« 2013年2月 | トップページ | 2013年4月 »

2013年3月

2013年3月23日 (土)

早春の能岳、八重山(上野原)   2013・3・21

歩くなら早春。
シュンランが咲く頃がいいと時季待ちしていた山梨県上野原の里山 能岳(542m), 八重山(530m)を歩いてきました。
風もなく暖かく穏やかな春の光の中の半日でした。

     八重山山頂にてDscf70301jpg 

***********************
☆本日のコース
  上野原中学校前のP~向風バス停~能岳~八重山
  ~シュンランコース~上野原中学校前P

☆カル2のHP のほほ~んと山遊び も合わせてご覧ください。


***********************

ひょんなことからこの山たちを知りました。
山梨県上野原市が市民の憩いの場、散策コースとして力を入れてるようです。
シュンランコースというものがあるというのでこれはぜひ!歩いてみたいと思っていました。

上野原中学校前にりっぱなトイレつきの駐車場が造られています。
きれいなトイレは目の前の中学生たちが毎日お掃除してくれてるそうです。
ありがたいですね。きれいに使わなくちゃ!P1070497jpg

トイレの中に散策マップが置いてありました。1_2
今回は初めてなので能岳~八重山~シュンランコースの
グルリップを選びました。
シュンランに逢えるでしょうか。

真っ白な富士山 きょうこそ山頂が楽しみ♪P10703721jpg

35分ほどバス通りを歩くと向風バス停の先に能岳への
登山口があります。P10703751jpg_2

山風呂バス停の手前に虎丸経由で能岳へ至る
指導標がありましたが今回はチェックだけでスルー。
八幡神社でお参りをして、その少し先に登山口はありました。P10703821jpg
急坂を登りきると歩きやすい穏やかな道になりますが、薄暗い植林帯の中の道はだんだんと傾斜もきつくなり一汗かかせられます。P10703861jpg
雑木が増えて明るくなると楽しくなるね。Dscf70091jpg

落ち葉がいっぱい。秋も楽しめそう。P10703891jpg   

こういう雰囲気好きですね~。P10703981jpg

そろそろお目にかかれるかしらlovely キョロキョロeye
発見~♪P10704011jpg_2 

休憩を兼ねてあたりを散策。見つけるとうれしい♪
木の間越しに真っ白な富士山P10704082jpg

尾根に乗ると歩きやすい穏やかな道が続きます。P10704071jpg

あれが能岳山頂かなDscf70201jpg

落ち葉ですべるので気をつけて急降下。1_3

虎丸への分岐を通過。次回は虎丸をからめてグルリップ
したいね。P10704131jpg

短いけれどぐいぐい登る。
このくらいは手ごたえがないとね(^_-)-☆P10704162jpg

能岳山頂に着きました。残念ながら展望はよくないです。P10704211jpg
富士山も木が邪魔してる。Dscf70271jpg

まさにシュンラン街道ですが咲き始めたばかりのせいか
下を向いていたり背中を向けてばかり。
なかなか難しい。P10704291jpg

大きなアップダウンもなく八重山山頂到着。あずまやがあります。
あら~・・・・富士山が隠れてる!!
楽しみにしていたのに・・・

ランチを取りながらきれいな姿を待ちます。Dscf70301jpg_2 

こちらの展望は素晴らしいです。
雲がかかった富士山 倉岳山 高畑山 九鬼山P10704281jpg

西に三ツ峠  扇山 権現山P10704311jpg_2   

南に焼山から丹沢の山々がずらり。

一組が先着していましたがまもなく出発されてカルさんず
独占の山頂です。
展望とお花を楽しみました。
ギフチョウも飛んで春だ~♪

4月になると足元に色々な花が咲き、木々にも花がつき
山も人も賑わうのでしょうね。

下山はシュンランコース。
八重山といえば展望台がシンボルのようですが今回は
お目当てがあるので展望台はパスします。

いきなりの急降下。お花は少ない気がして途中の方が楽しめました。
盗掘にあって少なくなったと聞きました。ひどいですね!
持って帰っても土が合わないでしょうにDscf70322jpg

Dscf70431jpg

P10704571jpg

遊歩道に降りるとほとんど水平道。
桜の若木がたくさん植えられています。これからが楽しみな山ですね。Dscf70451jpg

1_4

足元にはスミレが花盛り。
斜面には・・・Dscf70511jpg_2   

Dscf70521jpg

ちょっとボケちゃった。1_5

この遊歩道は展望台に繋がるのかしらと思ったけれど。Dscf70611jpg

途中で遊歩道を外れて自然な山道へ入ったので確認できず。
この山道も下部で遊歩道に合流。駐車場に戻りました。

山道としたらちょっと物足りなかったけれど目的は充分楽しめたので
ヨシとしましょう。
秋も紅葉が楽しめそうですhappy01

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2013年3月17日 (日)

春爛漫 桜・さくら サクラ(松田)  2013・3・15

松田山ハーブガーデンの河津桜が満開とのこと。
山友達Hさんを誘ってやっと来た春を楽しんできました。Dscf30061jpg
Hさんは お姑さんと旦那様を相次いで見送ったあと
悲しんでるまもなく自分が大病であることが判明、大手術を乗り越えました。

昔、彼女とこの場所を訪れたことがあり、昔話に花が咲きました。
満開のときに来たかったけれど強風やら寒いやらで躊躇して、花はどうか?とハラハラ。何とかセーフ\(^o^)/

定番の景色Dscf30071jpg

やはり人もいっぱい!カメラマンさんもいっぱい!
すごいですね~。

柔らかな景色P10701591jpg

人が多すぎてゆっくり愛でていられないまま押し出されるように山頂へ。P10701632jpg 

幸せの黄色い菜の花 
車椅子の人 足の不自由な人 いろいろな人が春を楽しんでる。P10701672jpg

P10701661jpg

P10701651jpg

P10701691jpg

来てよかったねhappy01
元気がいっぱいもらえたかな。
私は元気をいっぱいもらったよ。
シャトルバスを使わなかったのでHさんは階段が大変そうだったけど自信がついたようでホッとしました。

下りは楽勝。もともと下りに強い人だもの(^_^)P10701721jpg

P10702281jpg

桜を堪能したあとは行ったことがないという大雄山最乗寺へ。P10702371jpg

ドライバーはカル2に任せて二人でぺちゃくちゃおしゃべり。
暖かく穏やかな春の一日でホントによかった♪ 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2013年3月 3日 (日)

城山~葛城山~発端丈山(伊豆)     後編            2013・02・28

Dscf50491jpg

☆城山から葛城山までの様子は 前編 にてどうぞ。

**********************
伊豆に来るたびに気になっていた城山。
観光客として何度か山頂を踏んでる葛城山。
いつか下から自分の足で登ってみたいと思っていました。Dscf50331jpg_2 

昨年も観光でこの山頂を訪れた時、密かに登山道の入り口を探していました。
今回 山頂周遊の遊歩道はとても整備されてるのにハイカーには不親切だなあと感じました。
山頂には発端丈山や城山へのコース案内がないのです。

登ってきたコースが東側、途中で健脚コースだからとスルーしてきたコースは西側だと認識していたので西側の遊歩道を降りていくとお地蔵さんがたくさん並んでいてその下に
立派な遊歩道の案内板が立てられていました。
周りをよく見ると古いハイキングコースの指道標に気がつき 一安心。P10700231jpg

素朴な山道らしい道を下っていくと今度はゴロゴロして
下りにくい。
それが過ぎると歩きやすい道に変わり、なるほど観光客さんの立場から見ると健脚向きと言えばそうかな。P10700283jpg

Dscf50371jpg

やっぱり!山頂に登るときに健脚コースだからとスルーした登山口に降りてきました。P10700121jpg_2

今度は左に向かって林道を戻り、鶯谷に戻ってきました。
しっかりした道を発端丈山に向かいます。

植林帯ばかりだといわれるけれど私はこんな道も好きです。Dscf50391jpg

お腹をいっぱいにしたら元気もいっぱい!
小さな登りとフラットを繰り返しながら歩きやすい道を行くと益山寺分岐。
すぐ先に長瀬方面への林道分岐。指道標も立っています。P10700333jpg

山道もここからガラッと雰囲気が変わり 明るくなり、ゆるやかに登って行きます。P10700353jpg


Dscf50421jpg


落ち葉がいっぱいなので秋は楽しめそうです。
ピークを越えて 再び急登出現。
そろそろお疲れモードだけれど最後の登りだ ガンバ!P10700401jpg

ロープも出てきたけれど使わず登れる程度。
登りきると山頂が見える。P10700471jpg

最後の山頂です。富士山がうっすらと\(^o^)/Dscf50491jpg_2


想像していたより狭く感じたけれど草原の気持ちのいい
山頂です。Dscf50501jpg

向きを変えると葛城山が小さい。
久しぶりの山歩きなのによく歩いたね。Dscf50521jpg_2

昔はもう少し海がよく見えたのでしょう。
木が伸びて邪魔してる。

風もなく暖かく陽だまりハイキングが楽しめました。
結局 葛城山山頂以外 誰とも会わなかったね。
気がつくともう15時 降りなくちゃ。

山頂にさよならして少し下ると分岐。
さて どちらに下ろうか。
距離は長いけれど緩やかな方がいいと右の三津口方面へ。P10700591jpg

急降下した後 緩やかになり 再び急降下。
長いロープが続きます。P10700601jpg

落ち葉が降り積もって秋は楽しい道なのかもしれない。
山桜の大木もたくさんある。Dscf50531jpg


しばらく穏やかな道が続いた後、再び急降下が始まる。
滑る滑る。P10700631jpg


だいぶ下ってきたなあと思ったらいい景色♪Dscf50541jpg

おっとっと!太い木があって助かった~!P10700681jpg

こんなところ里山のバリコースみたい。
案内が何もなかったけれどやっとひとつ。P10700701jpg

またまたロープが現われたけれど傾斜も緩んできたので頼らなくても下れるようになってきた。P10700721jpg

山頂から1時間弱で林道に出ました。P10700731jpg

10分弱 ぶらぶら歩いて内浦学校前バス停着。
このコースは三津北口コースと言うそうな。

伊豆長岡行きのバスは行ってしまったばかり。
次は30分後。バス停側に木の丸太で作られたベンチがあり、助かりました。Dscf50551jpg
河津桜はやっと咲き始めたばかりのようです。1_4

20分ほどバスに揺られ 伊豆長岡駅から電車に乗り、
次の田京駅で下車。
10分もかからないで道の駅に戻りました。
きれいな富士山には出会えず、久しぶりのロングランでしたが、振り返れば足に優しい道が歩けて楽しい1日でした。

☆城山から葛城山編は こちら happy01 

| | コメント (6) | トラックバック (0)

城山~葛城山~発端丈山(伊豆)     前編               2013・02・28

雪の丹沢を歩こうかと思っていたけれど天気予報がsunマーク一色。
それなら温めていたこのコースに決まりでしょう!

葛城山より     見えるはずの富士山はどこ?・・・・P10700191jpg 

☆本日のコース
    道の駅伊豆のへそP~城山~葛城山~発端丈山~
  三津北口登山口~バス、電車移動~道の駅P

☆ブログ「お帰りなさいっ」 のヒサさんに2010年に教えていただいてからいつか歩きたいと温めていました。
やっとそのときが来てヒサさんのレポを参考に歩いてきました。

エアリアや地形図だけではわかりにくいところもあったけれど丁寧なレポのおかげで迷いなく歩けました。
「お帰りなさいっ」のレポは 
こちらです。

☆カル2のHP のほほ~んと山遊び も参考にしてください。

**********************


前夜の天気予報で絶対きれいな富士山が見える!と張り切っていたけれど、一夜明けると暖かすぎでもやってる。
だめかなあ・・・・・

駐車場はあちこちあるけれど無料でかつ、トイレのある
道の駅伊豆のへそに車を留めました。
登山口まで歩いても30分ほどなのでウォーミングアップにちょうどいいと思って。

城山めざして川沿いをゆったり歩きます。朝のウォーキング中の人たちともすれ違い。こんなゆったりとした景色の中を散歩できるなんてうらやましい。Dscf50011jpg_2

目の前に見えてる神島橋を渡り左折、途中の神社にお参りして城山登山口に到着。道の駅から30分弱でした。
ここにも駐車ができ、一台留まっていました。Dscf50031jpg

画像は拡大できます。1


岩ゴロ道から始まります。Dscf50041jpg

岩ゴロだけれど歩きやすい。P10609481jpg

こんな岩がゴロゴロ。P10609511jpg

木の間越しに岩壁が見えるようになってきました。
誰か取り付いていないかなと探したけれどこの日は平日なのでいなかったみたい。
登るにつれて迫力が増してきます。Dscf50081jpg

クライミングコースとの分岐を2回過ぎるとこんな山道に。P10609571jpg

ひと登りでベンチのある広場に出ました。いい雰囲気の場所ですね。P10609581jpg

ひと休みしたあとは気持ちのいい山道です。Dscf50101jpg_2

少し登ると城山峠。
平日で誰も登ってきそうもないのでザックをおいて城山ピストン。P10609841jpg

空身はラクチン♪
広めの歩きやすい道をゆるく登って行きますが、見上げた岩壁を思うとこんなに楽でいいの?いつ急登が始まるかと・・・・・

ウバメカシに覆われて展望はないけれど差し込む日差しで明るい。
大岩が出はじめて来ました。P10609611jpg 

ウバメカシの林の中は沼津アルプスを思い出す。P1060962 

山頂かなと思ったらロッククライミングルートとの分岐でした。
下が覗けるかと少し奥に入ってみたけれど木に覆われて何にも見えない。

急登もなく、ひと登りで山頂でした。P10609641jpg

Dscf50131jpg

P10609691jpg

富士山がいるはずなのになあ・・・・
暖かくていいお天気なのにザンネン。Dscf50141jpg

車を留めて来た道の駅が見えて愛車も確認できてお~い♪
おもちゃのような小さな電車が動いてる。
里山の楽しさですが先が長いのでゆっくりもできない。

城山峠からはよく踏まれた、ほとんどフラットな道が続きます。
休日はトレランを楽しんでる人もいるかも。

突然 道の脇に大きな岩が幾つもゴロンゴロンしてる。
付近に岩場がないのに不思議ね~。

城山峠から10分少々で城山林道にぶつかりました。P10609901jpg

左に目を向けると葛城山登山口が見えます。
木の階段を登り、しばし歩いて 「出払い」を外山方面へ。1_2

右に外山の観音様を見て、しばらく歩くと左に三角の小山、神島の小富士が見えます。
展望はこのほかにはまったくないけれど足に優しい気持ちのいい道が続きます。P10700021jpg

葛城山背面登山口に来ましたが急登であるということなので通過。
どんな急登か興味もあったけれど。
まもなく鶯谷。P10700052jpg

ここは城山と葛城山と発端丈山との分岐点です。P10700061jpg

ヒサさん情報で頭に入ってはいたけれど親切にもこの指道標に葛城山は右へ下ると書きいれてあります(笑)
右に下る道が頼りなそうに見えたので書き入れたのでしょうか。

鬱蒼として湿っぽい山道を5分ほど下ると林道に出合います。P10700081jpg_2

かつらぎ山登り口を目指して10分ほど簡易舗装された林道を歩きますが、ところどころできれいな山並みを眺めます。P10700111jpg

途中のかつらぎ山への分岐も健脚向けとのことでスルー。
葛城山山頂から西のハイキングコースを降りてきたらここに降りました。P10700101jpg

P10700121jpg


私たちはヒサさんお勧めの山頂の東に登り着くコースを
選んでるので、先へとさらに3分ほど進みます。
登山口のすぐそばに駐車スペースがあり 車が一台留まっていたのでここでひと休み。
30分もかからないで山頂なんだけれど二人ともお腹が空き過ぎて我慢できない。
とりあえずおやつを口に入れてさあ!山頂へ。P10700131jpg

確かに緩やかに登っていて歩きやすい。
ロープウエーをくぐってやっと 今 自分のいる場所がわかりました(笑)
ここまで来て山頂のどこに到着するのかもわかりました!

眼下が広がって気持ちがいいね~。
スニーカーでも歩ける足に優しくいいコースです。
ところが空腹の身には最後の急登がつらかった~。
見上げるとロープウエーの駅が見えてるのに足が進まない。P10700161jpg

たどり着いたのは葛城神社のすぐ下でした。
山頂の東ですね。

山頂は賑わってるので一段下でランチタイム。
水仙がきれいに咲いていました。1_3

食後、山頂で富士山を探したけれど、やっと頭だけ姿を見せてくれました。
ああ~あ。富士山がきれいに見える日に来たかったのにね。P10700191jpg_3

葛城山は観光で何度か訪れてるところ。
一度下から歩いて登ってみたかったのでいい機会でした。

暖かい伊豆とはいえお花は水仙だけ。
西から降りるコースで下山して次は発端丈山へ 。
その模様は 後編 にてhappy01

| | トラックバック (0)

« 2013年2月 | トップページ | 2013年4月 »