« 2018年6月 | トップページ | 2018年11月 »

2018年10月

2018年10月28日 (日)

ちょこっと山道(秦野・念仏山)   2018・10・26・

天気予報も晴れ!二人の予定もなし。
それでは支度の必要のない いつものあの山へ(^^♪P1230484_2☆本日のコース
   めん羊の里P~弘法山~念仏山ピストン

☆カル2のブログ 
たまには のんびり ぽかぽかと

*************************
当日の朝 空を見上げると???青空がない!!
でも、足の様子見も兼ねているので何度も歩いているコースだし、雨さえ降らなければいいかと出かけて来ました。

いつも途中でご挨拶する富士山の姿も見えず。それが残念!

弘法山山頂でお参りして念仏山に向けて出発。
念仏山、高取山へのコースは展望もないし、これといった見どころもないけれどこの緑の中を歩けるのが気に入っています♪P1230479_3
紅葉が始まってる!Cimg0866
山道はいいねえ♪P1230478
Cimg08672
気持ちよく歩けるのがいい。P1230488
P1230490
P1230491
P1230499
快調 快調♪

念仏山山頂からの秦野の街P1230496
天気はいまいちなれど気持ちよく歩いて来ました。
一応 高取山までのつもりだったけどまたまた満足しちゃって(笑)
下山に決定!P1230494
同じ白菊と思ったら色々な種類があるのねえ。
薄紫色でした。Cimg0870
前回、高取山まで行ったとき、きれいに咲いていた黄色の小さい花。
少しは咲き残っているかと楽しみにしていたら根こそぎ持って行かれたようです。
残念ですね-。

登りも快調なら下りはもっと快調でした。
楽しい半日でした

次がとても楽しみ♪

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年10月25日 (木)

まさにトレーニングそのものだった鶴島御前山(上野原)                 2018・10・22・

ことのほか酷暑だった今年の夏。
一息ついたと思ったら続々来る台風に邪魔されて、うだうだしていたのですっかり筋肉もなくなり、これは大変とトレーニング開始。

今回は上野原まで出張。
わんこの耳岩(カルさんず通称)に会うべく鶴島御前山をグルリップ。P1230428jpg
☆本日のコース
   上野原・桂川河川敷P~鶴島御前山登山口(駒門地区登山口)
       ~ 鶴島御前山山頂~高柄山方面との分岐~ムクノキ~P

☆カル2のHP 
のほほ~んと山遊び2 も合わせてご覧ください。
****************************


何度かお世話になった桂川河川敷のP
車利用者にはありがたい駐車スペースです。

橋の上から御前山に御挨拶。

昨年、この駐車スペースを知り、高柄山、御前山を歩いてからすっかり気に入り、この橋を渡るのも何度目でしょうか。

(過去レポはこちらからご覧ください。)

墓地のある登山口まで舗装道路をゆるゆる登って行きます。
おっ?今日のカルディナは調子が良さそう(^^♪

墓地の前の登山口で身支度の調整して出発。
いきなりのロープつきの急登。P1230431jpg
すぐロープはなくなりますが学校林との分岐まででひと汗かきます。
さあ!これからが本番(笑)
岩混じりの急登が続きます。(ロープつきです)P1230432jpg
登り下り合わせると4度目かしら?
この日は快調。一番楽しく登れました。P1230434jpg
石祠に着き、ひと休み。
見上げると青い空と緑の葉がきれい♪Cimg0845jpg
もっと寒いかと思っていたら暖かい日で風も生暖かい。

御前山山頂からわんこ岩までは穏やかな鼻歌が出そうな道のはず・・・Cimg0847jpg
台風24号の爪痕がこの付近では大きかったようですね。Cimg0855jpg
倒木は根こそぎ状態が多く、折れた小枝が散乱して歩きにくい。
多少の倒木は覚悟の上でしたがこの日歩いたルートだけでも想像以上でした。
倒木のおかげで高柄山やゴルフ場が良く見える。850
足元は無残な茶色・・とても紅葉・黄葉は期待できないですね。残念。

カルさんず通称、わんこ岩にこんにちは。449
高柄山がきれいに見えてる。
筋肉が戻り、道も歩きやすくなったらまた歩きたいね。Cimg0854jpg
秋には珍しいピンクの花444
もっとゆっくりしたかったけれど狭いので下山開始。
ざれて滑りやすい道を下り、高柄山方面との分岐に到着。

登山道には杉の落ち葉や小枝が散乱しています。
滑らないように注意。Cimg0858jpg
この分岐を今は営業していない鶴鉱泉やムクノキの大木方面に下りますが、杉の植林帯はひどかったです。
何本も倒木があり、杉の葉が散乱して道を隠しています。

カルさんずは登りと下りで1回づつ通っていて、方向の記憶があるので無事登山道に合流しましたが、初めて通られる人は難儀するかもしれません。P1230458jpg
やれやれと思っているとまた!通れない!Cimg0860jpg
先に登山道が見えているのでまだ気持ち的に余裕がありますが
カル2はカルディナをどう通すか思案したようです。Cimg0862jpg
何とかカルディナも通過。P1230468jpg
こんなところです。登山道に覆いかぶさっている杉の倒木。Cimg0863jpg
今回は短いコースだし、まだ昼だし、焦らなかったけれど。
日暮れが迫り、疲れた足では応えるでしょうねえ。

このルート、道は優しいけれど普段でも疲れてくると結構アップダウンが応えます。

堰堤が見えてもうじき林道だと思ったら最後の最後にこれです(笑)Cimg0864jpg
林道が見えてるのにカル2が手間取っています。
それを見ていたカルディナは迂回作戦。P1230473jpg
さてどう通ろうか?P1230475jpg
迂回作戦成功で登山口に着地。Cimg0865jpg
逆コースを選んでいたらこれを見て引き返していたでしょう。
トレーニングに来たので多少の覚悟はありましたが、山梨の山々にこんなに台風24号の爪痕があったとは驚きでした。

せっかく気に入った山域なのにね・・・・・しばらくだめですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年10月16日 (火)

久しぶりの山道(秦野・高取山)     2018・10・13・

猛暑に参ってふうふう言っていたらいつの間にか上着が欲しい季節。

連続した台風にも邪魔され、やっと山道を歩いて来ました。Cimg0819jpg_nogiku_3
秋の花さえなくなりかけた先日、鈍り過ぎた体のトレーニングに高取山へ出かけたのですが、蒸し暑さとヒルに脅かされ、山頂目前にして
撤退したのです。
さて!今回は??(笑)

☆ 本日のコース
   秦野めん羊の里P~弘法山~念仏山~高取山ピストン

☆カル2のHP のほほ~んと山遊び2 も合わせてご覧ください。

***************************


秦野の高取山は我が家から近いので度々訪れていますが、途中の
念仏山でだいたい満足して高取山まで足を延ばすことはほんとに
久しぶり(*^-^*)

この日は気温が低いし、蒸し暑くもないのでヒルは大丈夫かな。
土曜日で人も多いしね・・・

久しぶりの箱根の山々(念仏山山頂にて)P1230409jpg_hakonetohadano
さあ!きょうは高取まで行くぞ~(^^♪!

念仏山から高取山はなかなかいいトレーニングコース。
アップダウンあり、長い急登あり、ヒルもいる・・・Cimg0822jpg_kyuuto_1
この登り、途中で見上げると思わずウエ~!!(笑)
最近は慣れました(*^-^*)

ヒルのいる場所、薄暗い植林帯のトラバース。
休まず行くよ~!

何とか無事通過。先の明るく、乾いたやせ尾根付近でヒルチェック。
この日はどこにもヒルの姿は見つけられなかった。
先日はヒル対策を忘れたので登山靴の中にも2匹入られたし、
途中でも何匹かお亡くなりいただきました。

この日はヒル対策をしっかり!そんなもんですね。

先日はロープ場の下で引き返し。
蒸し暑さにバテてもいたけれど山頂までもうひと頑張りのところ。
どうする?・・・相談していた時に足元にヒル2匹!
即決定!引き返しました。

この日はヒルの姿も見ないし、涼しいのでまだ元気。
高取山山頂まで行きました(笑)

ロープ場と過ぎた先の急登、
カルディナがいつも一番きつく感じる所。P1230417jpg_ropu
Cimg0824jpg_kyuurto3
久しぶりの山道は楽しいので元気にクリア。
追い越して行かれる方々は皆さん パワフル。

昔から持久力はあったけれどあんなパワフルではなかったから
仕方がない。

到着した高取山山頂。
大山方面が伐採されてる!Cimg0825jpg_takatorisanncyou
土曜日なのでハイカーさんが次々と。
皆さん 大山まで行かれるのかしら。
今のカルディナではとても無理だけどどんな山道でも歩けただけで
とても楽しかった♪

もう少し ゆっくりしたかったけれど風が冷たくて寒いので早々に下山。

緑がとてもきれい♪
ヒルさえいなかったら魅力的な山だと思うのに。Cimg0827jpg_midorinohayasi
たくさんの方々とすれ違ったり、追い越されたり。
土曜日のせいかランナーさんが多い。
凄い筋肉ですねえ!Ciim828
P1230411jpg_azami2_2
先日の連続台風の後遺症が何ヶ所か、痛々しい。Cimg0830jpg_touboku
Cimg0832jpg_toubokutoakaipanntu
P424_toubokunohada
変り映えしないいつもの里山だけれど何度歩いても飽きることの
ない里山です。
お花の種類がもう少し多いといいけれど。

我が家から近いのが一番。有難い里山です。

さて次はどちらへ出かけましょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2018年6月 | トップページ | 2018年11月 »