランシスコへ移動。
その翌日は1日自由行動日。
リラックして楽しみました。
P10303121gorudenngetojpg

ものすごく暑かったラスベガスと打って変わってコートが必要なくらいのサンフランシスコ。
乗り物がとても面白かった。
市営バス 上部は屋根がなく、みんな寒そうにしてる。
P10303141sieibasujpg

市電P10303601sannurannsisukosieibasujpg

サンフランシスコといったらこれでしょうhappy01
P10303191keburukajpg

海沿いのフイッシャーマンズ・ワーフに行くのに行きと帰りに乗りました。
人気があるので待ち時間が長いそうなので朝早くホテルを出発。
ゆっくり乗れました。
回転場では運転手さん?が手押しで動かしてるんです。
世界のサンフランシスコなのにね。
古いものを大事にするところで市電は長崎からも役目を終えた車両が回ってきてるそうです。
なんかサンフランシスコが好きになりましたhappy01
P10303201

海沿いで遊んだあと帰りも乗り、後ろのピンクの人が立っているところにずっと立っていました。
初めは柵が壊れたら落ちるなあと思いながらしっかり白い棒を握っていたけれど、風を受けながら景色を見ながらとても楽しかった♪
海が見えたり アルカトラズ島が見えたり ものすごい角度の斜面を走りながら高いビルの上にはためく星条旗がかっこいいなあと思ったり。
P10303611


絵葉書に使われてるところ
P10303411byupoinntojpg

P10303341bugennbiriatoiejpg

直角駐車・・・サンフランシスコは急坂が多く、傾斜もきついので縦列駐車ができないのだそうです。
P10303491cyoxtukakucyuusyajpg

それにしても路上駐車がすごい!!!
P10303271

それに埃だらけの車 傷だらけの車も多い。
国民性なのかな。
日本車もたくさん走っていたけれど一番の売れ筋はトヨタのカムリだそうです。
日本じゃちっとも売れなかったそうだけど。

信号も日本の工事現場みたいだけど残り時間が出るのはいいね。
Sinngou 

サンフランシスコって大きな都会だと思っていたけれどちょっと違いました。
都会には違いないけれどこじんまりと落ち着いた感じ?
私 好きかも?
4人で街をぶらぶら。外カフェでランチを取ったり。
アメリカ人てゆったり動いていいね。

お買い物も一人でしてみましたが金額が聞き取れない。
レジの見方がわからない。
すぐ先輩にヘルプミーweep 情けない・・・・


ラスベガスのほうが治安が悪いと思っていたけれどサンフランシスコのほうが危ないそうです。
近道でも絶対路地には入らないようにと注意されました。
特に日本人は可愛いから年齢に関係なく狙われるのですって??eye
ラスベガスはおまわりさんがすごくいっぱいいましたね。

さあ!いよいよ本命のサクラメントにあるプルーン農園へ。
おお~!すごくひろ~い!!
お決まりの歓迎イベントが済むと自分の木を探しに三々五々。
この苗木の中に私の木も中井貴一さんの木もある。
P10303841naegichikujpg_2

見つけました!私の木
P10303771noguchinonaegijpg

付けられてるプレートは名前入り。
P10303731noguchinonaegijpg2


大きく育ってね。またいつか会いに来るね。P10303871naegichikujpg

奥の立派な木は1999年の木
P10303851naegichito1990nennjpg

2001年の木 立派になってます。
P103038812001nennjpg

実がびっしり♪
P10303941murakamosannnomijpg 

1990年の今回来れなかった先輩の木。太い!!
P10304031_2

面会行事が終わると農園で仮設テント内でランチタイム。
P10304041nouennkaseturannchibajpg
Dscn05281jpg

Dscn05291jpg

Dscn05321jpg

Dscn05331jpg

Dscn05341jpg_2

この料理も決して豪華ではないけれどスタッフの心がこもってるのが胸に響きます。
そうめんまで! 人数が多いので茹で上げる時間が難しかったそうです。
当然 ◎ルーンの入っためんつゆです。
暑い中で食べるソーメンはすごくおいしかったです\(^o^)/


農園の管理者さん、スタッフを囲んで盛り上がります。
P10304212jpg2

最後は現地スタッフ 社員 参加者全員でジェンカです。
P10304251jpgzenninnjennka
カルディナより年上がいっぱい!
このパワーはどこから来るの?
ありがとう~感謝~の言葉が飛び交ってます。

◎キの活動にはいろんなことが耳に入るけれど自分の受けた恩恵は感謝と共に下へ下へと考える社長 社員 上司が好きです。

初めて参加した海外研修 得たものがたくさんあり、現地に来て判ったこともたくさんありました\(^o^)/

| | トラックバック (0)

2012年8月 9日 (木)

納涼沢コース 景信山(裏高尾)    2012・8・7

年々夏の暑さが異常になる気がする。
山に逃げたいけれど人ごみ 道路の渋滞のハードルは高い。
のんびり ゆったりが信条なのだからマイペースで行きましょう。
ということで高速道路なしの近場で涼んできました。

Dscf30311jpg_3
景信山は例に漏れず私もお気に入りの山。
いろんなルートを使って度々訪れてるけれど気になりつつもまだ歩いたことのなかったヤゴ沢ルートを歩いてみました。
沢沿いだからきっと涼しいはず\(^o^)/

☆本日のコース
  日影沢~小仏BT~小仏車止めゲート~ヤゴ沢コース~
    景信山~
ザリクボ~小下沢林道~日影沢

**********************


取り付きは小仏バス停から登る一般登山道の登山口の少し先にあります。
車止めのゲートがあるところがヤゴ沢コースの入り口です。
まっすぐ進めば小仏峠。
ヤゴ沢コースは右折して作業道を使わせていただくのです。
従って旺文社の地図には表示されていません。

車止めの前は広場になっているので10台くらいは留められるでしょうか。
この日も8時半ですでに5~6台留まっていました。
さすが夏休み!!

P10301631jpg
森の中なのでヒンヤリ涼しい。
沢の水も豊富でここに降りてきて顔を洗ったら気持ちいいだろうね。

今回はどのルートで下山するかはっきり決めていなかったので日影沢に車を置いて炎天下の車道を30分ほど歩いてきました。
動くのが嫌になるくらいそよそよ吹く風が気持ちいい♪

右に沢の流れを見ながら広い林道をゆっくり進みます。
やっぱり涼しいねえ。
水場もあったりして夏にはうれしいこと♪
Dscf30071jpg

P10301601jpg

山道らしくなってきました。時期がよければ花も多そうです。
P10301681jpg

P10301702jpg

何度か丸太を組んだ橋を渡りながら右岸、左岸と歩きます。
Dscf30081jpg_2

足元が涼やかになってきたかと思ったら岩ゴロの少し急な登りに。
P10301761jpg

P10301771jpg

最後の水場はそろそろかなあとキョロキョロしているとありました!
入り口から15分くらいでしょうか。
P10301781jpg
結構美味しい水でした。
確かに夏にはいいコースです。
登ってくれば暑いけれど空気は涼やか。
少し休んでるとそよ吹く風の気持ちよさ♪

ここから縦走路に出るまでジグザグの急登とか。
覚悟を決めて歩き出します。
P10301821jpg

風も止まってしまいあらら・・・
大汗をかきながら大きくジグザグしながら高度を上げていきます。
Dscf30151jpg

P10301841jpg

歩いていると暑いけれど立ち止まると涼しい空気にホッとします。
大岩がでんと!どこからこんなものが???
Dscf30161jpg

1本の大木の側を通過すると上のほうが透けてきました。
P10301881jpg もうじき終わりだなと思っていると先行しているカル2から出たよ~!と声がかかります。

景信山~小仏峠~城山の縦走路に出ました。
最後の水場から25分ほどでした。
P10301911jpg

ずっと樹林帯の中だったので日差しの眩しく、暑いこと!!
縦走路を横断して巻き道で山頂へと向かいます。
この巻き道はいいですね~。
夏は特に涼しくていい!!
ほとんどフラットな細い道が巻いています。
1
このままホントに山頂に行くの?
疑問を持ち始めたら赤いヒモが付けられてるところにふみ跡が登ってる。
ひと登りすると陣馬山からの縦走路にぶつかり、緩く登って景信山山頂です。
平日なので小屋も営業していなくて誰もいない静かな山頂です。
Dscf30211jpg
なんて涼しい♪♪
いつも癒される大木
Dscf30261jpg
誰もいないと思ったら寝ていた登山者を起こしてしまったようです。
高嶺に行けなくても出かけてきて良かったね。
こんな近場でも天然クーラーの世界が味わえるのだから。

下のトイレに行きながら山頂散歩します。
トイレがきれいになって時の流れを感じました。

2~3組の登山者が楽しんでいるだけの静かな山頂。
登ってきたヤゴ沢コースは 涼しくて水場もあって夏場にぴったりなコースでした。
それにこんなに簡単に景信山に着いちゃっていいの?good
Dscf30291jpg

のんびりまったり涼しさを味わっていたらぼつぼつと登山者が到着してきました。
にぎやかになってきたのでそろそろ降りましょう。

城山まで足を伸ばして今は実線になってしまった城山北東尾根を下って日影沢に降りようか。
どんな風に変わったのか興味もあるし。

久しぶりに東尾根を使ってダイレクトに小下沢梅林に下ろうか。
しばし検討してやっぱり最後は沢に降りようよ。ということでザリクボから小下沢林道を下ることにしました。
P10301891jpg



1_2

P10301931jpg

1_3
下り始めたらまあ!びっくり!どんどん登山者が上がってきます。
小仏BTにバスが到着したのね。

この道は何度も歩いた道だけどこの時期は始めてだと思う。
緑が濃くてとても新鮮な気分。
P10301951jpg

Dscf30371jpg

ザリクボへの分岐に来ましたが東尾根にはやっぱりとうせんぼがしてある。
小下沢梅林からこの尾根を使ったこともあり 歩きやすくていい尾根だった記憶があるけどね。
P10301981jpg

1_5

ザリクボの道は涼しいかと思ったけれど暑いこと!
谷間から風も吹き上げてこない。
しばらく辛抱区間(笑)

ザリクボコースで大木が林立する一番好きな場所まで来ましたが何本か大木が倒れてる!
P10302021jpg

Dscf30381jpg
元気でいてちょうだいね。

急降下してやっと水音が聞こえるようになり 涼しい風が吹くようになると沢に降り立ちました。
冷たい水で顔を洗いさっぱり!
やっぱりこのルートでよかったね。

最後にザリクボの入り口でゆっくりと休憩。
コップの用意された水場もありました。
Dscf30401jpg 夏場はやっぱり沢沿いだね!

長い林道歩きが待ってる。
途中で雨が降り出し、しっかり降るのでザックカバーをして傘をさして歩きました。
日影沢に戻る頃には雨も上がり下山して来る登山者も多い。
Dscf30021jpg_2 この時期の日影沢もいいかも♪ 

| | コメント (8) | トラックバック (0)

« 2012年7月 | トップページ | 2012年9月 »