« ツツジ街道と花の宝庫 南高尾山稜(高尾)               2014・5・7 | トップページ | 春の始まった高座山界隈(山梨県忍野村)               2014.5.17 »

2014年5月15日 (木)

二つの顔を持つ大姥山(大町市八坂)         2014.5.12

毎年恒例となった信州大町市付近の里山歩き。
所用に便乗するので肩の張らない山を探します。
今年は昨年歩いて気に入った大姥山の再訪です。Annnai1_2

   
☆本日のコース
  大姥神社P~大穴~大姥山山頂(1003m)~
  大姥の散歩道~山姥の滝下~短絡路(ただし廃道)
  ~大姥神社P

☆昨年のレポは こちら

☆カル2のHP のほほ~んと山遊び も合わせてご覧ください。

**********************

登りは鎖の連続、下りは落ち葉でふかふかの歩きやすい
尾根道。
ゆっくり登っても1時間半弱で山頂。
登りと下り、まるで性格が違ってグルリップしてこそ、この山の魅力がわかる気がしますが大姥神社Pまでの道が狭く、対向車が来ませんように・・・と祈りながら走るのが難点ですね。

昨年はグルリップをして車道を使って車に戻りましたが、
今回は山姥の滝下からの短絡路を使ってみました。
時間的にも体力的にもとても楽でした。
どうして短絡路は廃道になったのでしょうか。

3~4台留められる大姥神社下の駐車スペースにきれいなトイレがあるのはとてもありがたく感謝しました。

まだ青空だけれど強い南風が止んだら午後から雨の予報。気になりながらも出発。P11202991

5分するかしないで大姥神社。P11203071

ヤマツツジがきれいです。Dscf12601

無事に歩いてこれますようにとお参りして、覚悟をしていた急登から始まります。Dscf12611_2

すぐにクサリ場 。いくつか乗り越えるとベンチがあります。
風が抜けて一息つけるところ。
今日は南風が強い。

再びクサリの連続。
手がかり 足がかりがたくさんあるので楽しみながら通過。P11203161

P11203171

ミツバツツジのピンクがとてもきれいなんだけれど風が
強すぎ。Dscf12641

新緑もきれい♪P11203211

Dscf12661

去年と1日違うだけなのに季節が進んでる。
おかげでたくさんのミツバツツジが見ごろになってる♪

大穴への分岐まで来ました。
ザックを置いて行ってみます。Dscf12691

7分ほどですが途中にクサリがあったり、気が抜けないところもあります。
P11203311

P11203311改めて見ても大きいですね~。
金太郎のお母さんが住んでいたところだとか?
北アルプスが眺められて展望もいいのです。P11203311_2

大穴からの帰り道。P11203371

秋もいいだろうね~。Dscf1271

分岐に戻り仕切り直し。ミツバツツジが花盛り♪
Dscf12741 

難所のクサリ場です。
傾斜が一番きつい。P11203421

足場を探すカルディナ。P11203421_2

P11203421_3

やれやれ クサリ場を抜けました。P11203421_4

すぐ山頂到着。
こちらは1003m 三角点1006mはこの先にひっそりと
あります。2

まだ天気は持ちそうですね。
きょうも燕~餓鬼岳と北アルプスがずらりと見えます。1

空の様子も何とかグルリップができそうですが、なるべくなら雨に降られたくないので1006mの三角点はパスします。P11203541

山頂付近はまだ新緑の始まり。
ミツバツツジもつぼみがいっぱい。
今年はツツジの当たり年でしょうか。
標高が下がるにつれ ミツバツツジの花盛りです。P11203611

1_12

1_2

1_4

落ち葉が厚く積もってふっかふかの道。
第2ベンチでゆっくりランチタイム。
ミツバツツジとヤマツツジが混じって花盛りですね~。Dscf13151_2

1_6

Dscf13221_2

第2ベンチのあたりからミツバツツジとヤマツツジが
入れ替わります。

    餓鬼岳  
Dscf13161

1_7


2_6

Dscf13221

2_4

奥手のシュンラン1_8

ギンランはもう少し。
P11203811

快調に下り 何軒かある廃屋に出ました。
昨年は右折して車道を利用したけれど今年は左折して
山姥の滝方面へ。
車は通行止めになるけれど人は歩ける。
再び廃屋を通過。人が住まなくなった家は土台から崩れ、あんなふうに朽ち果てていくんだなあ・・・・

カル2がいっしょだからいいけれど一人で歩くには何となく怖い。
雲が増えてきて薄暗いせいか。

道なりに下り続けると山姥の滝まで500mの分岐にでましたが今回は滝へは行かず 右折。川沿いの舗装道路を下ります。

500mくらい下ると神社のPに戻れる短絡路の指導標があります。1_10 廃道になっているので何も書かれていませんが神社の参道だったらしい跡があったのでそんなに悪い道ではないだろうと短絡路を行くことにします。
途中 荒れた竹藪で歩きにくいところが少しあり 道が崩れかけてるところが一ヶ所 あったくらいで普通のハイキング道でした。
20分少々で朝の林道にぶつかると3分ほどで車に戻れます。

この道が使えるとグルリップが時短になり、体力的にも
とても楽だと思いました。
雨にも降られず、ミツバツツジもヤマツツジも花盛り。
北アルプスもきれいに見えて再び楽しむことができました。
紅葉もきれいでしょうね。

|

« ツツジ街道と花の宝庫 南高尾山稜(高尾)               2014・5・7 | トップページ | 春の始まった高座山界隈(山梨県忍野村)               2014.5.17 »

コメント

カルディナさん、おはようございます。
ちょっぴりご無沙汰でした。
先日(平標以外)初めて新潟のお山に行ってきましたよ。
新潟といえばカルディナさん、ですもんね~、
十日町とかの表示を見ながら「ああ、このあたりなのか」とカルディナさんの過去記事のこと思い出していました。

相変わらずよく色んなお山をご存じですね!
こちらの方も全然知らないです(^_^;)
南高尾のKMソウは同じのを見ていたようですね。
あんな無防備なところに咲いてるなんて驚きでした。
どなたが管理されているのでしょうね?

投稿: cyu2 | 2014年5月21日 (水) 09:26

cyu2さ~ん こんばんは。

こちらこそご無沙汰です。
いや~新潟通とは言えないのよ。
有名どころはどこも登ってないので(ポリポリ)

それでも思い出してくれてすごくうれしいです。

こちらの山は所用のついでに歩ける山はないかと探したんですよ。
ここはヒットでしたね(笑)

KMソウ・・・高尾の花ってあそこのこと?
他にもあるのかと思いました。
偶然見つけたんだけど危なく見過ごすところでした。
あれ?え?え?て感じです(笑)
でもうれしいね。
大事にしたいですよね。

そうそう 先日 cyu2 さんが出会ったお花に私も会ってきましたよ。
残念ながら固い蕾でした。

明日 明後日と所用で留守にするのでレポは遅れるけれどeye

投稿: カルディナ | 2014年5月21日 (水) 22:42

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/168280/59638294

この記事へのトラックバック一覧です: 二つの顔を持つ大姥山(大町市八坂)         2014.5.12:

« ツツジ街道と花の宝庫 南高尾山稜(高尾)               2014・5・7 | トップページ | 春の始まった高座山界隈(山梨県忍野村)               2014.5.17 »