« 黄金色のブナ林 刈羽黒姫山(柏崎)               2012・11・4 | トップページ | 晩秋の畦ヶ丸(道志から)        前編               2012・11・14 »

2012年11月12日 (月)

錦秋の坂戸山(南魚沼六日町)    2012・11・5

大城方面から見た坂戸山山頂
Dscf90971jpg_3
南魚沼の金城山へ登るつもりでやって来たのに越後の主だった                        山々が白くなってる。
金城山は1369m 雪の支度なんて全然頭になかった(^^ゞ
雪の着いてるところが一番ハードらしい。
さっさとあきらめてこの日に登る予定にしていた刈羽黒姫山で         ブナの黄葉を楽しんできました。

さて 余った1日どこへ行こう・・・1000m越えたら雪がありそう。
地図の用意もしていない。
いくつか候補に挙がったけれど、そうだ!
秋も良さそうだったと坂戸山(634m)に決定!
思わぬ紅葉が楽しめました♪

*********************

☆薬師尾根~坂戸山山頂~大城~城坂コースのグルリップ

☆坂戸山は4回目になります。
  春のお花の時期にたくさん楽しませてもらいました。
  その様子は こちら からご覧ください。

☆カル2のHP のほほ~んと山遊び も合わせてご覧ください。

*********************

いつものように薬師尾根の登山口 鳥坂神社の脇から登ります。
満開のオオヤマサクラがきれいだったねと話しながら。
P10406561jpg

朝一のこの登り 結構きついのです。
Dscf90691jpg

ひと登りするとゆるやかになり尾根に乗ります。
飯士山が顔を出してる。右に苗場山かな。
P10406611jpg

眼下には六日町。
P10406641jpg

さあ!行きますよ~苦手な階段道。
きょうはバテないぞ!
P10406661jpg

春には花の道だったところは艶やかな道になってる。
350m付近 きれいね~♪
Dscf90741jpg

ずいぶん上がってきたね。
P10406741jpg

階段の段差が大きくて一番きついところ。
Dscf90771


階段がなくなりホッとするのもつかの間。
また 急階段が始まる。
左のピークが山頂。
P10406791jpg

ぐいぐい登る階段道。
春はイワウチワが終わった後、タムシバのトンネルになるとか。
P10406811jpg

ところどころで展望を楽しみながら、電車の音にどこ?どこ?とほくほく線を走る電車を探したり。
のどかですね~。里山の楽しいところ♪

450m過ぎ やっと7合目。
8合目を過ぎると金城山。やっぱり雪があるけれど昨日よりは少ないかな。
P10406941jpg

9合目を過ぎると最後の急階段。
4度目ともなると慣れてきたのでそれほどきつくない。
P10407001jpg

上越国境の山々が見えてる。
三国山 平標も考えたのだけれど雪や霜があったら木の階段は怖いので却下。
Dscf90851jpg

歩きにくかった最後のクサリ場は整備されてました。
ちと味気なくなっちゃったけど・・・
P10407101jpg

山頂のお堂です。
634m 天地人の次はスカイツリーと同じ標高が売りのようです(笑)
P10407111jpg

八海山はもう雪が多いです。
Dscf90922jpg

守門岳もきれい。
Dscf90881


ひと休みしたら大城(オオジョウ)へ。
金城山の下の平らなところが大城です。
P10407191jpg

素晴らしいです♪
登ってる途中がきれいだったのでこちらはもう 終わってるかと心配していたけれど。
P10407201jpg

振り返るとワォ~!!
まさかこんな景色が見られるとは思っていませんでした。
坂戸山にして大正解!!
Dscf90971jpg_2

春にはカタクリ イワウチワとたくさん楽しませてもらったのに秋までも楽しむことができるなんて。
何という低山でしょう!

カタクリ、イワウチワ、ツツジがいっぱいだったこの道。
1_2

P10407251jpg

坂戸山でカルディナの一番好きな場所。
P10407291jpg

P10407311jpg

帰り道にカシャ。カシャ。
Dscf91101jpg_2

Dscf91111

大城です。
春は一面のカタクリ群生地。足の踏み場もないくらい。
展望台でもあります。

八海山と越後三山の一つ 中ノ岳 手前が高倉山
Dscf91011jpg 

ここで一目ぼれした金城山
巻機山方面にも雪があります。
さらに奥の山々はもっと白くなっています。
1_3

ぐるり見渡すと上越国境の山々も頭が白い。
魚沼丘陵の奥に一段と光る火打山 焼山(?)
1_4

誰も来ないので大城で景色を堪能して坂戸山山頂に戻ります。
Dscf91122jpg

城坂コースは通行止めとの情報を聞いていたけれどどこにもその案内が出ていない。
通れるようなら下りは城坂コースがいいと思っていたので桃の木平に向かいます。
満開のカタクリを楽しんだ桃の木平。
秋もいいね。
Dscf91151jpg

山肌がいい色づきです。
P10407931jpg

色づく木々。ちょうど見頃。
P10407991jpg

登山道のすぐそばで地すべりがあったようです。
大きく崩れていましたが通行には差し支えなかったです。

この花 何の花?
11

いくら日当たりがいいとはいってもここにもスミレが。
11_2

1



もう降りて来ちゃいました。
P10408091jpg

途中で登山道の整備をしてくださってる人と遇いました。
トイレ掃除といい、地元の方々のお陰でよそから来る人たちも気持ちよく楽しめるんですね。
新潟の里山ってそんな人が多い気がします。
ありがたいことです<m(__)m>

ちょうどいい時期に来れてなんてありがたい。
P10408101jpg

右が山頂、谷間を降りてきました。
Dscf91201jpg

登山道がぶつかった林道の下にも地すべりの跡があり、お花がいっぱいだったのに幼木の支えがなぎ倒されていました。

地震や長雨の影響ってすごいんだなあと実感。
山が緩むって恐ろしさが隠れてるんだと改めて思いました。

それにしてもほんとに楽しい2日間でした。
長い間山を歩けなくてウツウツしていたけれどスカッとしました。
翌日からずっと新潟には雨マークが続いています。
長い冬の始まりなんでしょうか。

|

« 黄金色のブナ林 刈羽黒姫山(柏崎)               2012・11・4 | トップページ | 晩秋の畦ヶ丸(道志から)        前編               2012・11・14 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/168280/56099170

この記事へのトラックバック一覧です: 錦秋の坂戸山(南魚沼六日町)    2012・11・5:

« 黄金色のブナ林 刈羽黒姫山(柏崎)               2012・11・4 | トップページ | 晩秋の畦ヶ丸(道志から)        前編               2012・11・14 »