« 2012年9月 | トップページ | 2012年11月 »

2012年10月

2012年10月16日 (火)

金城山5合目撤退記録(南魚沼塩沢町)                2012・10・15

2年前 カタクリの花を求めて南魚沼の六日町の坂戸山に3回通いました。
そのとき この姿に一目ぼれ。
いつか登ってみたいといろいろ調べてきました。

坂戸山山頂からの金城山
1

標高は1369mと高山ではないけれど雄々しい姿です。
登山コースは7つあり それぞれ楽に登らせてくれないようです。
でも!!と時期を待っていたら大きな地震と台風であちらこちらと崩壊が起きて、各登山コースが登山禁止となってしまいました。

今年の春 故郷に帰省した折、登山口の下見だけでもしておこうと塩沢側の方だけ回ってみました。
やっぱり登山禁止 登山遠慮のお願い と張り紙されていました。

唯一つ 観音山コースだけは登山ができることが判明。
この観音山コースは危険なところもなく、地元の人がお勧めするコースだとか。
ちょうど故郷柏崎に所用ができたのでいい機会 登ってみることにしました。

六日町ICから291号線清水街道を塩沢方面に走り、長崎 という地名付近に槻岡神社があり、神社に入る道の横に観音山コースの登山口があります。

駐車場、トイレはありません。路肩の膨らんだところに3~4台留められるでしょうか。
危険なところはないとはいえ 標準コースタイム登りで4時間10分、標高差が1100mあるので覚悟を決めて朝早く出発!
P10402081jpg

2合目までは遊歩道になっています。
カルディナが先に歩き始めると大きな音がして思わず振り向くと!
カル2が《こぶし遊歩道》と書かれた板に頭を思い切りぶつけたようです。
背の高い皆様 ご注意を!!!

薄暗い道をひと登りすると第一展望台。
塩沢の町が見下ろせて確かに展望台です。
P10402091jpg

この先 第2展望台までは誰でも気持ちよく歩ける遊歩道となっています。
P10402101jpg

第2展望台には東屋があり 金城山山頂も見えて、さらに展望が良くなります。
魚沼丘陵と塩沢の町
P10402121jpg

急な登りをこなすと、東屋のすぐ上が2合目広場
P10402131jpg
P10402141jpg

遊歩道もここで終わり、細い登山道に変わります。
Dscf10051jpg

動物の糞が色々落ちていたり、熊さんに出遭っても不思議ではない感じ。
穏やかな道が続いたあと急登で3合目。
2合目から3合目が意外と長く感じました。

大きな松の木がある3合目。
Dscf02281jpg

時々見晴らしが良かったりしながら 細いけれど穏やかな道が続きます。
Dscf02291jpg


山頂が見えましたが遠いね~。
お天気いいので気持ちがいいけど。
Dscf10091jpg

坂戸山と同じ高さまで登ってきました。
Dscf10101jpg

ずっと森の中の細い道。
登ったり平らになったりしながら4合目を通過。
Dscf02301jpg

登りとなるとぐいぐい来る。
先が長いので歩ことに専念します。モクモクと。
P10402281jpg_2

時々広がる眼下の景色。
魚沼丘陵と塩沢の町。
P10402291jpg

ロープ出現!何本も垂れ下がってる長い急登。
ありがたいロープでした。
P10402311jpg
1本終われば次が控えてる。
P10402351jpg

P10402391jpg

ふ~っ!やっと登りきったけどカルディナの様子が変です。
緩やかな登りになったのに急に足が上がらなくなって 気持ちが悪い・・・・
P10402411jpg

すぐそこが5合目なのに足が前に出ない。
前夜 ほとんど寝ていないので睡眠不足が出てきたのかな。

実は4~5日前から咳が出て困ったなと思ってました。
咳が出ても睡眠不足でも気分がよく 快調に登ってきたのに。
咳も歩いてるときは全く出なかったのに。
いきなりパタッというふうに足が進まなくなって。

ふうふうしながら5合目到着。
飯士山が顔を出してる。(今回 候補の一つでしたが)
P10402451jpg

山頂まで遠いなあ・・・・まだ 5合目だものね。
P10402481jpg

山頂付近に怪しい雲が集まり始めてる。
私は7合目付近のブナ林まで行きたいと思って再び歩き始めたけれど体調は今一のまま。
回復を待っていたら天気が危なくなりそう。
等高線からみるとしばらく緩やかなはず。
でも・・・・先が長すぎる。


紅葉はまだやっと色づき始めたばかり。
Dscf10151jpg


数少ない花 ホツツジかな?
P10402521jpg

色づく中の緩い登りなのに体調は復活せず、カルディナもあきらめました。
P10402511jpg

また紅葉の盛りに出直そうと決定。
下山することにします。

2時間ほど登ってきたので下りも長いけどロープがあるのでラクチン。
P10402531jpg

足元がふかふかなので下りやすくて足に優しかったです。
P10402601jpg

第2展望台まで降りて来たら雨がポツポツ。
山頂付近は完全に降ってるね。
P10402641jpg_2

車に戻ったら本格的に降り始めました。
下山して正解だったようです。

山の様子がわかったので体調を万全にして再挑戦したいと思います。

帰りに三国峠の方を回ってみるとちょうど三国山方面から下山して来た人がいらっしゃったので紅葉の様子を聞いてみました。
真っ赤になってる木もあるけれど全体的には4分くらいかなあ・・・とのこと。

☆カル2のブログ たまには のんびり ぽかぽかと もご覧ください。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2012年10月 3日 (水)

初秋の御坂山から御坂黒岳(御坂)   2012・9・29              

久しぶりに山歩きができるというのに台風が2つも接近!!
こりゃ まただめかな・・・
一つ目の台風が去り、二つ目が接近する前にチャンス!と出かけてきました。
土日を避けたいカルさんずだけど、とにかく歩きたいほうが優先。
ずっと歩きたいと思っていた天下茶屋からの御坂山、黒岳を選びました。

御坂山山頂付近
P10309341jpg

☆本日のコース
  天下茶屋~御坂山~御坂峠~黒岳ピストン。

☆カル2のHP のほほ~んと山遊び も合わせてご覧ください。


************************

前日に河口湖畔の道の駅かつやまにて車中泊。
到着した時すでに何台か留まってる。さすが金曜日ね~。
なんて思っていたら翌朝目が覚めてびっくり仰天!
両隣にぴったり車が止まってる。車の外に出てみると広い駐車場が満車状態になっていました!

一瞬焦ったけれど観光の人や釣り目的の人もいたようでちょっとホッ!
朝食を済ませて、25分くらい走り、登山口のある天下茶屋まで移動。

今日は天下茶屋さんも営業するそうなので店前から少し外れた路肩の膨らんだところに車を留めました。
駐車場がないので心配していたけれど早く来て正解だったようです。
何台も留められません。紅葉時などハイシーズンはどうなるんでしょうね。

天下茶屋前からのきれいな富士山 黒岳まで待っててくれるかしら。
Dscf00551jpg

旧御坂トンネルの左側に登山口があります。
Dscf005711jpg

久しぶりの山歩きなので抑え気味に登り始めます。
すてきな森の中の道です。
とても歩きやすいけれど帰りに下ってくる時なかなかの急登だったことに気がつきました。
P10308921jpg

傾斜がなくなり、峠の近いことが感じられると道が細くなり、片側がくずれそう。
P10308981jpg

尾根道に合流しました。
右へ進めば清八山、三ッ峠
左は御坂山~黒岳
P10308991jpg

ここまでですでに森の気持ちよさにわくわく♪
さらにこの先を期待して出発!
Dscf00611jpg

道は歩きやすいし いい雰囲気ですね~。
P10309031jpg

途中の展望地での富士山。
P10309051jpg

何回も小さくアップダウンしながら登って行きます。
P103090611jpg

P10309091jpg

山頂付近に大きなミズナラの古木があると聞いていたので楽しみにしていました。
この木だ!そしたらもうすぐ山頂だと喜んだら、残念ながら山頂はまだ遠かったのでしたcoldsweats01
P10309142jpg

霧が出てきたけれどミズナラやブナの混じった楽しい道が続きます。
P10309212jpg_2

P10309221jpg


尾根道に入ってからアップダウンが多かったせいか、そろそろ御坂山はまだかといいたくなりました。
Dscf00681jpg


御坂山山頂 カルディナ到着~。
P10309261jpg


ミズナラやコナラ ブナに覆われて展望はないけれど小広くなっていて落ち着く山頂です。
Dscf00711jpg


ひと休みした後 御坂峠へ。
しばらくほとんど平坦道といっていいくらいの道。

すぐ大ミズナラと、大ブナのツインズ。
こちらにあったのね。やっぱりすごい!!
P10309301


元気をいっぱいもらって、しばらく下ると大きな鉄塔の上に出ました。
電線が邪魔なので鉄塔の下から回り込んでカシャ!
Dscf00851jpg

付近はちょっとしたお花畑になっていました。
Dscf01271jpg

フウロやソバナもあったけれどそろそろ終りかな。
見上げると鉄塔の向こうに黒岳が見えてるけれどまだまだ遠い。

少し下ってからまたまたアップダウンの連続だけれど、それぞれが短いのであまり苦にならず。
P10309441jpg   

P10309491jpg

P10309531jpg

ぐんぐんと下って御坂峠。
帰りはこの登りはきつそうだなと思いながら。
Dscf01211jpg

ここは三ツ峠登山口からの道が上がってきている。
いつかこの道も歩いてみたい。

ひと休みして御坂黒岳へ。
ここまでの道がとても良かったので楽しみです♪

こちらも穏やかな道が延びています。
P10309641jpg

P10309661jpg

ほんのり色づいてきたようです。黄葉の時も歩きたいなあ。
P103097111jpg

いよいよ岩場が始まったかな。
P10309721jpg

と思ったら・・・こういう道 大好き♪
P10309731jpg

次の岩場の出現。ぐんと高度を稼いでいます。
きつい岩場ではないので変化を楽しんでる感じ。
P10309741jpg

ひと頑張りで岩場を抜けました。
空が抜けてもうじき山頂ね。
ここまでボチボチ咲いていたトリカブトがいっぱいです。
テンニンソウはまだつぼみ。
P10309761jpg

懐かしい看板に来ました。前回はここから釈迦ヶ岳に向かったっけ。
P10309771jpg

過去2回とも緑のない頃だったのでイメージがずいぶん違います。
葉っぱがあったほうがいい。
すぐ先が黒岳山頂(1792m)
Dscf01041jpg

この山頂は何も見えないので3~4分のところにある展望台へ行きます。
土曜日だから座るところあるかなと心配だったけど、先着は2組。
日陰になるちょうどいい場所が空いていました。
この場所が狭いので土曜日はねえ・・・・・早立ちして大正解!
早めのランチをしながら富士山を眺め 十二ヶ岳方面を眺めhappy01
Dscf01001jpg

Dscf00991jpg

地元の人に熊に出遭ったときの話をお聞きしたりして楽しい時間を過ごし、 そろそろ下山しましょうか。
地元の人は新道峠に車を留めていらしたとか。
私たちは同じ道を帰るので写真を撮りながらのんびり下りましょう。
Dscf01101jpg

    すずなり~!
P103098911jpg   


岩場区間を抜けて。
P104000311jpg

光が差し込んで明るい森の道になってきました。秋は黄色のトンネルになりそう。
P10400091jpg

この頃から登ってくる人たちと何回かすれ違い。
やっぱり土曜日、展望台が混み合う時間でしょうか。

何か気になるものを見つけたようで少し戻って探してますhappy01
P10400191jpg 

あっさりと御坂峠に戻ってきました。
P10309561jpg_2 

まゆみが色づき始めて秋だなあと空を見上げます。
Dscf012311jpg
11 

さてこれから少し辛抱しなくちゃ。御坂山へは急登から始まる。
時間にしたら6~7分くらいだったと思うけど。
P10400261jpg

鉄塔まで戻って来ましたが富士山はすっかり雲の中です。いい時間に黒岳に登れて良かったことscissors
P104003711jpg

小さな露岩を乗り越えて大ミズナラにただいま~。
P10400481jpg

大ブナさん達にもただいま~。
P10400531jpg

御坂山山頂で一息入れてさあ~下るよ。
Dscf013411jpg

朝は霧が出て全体が見えなかったけれどこんな林だったのね。
P10400611jpg

アップダウンを繰り返しながらどんどん下っていきます。
足に優しい道なのでアップダウンの多いピストンもきつく感じなかったけれど、さすがに最後のピークへの登りでは疲れを感じました。
全然山を歩いていなかったので仕方ないかcoldsweats01

天下茶屋から御坂山の道は期待通りの気持ちのいい道でした。
カルディナとしたら御坂峠から黒岳までの道より好ましく感じました。

三ツ峠登山口に車を置いて御坂峠から両方ピストンすることも考えたけれど、天下茶屋から御坂山の道が歩きたかったので結局こういう形になりました。
緑のない頃だったら飽きてしまったかもしれない。
今回は森の気持ちよさに助けられた気がします。

紅葉の盛りにも歩いてみたいものです。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

« 2012年9月 | トップページ | 2012年11月 »