« 二つの御前山(上野原)     2017・09・20・ | トップページ | 再度の鶴島御前山(上野原)     2017・10・05・ »

2017年9月29日 (金)

やっぱり侮れない高柄山(上野原)  2017・09・26・

先週に引き続き上野原の里山へ。

足慣らし、体慣らしの目的もあるので先週より距離を延ばして
高柄山(733m)へ四方津から上野原へとぐるり。

覚悟はしていたもののアップダウンの多さに参り、一番きつかった
場所、最後の最後に目指してきた御前山山頂と上野原への巻道分岐。
ヘロヘロしながら、もうそろそろかと見上げた先にどんと!聳える
鶴島御前山

434
****************************
☆本日のコース
   上野原桂川河川敷P~上野原駅🚝四方津駅~川合峠~
   大丸山頂~高柄山~新矢ノ根峠~御前山山頂直下分岐~
   鶴鉱泉、ムクノキ~桂川河川敷P

☆コースの詳細はカル2のHP 
のほほ~んと山遊び2 をご覧ください。

****************************


先週、鶴島御前山から栃穴御前山を歩いていて御前山直下にある
鶴鉱泉、ムクノキ方面への巻道分岐がどのような位置にあるのか解っているのでこの山姿を見上げた時、唖然としたのです。

この時、疲労のピークに達していたカルディナです。
さて どんな山歩きだったのでしょうhappy01

朝はまだまだ元気なカルディナです。
桂川河川敷に車を留めると支度をして目の前の二つの御前山を見上げます。C
上野原駅から久しぶりの中央線に乗り四方津駅へ移動。
電車は空いているものの何人かの登山者さんがいます。
みなさん どちらへ行かれるのでしょうね。

四方津駅で降りた登山者はカルさんずだけでした。
駅を降りると各ポイント、ポイントに丁寧に指導標が立てられて迷うこと
なく登山口に到着です。

途中、川合橋の上からの渓谷です。96
いよいよ山道ですが熊さんの絵があちこちに。
そして熊さんとばったりしても不思議がないような雰囲気。319_2
熊鈴をリンリン慣らしながら周りもキョロキョロ。321
101
明るくなり、緑のハイライト。329
紅葉時はきれいだろうねえ~337
105
植林帯に入ったと思ったらまた、緑の森。Cimg0109jpgjpg2
足元も歩きやすく、ゆるゆる登って楽しい道です。
時にこんな危なそうなところもあるけれど。P1220350jpg
113jpg2
突然下に林道工事の現場が。どこへ繋がるのでしょう。
凄い工事ですねえ。
ここから度々林道登場。

信玄ゆかりの御座敷の松というものがありました。352

切り株のベンチがあるので一休み。
もう、涼しいかと思っていたら暑い日で汗びっしょりです。
こんなに暑いのなら凍らせたゼリーを余分に持って来るのだった。114_2
四方津の街?117
この山はどこ?353
この付近、林道に降りたり、また山道に入ったり、
少々わかりにくい。358
362_2
林道が見えてる。365
また展望が良くなって、あの山は倉岳山?368
本日唯一の花 シモバシラ123
また林道に降りると休憩所が造られています。371
こんなにわかりにくいので指導標はとてもありがたい。
細やかに立てられてると思います。

再び山道に入り、大丸山頂。376
ここで本日、たった一人の人に逢いました。
残念だったのはここで高柄山の山姿をカメラに写すことを忘れました。

少し下るとまた林道に降りてすぐ山道へ入ります。
林道に降りると少し先に山道に入る指導標が見えるので迷うことなくですが。

山道に入るといよいよ千足峠、高柄山に向かって一直線、アップダウンの始まりです。
急坂にはお助けロープが必ずといっていいほど付けられています。P1220387jpg
山慣れている人ならホイホイと下れるでしょう。
カルディナは自分の足に自信がないので慎重に下ります。

しばらく穏やかな道が続いたと思ったら里山らしく、12時のチャイムが鳴っています。
お腹もすいたので途中でランチタイム。

花もないけれど人も誰も来ません。シカの鳴き声だけが聞こえる静かな静かな山です。

これから何度アップダウンしたでしょうか。
千足峠までもなかなか着かない。397

短いけれど急登、急下りのアップダウンです。399
やっとやっと高柄山に到着!P1220403jpg
上野原の街が見えています。
下に見えてるのは先週歩いた鶴島御前山かな。

広くはない山頂ですが誰もいないのでのんびり休みます。129
秋山の方へ延びてる道は気持ちのよさそうな道です。
どんな道なんでしょう。いつか歩いてみたいです。

まだまだ長い行程。
ここからは楽しめる道のようなのでリラックスできるでしょうか・・・・

そんな期待は下り始めてすぐあっさり却下されました。
確かに気持ちのいいところも多かったけれど疲れてきている足には
なかなかのハードに感じました。
筋力のある時には楽しめるのかもしれません。131
ホッとしたのも一時だけ。
長い長いロープ場の始まりです。P1220415jpg
いつまで続く。133
でもそんなに歩きにくくはないのです。
足元がふかふかだからでしょうか。

終わったみたい。ホッとしますね。410


135jpg2
136jpg2_2
425
楽しい道ってこのあたりのことかしら?426_2
岩が出てくるとまもなくあずまやが見える。140jpg2
430
一休みして指導標をよく見ると上野原まで2時間と書いてある!
まだ2時間もあるの?・・・

下り始めてふと、気が付くといつの間にかフェンス沿いに下ってる。
これが噂のゴルフ場のフェンスね。

どんどん下ってほんとに谷底だわ。141
谷間なのでだんだん暗くなって焦って来る。
谷底についたら今度は登り返し。
この登り返しがほんと、きつかった!!

改めて地形図をよく見ると等高線が混み混みだもの。
頭に入れてなかったので余計疲れたのかもしれない。

やっと傾斜が緩んで御前山と巻道の分岐が近いと気が緩んだところで見上げた御前山。434_2
がっくり 力が抜けて一気に疲れました。
こんな風に見えたらいけないのに・・・
ここから10分15分であのてっぺんに出られるはずがない。

気を取り直してやっとこさ分岐に到着。P1220437jpg
巻道を選択。
右に下る道に入ります。
疲れているときはこの道も長く感じます。
とても歩きやすくて疲れた足にはありがたかったけれど小さなアップダウンが良く効きました(笑)Cimg0142jpg
林道に降りたときはもう登らなくてもいいんだと心からホッとしました。
暑い日だったので冷たい飲み物がほしいと自動販売機を探したけれど結局、バス通りに出るまでありませんでした。

きょうも怪我無く、明るいうちに山から下りて来られました。
以前から高柄山には登りたいと思っていたのですが山から離れているときは自信がなくて。
それで正解ですね。
低山とはいえ侮れない体力的にハードな山でした。
カル2の足をだいぶ引っ張ってしまいました。

今は疲れも取れてまた行きたい。
今度は余裕を持って歩けるでしょう。
筋力に自信がなかったら逆コースにするといいと思います。
宿題は早めに済ませた方がいいかもhappy02

|

« 二つの御前山(上野原)     2017・09・20・ | トップページ | 再度の鶴島御前山(上野原)     2017・10・05・ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/168280/65848189

この記事へのトラックバック一覧です: やっぱり侮れない高柄山(上野原)  2017・09・26・:

« 二つの御前山(上野原)     2017・09・20・ | トップページ | 再度の鶴島御前山(上野原)     2017・10・05・ »