« 2017年3月 | トップページ

2017年4月

2017年4月23日 (日)

裏高尾へ再び(城山北東尾根からグルリ)                 20017・04.20

桜も散り、高尾の芽吹きは進んだかなと再び裏高尾へと出かけて来ました。
高尾へ近づくと山の色の濃淡が一段と美しい。
この時期はやっぱりこの道でしょうhappy01P0456
平日というのにきょうもまたバスが増発されて、日影沢は先日より
ギリギリセーフ。
ニリンソウやスミレがたくさん咲いている。P0425
コチャさんもいますよ。0428
1週間違いなのに花の種類が違う。2326
2328_2
0474
2324
相変わらずの登りだけれど今日は体調が良さそう。0430
気持ちのいい緑(^^♪0436
こんな格好する元気もあります。0440
2331

この道が好きです。2332_2
0441
時々開放感があるところがお気に入り♪2333_2
2335
芽吹きから新緑へ。そしてとても静か。2345
0445
2339

気持ちよく登って来て、さあ どこから下山しようか。

城山の桜は満開のようです・・・・が・・カルさんずは脇道から一丁平へ。2344
桜の花びらが散ってる2348
2380
P0456_4
一丁平の展望台。
富士山が見えるとは!目を移すと南アまでも!2352
たくさんの人とすれ違い ベンチは座る場所がない。
相席させていただいて一休み。

桜は終盤だけれど一丁平の雰囲気はいいですね。
高尾山方面からやってきた若いグループさん。きょうはここまでですとおっしゃる。
そうよね。城山まで行かなくてもそういう歩き方もいいですね。2349
萩原作業道はまだ通れないので逆沢作業道から帰ることにしました。
一丁平からはやっぱり脇道を選択だけれど、この道もしばらくの間
道が狭いのですれ違いの待ちが多い。

カルディナの好きな場所。これも高尾山。2354_2

ピンクが見えてきました♪間に合ったみたい。0465_2
464
脇道の土手にもたくさんの可愛いお花。2359
日影沢に降りたらニリンソウが満開♪2385
0481
0483
キャンプ場に近づくと人も増え、スミレもたくさん咲いているので皆さんの目は右向いたり、左向いたり忙しそう。
スミレはもう終わりかなと思っていたのでたくさんのスミレに会えたのはとてもうれしいことでしたhappy012364
2370
2369
2377_2
2378_2
ブーケも多かった。2389
2393
2386
2387
0444
2391
0466
0470
兎の耳みたい。0482
0473
2390
スミレ以外 出会ったお花たち。2365
2367
2372
2394
0422
0431_2
0469

昨年は花が折られていてがっかりだったけれど今年は元気に咲いてくれますように。0459

これからどんどん新緑が輝くし、お花が増えてきますね。
高尾が楽しみ♪

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年4月15日 (土)

城山北東尾根と大戸緑地ハイキング(高尾山界隈)               2017・04・14・

カルディナの風邪も治まって来たし、天気も安定しているので芽吹きの高尾山へと出かけました。2293
****************************
☆本日のコース
    
城山北東尾根と大戸緑地散策

****************************


日影沢に寄る前に小仏バス停のトイレに立ち寄ったところ、バスが2台到着していました。
ハイカーさんもたくさん支度をしています。トイレも順番待ちで並んで
います。
この時期は平日でもバスの増発があるそうですね。
びっくり!

日影沢もほぼ満車状態。
ちょうど帰られる車があったのでそのあとへ留めさせていただき、
ラッキー(^^♪
早立ち、早帰り正解かも?2295
今は一般登山道になった城山北東尾根はたくさんの人が歩かれるのでしょう。踏み固められた道になった気がします。

風邪の後の身にはいっそうきつく感じた登りでした。Photo
明るい日差しと芽吹きの木々に元気をもらいながらガンバ!
登るにつれ、足元に色々なスミレが増えて癒してくれます。Photo_4
Photo_2
好きな雑木林に突入。
中央道を見下ろしながら一息入れ、いくらきつくてもこの道は
好きですね~。
今のこの時期が一番楽しいかも?

上部は伐採が進んでずいぶん雰囲気が変わりそう。Photo_3
植林帯に入ったところで落とし物に気が付き、引き返しますが
バスが到着したのでしょうか。すれ違いが多くなって。

城山も一丁平も桜の時期でもあり、平日とはいえすごい人のようです。
昨年のことを思い出しました。
だいぶ下って来たことだし、この日のカルディナには登り返すのも
きついこと。
静かな大戸緑地を歩こうかということになり、そのまま下山しました。

日影沢はもう1台も車は止められないという状況になっていました。
靴だけ取り換えて大地沢青少年センターの駐車場に移動。
こちらの駐車場にも車はたくさん止まっていました。

満開の桜は強めの風で花吹雪です。
芽吹きの山色も美しい。2297
青少年センターのキャンプ場から草戸峠~青少年センターとぐるり
周ってきました。
峠の丘ではスカイツリーが見えるかと期待したけれど肉眼でははっきりわかりませんでした。2299
足元にはいろいろなスミレ、シュンラン、目を上げれば芽吹きの木々が生き生きと美しい。2302_2
2303
2314
2298
もう少しすると花の種類も増えそうで開花の準備をしていましたが
風が強くて写してきた写真は全部ボツ😢2320
昨年も桜の時期の高尾山は平日でもすごい人で桜やスミレが終わるととたんに静かになったっけ。
また その頃ゆっくり歩きましょうか。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2017年4月 1日 (土)

小下沢林道から逆沢ノ頭(裏高尾)   2017.03・30

長年気になっていた逆沢ノ頭(655m)のピークをやっと踏んできました。
「逆沢ノ頭」とは景信山の北東に位置するこんもりとしたピークのことです。

小下沢林道にはいろいろなスミレが咲き始めていました。

D2213
************************
☆本日のコース
  小下沢林道~逆沢林道~逆沢ノ頭~小仏から景信山ルート
  ~ザリクボ~小下沢林道

☆(夫)カル2のHP のほほ~んと山遊び2 を合わせてご覧ください。


************************
景信山が好きでいろいろなコース取りで幾度となく歩いて来ましたが、だいぶ前から地図に記載されている655mのピークが気になって仕方がありません。
いろいろ調べてみても詳細が分からず、なかなか踏み出せずにいましたが数年前から皆さんが歩かれるようになって情報が入ってきました。

今の季節なら踏み跡も解かりやすいだろうと出かけることにしました。2212
小下沢の梅林は盛りを過ぎてるけれどまだきれい♪D2209
朝早いので車はまだ1台も止まっていません。
空気もヒンヤリ。

花はまだかなとキョロキョロしながらのんびり歩きます。0372
スミレはエイザン系が良く咲いていました。

ゲートを過ぎ、キャンプ場に到着。
ザリクボ方面を左に分けて直進。さらに小下沢林道をてくてく。
沢がだんだん下の方になり、沢に降りられずハナネコノメなど
少し期待したのにがっかり。

皇太子殿下誕生記念の植林地の碑を過ぎると深山幽谷の気配。
飽きてきたところなのでちょっと楽しいね。0332
0331
上から見ると蝶々みたい。2222
滝が見えるとロープはないかとキョロキョロ。
滝の所からもピーク655mに行けてロープが付いているらしい。
今回は初めてなので逆沢林道を利用します。

正面に見えるあれが逆沢ノ頭かしらと地図とコンパスでチェック。2218
2段の滝も現れました。2220
次のチェックポイント、
鉄塔が見えたら長い、長い林道歩きも終りだ~♪2224
やっと着いた~!2226
直進は景信山~陣馬山への縦走路へ。
カル2のいる方角が新多摩線72号鉄塔 73号鉄塔方面へ。
カルさんずは青いバリケードの先へ伸びている逆沢林道へ入ります。0340
しばらく左下に小下沢林道をちらちら見ながら緩やかな登り。
やがてほとんど平らに感じるような道を左に曲がり、右に曲がりしなが
らゆるゆるな林道歩きが続きます。

左下に見えていた深い谷が終わるとちょっとした広場になっていて
道は左右にそれぞれ伸びています。
カルさんずは左に伸びている林道を行きます。

逆沢ノ頭から下がってきている尾根が林道により切断されたところに
着くと土に埋もれそうな木の階段がありました。

ここが林道終点なのでしょうか?

階段を上がります。0345
歩き始めは夏になると藪になりそうですが踏み跡ははっきりしています。0346
途中で左からもっとはっきりした道が上がってきました。
どこから来たのかしら?2227
このままピークに行くのかと思いきや雪が出てきたり、
2度ほど道が分かれたり。0347
2226_2
ピークはすぐ上のはずなので半ば強引によじ登り、逆沢ノ頭に到着!2230
手作りの山頂標が木に付けられていました。
念願のピークですhappy01

すぐ上に見えていた景信山の北東斜面は雪で真っ白。
楽しそうな登山者の声も聞こえます。

日当たりのいい場所でゆっくりコーヒータイム(^^♪2231
風もなく穏やかでふかふかの落ち葉の上は気持ちがいい♪0352
木々はまだ冬模様だけれど日差しは春!です。

この山頂は南北に細長い。
先ほどまでいたピークを振り返っています。0355
南に向かって景信山直下に出ることを考えていましたが
上部はまた雪が出て来るかもしれないので景信山はパスすることに。
アイゼンは車に置いてきたしね。

東の降り口らしいところには通せんぼがしてあり、急斜面のようです。
ということで南に下り、鞍部から南東方向に下ることに決定。
ザリクボの一般登山道に出合うでしょう。0357
いい道ですね~。
普通の登山道みたい。

鞍部に降りたら目の前に聳える急斜面。
やっぱりや~めた(笑)

南か東に向かう踏み跡は無いかと探したけれどはっきりしたものは見つからず。
カル2がかすかな踏み跡を見つけました。
このトラバース道は急斜面に付けられた、人一人がやっと通れる
作業道のようでした。
落ち葉で滑るのでちょっと緊張。0658
とりあえず難所をクリア。
先を見ると同じような危うい細い作業道がずっと下っていくように見えます。

カル2は上に登ることを考えていたようです。
ちょうどすぐ上を人が通って行ったので即決定。

それならばと周りをよく見るとカルディナの後ろに斜めに上に上っている踏み跡があるではないですか。

慌てて滑らないように、気を付けてひと登りで一般登山道に出合いました。
なんと!景信山に向かう小仏からの道が合流してきたすぐ上に出ました。2234
念願も叶ったし、ザリクボの道で確認したいことも3か所あるので
景信山はやっぱりパス。

お花見しながらザリクボ経由で小下沢林道へと下ります。2245
ハナネコノメは待っててくれてるでしょうか。2240
ギリギリセーフ!
やっぱり可愛いですね~♪2242
2253
無事に小下沢林道に帰って来ました。
朝はまだ眠っていたお花たちも元気いっぱい。2248
2256
0320
0323
0373
0377
朝はまだ静かだったけれど帰りはたくさんの人たちとすれ違いました。
これから花の種類も増え、どんどん賑わうのでしょう。

きょう歩いた逆沢ノ頭の逆沢林道コースは逆沢林道に入るまでの
林道歩きが長すぎてちょっと閉口しました。
逆沢ノ頭に登る道は雑木林でしたがどんな花が咲くのでしょうね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2017年3月 | トップページ