« 今年も雪割草を愛でに(新潟)    2017・03・18 | トップページ | 城山北東尾根と大戸緑地ハイキング(高尾山界隈)               2017・04・14・ »

2017年4月 1日 (土)

小下沢林道から逆沢ノ頭(裏高尾)   2017.03・30

長年気になっていた逆沢ノ頭(655m)のピークをやっと踏んできました。
「逆沢ノ頭」とは景信山の北東に位置するこんもりとしたピークのことです。

小下沢林道にはいろいろなスミレが咲き始めていました。

D2213
************************
☆本日のコース
  小下沢林道~逆沢林道~逆沢ノ頭~小仏から景信山ルート
  ~ザリクボ~小下沢林道

☆(夫)カル2のHP のほほ~んと山遊び2 を合わせてご覧ください。


************************
景信山が好きでいろいろなコース取りで幾度となく歩いて来ましたが、だいぶ前から地図に記載されている655mのピークが気になって仕方がありません。
いろいろ調べてみても詳細が分からず、なかなか踏み出せずにいましたが数年前から皆さんが歩かれるようになって情報が入ってきました。

今の季節なら踏み跡も解かりやすいだろうと出かけることにしました。2212
小下沢の梅林は盛りを過ぎてるけれどまだきれい♪D2209
朝早いので車はまだ1台も止まっていません。
空気もヒンヤリ。

花はまだかなとキョロキョロしながらのんびり歩きます。0372
スミレはエイザン系が良く咲いていました。

ゲートを過ぎ、キャンプ場に到着。
ザリクボ方面を左に分けて直進。さらに小下沢林道をてくてく。
沢がだんだん下の方になり、沢に降りられずハナネコノメなど
少し期待したのにがっかり。

皇太子殿下誕生記念の植林地の碑を過ぎると深山幽谷の気配。
飽きてきたところなのでちょっと楽しいね。0332
0331
上から見ると蝶々みたい。2222
滝が見えるとロープはないかとキョロキョロ。
滝の所からもピーク655mに行けてロープが付いているらしい。
今回は初めてなので逆沢林道を利用します。

正面に見えるあれが逆沢ノ頭かしらと地図とコンパスでチェック。2218
2段の滝も現れました。2220
次のチェックポイント、
鉄塔が見えたら長い、長い林道歩きも終りだ~♪2224
やっと着いた~!2226
直進は景信山~陣馬山への縦走路へ。
カル2のいる方角が新多摩線72号鉄塔 73号鉄塔方面へ。
カルさんずは青いバリケードの先へ伸びている逆沢林道へ入ります。0340
しばらく左下に小下沢林道をちらちら見ながら緩やかな登り。
やがてほとんど平らに感じるような道を左に曲がり、右に曲がりしなが
らゆるゆるな林道歩きが続きます。

左下に見えていた深い谷が終わるとちょっとした広場になっていて
道は左右にそれぞれ伸びています。
カルさんずは左に伸びている林道を行きます。

逆沢ノ頭から下がってきている尾根が林道により切断されたところに
着くと土に埋もれそうな木の階段がありました。

ここが林道終点なのでしょうか?

階段を上がります。0345
歩き始めは夏になると藪になりそうですが踏み跡ははっきりしています。0346
途中で左からもっとはっきりした道が上がってきました。
どこから来たのかしら?2227
このままピークに行くのかと思いきや雪が出てきたり、
2度ほど道が分かれたり。0347
2226_2
ピークはすぐ上のはずなので半ば強引によじ登り、逆沢ノ頭に到着!2230
手作りの山頂標が木に付けられていました。
念願のピークですhappy01

すぐ上に見えていた景信山の北東斜面は雪で真っ白。
楽しそうな登山者の声も聞こえます。

日当たりのいい場所でゆっくりコーヒータイム(^^♪2231
風もなく穏やかでふかふかの落ち葉の上は気持ちがいい♪0352
木々はまだ冬模様だけれど日差しは春!です。

この山頂は南北に細長い。
先ほどまでいたピークを振り返っています。0355
南に向かって景信山直下に出ることを考えていましたが
上部はまた雪が出て来るかもしれないので景信山はパスすることに。
アイゼンは車に置いてきたしね。

東の降り口らしいところには通せんぼがしてあり、急斜面のようです。
ということで南に下り、鞍部から南東方向に下ることに決定。
ザリクボの一般登山道に出合うでしょう。0357
いい道ですね~。
普通の登山道みたい。

鞍部に降りたら目の前に聳える急斜面。
やっぱりや~めた(笑)

南か東に向かう踏み跡は無いかと探したけれどはっきりしたものは見つからず。
カル2がかすかな踏み跡を見つけました。
このトラバース道は急斜面に付けられた、人一人がやっと通れる
作業道のようでした。
落ち葉で滑るのでちょっと緊張。0658
とりあえず難所をクリア。
先を見ると同じような危うい細い作業道がずっと下っていくように見えます。

カル2は上に登ることを考えていたようです。
ちょうどすぐ上を人が通って行ったので即決定。

それならばと周りをよく見るとカルディナの後ろに斜めに上に上っている踏み跡があるではないですか。

慌てて滑らないように、気を付けてひと登りで一般登山道に出合いました。
なんと!景信山に向かう小仏からの道が合流してきたすぐ上に出ました。2234
念願も叶ったし、ザリクボの道で確認したいことも3か所あるので
景信山はやっぱりパス。

お花見しながらザリクボ経由で小下沢林道へと下ります。2245
ハナネコノメは待っててくれてるでしょうか。2240
ギリギリセーフ!
やっぱり可愛いですね~♪2242
2253
無事に小下沢林道に帰って来ました。
朝はまだ眠っていたお花たちも元気いっぱい。2248
2256
0320
0323
0373
0377
朝はまだ静かだったけれど帰りはたくさんの人たちとすれ違いました。
これから花の種類も増え、どんどん賑わうのでしょう。

きょう歩いた逆沢ノ頭の逆沢林道コースは逆沢林道に入るまでの
林道歩きが長すぎてちょっと閉口しました。
逆沢ノ頭に登る道は雑木林でしたがどんな花が咲くのでしょうね。

|

« 今年も雪割草を愛でに(新潟)    2017・03・18 | トップページ | 城山北東尾根と大戸緑地ハイキング(高尾山界隈)               2017・04・14・ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/168280/65091057

この記事へのトラックバック一覧です: 小下沢林道から逆沢ノ頭(裏高尾)   2017.03・30:

« 今年も雪割草を愛でに(新潟)    2017・03・18 | トップページ | 城山北東尾根と大戸緑地ハイキング(高尾山界隈)               2017・04・14・ »